安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市MT様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市MT様邸◇

7月5日K

お施主様こだわりのオーダー階段。スチール製で工場生産されたものを現場で組立施工しました。手摺りのしっとりした感触が心地よかったです。

階段
LDK

7月5日J

リビングを上からのぞいてみました。照明器具の配置にもこだわりがあり素敵な雰囲気のお家になっていますね。

7月5日I

母屋下がりで天井が低くなる部分がありますが、高さの違う物入れを配置することでたくさんの収納が可能になりました。

収納
廊下

7月5日H

リビングを見下ろせるホールを渡ると洋室があります。スリットの手摺りは木製で塗装を施しました。

7月5日G

2階はご主人の趣味の空間として考えられました。階段を上がるとスリットの開口があり、造作カウンターが設置されています。ここにはパソコンやネット接続機器など用に配線・コンセントが用意されています。

2階ホール
トイレ

7月5日F

パナソニック製アラウーノです。横のポケットに洗剤を入れておくだけで洗浄してくれます。

7月5日E

トイレ内に洗面ボウル、化粧台と鏡を設置しました。洗面ボウルはジャニス製サークルラインキャビネットです。引出内部にも工夫がみられて面白いですよ。

洗面ボウル
キッチン

7月5日D

奥様こだわりのキッチンは壁側にシステムキッチン、対面にキッチンカウンターを設置し家事がしやすく考えられています。

7月5日C

14畳のLDは勾配天井と梁が見えることによってさらに広く感じます。

LDK
洋室A

7月5日B

主寝室となる洋室です。右手には12尺のクローゼットが。収納量もたっぷりです。

7月5日A

一歩玄関を入ると白を基調としたまるで別荘のような空間が広がります。
左手のアーチ型の入口をくぐると広い土間収納があります。

土間収納
外観

7月5日@

青梅市MT様邸。外構工事が完了しました。

6月22日E

広いキッチンも吊り戸棚を壁側に設置してあるので開放感がありますね。

発表会
発表会

6月22日D

両サイドが手摺りになった廊下です。
開放感がすごい!

6月22日C

現在建築中のお客様です。完成のイメージを見にいらっしゃいました。

発表会
発表会

6月22日B

こちらは分電盤(ブレーカー)です。各部屋がどこにつながっているか表示がしてあります。

6月22日A

太陽光パネルのパワーコンデショナーです。

発表会
発表会

6月22日@

生憎のお天気となってしまいましたが、本日は発表会2日目です。

6月21日H

明日もスタッフ一同お待ちしています♪

発表会
発表会

6月21日G

午前と午後で雰囲気が違ったりというのも見られます。

6月21日F

OB様もご新規様も各々お好きなところをじっくり見てますよ。説明が必要な場合や気になるところがあればお声かけてくださいね♪

発表会
発表会

6月21日E

TKの発表会は自由です。まずはじっくり見てください。

6月21日D

発表会恒例の靴ショット!
午前中から午後いちにかけておおにぎわいです!

発表会
発表会

6月21日C

まずはじっくり見学して下さい、疑問や質問があればお気軽に声をかけてくださいね。

6月21日B

20日には新聞広告を入れました!道には旗がたっていますよ!目印にどうぞ♪

発表会
発表会

6月21日A

説明パネルやOB様のコメントなど飾りつけばバッチリです。

6月21日@

心配されていたお天気も大丈夫そうです!
本日完成発表会1日目です。

発表会
階段

6月16日C

全ての踏板が設置されました。仕上がりはぜひ完成発表会で!素敵ですよ♪

6月16日B

ささらの固定がもう少しで完了です。

階段
階段

6月16日A

梁にアンカーを打ち込んで金物を固定します。毎日人が通る場所なので事故がおきたら大変!!しっかり固定しますよ!

6月16日@

MT様邸メインのひとつであるスチール製の階段施工が本日始まります。まずは部材が納品されました。わくわくしますね!

階段
バルコニー

6月10日B

内装クロス工事が終わりました。
続いて器具付けと設備工事です。

6月10日A

こちらは2階の造りつけカウンターです。

軒天
発表会

6月10日@

吹抜けの壁のクロス施工が終りました。
明るくて素敵ですね♪

6月6日C

吹抜け部分の施工は足場を組んで行います。天井がはり終えたので先行でシーリングファンが設置されました。

吹抜け
軒施工

6月6日B

吹抜けの手摺りは塗装してあります。

6月6日A

徐々に白を基調としたお家ができてきましたよ。
スチール製の階段は器具付けの後に設置されます。

内部施工
発表会2日目

6月6日@

下地処理が終り、クロス施工が進んでいます。

6月3日E

クロス職人さんがパテを塗っています。

クロス職人
打合せ

6月3日D

今日から内装工事です。

6月3日C

設備工事で使用した重機がまだありますね。

ユニットバス
切下げ工事

6月3日A

無事全ての場所の設置が完了しました。

6月3日@

モルタルを塗り、L形構を設置します。

切下げ工事
切り上げ工事

6月2日E

基礎コンクリートの打設をしています。コテで平にしていますね。

6月2日D

転圧後、断面図と相違がないか高さを確認します。

切下げ工事
切下げ工事

6月2日C

次に砕石をして、その後転圧をかけて固めます。

6月2日B

L形構の下は決まった順番で砕石などが層になっています。写真は高さを確認しています。

切下げ工事
切下げ工事

6月2日A

L形構に切り込みを入れて既存のものを撤去します。

6月2日@

今日からL形構の切り下げ工事を行います。出入りがしやすいように真ん中の高い部分を左右と同じ高さまで下げる工事です。

切下げ工事
外観

5月14日A

白い外壁がカッコイイです♪

5月14日@

屋根、防水、塗装、雨樋など外回りの工事が完了し、足場が外されました。

外観
ホール開口部

5月8日F

2階のホールには開口部が出来上がっています。

5月8日E

内部の足場が取れてLDKの吹抜けが見られるようになりました!

吹抜け
物入れ

5月8日D

下がり壁と壁が出来てきました。
ここも物入れが出来ます。

5月8日C

両脇に壁が出来ています。
ここは物入れになる部分です。これから石膏ボードがはられます。

物入れ
スイッチBOX

5月8日B

コンセントの位置にも電気配線ができました。

5月8日A

床材の施工が完了しました。
傷がついかないように養生をしておきます。

床材
電気配線

5月8日@

電気配線が進んでいます。コンセントやスイッチを取り付ける場所にBOXをつけておきます。

4月18日I

外壁施工が進みました。
この後は軒天の塗装や防水シーリング、雨どいの設置など外装の仕上げ工事が始まります。

外観
下地

4月18日H

カーテンレールやタオルリングなどを取り付ける場所には下地を入れておきます。

4月18日G

換気扇同時給俳用のスリーブです。ドームパッキンつきの管を通しまわりを気密テープでしっかりふさぎます。

気密パッキン
ユニットバス

4月18日F

物干しバー、オートルーバー暖房換気乾燥機は標準です。

4月18日E

ユニットバスの設置が完了しました。
扉はオプションの引き戸タイプです。

ユニットバス
ルフロダクト・電気配線

4月18日D

天井裏には電気配線とルフロのダクトが通っていきます。

4月18日C

天井施工中です。
野縁が組まれ石膏ボードをはっていきます。

天井
石膏ボード

4月18日B

外壁面のTKパネルが加工できない部分には、フェノバボードが施工されます。その上に石膏ボードがはられていますね。

4月18日A

1階の床には床暖房が設置されるので、その下地です。

床暖下地
ルフロ

4月18日@

内部では24時間換気ルフロ本体が設置されました。

4月1日C

万が一外壁の内側に雨水等が侵入したとしても、このシートの手前で、下へ流れ落ち、建物の中には入らない様になっています。

外観
外観

4月1日B

TKの社名入りのシートは透湿防水シートです。湿気は通すが雨水は通さないんです。

4月1日A

あおり止めが見えていますね。緑色のシートは気密シートです。

軒天
外観

4月1日@

MT様邸外観です。
外壁施工が進みました。

3月28日B

梁を繋ぐ金物は短冊金物です。

金物
内部

3月28日A

M様邸内部です。
筋交いと金物が入るまでには、仮筋交いが入っています。

3月28日@

外観です。
外壁の防水工事が終わるまでブルーシートで囲っておきます。

外観
屋根下地 3月18日B

太陽光パネルがのるのでしっかり固定するのと防水の為にシール材を充填します。

3月18日A

屋根の先端についている金物は雪止めです。

屋根下地
太陽光 3月18日@

屋根材Y-15がはられました。
等間隔に出ている金具は太陽光用です。

3月17日B

おなじみのアスファルトルーフィング材。
カッパです。ヽ(´∀`*)ノ

カッパ
屋根施工 3月17日A

屋根屋さんが防水シートをはっています。

3月17日@

断熱材の上にさらに垂木と野地板を施工して完了です。

上棟
屋根施工 3月15日E

棟の部分には発砲ウレタンを充填します。

3月15日D

TK自慢の2重屋根断熱施工ですよ。
暑くない屋根裏のひみつはここに。

床束
Pロック 3月15日C

野地板の上に気密シートをはり、断熱材フェノバボードをはっていきます。

3月15日B

垂木の上には野地板をはっていきます。

屋根施工
屋根施工 3月15日A

垂木を固定していきます。
大工さん達はこんな高い場所でも軽やかに移動していきます。

3月15日@

とてもいいお天気ですね!
今日は屋根施工です。

屋根工事
土台 3月14日D

開口部にはサッシが入ります。

3月14日C

1階の壁が完了し、2階のパネルを施工しているところです。

基礎
TKパネル 3月14日B

壁にTKパネルが施工されています。
白い部分はグラスウールという断熱材ですよ。
工場でお家ごとに製作されて届きます。

3月14日A

屋根に使用する断熱材フェノバボードが届きましたよ。

フェノバボード
TKパネル 3月14日@

たくさんのTKパネルが届きました!

3月13日I

MT様、奥様、社長と記念にパシャリ!
笑顔がなによりこちらも嬉しいです。

上棟
上棟

3月13日H

お昼ごはんを差し入れていただきました♪
ありがとうございます。

3月13日G

ご挨拶をいただくと気持ちが引き締まりますよね。

上棟
上棟

3月13日F

本日は上棟おめでとうございます!
お施主様よりご挨拶をいただきました。

3月13日E

社長も現場状況を見守ります。

上棟
上棟

3月13日D

ベテラン棟梁達の手際よい作業で床がはられていきます。

3月13日C

お昼には1階全ての柱が立てられ、1階天井・2階の床へ進んでいきます。

上棟
上棟

3月13日B

次々に柱が建っていくのは迫力ですね。

3月13日A

大きな梁がクレーンであげられていきます。

上棟
上棟

3月13日@

本日は上棟です。
お天気なんとかもってくれるといいのですが。

3月12日E

1階の床、構造用合板をはっていきます。
大引を支えるのは鋼製束のYTB束です。

土台敷き
土台敷き

3月12日D

青い素材は基礎断熱材スタイロエースUです。

3月12日C

上棟の前に足場が組まれました。

土台敷き
土台敷き

3月12日B

土台と柱を繋ぐPロック用の金具と気密スペーサーが取り付けられました。

3月12日A

コンクリートから出ているのがアンカーです。

土台敷き
土台敷き

3月12日@

キレイに土台が施工されましたよ。

3月11日B

まずはどの場所にどの木がくるか確認の為配置していきます。

土台敷き
土台敷き

3月11日A

土台の木材には記号が印刷されていて図面上のどこに入るか分かるようになっています。
細かい微調整は現場で大工さんが行います。

3月11日@

上棟へ向けて今日は土台敷きです。
材料が運ばれてきました。

土台敷き
設備配管

3月10日A

土台の下に隠れてしまう前に先行配管をしておきます。
オレンジは湯水、ブルーは給水そして排水管です。

3月10日@

コンクリートがしっかり固まったら・・・型枠を外して基礎工事完了です。

基礎工事
基礎工事

3月4日D

コンクリートを流し入れる人、バイブレーターで空気を抜く人上手に連携をとりながら作業は進みます。

3月4日C

二台を繋げて流し入れていきます。

基礎工事
基礎工事

3月4日B

生コン車とポンプ車が配置されました。

3月4日A

丸印は【アンカーボルト】です。
基礎と土台をつなぐ大事な役割を持ちます。

スリーブ
基礎工事

3月4日@

続いて立上り部分のコンクリート打設です。

2月28日C

コンクリートの打設完了です。

鎮物
打設

2月28日B

いよいよコンクリート打設です。
バイブレータを使い空気を抜きながら流し入れてゆきます。

2月28日A

汚れは水でほこりなどは掃除機ですっていきます。

基礎工事
基礎工事

2月28日@

コンクリート平場を打設する前に清掃をします。

2月26日F

こちらはキソ止水プレートです。基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で入れます。

基礎工事つづき
基礎工事

2月26日E

コンクリートで配管用の穴がつぶれてしまわないようにスリーブを入れておきます。

2月26日D

配筋工事完了、全景です。
そして無事検査も合格です。

基礎工事
基礎工事

2月26日C

内部の【重ね継手-かさねつぎて-】鉄筋と鉄筋を繋ぎ合わせている部分なども確認します。
検査には外部の検査員さんがやってきます。

2月26日B

外周部はもちろん・・・

基礎工事
基礎工事

2月26日A

図面通りに出来ているかスケールをあてて確認します

2月26日@

今日は配筋検査です。
中央には鎮め物を納めます。

基礎工事
着工

2月7日B

土からの湿気を防ぐ為に防湿シートをはります。

2月7日A

キレイに整地されましたね。

着工
着工

2月7日@

掘削した後は、ランマで転圧をしてゆきます。

2月6日B

この印に沿って重機で掘削していきます。

着工
着工

2月6日A

敷地内に『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出す為の目印を立つ周りに板と糸で印をしていきます。

2月6日@

先日降った大雪がまだ残っていますね。
今日はいよいよ着工です。

着工
地鎮祭

1月12日K

最後にみなさんで乾杯をして無事地鎮祭は終了です。おめでとうございます。

1月12日J

続いて奥様にも納めていただきます。

地鎮祭
地鎮祭

1月12日I

【玉串奉奠】です。
玉串に自分の心をのせ、神にささげるという
意味がこめられています。

1月12日H

施工店代表で社長が鋤を入れます。『えいえいえ〜い!』という掛け声は、お祝い事ですので、弱々しく言わず、景気よく大きな声で言いますよ!

地鎮祭
地鎮祭

1月12日G

続いて【鍬入れの儀】です。お施主様が『えいえいえ〜い!』と声をかけて砂に入れていきます。

1月12日F

お施主様が四方全てにまいてお祈りをします。

地鎮祭
地鎮祭

1月12日E

土地の四隅にお酒、塩、お米をまいて清めます。これを四方払いといいます。

1月12日D

神主さんが神様に工事の安全を祈る【祝詞(のりと)】を読み上げます。

地鎮祭
地鎮祭

1月12日C

神主さんがひとつの動作ごとに【修跋の儀(しゅうばつのぎ)】、【降神の儀(こうしんのぎ) 】ですと説明してくださいます。

1月12日B

祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物がならべてあります。

地鎮祭
地鎮祭

1月12日A

お施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈り、土地の神様にお願いをします。

1月12日@

今日は地鎮祭です。
お天気でよかったですね。

地鎮祭
基礎工事

12月20日E

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくそうです。回転数が少ないのはやわらかい地盤、
逆に固い地盤ほど回転数が多くなるそうです。

12月20日D

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

解体作業
解体作業

12月20日C

先端がドリルのようになっている棒に、おもりを載せた状態で地面にさして一定の深さまで入るのに費やした回転数を記録していきます。

12月20日B

A・B・C・・・と敷地内の決められた場所の深さを調査していきます。

解体作業
解体作業

12月20日A

試験方法は【SS試験(スウェーデン式サウンディング試験)】です。

12月20日@

無事解体工事も完了し、今日は地盤調査です。

地盤調査
解体作業

12月9日A

資材は分別されながらトラックにのせられていきます。

12月9日@

次は重機を使用して柱などを解体していきます。

解体作業
解体作業

12月7日B

サッシが外され、壁が壊されていきました。

12月7日A

まずは襖や扉など手作業で外していきます。

解体作業
解体作業

12月7日@

解体作業が始まりました。防音・防塵シートで周りを囲っていきます。

12月5日A

解体前の現場の様子です。

解体作業
解体作業

2013年12月5日@

青梅市MT様邸リポート開始です。
解体工事から始まります。

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30