安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市K様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

◇青梅市K様邸◇

施工現場動画Vol1〜Vol6掲載中!

※動画はお施主様撮影・編集したものをお借りしております。無断転載などはおやめ下さい。

施工中現場リポート

2017.6.18更新
竣工

6月18日【12】

棚板は奥行き450mm、巾900mm、厚さ20mmのしっかりした棚板です。可動棚は、棚板が自由に移動できるので、しまう物に合わせられますね。

6月18日【11】

内部は可動棚仕様。棚柱と棚受、棚板の組み合わせを4ヶ所16段施工しました。

竣工
竣工

6月18日【10】

当初オープンであった収納。
見た目や使い勝手などを考慮し扉をつけることにしました。ウッドワン『ソフトアート:クローゼット扉M-FT カラー:センターピンク』です。

6月18日【9】

ウッドワンのカウンター材を使用しています。
カラーはナチュラルピンク。コンセント用の穴加工もしました。

竣工
竣工

6月18日【8】

作業場となるオーダーカウンター。
厚さ36mm、奥行き600mm、長さ3,000mmのを2枚組み合わせて施工しました。角はRを取り危なくないようになっています。

6月18日【7】

2階トイレはカウンターを境に上下で柄を変えました。下側は布目調単色で上側は木目調のクロスを選択。上部には固定棚を設置し、ストックなどを置けるようにしました。

竣工
竣工

6月18日【6】

キッチンは対面式。
LIXILシステムキッチン『アレスタ カラー:ミストグリーン』です。床材はウッドワン『ソフトアート コンビットニューアドバンスV152 カラー:ナチュラルピンク』です。柔らかい色味で部屋全体が明るくなります。

6月18日【5】

1階トイレは扉を開けて正面に柄ありのクロスをアクセントに貼りました。トイレはLIXIL『ベ-シア カラー:オフホワイト』です。

竣工
竣工

6月18日【4】

玄関をあけると2階へ続く階段と洗面台が見えます。
洗面台はLIXIL『エスタ』です。鏡はお施主様支給品を設置しました。

6月18日【3】

玄関ドア廻りもアクセントに『シュトラール QFシルクアクアホワイトC』を使用しています。玄関ドアはLIXIL 『ジエスタ デザイン:E11型 カラー:クリエダーク』 浮造り調のガラス窓付。スリットから光りが玄関ホールへ入ります。

竣工
竣工

6月18日【2】

外壁はケイミュー『ロックストライプ15 カラー:ロックアクアライトブラウン』、『シュトラール カラー:QFシルクアクアホワイトC』を貼り分けて使用。

6月17日【1】

青梅市K様邸 完成です。

竣工
軒裏換気口

6月3日【5】

同じく奥行きの深い可動棚。収納扉を閉めるとすっきりしますね。

6月3日【4】

作業場のオーダーカウンター。数十台となるかも!?電子機器を設置するために作成しています。

バルコニー

6月3日【3】

LDKです。全体的に明るい色を使用しているので

さわやかな印象になりました。

6月3日【2】

真っ白なポストはお客様支給品です。玄関と照明とバランスがいいですね。

玄関収納
外観

6月3日【1】

K様邸まもなく完成です。お役所の完了検査を受けます。

5月26日【4】

ユニットバスのつなぎも設備屋さんのお仕事です。

5月26日【3】

1階、2階のトイレは設置完了です。

5月26日【2】

設備屋さんが洗面化粧台の取付をしています。

5月26日【1】

照明器具が納品されました。

5月22日【5】

洗面脱衣室は柔らかなピンク色です。

5月22日【4】

2階は施工完了しました。ご主人のお仕事部屋になる場所ですので、シンプルな壁紙を選んでいます。

5月22日【3】

1階はパテを塗ってビスや石膏ボードの継ぎ目などの凹凸をなくし平らにする下処理が終わったところです。

5月22日【2】

クロスに糊付けする機械です。必要なメーター数を入力すると糊付けして出てきます。

5月22日【1】

壁紙材がと搬入されました。ひとつひとつにF★★★★〈フォスター〉がついています。

※ホルムアルデヒドに関する基準をクリアしたものです。この印がある建材や内装材だけが、建築基準法によって使用量が制限されません。ランクはF★〜F★★★★まであります。

5月15日【6】

設置する引き出しが置いてあります。引き出しとガス台を入れたら完了です。

5月15日【5】

クローゼットの内部部品も取付け完了です。

5月15日【4】

オーダーカウンターです。傷がつかないように養生中なので完成でおみせするのが楽しみです。

5月15日【3】

フードの取付が完了です。

5月15日【2】

中ではキッチンの設置施工中です。

5月15日【1】

足場が外れて外観が見えるようになりました。
バルコニーと玄関廻り北側はアクセントです。

外観

5月8日【6】

トイレドアの取り付けも進みました。

5月8日【5】

作業用のカウンター施工中です。カウンター用の足を固定しています。

5月8日【4】

収納内部は棚柱と棚受けを取り付け棚板を配置しています。

5月8日【3】

クローゼット扉の取り付けが終わりました。

5月8日【2】

設置位置を確認して、固定していきます。

5月8日【1】

玄関収納の施工中です。

クローゼット扉

4月22日【4】

物入れにクローゼット用の扉がつきました。

4月22日【3】

扉の枠取付が進んでいます。引き戸は上吊りなので金具が見えています。

建具
LDK

4月22日【2】

一階ではキッチンの腰壁を施工中です。

4月22日【1】

外回りの工事が全て完了し、足場の解体が終わりました。

外観
外フード

4月10日【4】

外壁面には外用のフードが取付けられています。

4月10日【3】

写真はレンジフードのダクトです。給気と排気それぞれに繋がれます。

キッチン
カウンター

4月10日【2】

カウンターは高さ、位置、長さなど細かな調整をしながら施工します。

4月10日【1】

カウンターの施工が始まりました。板を仮固定するのに木枠が組んであります。

大工工事
コンセント

4月8日【4】

内部のスイッチ、コンセントなどの配線が進んでいます。

4月8日【3】

ダクトは写真の機械へ繋がれています。24時間換気システムの本体です。

24時間換気
DS 4月8日【2】

24時間換気のダクトが通っています。

4月8日【1】

階段の施工中です。手摺りの取付位置に下地を入れていますね。

階段
床下収納庫 4月7日【4】

床には点検口を兼ねた床下収納庫が設置されました。

4月7日【3】

同じようにカップボードを固定する為の下地を入れておきます。

キッチン
キッチン 4月7日【2】

中ではキッチンの壁を施工中です。フードが取付けられる予定の場所へ下地を入れておきます。

4月7日【1】

外壁の施工が終わりました。この後は塗装工事、雨樋、笠木と物干し工事などが続きます。

外観
屋根断熱 4月1日【4】

床材の施工も始まりました。

4月1日【3】

天井にボードを貼る為の下地を組んでいるところですね。

上棟
上棟 4月1日【2】

パイプスペース用の囲いが施工されました。この中に配管などが通っていきます。

4月1日【1】

屋根下も軒天を張り終わりました。この後は外壁屋さんが破風を取付けていきます。

クロス工事
上棟 3月27日【4】

軒天ボードが貼られ通気金具が取付けられました。

3月27日【3】

金具にサイディングを引っかけて固定します。

上棟
上棟 3月27日【2】

水切り金物の上にスタート金具を設置し外壁材をはっていきます。

3月27日【1】

K様邸外壁工事が始まりました。

上棟
上棟 3月23日【10】

設備やさんがお風呂と給水、給湯、排水の接続をしました。

3月23日【9】

透湿シートとは、水は通さず湿気を透すシートのことで、外壁仕上げの下に貼ります。簡単にご説明すると外からの水は中へ透さず、中からのい水(湿気)は外へ逃がす。なので湿気による結露などを起こしにくくします。

上棟
上棟 3月23日【8】

外壁に透湿シートを貼り始めました。

3月23日【7】

K様作成の動画も掲載してますのでご覧になってみて下さい。

上棟
上棟 3月23日【6】

過去のお話に花が咲いたり、お家についての相談だったり様々です。

3月23日【5】

TKの発表会には過去にお家を建てさせていただいたお客様が遊びに来て下さることが多く、広告をみて来て下さったお客様にお話をしてくださっったりします。

階段
スイッチBOX 3月23日【4】

家族写真の様ですが(^_^;)、OB様が遊びに来て下さって記念にパチリ。

3月23日【3】

予約不要でK様も来て下さいました。

バルコニー
屋根断熱 3月23日【2】

会社案内や構造について、ZEHとは?そしてOB様のコメントなどを飾っています。

3月23日【1】

K様邸構造発表会でお借りしました。
写真は展示の様子です。

屋根断熱
屋根断熱

3月12日【8】

隙間なく設置したあと固定していきます。全て固定した後棟の隙間にはウレタンを充填します。

3月12日【7】

屋根パネルは厚さの違う断熱材フェノバフォームが2枚重なっています。1枚の厚さは60oと43o。

屋根断熱
屋根断熱

3月12日【6】

大工の指示で指定の場所へ下ろします。

3月12日【5】

クレーンで一気に上まで。

屋根断熱
屋根断熱

3月12日【4】

屋根パネルのフックにワイヤーを固定しています。

3月12日【3】

壁パネルの固定をしています。

屋根断熱
屋根断熱

3月12日【2】

気密テープを外壁面にはります。

3月12日【1】

上棟2日目。屋根断熱施工です。

屋根断熱
上棟

3月11日【10】

外はもう真っ暗。しっかり養生をして今日の作業は完了です。

3月11日【9】

屋根以外の壁パネルは全てせ取付完了しました。

上棟
土台敷き

3月11日【8】

壁パネルの取付は完了なので、内側へこノボパンを取り付けるのと決められた間隔で釘を打って行く作業をします。

3月11日【7】

家で一番高いところ「上棟」の名前の通り棟の設置が終わりました。

土台敷き
土台敷き

3月11日【6】

お施主様からのお話を伺いました。足下には差し入れしてくださったお昼のお弁当が配られています。ありがとうございました。

3月11日【5】

パネルを設置したら釘で固定する藤野大工。

上棟
土台

3月11日【4】

土台と柱を繋ぐPロックという金物が入っています。横からみるとピンが刺さっているのがわかります。

3月11日【3】

ぴったりの寸法で造られてきたパネルを木槌で打ち込んで取り付けていきます。

土台
土台

3月11日【2】

2階の柱がクレーンで吊上げられています。

3月11日【1】

今日は上棟です。お天気が心配されましたがなんとかもってくれそうです。写真は工場からやってきたTKパネル達です。完全オーダー品ですので取り付ける場所などパネルに記号が入っています。

基礎工事
土台敷き

3月10日【12】

床用の養生シートを貼ったら2日間の土台敷きは完了です。

3月10日【11】

最後に1階の床(合板)を貼っていきます。

土台敷き
土台敷き

3月10日【10】

もちろん切り込んだ廻りには発泡ウレタンを充填し隙間がないようにします。

3月10日【9】

排水管の廻りにもしっかり断熱材が貼ってありますね。

土台敷き
土台敷き

3月10日【8】

土台を支えているのが鋼製床束「こうせいゆかづか」です。

3月10日【7】

基礎の外周部へ断熱材を施工していきます。床下からの冷気を防ぐために入れる材料です。

土台敷き
土台敷き

3月10日【6】

床下へ隠れてしまう配管/排水管などです。

3月10日【5】

青色の配管は給水。ヘッダーと呼ばれる部品で各場所へ水を分配します。

土台敷き
土台敷き

3月10日【4】

木材には配置する場所の数字と文字(いろは)が刻印してあります。

3月10日【3】

基礎と土台の木材の間にパッキンを入れてあります。

土台敷き
土台敷き

3月10日【2】

このとき床下の配管などをしにガス屋や水道屋も一緒に作業をします。

3月10日【1】

基礎工事も無事に完了し、いよいよ大工の出番です。土台敷き作業に入ります。

土台敷き
基礎工事  3月 9日【3】

型枠がコンクリートの圧力に負けないように金物でしっかり止めておきます。この金物は型枠を外すときに一緒に外します。

3月 9日【2】

中には鉄筋が入っていて、さらに基礎と土台を繋ぐアンカーと呼ばれる鉄筋も固定します。

基礎工事
基礎工事 3月 9日【1】

平らな面が固まったら今度は縦枠を組んでいきます。

3月5日【7】

配筋検査は無事合格しました。耐圧と呼ばれる平たい部分のコンクリートを打設した後、養生期間をおいて固まるのを待ちます。

基礎工事
地鎮祭 3月5日【6】

写真はキソ止水プレートです。基礎コンクリートの継ぎ目から水や虫などの侵入を防ぐためにい取り付けます。

3月5日【4】

この検査に合格をしないとコンクリートが打設できないんです。

基礎工事
基礎工事 3月5日【3】

配筋検査と言われ外部の検査機関から専門の検査員がやってきて現場を確認します。

3月5日【2】

鉄筋同士が重なっている部分です。重ねる長さは決まっています。

基礎工事
基礎工事 3月5日【11】

基礎工事の図面があります。基礎伏図といいます。それを確認しながら正しく配筋が組まれているか確認します。

3月2日【2】

中に鉄筋を運び入れていますね。これから配筋という作業をします。コンクリートの骨になる鉄筋を組んでいくんですよ。

基礎工事
基礎工事 3月2日【1】

外周部に型枠が施工されました。

2月24日【7】

廻りにコンクリートを流し入れたら次は型枠を組んでいきます。

基礎工事
基礎工事 2月24日【6】

最後に地面からの湿気を防ぐ防湿フィルムを敷いていきます。

2月24日【5】

転圧が完了して整形した後です。

基礎工事
基礎工事 2月24日【4】

違う種類の転圧機を使い締め固めていきます。

2月24日【3】

続いて重機で掘削をした後、砕石をし転圧をします。

基礎工事
基礎工事 2月24日【2】

外周に板が立ててあり、糸が張ってあるのがわかりますね。 『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をします。『遣り方』という言い方をしたりもします。

2月24日【1】

地盤調査の結果は問題なし。とのことでした。よかったですね。着工ができます。

基礎工事
地鎮祭 2月13日【6】

調査結果は後日送られてきますが、地盤の状態によっては改良工事を行ったりします。

2月13日【5】

写真は人の手での調査ですが機械で行うこともあります。両方とも同じくらいの精度をもっています。

地鎮祭
地鎮祭 2月13日【4】

調査会社が図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

2月13日【3】

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地鎮祭
地鎮祭 2月13日【2】

建物を建てても大丈夫な力を地面が持っているかを確認します。最初に重りを乗せない状態でロッドと呼ばれる棒が入っていくかどうかを確認します。次に重さの違う重りを順番に乗せていきます。最後に叩いて確認します。

2月13日【1】

解体が終わり、次は地盤調査を行います。試験方法は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。資料などに『SS試験』と書いてあったりします。

地鎮祭
解体工事 2月4日【4】

建物の大きさや構造などにもよりますが、解体完了までに10日〜15日間ほどかかります。完了後はこのような更地になります。

2月4日【3】

建物の周辺にご迷惑がかからぬよう、足場を組んだあと防音、防塵シートで囲います。

解体工事
解体工事 2月4日【2】

サッシや網戸などを外していきます。

2月4日【1】

青梅市K様邸施工レポート始まりです。
建替えのおうちですので解体から行います。

解体工事

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30