安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市O様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市O様邸◇

2016.3.17更新
外観 3月17日【24】

玄関までのスロープにはおばあさまが歩きやすいように手摺を設置しました。

3月17日【23】

壁面には家電を置くようのカウンター収納とカップボードが設置されています。

竣工
竣工 3月17日【22】

同じくパナソニック製ラクシーナです。

3月17日【21】

2階のキッチンは対面式です。

竣工
竣工 3月17日【20】

2階LDKには大きな窓があり沢山の光が差し込んできます。

3月17日【19】

洋室があります。左右対称に2部屋連なったお部屋になります。FIX窓からの明かりがいいですね。

竣工
竣工 3月17日【18】

2階ホールの階段を上がると。

3月17日【17】

洗面脱衣室の中には洗面化粧台もあります。パナソニック製シーラインの収納扉無しです。

竣工
竣工 3月17日【16】

2階はユニットバスではなくシャワールームを設置しました。

3月17日【15】

蔵です。大きな収納空間ですので他の部屋の空間を有効に使えますね。

竣工
竣工 3月17日【14】

横に大きな開口が。

3月17日【13】

2階へと続く階段を上がると。

竣工
竣工 3月17日【12】

配管は洗面脱衣室の壁へとつながっています。専用コンセントも設置しました。

3月17日【11】

ユニットバスの壁から出ている配管は24時間風呂の器械を設置する為の配管です。

竣工
竣工 3月17日【10】

1階の洗面はパナソニックウツクシーズです。

3月17日【9】

1階のキッチンです。親世代専用ですよ。パナソニック製ラクシーナです。

竣工
竣工 3月17日【8】

トイレの中にちょっとした棚があると便利ですよね。

3月17日【7】

道路側のお部屋は治療院の施術室になります。吊り戸棚がたくさん並べて収納力も高いですよ。

竣工
竣工 3月17日【6】

お手持ちのタンスを収納する為に高さを調整した造り付けの棚です。

3月17日【5】

4世代分の靴を収納する為に玄関収納は2ヶ所あります。

竣工
竣工 3月17日【4】

玄関内側から開きドアを閉めたままでも風を取り込めます。

3月17日【3】

LIXILジエスタ彩風ドアタイプです。

竣工
竣工 3月17日【2】

駐車スペースです。外壁は旭トステム外装を使用しています。

3月17日【1】

O様邸完成です。
4世代が快適に住めるお家を目指しました。

竣工
2016.3.7更新
完了 3月7日【4】

取付完了です。

3月7日【3】

こちらではサッシ屋さんが網戸の取り付けを行っています。

網戸施工
収納内部 3月7日【2】

中は階段下の為天井は斜めになっていますが、奥に深い為収納力は高いです。

3月7日【1】

洋室の階段下収納が出来上がりました。

収納
2016.2.27更新
メーターボックス 2月27日【7】

電気メーターです。仮設電気からの切替作業中です。

2月27日【6】

外ではガス栓が立上っています。メーターはこれから取付です。

ガスメーター
天井下地 2月27日【5】

子供部屋の枕棚・パイプがつきました。扉はこれからですね。

2月27日【4】

2階主寝室のクロス施工もおしまいです。

配管
ガスコンロ 2月27日【3】

ガス屋さんがガスコンロを設置、つなぎ作業をしました。

2月27日【2】

2階のLDKのクロスです。キッチンとリビング貼り分けました。

キッチン
クロス仕上げ 2月27日【1】

クロス施工も進んでいます。蔵の中は全て完了しました。

2016.2.25更新
2月25日【10】

壁天井伴にクロス施工が終わったお部屋です。四角く空いている場所はスイッチとコンセントがつきます。

バルコニー
バルコニー 2月25日【9】

1階の洋室の壁には吊り戸棚を設置しました。

2月25日【8】

コチラはトイレの中です。天井と壁の色をかえました。

軒天
発表会 2月25日【7】

天井のクロス工事が進んでいます。

2月25日【6】

ロール状においてあるのはこれから貼られるクロスです。

クロス
クロス用のり 2月25日【5】

クロス用の糊材です。F★★★★付きでホルムアルデヒドは心配ないです。

2月25日【4】

クロスに糊付けをする機械です。横にあるボックスにメーター数を入力します。

内部施工
玄関収納 2月25日【3】

玄関収納が取り付けられました。

2月25日【2】

カップボードは取付完了です。

キッチン
キッチン 2月25日【1】

2階のキッチン取付施工中です。

2016.2.21更新
2月21日【5】

こちらは1階から2階へ続く階段です。

階段
階段 2月21日【4】

洋室へ続く階段が出来上がりました。

2月21日【3】

トイレの中に固定の収納棚をつけました。

トイレ
カップボード 2月21日【2】

壁側にはカップボードです。お手持ちの家電の高さに合わせました。

2月21日【1】

1階のキッチンの取り付け工事が終わりました。レンジフードは電気工事のときに取り付けします。

キッチン
2016.2.5更新
床下収納庫 2月5日【7】

この収納庫は大型の為中桟がついています。

2月5日【6】

開口部に枠を固定します。

床下収納庫
床下収納庫 2月5日【5】

続いて床下収納庫を施工しています。枠を入れる開口部をつくります。

2月5日【4】

お施主様の希望で天井に点検口を取り付けました。

点検口
階段 2月5日【3】

側板の施工をしているところです。白く見えるところは溝で、踏板がつくところです。

2月5日【2】

洋室Dへの階段施工中です。

階段
床施工 2月5日【1】

床の施工が進みました。傷が付かないように養生をしておきます。

2016.1.29更新
1月29日【6】

外回りは軒天ボードがはられていますね。

軒天
出窓 1月29日【5】

筋交いのあった場所には合板がはられ壁ができました。

1月29日【4】

天井・壁面などにしっかり断熱材をいれていきます。

出窓
出窓 1月29日【3】

出窓の施工がすすんでいます。

1月29日【2】

外壁面への石膏ボードがはりおえています。

石膏ボード
天井下地 1月29日【1】

電気配線の前に天井組をします。このときに照明器具など設置の為下地が必要な場所に板や木材を入れておきます。

2016.1.25更新
1月25日【9】

外壁を固定する下地銅縁が入れられていますね。

外観
断熱材 1月25日【8】

FRP防水工事が完了しました。穴が見えるのは排水口とオーバーフロー管です。

1月25日【7】

外壁の施工前に手摺りグリップライン用の下地を入れておきます。

防水シート
開口部 1月25日【6】

サイディングの一部が搬入されました。

1月25日【5】

今日も社長の顔シートが目立ってますね〜。

FPR防水
二重断熱 1月25日【4】

断熱材ネオマフォームが積まれていますね。外壁面のTKパネルが施工できない細かい場所へ入れていくためのものです。

1月25日【3】

耐火ボードがバルコニーの床にはられています。

バルコニー
屋根 1月25日【2】

垂木と壁を繋ぐ『あおり止め金具』。これは屋根の垂木(たるき)と構造壁をしっかり固定して、強風から屋根を守る金具です。

1月25日【1】

外回りの作業が進んでいます。

外観
2016.1.21更新
金物 1月21日【8】

短冊金物です。梁同士横のつながりを強固にする為の金物です。

1月21日【7】

TKパネルのコーナーには構造用金物を入れます。ここは建物の検査で検査員さんがチェックします。

金物
シャワールーム 1月21日【6】

床には支えとなる台座をガッチリ固定してあります。

1月21日【5】

2階はシャワールームを設置しました。

シャワールーム
ユニットバス 1月21日【4】

ユニットバス専門の施工業者さんが1日で組立するんですよ。

1月21日【3】

浴槽の下は架台でささえています。

ユニットバス
配管 1月21日【2】

たくさんの配管が設置されています。真ん中にあるものはヘッダーです。各場所にお水を送る部品です。

1月21日【1】

ユニットバスの設置が終わりました。

ユニットバス
2016.1.14更新
出窓 1月14日【9】

上棟のときに床は構造用合板がはられていきます。厚さは24oもありますよ。

1月14日【8】

今度は床などに使われる構造用合板の刻印です。構造用合板は建物の構造上重要な部分に使用する板のことです。壁や床、屋根の下地など。やはり合板にも等級などがありますが耐久性などは用途に応じて一番必要なものを使用します。

出窓
出窓 1月14日【7】

スケールをあてて何しているの?と思いますね。これはパネルを固定しているビスが正しい間隔で打たれているかを確認しているところです。

1月14日【6】

構造現場で見かけるマーク。これはTKパネルの外壁面に刻印されているものです。現場で塗るのではなく工場で板に薬剤を染込ませてから運ばれてきます。

出窓
出窓 1月14日【5】

2階はシャワールームが設置されます。床の下地と排水用の管が設置されています。

1月14日【4】

ユニットバス設置前です。給水・湯水管が見えていますね。

ユニットバス
出窓 1月14日【3】

サッシを取り付ける為の下地をします。

1月14日【2】

まだ外が見えている状態です。

出窓
出窓 1月14日【1】

1階洋室の出窓を施工中です。

2015.12.14更新
12月14日【11】

カッパ23が搬入されました。 屋根屋さんが使用する防水シートです。

防水シート
バルコニー下地 12月14日【10】

バルコニーの床になる部分です。これから耐火ボードなどを固定したりしています。

12月14日【9】

軒下にはまだ取り付けされていませんがあおり止めという金物を固定していきます。

軒
内観 12月14日【8】

大きな梁やしっかりした柱構造に自信ありですよ。

12月14日【7】

棟には発砲ウレタンを隙間なく充填します。

屋根断熱
屋根断熱

12月14日【6】

二重の施工が終わったらその上に野地板を貼ります。

12月14日【5】

断熱材は厚さの違う2枚を重ねて施工します。45oと35oで厚さ80oにします。

屋根断熱
屋根断熱

12月14日【4】

その上に断熱材ネオマフォームを施工していきます。

12月14日【3】

屋根野地板の上には気密シートをはっていきます。厚手のシートでちょっとやそっとじゃ切れません。

屋根断熱
内観

12月14日【2】

内部にはしっかりTKパネルが納まっています。

12月14日【1】

無事上棟も完了しこれから屋根施工に入ります。

外観
2015.12.13更新
上棟

12月13日【15】

徐々に出来上がってきましたね。

12月13日【14】

1階にTKパネルが入りました。

上棟
基礎工事

12月13日【13】

建物が歪まないように仮筋交いが入れてあります。

12月13日【12】

こんな感じで通したボルトを固定していきます。

基礎工事
基礎工事

12月13日【11】

こちらは反対側。

12月13日【10】

羽子板ボルトなど2階の床をはる前に固定していきます。

上棟
上棟

12月13日【9】

クレーンで次々と梁がつられていきます。

12月13日【8】

大工さんが梁を打ち付けていますね。

上棟
上棟

12月13日【7】

天まで高く伸びているのは通し柱です。

12月13日【6】

快晴の中O様邸上棟です。

上棟
土台敷き

12月13日【5】

全ての作業がおわり床養生シートを貼ったら完了です。

12月13日【4】

そこにボルトを差し入れておきます。

土台敷き
土台敷き

12月13日【3】

前回紹介したPロック台座です。

12月13日【2】

断熱材『スタイロエースU』が施工されています。

土台敷き
土台敷き

12月13日【1】

鋼製床束です。最大圧縮荷重28.99KN(測定値)優れものです。設置、微調整をした後コンクリート用ボンドで固定します。

2015.11.23更新

11月23日【7】

土台となる木材の位置は決まっています。それぞれ仮置をして確認した上固定していきます。

土台敷き
土台敷き

11月23日【6】

基礎と土台と柱を繋ぐ金物Pロックの台座です。

11月23日【5】

1階の床に貼る構造用合板もとどきました。

土台敷き
土台敷き

11月23日【4】

外周部に施工する断熱材スタイロエースUが積んでありますね。

11月23日【3】

とってもいいお天気の中上棟前の土台敷き工事をします。

土台敷き
基礎工事

11月23日【2】

キレイに基礎が出来上がりました。

11月23日【1】

立上り部分のコンクリート打設が完了ししばらく養生期間をおいたら型枠を外します。

基礎工事
2015.11.8更新
配筋検査

11月8日【10】

基礎と土台を繋ぐ『アンカー』をセットしました。

11月8日【9】

配筋にそって型枠を固定していきます。コンクリートの圧力で型枠が外れてしまわないように上下とめ金具でしっかり固定します。これは型枠を解体するときに一緒に外します。

基礎工事
基礎工事

11月8日【8】

平場が固まったことを確認したら、今度は立上り部分の打設準備をします。

11月8日【7】

打設完了です。しっかり固まるまで養生期間をおきます。

基礎工事
基礎工事

11月8日【6】

無事検査もOKもらえたので、平場のコンクリートを打設していきます。

11月8日【5】

基礎外周部に設置されているものは『キソ止水プレート』です。基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で取り付けます。

基礎工事
基礎工事

11月8日【4】

この検査に受からないとコンクリートを打設することができません。

11月8日【3】

配筋検査は継手の長さや組み方など図面どおりにできているか確認されます。

基礎工事
基礎工事

11月8日【2】

こちらは『鎮物』。地鎮祭でお祈りをしてもらったものです。

11月8日【1】

配筋施工が終わりました。外部の検査員さんの検査を受けます。

基礎工事
2015.10.16更新
基礎工事

10月16日【7】

最後に防湿シートを敷きます。防湿シートは地面からの湿気を防ぐために全体に敷いてゆきます。

10月16日【6】

転圧完了後成形をします。

基礎工事
基礎工事

10月16日【5】

砕石をした後 写真の重機を使って、より強固な地盤にする為にランマ転圧をかけます。。

10月16日【4】

図面どおりにできているかスケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事

10月16日【3】

続いて『根切り』。重機を使って掘削していきます。

10月16日【2】

まずは『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていきます。

基礎工事
基礎工事

10月16日【1】

O様邸着工です。いよいよ工事が始まります。

2015.10.4更新

10月4日【14】

お母様と妹ちゃん。
これで無事地鎮祭も終了です。

地鎮祭
地鎮祭

10月4日【13】

お父様とおねーちゃん。

10月4日【12】

続いて奥様も。

地鎮祭
地鎮祭

10月4日【11】

【玉串奉奠】です。
玉串に自分の祈りをのせ、神にささげるという
意味がこめられています。
お施主様から納めます。

10月4日【10】

施工店を代表して社長も『えい、えい、え〜い』。

地鎮祭
地鎮祭

10月4日【9】

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、
大きな声で『えい、えい、え〜い!!』

10月4日【8】

神主さんがお祓いをした後にまいていきます。

地鎮祭
地鎮祭

10月4日【7】

【四方払い】です。
土地にお酒、塩、お米をまきならが四隅をまわり清めます。

10月4日【6】

生憎のお天気ですが・・・地鎮祭です。

地鎮祭
地盤調査

10月4日【5】

最初に重りを乗せない状態でロッドと呼ばれる棒が入っていくかどうかを確認します。柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくのですが、入っていかない場合は重さの違う重りを順番に乗せていきます。

10月4日【4】

調査会社が図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

地盤調査
地盤調査

10月4日【3】

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

10月4日【2】

試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。人の手で行う方法と機械を使う方法があります。

地盤調査
地盤調査

10月4日【1】

青梅市O様邸レポート開始です。
これから地盤調査が始まります。

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30