安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市Y様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市Y様邸◇

2015.8.2更新

8月2日【14】

スイッチが照明器具のリモコンになっており外して使用できます。ダウンライトのON/OFFと調光用に設置しました。

竣工
竣工

8月2日【13】

パナソニック製とったらリモコンです。

8月2日【12】

LANはケーブルTVを使用するということで本体設置用に4口コンセント、TV線・TEL線を1つにまとめました。

竣工
竣工

8月2日【11】

主寝室のクローゼットです。W=9尺H=7尺ですが、内部は2つに分かれています。

8月2日【10】

子供部屋の床、収納扉は明るいペール色を使用しました。W=6尺、H=8尺クローゼットです。枕棚・パイプ付です。

竣工
竣工

8月2日【9】

洗面脱衣室には大工施工のバスタオル掛を設置。取付の高さ、幅はお施主様のお好みで決定しました。

8月2日【8】

全てオープンにした状態です。天井のダウンライトはLDKの照明と同じ調色・調光できるようにライティングコントロールをつけました。

竣工
竣工

8月2日【7】

パナソニックスクリーンウォールです。可動式の扉になっており1枚から動かせます。

8月2日【6】

LDKです。ダークブラウンというシックな床建具色の中にブルーのクロスがアクセントになっていますね。

竣工
竣工

8月2日【5】

Y様邸の玄関は、LIXILジエスタです。機能性ポストと玄関、照明器具の色を同じにすることで統一感が出て東側のアクセントになりました。

8月2日【4】

お施主様支給の水栓柱と受け皿です。色が落ち着いたレッドでアクセントになっています。

竣工
竣工

8月2日【3】

Y様邸外観です。旭トステム外装を使用。アルディーレSXとモダンウッドSXを張り分。

8月2日【2】

土の状態になっているところは芝を植えますよ。

竣工
竣工

8月2日【1】

ウッドデッキはメンテナンスフリーで丈夫なウリン材を使用しました。

2015.6.8更新

6月8日D

今はゆっくり見学できる時間帯です。午後の時間によってはたくさんのお客様でにぎわっていますが、比較的午前中はゆっくり説明を受けることもできますしすみずみまで見ることもできるのでお勧めです。

6月8日C

打ち合わせ中のお客様が遊びに来て下さり『実物を見ると参考になりますね。』とおっしゃってました。

6月8日B

ご両親は2階で商談中。下の階ではお子さんと一緒に折り紙教室開催中。

6月8日A

午前中はお客様も少なくゆっくりご覧になっていただけました。

6月8日@

2日間お天気に恵まれた発表会でした。
発表会には各種メーカーの営業マンも一緒にいますので、いろいろな質問や相談ができるんですよ。

2015.6.5更新
ルフロ 5月25日C

壁紙を選ぶとき、写真のように階段は同色または同じ柄で選ぶとよりスッキリキレイに仕上がります。

5月25日B

廊下は全て同色で東統一落ち着いた色が発表会では実際に見られます。

ニッチ
下地補強 5月25日A

LDKのキッチン横1000クラスの壁紙を使用しアクセントに。カッコイイですよ。

5月25日@

クロス工事完了です。天井と壁に色を貼り分けしました。

壁・天井
発表会 5月18日F

ここはニッチになる場所です。

5月18日E

棚やハンガーなどは取付済みですよ。

下地補強
天井下地 5月18日D

職人さんが手作業で塗ったあと削って平らにします。

5月18日C

石膏ボードの間やビスなどの凹凸をパテで埋めて平らにしていきます。

配管
石膏ボード 5月18日B

クロス工事の前に下地処理がされています。

5月18日A

階段下の収納スペースです。

発表会
外観 5月18日@

青梅市Y様邸外観です。今日から内装工事が始まります。

2015.4.19更新
4月19日C

2階ではフロアーの施工が進んでいます。子供部屋は明るい床色です。

床
天井 4月19日B

配線が終わると石膏ボードをはっていきます。

4月19日A

コチラはレンジフード用のダクトです。

ダクト
天井配線 4月19日@

天井組が終わると電気屋さんが天井裏に電気配線をしていきます。

2015.4.6更新
4月6日G

24時間換気の給気口とエアコン用のスリーブです。この廻りに隙間があると断熱効果が下がってしまうので、隙間をなくすパッキン材を取り付けています。写真の白い部分ですね。これを『ドームパッキン』っていいます。

スリーブ
フェノバ 4月6日F

屋根下の細かな部分には加工のしやすいフェノバボードを施工します。

4月6日E

キッチンレンジフード用のスリーブです。

スリーブ
下地 4月6日D

棚の高さを現場で確認し、大工さんに下地を入れてもらいました。

4月6日C

洗濯機用の給水管です。パネルの中に入っているのは下地補強の板です。

配管
配管 4月6日B

排水・給水の配管が内部につきました。

4月6日A

軒天用の下地が組まれボードを貼るところです。

軒天
外観 4月6日@

Y様邸です。透湿防水シートが貼られました。

2015.3.23更新
3月23日D

玄関ドアの取り付けが完了です。どんなデザインかは最後までのおたのしみです。

玄関ドア
お風呂 3月23日C

シルバーとホワイトで統一しました。

3月23日B

木目調のチェリー柄です。

お風呂
お風呂 3月23日A

内部ではお風呂が設置されました。

3月23日@

外壁施工の前に外回りの下地をしていきます。
写真はあおり止め金具です。屋根の垂木と構造用合板をしっかり固定して、」強風から屋根を守ります。

外観
2015.3.21更新
発表会

3月21日K

サッシが入りました。大きな窓はこれから入れられていく予定です。

3月21日J

ユニットバス設置の為の準備をします。外壁廻りに石膏ボードをはります。

外観
フェノバボード

3月21日I

下側がドレン(排水口)、上側がオーバーフロー管です。溶剤が乾いたら、ドレンとオーバーフロー管の穴をあけて配管します、配管廻りをコーキングでシールします。

3月21日H

この溶剤強烈なにおいがします。職人さんもマスクをして作業をしていました。

こんな隙間にも
あおり止め

3月21日G

その上に3〜7層の溶剤を順番に塗布していきます。

3月21日F

バルコニーにはっていきます。

雪止め金具
Y-15

3月21日E

細かなガラス繊維をランダムに織り合わせてできているそうです。

3月21日D

外では防水屋さんが防水用ガラスマットをカットしています。

お札
バルコニー

3月21日C

パネルの入らない外壁面には加工のしやすいフェノバボードをいれていきます。

3月21日B

大工さんがどんどん取り付けていきます。

バルコニー
断熱材

3月21日A

サッシが搬入されました。

3月21日@

Y様邸外観です。

外観
2015.3.17更新
断熱材

3月17日D

最後は気密シートをしっかり塞いで完了です。

3月17日C

金物を固定したらグラスウールを戻します。

構造用金物
構造用金物

3月17日B

隠れてしまう部分ですが手を抜かず丁寧に作業をします。

3月17日A

断熱材の奥に構造用金物を入れる作業をします。

構造用金物
バルコニー 3月17日@

バルコニーに腰壁ができました。

2015.3.13更新
3月13日G

バルコニーの施工中です。耐火野地板ベランダくんがはられています。建材の名前ってなんだか駄洒落が多い??ヾ(´∀`;)ノ

ベランダ施工
短冊金物 3月13日F

横架材のつなぎには短冊金物を使用します。

3月13日E

筋交い用金物リベロUです。筋交いと柱をより強固に固定します。

筋交い金物
構造用金物 3月13日D

構造用金物。中間検査と呼ばれる第三者機関による検査はここを確認します。

3月13日C

その名も【カッパ】職人さんに言われたときは何のことかわからなかったですが商品を見て納得です。

カッパ
防水シート 3月13日B

これは屋根瓦を引く前の防水材でアスファルトルーフィングといいます。フェルトにアスファルトを浸透させ、表面に粘着防止のために粉末にした雲母や粘土などを塗布してあるシートです。

3月13日A

屋根野断熱施工は完了しました。

屋根施工
屋根施工 3月13日@

野地板をはっています。

2015.3.6更新
3月6日P

さらに垂木を固定して、野地板をはったら屋根工事完了です。

WIC
内部 3月6日O

屋根全体にフェノバボードを貼り終えましたよ。

3月6日N

厚さ35oと45oのフェノバボードを2枚重ねて80oの断熱をします。

クロス工事
クロス施工 3月6日M

棟の隙間には発砲ウレタンを充填します。

3月6日L

気密シートの上にフェノバボードを貼っていきます。

クロス下地
上棟 3月6日K

緑色のシートは気密シートです。厚さ0.2oもあり簡単には切ることができません。

3月6日J

垂木の上に屋根野地板をはっていきます。

左官
WIC 3月6日I

屋根に垂木がかかりました。

3月6日H

バルコニーで使用する耐火ボードです。

洋室
階段 3月6日G

屋根の断熱に使用するフェノバボードが積んでありますね。

3月6日F

壁倍率4.1倍の印のステッカーが貼ってあります。

パントリー
同時給俳 3月6日E

色んなところに構造用金物が固定されています。

3月6日D

TKパネルも入りました!開口部にはサッシが入ります。

階段
スイッチBOX 3月6日C

すべての穴が正確に重なっていると【ドリフトピン】という金物がクロス状に入りよりしっかり固定されます。

3月6日B

金物と柱には固定するための『穴』が開いているのですが、穴同士が重なるように集中して作業します。

階段
石膏ボード 3月6日A

柱を持ち上げて真っ直ぐ挿入していきます。

3月6日@

本日Y様邸上棟です。
写真は【Pロック】で土台と柱を繋ぐところです。

軒天塗装
2015.3.2更新
塗装工事 3月2日D

土台敷きは完了です。大切な床が塗れたり汚れたりしないように小さな屋根を作り養生をしておきます。

3月2日C

1階の床となる構造用合板がはられました。

外観
基礎工事つづき 3月2日B

配管周りには発砲ウレタンをしっかり充填。

3月2日A

ハイブリット座金です。基礎と土台をしっかり固定していますよ。

土台
土台

3月2日@

土台敷き続きです。図面通り大引などが施工されています。

2015.3.1更新

3月1日G

日も暮れてあたりはすっかり夕暮れに本日の作業は無事完了です。

土台敷き
土台敷き

3月1日F

写真中央に設置されているのが土台を支える鋼製束【YTB束】です。
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)優れものです。設置、微調整をした後コンクリート用ボンドで固定します。

3月1日E

基礎の外周部には断熱材「スタイロエースU」を施工します。

土台敷き
土台敷き

3月1日D

搬入された大引などの木材を図面の設置場所へ作業がしやすいように配置します。

3月1日C

その上にPロック用の台座を取り付けます。

土台敷き
土台敷き

3月1日B

基礎と土台の間には気密パッキンを入れます。

3月1日A

灰色は排水管、オレンジは湯水管、水色は給水管です。

土台敷き
土台敷き

3月1日@

今日から土台敷きです。設備の先行配管が終わっています。写真は給水ヘッダーですね。各箇所へ水を送ります。

2015.2.24更新

2月16日B

余分な空気をバイブレータで抜きながら打設し最後に金ゴテをあてて仕上げます。

基礎工事
基礎工事

2月16日A

続いて土間部分の打設をおこないます。

2月16日@

立上り部分のコンクリートも固まり。基礎が出来上がりました。

基礎工事
2015.2.14更新
基礎工事

2月10日D

続いて立上り部分の打設をします。

2月10日C

型枠を固定しているのは上下とめ金具です。コンクリートを打設した時に圧力で型枠が広がってしまわないように取り付けます。型枠解体のときに一緒に外すものです。

基礎工事
基礎工事

2月10日B

型枠にはコンクリートが剥がれやすくなるように剥離材を塗っておきます。

2月10日A

基礎と土台を繋ぐアンカーが正しい位置にセットされているか、スリーブが曲がっていないか確認します。

基礎工事
基礎工事

2月10日@

基礎工事のつづきです。平場のコンクリートが固まったのを確認して立上り部分の型枠を組んでいきます。

2月6日C

打設したコンクリートが固まるまで養生期間をおきます。

基礎工事
基礎工事

2月6日B

無事打設完了です。

2月6日A

いよいよコンクリートの打設作業に入ります。

上棟
基礎工事

2月6日@

配筋検査も完了し、地鎮祭の鎮物もきちんと納めました。

2015.2.8更新

2月4日G

外周部に取り付けをします。基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的なんですよ。設備の先行配管も完了したので次はコンクリートの打設ですね。

キソ止水プレート
キソ止水プレート

2月4日F

無事検査は合格。キソ止水プレートの取付けをしました。

2月4日E

地鎮祭でお祈りをしてもらった鎮物もきちんと納めました。

鎮物
配筋検査

2月4日D

立上り部分の継手です。ホワイトボードに書いてある40dというのは定着長さと言って主筋の径の40倍の長さを差します。この長さは主筋の経によって変わってきます。

2月4日C

同じようにコーナー部分の重ね継手も確認します。

配筋検査
配筋検査

2月4日B

鉄筋と鉄筋を繋ぐ継手。鉄筋が足りなくなった箇所で新たに鉄筋を継ぎ足していくことをいいます。

2月4日A

そして今日は配筋検査です。
配筋検査は図面どおりにきちんと出来ているか外部の検査員さんが確認します。姉歯問題以降瑕疵保険への加入が義務付けられ、第三者機関に検査を受けるようになっているからなんですよ。

配筋検査
全景

2月4日@

外周部に型枠が組まれ、内部では配筋が出来上がっています。

2015.2.6更新

1月28日E

防湿シートをはっていきます。地面からの湿気を防ぐために全体に敷いてゆきます。

基礎工事
基礎工事

1月28日D

重さの違う転圧機でさらに固めます。

1月28日C

振動をあてることにより地面の砕石の間が密着し固くなるそうです。

基礎工事つづき
基礎工事

1月28日B

砕石をしてより強固な地盤にする為にランマ転圧をかけます。。

1月28日A

正しく作業が行われているか、スケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事

1月28日@

重機を使って掘削していきます。

2015.2.1更新

1月27日A

着工とは『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていきます。間違っては大変なのでレベルを測る機械も置いてありますね。

基礎工事
基礎工事

1月27日@

Y様邸着工です。お天気でよかったですね。

2015.1.26更新

1月25日L

地鎮祭は滞りなく完了です。みんなで輪になりお祝いのお神酒をいただきます。

地鎮祭
地鎮祭

1月25日K

今度はパパと一緒に納めます。とっても上手にできました。

1月25日J

続いて奥様も捧げます。

地鎮祭

1月25日I

【玉串奉奠】です。
玉串に自分の祈りをのせ、神にささげるという
意味がこめられています。
お施主様から納めます。

1月25日H

ママと一緒に『えい、いえ、え〜い!』。

地鎮祭
地鎮祭

1月25日G

お施主様に続き、奥様も『えい、えい、え〜〜い!』

1月25日F

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、
大きな声で『えい、えい、え〜い!!』

地鎮祭
地鎮祭

1月25日E

最後に鎮物にもお清めをします。

1月25日D

【四方払い】土地にお酒、塩、お米をまきならが四隅をまわり清めます。

地鎮祭
地鎮祭

1月25日C

お清めのお祓いから・・・

1月25日B

いよいよ地鎮祭の始まりです。
神様へお施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈ります。

地鎮祭
地鎮祭

1月25日A

神主さんから儀式の手順を教えてもらい、装束を着て準備をします。

1月25日@

地盤調査の結果は問題なしでよかったです。
今日は地鎮祭です。
風もなくとてもいいお天気ですね。 祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物がならべてあります。

地鎮祭
2014.12.23更新
地盤調査

12月22日E

結果は後日会社へ届けられます。この調査結果によっては改良工事をする必要があったりするのでとても大事です。

12月22日D

棒にのせてある円形のものは重りです。それぞれ重さが違うものをのせていきます。
固い地盤のところに到達したら打ち込んで沈み具合を確認します。

地盤調査
地盤調査

12月22日C

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が
多くなるそうです。

12月22日B

また調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地盤調査
地盤調査

12月22日A

調査会社が図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

12月22日@

試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

地盤調査
2014.12.16更新
地盤調査

2014年12月16日@

青梅市Y様邸リポート前です。
来週地盤調査を行う予定です。

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30