安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市S様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市S様邸◇

2017.4.27更新
クローゼット扉3尺

4月27日【14】

写真は折戸ですが、両開き戸へすることもできます。

4月27日【13】

同じくクローゼット扉ですが3尺タイプです。

造作カウンター
キッチン

4月27日【12】

枕棚とパイプの仕様です。パイプのみ、中段、枕棚、中段のみなど収納する物によって打合せで決めることが出来ます。

4月27日【11】

クローゼット扉6尺タイプ カラーはライトクリアです。折れ戸になっているので開いたとき広く使用することが出来ます。

石膏ボード
電気配線

4月27日【10】

各階の扉はウッドワン ソフトアートシリーズです。写真のデザインはM-XJタイプ、カラーはライトクリア色です。

4月27日【9】

3階のLD。天井は高く約3.5m シーリングファンの柔らかな風と優しい光がゆったりとした時間を演出します。

4月27日【8】

キッチンはラクシーナ 扉カラー:ライト柄、間接照明を使用しながら明るいキッチンを作りました。

4月27日【7】

各階の耐力壁や抜けない柱などは可動棚などにし有効活用しました。

4月27日【6】

有効活用するために0.5階(7畳)を作りました。収納庫として使用する予定で、床はCFシート仕様、壁天井はクロス仕上げです。

4月27日【5】

間口2730 の為 お風呂も1216 で施工。

ルフロ

4月27日【4】

ユニットバス オフローラ パネルカラー:モザイクベージュ+グレイスホワイト。

4月27日【3】

水廻り商品はパナソニック製です。洗面化粧台 シーライン スタンダードタイプ、カラー:ライト柄

4月27日【2】

玄関:LIXIL 防火戸FG-E ジエスタ、デザイン:B12型 カラー:エクリュアイボリー、エントリーキーシステム タッチキー リモコンタイプ仕様。

4月27日【1】

S様邸完成です。外壁は3階建ての為防火認定のあるものを使用しています。
メーカー:ケイミュー 商品名:ウェーブストーン16 カラー:ALシルクホワイトF

外観
2016.9.1更新

9月1日【5】

設備の器具付けが完了したらもう少しで完成です。

9月1日【4】

キッチンの設置も完了しました。クロスの施工が終わったら設備屋さんや電気屋さんが器具付けをします。

9月1日【3】

ボードの継ぎ目やビス上になど。しっかり乾燥させたあとやすりで平らに削ります。

9月1日【2】

コーナー材を貼ってその上にパテを塗っていきます。

9月1日【1】

クロスの下地施工中です。

2016.8.3更新

8月3日【5】

外回りの工事が完了し足場が解体されました。

発表会
軒裏換気口

8月3日【4】

キッチンの給排気口にダンパーがつきました。温度ヒューズがついていて、火災発生などで一定の温度に達した時、ダンパーが閉じ火災の類焼を防止する仕組みに なっています。

8月3日【3】

バルコニーに手摺りがつきました。

バルコニー
バルコニー

8月3日【2】

地下にもちゃんとTKパネルと断熱材を入れてありますよ。

8月3日【1】

24時間換気の本体です。さきほどのダクトはこの機械へ繋がれています。

2016.7.15更新
発表会

1月16日@

白い板はけい酸カルシウム板です。
防火認定をきちんととっている建材ですよ。

7月15日【3】

天井から出てるのは24時間換気のダクトです。もちろんオリフィスという部品がつくのでこのままではないですよ。

7月15日【2】

厚さ2mmもあるので、簡単には破れません。防水気密テープでシート同士は繋ぎます。

7月15日【1】

天井の断熱施工が終わったら気密シートを貼っていきます。

2016.7.12更新

7月12日【4】

24時間換気のダクトです。各部屋へと伸びていきます。

7月12日【3】

壁や天井に配線、配管も通っています。

7月12日【2】

柄があまり使われていない外壁です。真っ白いいですよね。

7月12日【1】

外壁施工もだいぶ進みましたね。

2016.7.10更新

7月10日【4】

全ての天井はこの2枚貼りになっています。

7月10日【3】

分厚いですね。

7月10日【2】

3階建てのためこのボードを2枚貼ります。

7月10日【1】

壁や天井に施工する石膏ボードです。耐火性のある商品です。

2016.6.27更新

6月27日【5】

ユニットバスの設置が完了しました。間口が限られているので基本仕様よりコンパクトサイズになっています。

6月27日【4】

天井の断熱施工は完了しました。左右の天井まで届く壁はパルテノン「壁倍率7倍」です。

6月27日【3】

これから軒の施工を行います。

6月27日【2】

写真は排水用のドレン口です。

6月27日【1】

バルコニーの防水工事が終わりました。

2016.6.26更新

6月26日【5】

2階のキッチンまで配管を通していきます。青は給水、オレンジはっ給湯、灰色は排水管です。

6月26日【4】

設備配管が通っています。

6月26日【3】

天井はネオマフォームを二重にす施工します。

6月26日【2】

壁から出ている線は電気配線です。

6月26日【1】

外壁施工が始まりました。透湿防水シートが貼られています。

2016.6.22更新

6月22日【5】

開口部にサッシが入ります。

6月22日【4】

スリーブを開けたとはきドームパッキンと気密テープでふさいでおきます。

6月22日【3】

横の間隔も確認します。

6月22日【2】

釘の間隔も決まりがあるので、スケールをあてて確認します。

6月22日【1】

キッチンのレンジフードは同時給排仕様です。給気と排気用のスリーブが開けられています。

2016.6.19更新

6月19日【5】

写真トはホールダウン金物といいます。

6月19日【4】

短冊金物やエーステンなど構造用の金物の数も通常よりたくさん使用しています。

6月19日【3】

電気の引き込みをしています。

6月19日【2】

断熱材を痛めないために先にスリーブをあけて気密テープでふさぎます。

6月19日【1】

柱と筋交いを固定する金物リベロUです。

2016.6.8更新
屋根 6月8日【4】

天窓の廻りはしっかり防水施工をしておきます。

6月8日【3】

全て貼り終え完了です。

6月8日【2】

本体を設置します。

6月8日【1】

今回は3階建ての為基本仕様のスレート瓦は使用せずに、スカイプロムナード工法で施工します。

2016.6.5更新
6月5日【4】

さらに天窓を取付て、立ち上がりも施工しました。

6月5日【3】

小屋組をしてあるその上に野地板をはっていきます。

6月5日【2】

上棟2日目は屋根工事です。

6月5日【1】

3階まで全てのTKパネルが固定されました。

上棟
2016.6.4更新
上棟 6月4日【7】

Pロックです。引き抜きの力に耐えるための金物でまっすぐ柱を差し込んで横からピンで固定します。

6月4日【6】

待機中のTKパネル達。

上棟
上棟 6月4日【5】

TKパネルの中にも構造用金物が入っています。

6月4日【4】

柱が全てたつと構造用合板の床材を敷いていきます。

上棟
上棟 6月4日【3】

柱と梁などを繋ぐボルトを締めていきます。

6月4日【2】

今回の建物は3階建てです。柱が次々と立っていきます。

上棟
上棟 6月4日【1】

上棟の様子です。

2016.6.3更新
6月3日【6】

基礎断熱時の基礎と土台の間に入れる天端リストです。

土台敷き
土台敷き 6月3日【5】

一ヶ所一ヶ所金物で固定をしてゆきます。

6月3日【4】

プレカットされた土台用の木材が組まれていきます。

土台敷き
土台敷き 6月3日【3】

このように施工していきます。切れ込みなどを入れた部分には発泡ウレタンを充填します。

6月3日【2】

基礎の外周部に施工する断熱材スタイロエースUです。

土台敷き
土台敷き 6月3日【1】

基礎が出来上がり土台敷きの作業に入ります。

2016.5.28更新

5月28日【8】

最後に設計どおりの高さ、幅になっているかスケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事

5月28日【7】

数日間の養生期間を終えて型枠を外したら基礎の完成です。

5月28日【6】

下の写真と同じですが少しアップにしてみました。生コンを立ち上がり部分に流し込み、そのすぐ後からバイブレータで充填を行っています。

基礎工事
基礎工事

5月28日【5】

バイブレーターで空気を抜きながらコンクリートを打設していきます。

5月28日【4】

立上りも平場と同じコンクリートの強度試験をします。写真は試験員さんです。積んできたコンクリートの一部を一輪車に抜き取り試験をします。

基礎工事
基礎工事

5月28日【3】

コンクリートミキサー車とポンプ車が止まっています。

5月28日【2】

基礎と土台と繋ぐ金物『アンカー』もセットします。

基礎工事
基礎工事

5月28日【1】

耐圧と言われる平らな部分が固まったら今度は立ち上がりと言われる部分に型枠を組んでいきます。

2016.5.9更新

5月9日【9】

『スランプ試験』『空気量試験方法』『コンクリートの圧縮強度試験』など行います。

基礎工事
基礎工事

5月9日【8】

コンクリートの強度試験をします。写真は試験員さんです。積んできたコンクリートの一部を一輪車に抜き取り試験をします。

5月9日【7】

もちろん地鎮祭でお祈りをしてもらった『鎮物』も埋めますよ。

基礎工事
基礎工事

5月9日【6】

平らな部分にコンクリートを打設しています・バイブレーターという器械を使い空気を抜きながら流し入れています。

5月9日【5】

検査は無事合格。これからコンクリートの打設を行います。

基礎工事
基礎工事

5月9日【4】

写真の銀色の部材は「キソ止水プレート」といいます。基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で取り付けます。

5月9日【3】

内部の立上り部分や人通口など。これが出来上がると外部の試験員さんがやってきて『配筋検査』を受けます。

基礎工事
基礎工事

5月9日【2】

図面どおりに継手など長さがきちんと保たれているかスケールをあてて確認します。

5月9日【1】

続いては配筋工事です。外周部に型枠を組んでさらに鉄筋を入れていきます。

基礎工事
2016.4.22更新
基礎工事 4月22日【4】

土の中の湿気が基礎へあがってこないように防湿シートを全面に敷き、外周部に捨てコンをします。

4月22日【3】

重さの違う2種類の転圧機械をつかいます。

基礎工事
基礎工事 4月22日【2】

土の上に砕石をし転圧かけて、締め固めていきます。

4月22日【1】

基礎の高さまで重機を使って掘削します。図面どおりにできているかはスケールをあてて確認します。

基礎工事
2016.4.17更新
基礎工事 4月17日【3】

図面のレベルを確認しながら作業をすすめていきます。

4月17日【2】

着工とは『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていくことです。『遣り方』という人もいますね。

基礎工事
基礎工事 4月17日【1】

地盤改良も無事終わったのでいよいよ着工です。

2016.4.15更新
4月15日【7】

最後にレベルを図面に合わせて施工完了です。

地盤改良工事
地盤改良工事 4月15日【6】

引き抜いた状態です。S様はこの作業を32ヶ所行います。

4月15日【5】

入れた方向と逆回転でゆっくり引き上げます。

地盤改良工事
地盤改良工事 4月15日【4】

改良材を混ぜながら固い地盤まで掘削します。

4月15日【3】

今回の改良方法は『柱状改良』です。

地盤改良工事
地盤改良工事 4月15日【2】

重機をセッティングし、改良材を用意しています。

4月15日【1】

本日は地盤改良工事です。3階建ての荷重に耐えうる地盤へ改良します。

地盤改良工事
2016.4.9更新
設備工事 4月9日【6】

工事用仮設水道設置と枡の縮小工事は完了です。

4月9日【5】

だいぶ小さくなりましたね。

設備工事
設備工事 4月9日【4】

新たな枡を用意してつなげます。

4月9日【3】

続いて枡の縮小工事をします。既設の枡を解体撤去しました。

設備工事
設備工事 4月9日【2】

移設と伴に管自体も新しいものへ交換しました。

4月9日【1】

今日は仮設水道の設置と給水管の移設、枡の縮小など着工前の設備工事をおこないます。写真は既設の給水管です。このままでは建物の基礎にぶつかってしまいますので、移設をします。

設備工事
2016.3.3更新
地鎮祭 3月3日【14】

見守っていただいた神様にお帰りいただきます。神主が「オオオ〜」と声をあげます。これで全ての儀式が終了しました。

3月3日【13】

R君も上手に参加できました。

地鎮祭
地鎮祭 3月3日【12】

続いてお母様、TKスタッフの順に納めました。

3月3日【11】

最後に【玉串奉奠】です。玉串に自分の祈りをのせ、神にささげるという意味がこめられています。お施主様と奥様、お子様の順に納めていきます。

地鎮祭
地鎮祭 3月3日【10】

続いて施工店を代表して『えい、えい、え〜い!』。

3月3日【9】

鍬入れの儀をお施主様にしていただきます。『えい、えい、え〜い!』大きな声でお願します。

地鎮祭
地鎮祭 3月3日【8】

最後にお母様にも。

3月3日【7】

続いて奥様とお子さんで。

地鎮祭
地鎮祭 3月3日【6】

東西南北と中央5ヶ所に麻・お米・きり紙をまいていきます。まずはお施主様から。

3月3日【5】

土地へ神様に降りてきてもらい、四方払いが始まりました。

地鎮祭
地鎮祭 3月3日【4】

ご神前、工事をする土地および参列者の身を浄めるためのお祓いをします。

3月3日【3】

神主さんがお祓いの言葉を唱えはじめます。

地鎮祭
地鎮祭 3月3日【2】

お施主様方とお子様が風邪ひかないようにと神主さん早めにスタートです。

3月3日【1】

S様邸今日は地鎮祭です。お天気はとっても良かったのですが、風が冷たい(汗。祭壇には米、塩、山の幸・海の幸・畑の幸(それぞれ3種類位づつ)と神酒を飾ってあります。

地鎮祭
2016.2.7更新
地盤調査 2月7日【5】

どのくらいの深さに固い地盤があるか?途中はどうなのか?改良が必要なのか?などの調査結果が後日送られてきます。

2月7日【4】

会社から図面などを送ります。その後調査会社が図面を確認して、調査ポイントにA/B/C・・・と名前をつけていきます。また調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地盤調査
地盤調査 2月7日【3】

最初に重りを乗せない状態でロッドと呼ばれる棒が入っていくかどうかを確認します。柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入ってしまいます。
硬い地盤までたどりついたら重りを乗せていき最後にロッドを体重を掛けないように回して確認します。

2月7日【2】

試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

地盤調査
地盤調査 2月7日【1】

先日地盤調査が行われました。

2016.1.30更新
1月30日【5】

次は地盤調査です。

地鎮祭
解体 1月30日【4】

建物の解体は無事解体され、整地されました。

1月30日【3】

廻りの囲いは防塵・防音シートです。

解体
解体 1月30日【2】

まずは既存の建物の解体工事からです。大きな部分は重機を使用して細かな部分は手壊しで作業をすすめていきます。

1月30日【1】

青梅市S様邸施工レポート始まりです。

解体

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30