安心の家造り。施工現場をリポートします。│立川市Y様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇立川市Y様邸◇

3月29日E

1階LDKです。
建具と床材などはあたたかく落ち着いたセンターピンク色で統一されています。

LDK
キッチン

3月29日D

1階のキッチンです。
ニッチのなかにはコントローラなどが設置されています。

3月29日C

広くて使い勝手のよさそうな対面キッチンです。

キッチン
タタミコーナー

3月29日B

2階LDKにはくつろぎのスペースタタミコーナー
下は収納になっています。

3月29日A

一見普通の玄関ドアですが、
ICチップを内臓したカードを近づけるだけで
開錠が出来る優れものです。

玄関
外観

3月29日@

立川市Y様邸2世帯住宅の完成です。
今日はお引渡し日です。お施主様がひとつひとつ悩んでこだわったお家をみる笑顔は素敵です。

3月4日H

今日は設備関係の納品日です。
こちらはトイレ、この後照明器具・カーテンレールなどが届きます。

トイレ
洗面化粧台

3月4日G

洗面化粧台が届きました。クロス施工が終わったら設置です。

3月4日F

これはクロスシートにのりをつける機械です。

機械
ニッチ

3月4日E

ニッチの中だけ一面変えてありますね。

3月4日D

どちらもニッチですが、カウンター付とカウンターなしなど様々です。

ニッチ
トイレクロス

3月4日C

一面だけ差額クロス使用してみたり、色を変えてみたりY様邸の完成が楽しみです。

3月4日B

1階の洋室です。クロスが素敵ですね♪

和室天井
ニッチ

3月4日A

1階のクロス施工がすすみました。

3月4日@

エコキュートの設置完了です。
設置配線は専門の業者さんが作業します。

エコキュート
エコキュート基礎

2月26日D

エコキュートを設置する基礎です。これから本体が届き設置します。

2月26日C

こちらはタタミコーナーです。
畳は最後に職人さんが計測して作成します。

畳コーナー
キッチン

2月26日B

2階のキッチンは落ち着いたダーク色です。

2月26日A

石膏ボードの継ぎ目や釘など凹凸にパテを塗り下地調整をしていきます。

ニッチ
外観

2月26日@

内装工事の続きです。

2月23日A

ニッチはトイレの中にも作れますよ♪

ニッチ
ニッチ

2月23日@

3つ並んで可愛いクロス巻き込みニッチです。
デザインは様々お好みで造れます♪

2月22日B

トイレの廻り縁です。Y様はシックなダーク色ですが、巾木も廻り縁もお部屋の雰囲気に合わせて色を選ぶことが出来ますよ。

廻り縁
階段下

2月22日A

電気屋さんが換気扇の取り付けをしていますね。

2月22日@

キッチンとカップボードの取り付けが終わりました。

建具
収納

2月20日B

もちろん階段上のスペースも有効活用できますよ。

2月20日A

天井と壁の間に入っているのは廻り縁です。

廻り縁
巾木

2月20日@

木工事の仕上げ段階に入りました。
写真は巾木です。

2月18日A

玄関収納の取り付けも完了です。

建具
階段下

2月18日@

階段下のスペースも有効活用できます。

2月17日A

階段の裏側です。出来上がってしまうと見ることが出来なくなってしまいますので、ご紹介♪
黒く差し込まれているのは【くさび】です。材料と材料をしっかり固定する為には必要なんです。

階段裏側
階段

2月17日@

階段が出来上りました。階段が出来上がると木工時も終盤です。

2月15日A

収納内部に化粧ボードがはられました。

壁下地
収納扉

2月15日@

収納3連引き戸の扉が取り付けられました。

2月14日C

ドアの取り付けもはじまりました。
建具が取り付けられるとお部屋らしさがでてきますよね。

建具
基本ニッチ

2月14日B

施工中の収納です。

2月14日A

雨どいの取付けが終わりました。

クロス巻き込みニッチ
DS

2月14日@

外回り施工もそろそろ終盤です。

2月13日B

キッチンの腰壁が出来ました♪

壁下地
基本ニッチ

2月13日A

ニッチの中にコンセントを入れています。

2月13日@

引き戸が取り付けられました。

クロス巻き込みニッチ
DS

2月12日B

部屋の雰囲気や好みに合わせて建具の色は決められますよ。

2月12日A

壁の石膏ボードが張り終えたようです。ここまでくるとお部屋らしさがより出てきます。

壁下地
建具

2月12日@

枠に建具の上吊り金具が取り付けられました。

2月8日A

壁に石膏ボードがはられていきます。
大きなボードをはる場所に合わせてカットしていきます。

洋室
トイレ

2月8日@

トイレの壁とニッチが出来てきました。

2月6日B

壁の石膏ボードが張り終えたようです。ここまでくるとお部屋らしさがより出てきます。

壁下地
基本ニッチ

2月6日A

TK基本のカウンター付ニッチです。

2月6日@

クロス巻き込みのニッチです。形や大きさは打合せで決めていきます。

クロス巻き込みニッチ
DS

2月5日A

その後では石膏ボードがはられています。角の出っ張りの中はダクトが通っています。

2月5日@

今日はキッチンの腰壁が施工され始めていますね。

キッチン
窓枠

2月1日B

サッシや床の色、建具など合せ方は様々です。

2月4日A

窓枠は打合せにて色が決められます。こちらは浴室の入口枠ですね。

窓枠
窓枠

2月4日@

室内ではサッシに窓枠が取り付けられました。
パネルに金具でしっかり固定されていますね。

2月1日A

緑色の養生テープをはり、注射器のような器具でシーリング材を打ち込んでいくんですよ。

シーリング
外観

2月1日@

今日は外壁の目地やサッシと外壁の間などに防水工事がはじまります。

1月30日C

徐々に床施工が終わってきました。やっぱり床が貼られるとお家の中の雰囲気も違ってきますよね!

破風板
バルコニー

1月30日B

破風板が貼られました。
この破風板準不燃材認定をとっている燃えにくい素材でできています。

1月30日A

バルコニーでは笠木取り付けの為の下地施工が始まりました。

バルコニー
外観

1月30日@

外壁施工がだいぶ進みました。
全体を見るのが楽しみですね♪

1月29日D

電気配線とスイッチBOXが設置されました。

スイッチBOX
ルフロダクト

1月29日C

天井から降りてくる沢山のダクトは24時間換気ルフロです。これから天井下地が出来たら、その間に配管されていきます。

1月29日B

こちらでは床施工が終わったようですね。
傷がつかないように養生をしておきます。

床施工
玄関枠

1月29日A

水平、垂直になるよう測りながら施工していきます。

1月29日@

合わせて玄関枠の取り付けもすすめていきます。

玄関巾木
玄関巾木

1月28日A

玄関巾木が施工されていますね。しっかり固定されるまで押さえで止めておきます。

1月28日@

床施工中です。
藤野棟梁、森本大工が一枚一枚丁寧に時には微調整しながら貼っていきます。

床施工
玄関巾木

1月26日C

Y様邸は2世帯なので玄関も2つあります。こちらはもう一方の玄関框です。

1月26日B

玄関框がつきました。
これから床施工が始まります。

玄関巾木
スマートヴェナード

1月26日A

Y様邸の玄関は、スマートドアヴェナードですよ!キーレスです♪

1月26日@

外壁施工が始まりました。
外壁材に銀色をした小さい金物を釘で固定して、 その金具にサイディングを引っ掛けて張ります。サイディングには釘は打ちません。「通気金具工法」といいます。

外観
石膏ボード

1月25日A

天井が出来てくるとまた雰囲気が違ってみえてきますね。

1月25日@

天井→壁の順に石膏ボードがはられていきます。

石膏ボード
電気配線

1月24日A

天井石膏ボードから電気配線がでています。

1月24日@

天井の石膏ボードが貼り終えました。
開口部は埋込み式の照明器具が入ります。

石膏ボード
ルフロ

1月23日B

ルフロのダクトの位置は全て計算された場所に施工されていくんですよ。

1月23日A

照明器具が取り付けられる場所にも下地補強をしておきます。

照明下地
ルフロ

1月23日@

ルフロのダクトが取り付けられました。ここから各部屋につながれていきます。

1月22日B

ホールの天井下地も出来てきましたね。

下地
ルフロ

1月22日A

24時間換気ルフロ本体が取り付けられました。

1月22日@

こちらではニッチの下地がつくられていますね。

ニッチ
下地補強

1月21日A

カーテンレールが取り付けられるので補強します。TKパネルの中に板を入れて気密テープでふさぎます。

1月21日@

天井と壁下地が出来てきました。

壁・天井
発表会

1月19日B

実はこの補強はとても重要なんです。“石膏ボード”の厚さは12.5mmです。・・・が!? 崩れやすい材質なので、クギやネジをさす予定がある箇所にはベニヤを張って補強しておきます。

1月19日A

棚やハンガーなど完成後に取り付けるものがある亜場所に『下地補強』をしていきます。

下地補強
天井下地

1月19日@

電気配線が始まる前に天井下地を作っておきます。

1月18日A

2階への配管がつながりました。

配管
石膏ボード

1月18日@

断熱材の上に石膏ボードがはられました。

1月17日C

この換気口、取付け位置は計算されて決まっています。

発表会
軒裏換気口

1月17日B

けい酸カルシウム板の間に取り付けられているのは、軒裏換気口です。
日射による熱を逃がし、熱がこもりにくくします。

1月17日A

一枚一枚施工していくんですよ。

バルコニー
バルコニー

1月17日@

バルコニーの下ももちろんけい酸カルシウム板をはっていきます。

1月16日A

コチラはけい酸カルシウム板を張る前の下地です。

軒天
発表会

1月16日@

白い板はけい酸カルシウム板です。
防火認定をきちんととっている建材ですよ。

1月15日A

前日に降った雪がまだまだ残っていますね。
雪止め金具活躍中!!

幕板
軒施工

1月15日@

バルコニーの下ですね。これから軒施工が始まります。

1月9日C

トイレの配管と下地がされました。

内部施工
発表会2日目

1月9日B

広いですね。壁が出来てくるとまた違う雰囲気になりますよ。

1月9日A

壁や天井下地施工が進んでいます。

壁
打合せ

1月9日@

今日は現場で打合せです。
R君新しいお家で元気イッパイです!

12月8日F

この日はユニットバスが設置されました。
基礎が見えていた場所にお風呂が入るとまた雰囲気が変わります。

ユニットバス
ユニットバス

12月8日E

Y様邸は2世帯住宅です。
なのでお風呂とキッチンは2個設置されますよ。

12月8日D

シャッターの取り付け中です。

シャッター
電気配線

12月8日C

壁から出ているのは電気配線です。
オレンジ色の管は電話線やLANケーブルが通ります。

12月8日B

給換気とエアコン用のスリーブですね。
ただ穴を開けて貫通させるのではなく、建物内はキッチリ気密テープで養生し、外側は防水テープでキッチリ養生します。

スリーブ
外観

12月8日A

このシート湿気は通すが雨水は通さないもの。万が一外壁の内側に雨水等が侵入したとしてもこのシートの手前で、下へ流れ落ち中には入らないんですって。

12月8日@

外壁施工がはじまりました。
【透湿防水シート】がはられました。

外観
発表会

11月30日A

社長の顔シートもど〜ん!
次はいよいよ外壁施工に入ります。

11月30日@

ど〜ん!
上棟から1ヶ月サッシと玄関ドアが取り付けられブルーシートが外されました。

外観
フェノバボード

11月26日A

隙間に合わせてカットしておきます。

11月26日@

TKパネルが作成できないサイズの断熱は加工のしやすいフェノバボードを施工します。

こんな隙間にも
あおり止め

11月21日D

気密シートと垂木をとめているのは、
【あおり止め金具】です。
強風による吹き上げ力から屋根を守ります。

11月21日C

屋根についている突起は雪止め金具です。
屋根に積もった雪が融けて屋根から滑り落ちる『落雪』を防止する金具の事です。

雪止め金具
Y-15

11月21日B

屋根材Y-15の施工が完了です。
軽くて丈夫な屋根材です。

11月21日A

バルコニー全体に塗布していきます。

お札
バルコニー

11月21日@

バルコニーのFRP防水下地が終わりました。

11月17日A

バルコニーが出来てきました。
耐火ボードがはられ、壁と手摺ができました。

バルコニー
断熱材

11月17日@

基礎が見えていますが、ユニットバスが入る場所です。水色のボードは基礎断熱材です。

11月16日C

バルコニーの骨組みが出来てきました。

外観
断熱材

11月16日B

屋根全体を覆っていきます。

11月16日A

写真のシートは【アスファルトルーフィング】といいます。屋根に防水層を作るためのシートです。

防水シート
開口部

11月16日@

サッシが入る部分の開口部です。
TKパネルはオーダー品なので、開口部はサッシサイズぴったりに合わせてあります。

11月15日D

垂木と野地板を施工したら下地は完成です。

FPR防水
二重断熱

11月15日C

ここもきちんとフェノバボード二重で断熱します。

11月15日A

フェノバボードを施工していきます。

軒
屋根

11月15日A

続いて軒の断熱施工です。

12月15日@

屋根の下地が完了です。出来上がりはとってもキレイ♪

パルテノン
屋根下地

11月14日C

垂木の上に屋根野地板を施工していきます。

12月14日B

二重屋根断熱施工が終わり、垂木が取り付けられました。

屋根施工
発砲ウレタン

11月14日A

棟には発砲ウレタンを充填していきます。

11月14日@

もう少しで全てはり終わります。

耐火ボード
フェノバボード

11月13日B

ど〜ん!フェノバボードです。
これを二重に施工していきます。

11月13日A

これからTK自慢の屋根断熱が始まります。
気密シートをはっていきます。厚みがあり、丈夫なシートでちょっとのことじゃ破れません。

屋根
内部

11月13日@

Y様邸内部です。
筋交いと金物が入るまでには、仮筋交いが入っています。

11月12日B

最後に野地板を張れば下地完了です。
次は【二重屋根断熱】ですね!!

屋根下地
屋根下地 11月12日A

屋根に垂木が次々と留められています。

11月12日@

今日は屋根の下地施工です。

屋根下地
上棟 11月10日I

徐々に組みあがっていく柱たち棟まであと少しです。一番上からの眺めは素敵ですね。

11月10日H

1階には【TKパネル】が施工されました。
パネルが入っても建物が歪んでしまわないように仮筋交いは外しません。

上棟
上棟 11月10日G

午前中で1階部分は作業を終え、
2階部分の柱が建ちました。

11月10日F

クレーンで建材が次々と上げられていきます。

上棟
発砲ウレタン 11月10日E

1階の柱と梁が全て組みあがり、2階の床下地まで進みました。

11月10日D

大きな掛け声と命綱なしの身軽な動き、棟梁達はさすがです!!

床束
Pロック 11月10日C

最後にピンで固定すれば完了です。

11月10日B

柱をまっすぐ入れていきます。金物には固定するための『穴』が開いているのですが、まっすぐ入れられないと穴とあわなくなってしまいます。

Pロック
Pロック 11月10日A

写真は『Pロック』という柱と土台を強固に繋げる金物です。

11月10日@

立川市Y様邸上棟です。
大きな2世帯住宅です(^ー^* )お天気よくてよかったですね。

基礎工事
土台 11月9日B

1階部分の床板を全て張り終えました。
汚してしまわないよう養生をしいたら土台は完成です。

11月9日A

大引を支えているのは床束【YTB束】です。最大圧縮荷重28.99KN(測定値)の優れものです。

基礎
基礎工事つづき 11月9日@

基礎断熱材【スタイロエースU】が基礎廻りに施工されました。

11月8日C

水色の配管がいっぱいつながっているのは、 給水を各場所に振り分ける【ヘッダー】です。

基礎工事つづき
基礎工事つづき 11月8日B

温水、冷水ホースなど床の下に隠れてしまう部分は先に施工しておきます。

11月8日A

基礎に開いている穴は設備配管などを通す為のスリーブです。

土台
土台

11月8日@

全ての建材には場所が決まっていて刻印もしてあるので、ひとつも間違えられません。

11月7日A

土台と基礎の間に入れてあるパッキンです。

土台
土台

11月7日@

今日から【土台敷き】です。
計算されて印のつけられた木材が運ばれました。

11月3日B

高さだけではなく幅も確認します。

基礎工事続き
基礎工事つづき

11月3日A

基礎の立上りの出来形チェックです。
図面どおりきちんと施工されているか確認します。

11月3日@

コンクリートが固まり、型枠が外されました。
基礎の完成です。

基礎工事つづき
基礎工事

10月22日

型枠の中へ流し入れたコンクリートにバイブレーターをさし、余分な空気を追い出して強度が落ちないようにします。

10月21日A

これは型枠と上下止め金具です。
コンクリートの圧力で型枠が外れないようにとめておきます。また各要所には【アンカーボルト】です。基礎と土台をつなぐ大事な役割を持ちます。

アンカー
基礎工事

10月21日@

今日は立上り部分のコンクリート打設です。

10月17日E

流し入れた場所からトンボを使って平らに慣らしていきます。

基礎工事つづき
基礎工事

10月17日D

ベースコンクリート打設です。ホースを使ってコンクリートを流し入れていきます。

10月17日C

配筋検査は無事パスしました!基礎工事の続きです。

鎮め物
基礎工事

10月17日B

横組みだけではなく、もちろん高さもきちんと組まれているか計測します。

10月17日A

鉄筋が組まれると正しく配置されているか外部の検査員さんが来て計測します。

基礎工事
基礎工事

10月17日@

今日は配筋検査です。

10月7日A

掘削し砕石した土の上を機械で転圧ししっかり固めます。その後シートをかけ、まわりにコンクリートを流していきます。

転圧
砕石

10月7日@

基礎工事の続きです。
重機が入り基礎を掘削した後は砕石を全面にしていきます。

10月5日A

『丁張り』という方法で建物の位置を確実に
出すために実際に建物が立つ周りに板で印を
するものです。

遣り方
着工

10月5日@

いよいよ着工です!

9月28日C

地盤調査の結果は・・・問題なしOK!
Y様はゆるいかも・・・と心配されていましたが、一安心ですね。

地盤調査
地鎮祭

9月28日B

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので
回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が多くなるそうです。

9月28日A

先端がドリルのようになっている棒に、おもりを載せた状態で地面にさして一定の深さまで入るのに費やした回転数を記録していきます。

地盤調査
地盤調査

9月28日@

今日は【地盤調査】が行われました。
敷地内の5ヶ所を順番に地盤の調査を
していきます。“スウェーデン式サウディング
試験”といいます。

9月27日A

全ての解体撤去作業が終わり、整地をしたら完了です。

解体作業
解体作業

9月27日@

敷地と道路の間にある塀の解体です。

9月24日A

重機で次々に解体していきます。
お家の形はほぼ1日でなくなってしまいます。

解体作業
解体作業

2012年9月24日@

立川市Y様邸リポート開始です。
今日から解体工事が始まります。
防音・防塵シートで囲いいざ作業開始です。

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30