安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市H様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市H様邸◇

小屋裏収納

1月12日【15】

こちらは小屋裏収納です。広さ6.5畳 天井高は法律で決められている140cmですが十分な広さがあります。ご予算に応じて広さや形は選べます。

1月12日【14】

小屋裏収納への階段です。通常は格納され、使用するときのみ下ろせます。

可動式階段
収納

1月12日【13】

内部は枕棚とパイプの組合せ。もちろん注文住宅ですので棚の高さ・内部の仕様組合せが選べます。

1月12日【12】

高さ8尺、横幅6尺のクローゼット。扉カラーはホワイトです。各部屋の基本になるサイズですよ。

収納
ニッチ

1月12日【11】

基本仕様のニッチ。コンセントと電話線を配置し2階でも子機が使えるようにしました。またインターネットの中継器なども設置可能です。

1月12日【10】

1000クラスの壁紙に太陽をイメージした薄型照明。もちろんセンサー付きですので消し忘れはなくなります。

トイレ
トイレ

1月12日【9】

2階のトイレはプライベートな空間です。『一番落ち着ける場所に』とクロスにこだわりをもちました。

1月12日【8】

階段、手すりも同色で統一。

階段
洗面所

1月12日【7】

1階ホールには洗面所を設置しました。ボウル周辺にはタイルを貼り、同じく照明器具もステンドグラス風で雰囲気のある場所になりました。帰宅後1番に行く場所が楽しくなりますね。

1月12日【6】

カップボードの上部にはスペースを無駄にしない『ソフトダウン・ウォールユニット』付き。

キッチン
キッチン

1月12日【5】

パナソニック製キッチン『ラクシーナ』。カップボードはオプションです。

1月12日【4】

そして3帖の収納つきタタミコーナー。段差もないので小さなお子さんのお昼寝場所などちょっとしたリラックス空間になります。

畳コーナー
LDK

1月12日【3】

対面キッチンのLDKです。床色は『ウッドワン コンビットニューアドバンスV152 ディープブラウン』白と黒モダンな仕上がりになりました。そして壁紙にはヒミツが(ナイショです)

1月12日【2】

玄関は『LIXIL 防火戸FG-E ジエスタ』です。『タッチキーシステム付き』なのでポケットにキーを入れたまま玄関の開け閉めが可能です。

玄関
外観

1月12日【1】

H様邸竣工です。
外壁は『ケイミュー:親水セラシリーズ』を使用しています。張り分は3色。正面とサイドで印象が変わる様に配色しました。

2015.12.13更新

12月13日【4】

中へ上がると6.5畳の収納が天井は140cmと法律で定められているので低いですが使い勝手は十分です。

小屋裏収納
小屋裏階段

12月13日【3】

小屋裏収納へ上がる階段です。

12月13日【2】

照明器具がつきとっても雰囲気がいい場所になりました。

洗面
キッチン

12月13日【1】

クリーニングが終わって完了検査を待つばかりとなりました。白と黒のメリハリがしっかりしていてカッコイイですね。

2015.11.23更新

11月23日【5】

玄関ポーチではタイル屋さんが施工前の下地をしています。

タイル
散水栓

11月23日【4】

外では設備屋さんが散水栓を設置しています。

11月23日【3】

給湯器のリモコンは取り付け完了しています。

リモコン
コンセント

11月23日【2】

スイッチとコンセントの配線がみえていますね。これから化粧カバーなどが取り付けられます。

11月23日【1】

洗面所にタイルが貼られ洗面ボウルが取り付けられました。配管の接続はこれからです。

洗面所
2015.11.16更新
屋根

11月16日【9】

天井は1000クラスのクロスを使用しました。
雲柄最近人気です。(・∀・)♪+.゚

11月16日【8】

ニッチにも壁紙が貼られこんな風に仕上がりましたよ。

パルテノン
内装工事

11月16日【7】

タタミコーナーの壁が貼られました。

11月16日【6】

大工工事は終りです。ここからは内装の仕上げに入りますよ。材料のクロスが届きました。

クロス
外観

11月16日【5】

外回りの工事が終り足場が外されました。

11月16日【4】

キッチンのカップボードの取り付けが進んでいます。

カップボード
ニッチ

11月16日【3】

ここには2口コンセントのほかにLAN用のジャックもつく予定ですのでCD管がおりてきていますね。

11月16日【2】

階段もできてきました。裏側にくさびを入れるところです。

階段
内部

11月16日【1】

ニッチになるところの下地を施工しているところです。

2015.11.10更新

11月10日【16】

奥に見える板は火災が拡大しないために、風道内の温度が上昇した場合に自動的に閉鎖します。

クロス工事
クロス施工

11月10日【15】

建具の枠なども現場に搬入されてきました。

11月10日【14】

内部では天井にボードが貼られ始めました。

クロス下地
上棟

11月10日【13】

外壁の施工も終盤です。出来上がるとやはりキレイですよね♪足場が外れるのが楽しみです。

11月10日【12】

オレンジの管はCD管です。この中にLANケーブルが通っていきます。

左官
WIC

11月10日【11】

本体にダクトが取り付けられました。各部屋やホールなどにつながっています。

11月10日【10】

洗濯機用の給水管が立上っています。

洋室
階段

11月10日【9】

パイプスペースに配管が通っているのがわかりますね。こんな風になるんです。

11月10日【8】

24時間換気ルフロの本体が取り付けられました。四角く空いているところには点検口がつきます。

パントリー
同時給俳

11月10日【7】

配管などが通るパイプスペース・ダクトスペースを施工しています。

11月10日【6】

2階の天井下地ができてきました。

階段
スイッチBOX

11月10日【5】

縦すべり出し窓です。ハンドルは回すタイプになっています。

11月10日【4】

写真を見てください。サイディングの上に、銀色をした小さい物が見えますか?あれが「通気金具」なんです。 通気金具を壁に釘で固定して、その金具にサイディングを引っ掛けて張るんです。ですから、サイディングには釘は打ちません。

階段
石膏ボード

11月10日【3】

通気金具工法で施工されます。建物と外壁材の間に通気層がもうけられています。何の為?気になる方はTKまでご連絡を(*´Ι`)ノ

11月10日【2】

こちらは土台水切りとスタート金具です。

軒天塗装
塗装工事

11月10日【1】

外壁の施工が始まりました。長い外壁材を職人さんが現場でカットしていきます。

2015.11.1更新

11月1日【7】

スリーブと同じようにコンセントやスイッチなどの電気関係のものも壁に埋め込むときには気密テープとケースを使用します。

外観
基礎工事つづき

11月1日【6】

コーナーにもしっかり金物が入っているのが分りますね。

11月1日【5】

TKパネルが製作できない部分はネオマフォームを入れていきます。

土台
土台

11月1日【4】

先ほどの印のところにスリーブ管を入れドームパッキンでふさいだ後気密テープでしっかりと固定します。

11月1日【3】

小屋裏収納です。仮筋交いが入っていますね。

土台
内部

11月1日【2】

TKパネルに印をつけていきます。これはエアコンや24時間換気の給気口の位置です。

11月1日【1】

屋根の断熱が終り瓦Y-15が施工されました。

外観
2015.10.24更新
屋根断熱

10月24日【15】

その上に垂木を固定しさらに野地板をはったら屋根断熱は完了です。

10月24日【14】

2層目に35oの断熱材を重ねて固定します。

屋根断熱
屋根断熱

10月24日【13】

棟の隙間には発砲ウレタンを充填します。

10月24日【12】

1層目厚さ45oです。

屋根断熱
屋根断熱

10月24日【11】

その上に1層目の断熱材を固定します。

10月24日【10】

その上に野地板を貼ります。

屋根工事
屋根工事

10月24日【9】

屋根垂木を固定していきます。

10月24日【8】

無事棟まで組みあがったら続いて屋根施工です。

屋根工事
上棟

10月24日【7】

藤野大工が金物を締めています。

10月24日【6】

ここはバルコニーになる部分ですよ。

上棟
上棟

10月24日【5】

壁に取り付ける前のTKパネルです。

10月24日【4】

クレーンで断熱材ネオマフォームが上げられて行きます。

上棟
上棟

10月24日【3】

構造用金物が見えています。

10月24日【2】

大きな梁や柱が組まれていきます。

上棟
上棟

10月24日【1】

快晴の中上棟です。2階の柱まで進みました。

2015.10.17更新

10月17日【6】

床が汚れてしまわにようにビニールで養生をします。

土台敷き
土台敷き

10月17日【5】

最後に構造用合板で床を作れば土台敷き完了です。

10月17日【4】

床を支える鋼製束【YTB束】です。
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)優れものです。設置、微調整をした後コンクリート用ボンドで固定します。

土台敷き
土台敷き

10月17日【3】

配管などの隙間には発砲ウレタンを充填します。

10月17日【2】

外周部に断熱材スタイロエースを施工します。

土台敷き
土台敷き

10月17日【1】

土台を施工していきます。

2015.10.10更新

10月10日【5】

基礎が完成したら設備配管をしてゆきます。青色は給水、オレンジは湯水用です。

基礎工事
基礎工事

10月10日【4】

数日間の養生期間をおき、しっかり固まったら型枠を外します。

10月10日【3】

コンクリート圧送車登場です。

基礎工事
基礎工事

10月10日【2】

基礎と土台を繋ぐアンカーをセットします。取り付ける位置などは決まっており図面どおりに設置します。

10月10日【1】

検査は無事合格です。
コンクリートを打設していきます。

基礎工事
2015.9.29更新
基礎工事

9月29日【5】

そして外部の専門機関の検査員さんがやってきて正しく作業が行われているか、検査をうけます。

9月29日【4】

外周部に取り付けをして、基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぎます。

基礎工事
基礎工事

9月29日【3】

キソ止水プレートが取り付けられています。

9月29日【2】

地鎮祭でお祈りしてもらった鎮物もきちんと納めさせてもらいました。

基礎工事
基礎工事

9月29日【1】

H様邸の外周部に基礎の型枠が組まれ、配筋が施工されています。

2015.9.19更新

9月19日【4】

地面からの湿気を防ぐために防湿シートを全体に敷いてゆきます。

地盤改良
地盤改良

9月19日【3】

砕石をしたうえでランマーによる転圧をしてゆきます。これで地盤をしっかり固めていきます。

9月19日【2】

つづいて重機で掘削をしていきます。

地盤改良
地盤改良

9月19日【1】

地盤の調査結果は問題なしの判定でした。
着工です。着工とは『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていきます。

2015.8.2更新

8月2日【12】

奥様のご両親と続きみんなで祈ります。最後に施工店の私たちも納めさせていただき無事終了しました。

地盤調査
地盤調査

8月2日【11】

お施主様のご両親。

8月2日【10】

続いて奥様。

地盤調査
地盤調査

8月2日【9】

【玉串奉奠】です。
玉串に自分の祈りをのせ、神にささげるという
意味がこめられています。

8月2日【8】

施工店を代表して社長も『えい、えい、え〜い!!』。

地盤調査
地盤調査

8月2日【7】

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、
大きな声で『えい、えい、え〜い!!』。

8月2日【6】

土地にお酒、塩、お米をまきならが四隅をまわり清めます。

地鎮祭
地鎮祭

8月2日【5】

続いて神様に土地へ降りてきてもらい、土地の場所、お施主様の名前などを告げ無事新しいお家が建つようお祈りを捧げます。

8月2日【4】

お清めのお祓いから・・

地鎮祭
地鎮祭

8月2日【3】

神様へお施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈ります。

8月2日【2】

神主さんにお施主様が白装束をつけてもらっています。

地鎮祭
地鎮祭

8月2日【1】

風が強いですが、晴れてよかったです。
H様地鎮祭です。祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物がならべてあります。

2015.6.21更新

6月21日E

どのくらいの深さに固い地盤があるか?途中はどうなのか?改良が必要なのか?などの調査結果が後日会社へ送られてきます。

地盤調査
地盤調査

6月21日D

最初に重りを乗せない状態でロッドと呼ばれる棒が入っていくかどうかを確認します。柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入ってしまいます。
硬い地盤までたどりついたら重りを乗せていき最後にロッドを体重を掛けないように回して確認します。

6月21日C

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地盤調査

6月21日B

会社から図面などを送ります。その後調査会社が図面を確認して、調査ポイントにA/B/C・・・と名前をつけていきます。

6月21日A

試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

地盤調査
地盤調査

6月21日@

青梅市H様邸リポート開始です。
5月23日地盤調査が行われました。

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30