安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市SK様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市SK様邸◇

8月9日K

2階洋室2部屋のロフト部分です。
行き来きが出来るように壁は半分に造ってあります。

竣工
竣工

8月9日J

青空が気持ちいいですね。バルコニーにはT型物干しがついています。(基本仕様品)

8月9日I11月16日A

TOTO製ウォシュレット一体型便器ZJ 基本仕様です。

竣工
竣工

8月9日H

こちらは2階のトイレです。こちらも壁1面アクセントクロスとして1000クラスを使用しています。

8月9日G

4帖のタタミコーナーです。キッチンからも目が届く設計になっているのでお子さんを遊ばせてても安心です。

竣工
竣工

8月9日F

パネル工法の特徴でもある広いリビングは11帖あります。

8月9日E

家電収納付カップボードは収能力抜群!扉はキッチンと合わせてローズピンクです。

竣工
竣工

8月9日D

パナソニック製キッチンリビングステーション NEWSクラスです。扉カラーはローズピンク、シンクはスキマレスシンク・クリアRタイプ(クリアピンク)です。

8月9日C

24時間換気の本体です。
点検口がついているのでメンテナンスもきちんとできますね。

竣工
竣工

8月9日B

暗くなりがちな玄関ホールにガラスブロックを施工しました。やわらかい明かりが入ってきます。

8月9日A

LDKやトイレなどの一面をアクセントクロスとして1000クラスを使用しました。

竣工
竣工

8月9日@

SK様邸竣工です。
外壁はAT−WALL アルディーレSX:アルホワイトCX張り分無しで存在感のある色です。

7月27日D

もう少しでクロス工事は終わります。

ロフト
1000クラス

7月27日C

じゃ〜ん!壁一面1000クラスのクロス使用しました。素敵ですよ。

7月27日B

居室やWICの内部クロス工事が終わりました。棚とパイプも取付けられました。

WIC
内部

7月27日A

玄関アクセントクロスです。建具とも雰囲気があっていていいですね。

7月27日@

内装工事の続き、タタミコーナーのパテ(下地)を平らにしています。

クロス工事
クロス施工 7月22日C

汗だくになりながらクロス職人さんがパテを練っています。

7月22日B

内部ではクロスの施工に入ります。
コーナーをキレイに仕上げる為に下地を入れます。

クロス下地
上棟 7月22日A

出来上がるとやはりキレイですよね♪

7月22日@

仕上げ工程に入っていきます。
左官屋さんが基礎の化粧仕上げをしています。

左官
WIC 7月19日C

WICには枕棚とパイプは取付けられました。
扉をつけていないので物の出し入れがしやすそうです。

7月19日B

2階の洋室には建具がつきました。
ロフトへ上がるはしごも設置されています。

洋室
階段 7月19日A

階段が出来上がりましたよ。
踏板と蹴込みで色を変えました。

7月19日@

内部施工がだいぶ進みました。
こちらはパントリーです。

パントリー
同時給俳 6月30日G

キッチンの同時給俳用スリーブです。外にはガラリが取り付けられています。

6月30日F

作業がしやすいように足場板が渡していあります。
上からのぞくとちょっと怖いですよ(´▽`:)

階段
スイッチBOX 6月30日E

電気配線も始まりました。四角い箱は【スイッチBOX】といいます。
電気配線を通しておいて最後にスイッチやコンセントを取り付けます。

6月30日D

こちらでは階段の施工中です。
壁の石膏ボードがはられているところです。

階段
石膏ボード 6月30日C

洋室A/Bに施工ボードが貼られました。下がり壁が作られていて扉の枠がこれから取り付けられます。

6月30日B

こちらは塗装を塗る前です。

軒天塗装
塗装工事 6月30日A

塗装屋さんが軒天を塗っています。

6月30日@

外壁の施工が進みました。
今日は塗装工事です。

外観
基礎工事つづき 5月30日D

設備屋さんがトイレ設置の為の下地を入れています。開けた部分には気密テープでしっかり封をします。

5月30日C

ロフトになる部分です。まだはしごがないので上には上がれなくて残念。

土台
土台

5月30日B

オレンジ色の管は太陽光用のCD管です。

5月30日A

天井組が始まりました。
ダウンライトやシーリングなど照明器具用の場所をあけておきます。

土台
内部

5月30日@

TKパネルが製作できない部分には加工のしやすいフェノバボードを入れていきます。

5月20日A

全部にはり終えたらY-15を施工していきます。

屋根施工
基礎工事つづき

5月20日@

屋根屋さんがカッパ(アスファルトルーフィング)という防水シートをはっていますね。

5月16日K

これで屋根の断熱施工は完成です。次は屋根屋さんの出番です。

上棟
基礎工事

5月16日J

あおり止め金具です。屋根の垂木(たるき)と壁をしっかり接合し、強風による吹き上げ力から屋根を守ってくれる金物です。

5月16日I

断熱材の上にさらに垂木と野地板をはったら施工完了です。

垂木
上棟

5月16日H

TK自慢の暑くない小屋裏がこの二重屋根断熱でできますよ。

5月16日G

屋根全面に施工がされました。

上棟
上棟

5月16日F

緑色の気密シートを全面にはったら野地板の上にフェノバボードをはっていきます。

5月16日E

毎回思うのですが、大工さんのバランス感覚はすごいと思います。屋根の上でも身軽ですよ。

出来形
基礎工事

5月16日D

ここはバルコニーになる部分です。

5月16日C

次は屋根の断熱施工です。垂木が施工されたようです。

上棟
基礎工事

5月16日B

大工さん達の連携であっという間に棟までできてしまいます。

5月16日B

白い壁は断熱材の入ったTKパネルです。
開口部にはサッシが入ります。注文住宅の為工場で完全オーダーメード製作がされて現場へやってきます。斜めに入っているのは仮の筋交いです。

上棟
基礎工事

5月16日A

TKパネルは全てはってありますよ。

5月16日@

お天気でよかったです。
今日は屋根の断熱工事です。

上棟
基礎工事

4月19日C

立上り部分の型枠にコンクリートを流し入れてゆきます。
余分な空気をバイブレータで抜きながら打設していきます。

4月19日B

基礎と土台を繋ぐアンカーをセットします。

基礎工事
基礎工事

4月19日A

配管などを通す穴がつぶれてしまわないようにスリーブを入れておきます。

4月19日@

コンクリートが固まるまでの養生期間中です。

基礎工事
基礎工事

4月16日G

無事検査も合格でしたので、平場のコンクリート打設工事に入ります。

4月16日F

基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で入れます

キソ止水プレート
配筋検査

4月16日E

内部の立上り部分です。

4月16日D

外周部の立上り部分ですね。

配筋検査
鎮物

4月16日C

継手は色んな場所にあり全部を確認します。

4月16日B

継手と呼ばれる鉄筋と鉄筋が繋がれている部分です。

基礎工事
基礎工事

4月16日A

今日は配筋検査です。図面どおりにきちんと出来ているか外部の検査員さんが確認します。

4月16日@

防湿シートの中には地鎮祭でいただいた鎮物が納められています。

基礎工事つづき
基礎工事

4月10日D

周りに捨てコンをして、外周部に型枠を組んでいきます。

4月10日C

地面からの湿気を防ぐ透湿シートを全体に敷いてゆきます。

基礎工事
基礎工事

4月10日B

その後重機を使い砕石をしていきます。
最後に転圧をかけて周りに捨てコンをします。

4月10日A

掘削後は図面どおり正しい高さになっているかスケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事

4月10日@

図面に沿って重機を使い掘削していきます。

4月9日B

『丁張り』という方法で建物の位置を確実に
出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていきます。

基礎工事開始
着工

4月9日A

BMは施工時の基準レベルになるので、工事中でも撤去しないで動かないものを用います。
SK様邸のBMは【マンホールの天端】ですね。

4月9日@

いよいよSK様邸着工です。
BM【ベンチマーク】を決定します。

着工
地鎮祭

4月8日H

最後にみんなでお神酒をいただき無事地鎮祭は終了です。

4月8日G

お施主様に続き、奥様、K君とYちゃんもささげます。

地鎮祭
地鎮祭

4月8日F

【玉串奉奠】です。
玉串に自分の祈りをのせ、神にささげるという
意味がこめられています。

4月8日E

施工店を代表して社長も『ええ〜い!!』

地鎮祭
地鎮祭

4月8日D

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、
大きな声で『ええ〜い!!』

4月8日C

【四方払い】土地にお酒、塩、お米をまきならが四隅をまわり清めます。

地鎮祭
地鎮祭

4月8日B

お清めのお祓いから・・・

4月8日A

神様へお施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈ります。

地鎮祭
地鎮祭

4月8日@

地盤調査の結果は問題なしでした。よかったですね。そして今日は地鎮祭です。
祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物がならべてあります。

3月25日E

結果は後日会社へ届けられます。この調査結果によっては改良工事をする必要があったりするのでとても大事です。

地盤調査
地盤調査

3月25日D

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が
多くなるそうです。

3月25日C

また調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地盤調査
地盤調査

3月25日B

調査会社さんが図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

3月25日A

試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

地盤調査
地盤調査

3月25日@

今日は【地盤調査】です。
敷地内の5ヶ所を順番に地盤の調査を
していきます。

3月14日A

解体工事期間は建物の大きさにもよりますが5日間〜10日間ほどかかります。最初に手作業で行い、その後重機を使用します。

解体工事
解体工事

2013年3月14日@

青梅市SK様邸リポート開始です。
今日は解体着工です。建替えの為既存のお家を解体してからの基礎工事になります。

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30