0

安心の家造り。施工現場をリポートします。│瑞穂町M様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇瑞穂町M様邸◇

子供部屋

7月28日M

がらりと雰囲気の変わったこのお部屋はお子さんのお部屋です。白をメインカラーにしてあり明るく元気になれそうですよね!

7月28日L

トイレはTOTO製タンクレスタイプです。
オプションの手洗器がつきました。

トイレ
洗面化粧台

7月28日K

標準仕様は二種類、パナソニック製とTOTO製です。M様邸洗面化粧台はTOTO製です。
すべり台ボウルとエコシングル水栓お勧めです。

7月28日J

2階の和室天井には杉羽目板を使用し、壁はクロスで仕上げています。1階とはまた違った雰囲気の現代風和室になりました。

2階和室
床の間

7月28日I

立派な床柱はお施主様支給品です。柱に存在感があると床の間の印象も違うんですね。

7月28日H

天井は平格天井です。

1階和室天井
1階和室

7月28日G

和のイメージにかかせない和室です。大壁仕様のお家が多い中真壁仕様の本格和室が施工されました。壁は左官屋さん手塗りの京壁仕上げです。

7月28日F

お施主様支給品1枚いたのカウンター!存在感があります。

LDKカウンター
LDK

7月28日E

LDKのパナソニック製システムキッチンです。カウンターの高さは背の高さに合わせて製作します。

7月28日D

1階の床材は桧厚30oを使用。
木のいい香りがします。

LDK
玄関ホール

7月28日C

玄関の天井は銘木の黒竹半割たて貼ベニヤを使用しました。

7月28日B

玄関はYKKAP NEWれんじゅ・木目柄・網戸・ランマ付 引き戸タイプです。

玄関
玄関タイル

7月28日A

玄関タイルは【玄昌石 乱形】で施工されました。

7月28日@

瑞穂町M様邸外観です。
テーマは【和】ですよ。

外観
蓄光クロス

7月11日E

子供部屋の天井は2部屋ともに【蓄光クロス】を使用しています。
壁紙の表面に透明な蓄光インクで柄がプリントされている壁紙です。その塗料は、太陽の光や室内の照明からの光りを蓄える特殊な素材で、消灯後その柄の部分が光って浮き出てくるしくみになっています。

7月11日D

子供部屋のクロスは明るい雲柄です。天井用と壁用があり向きや流れ方が違うんですよ!

子供部屋
子供部屋

7月11日C

クロスのはりわけは悩むところのひとつですが、この様に下を無地またはおとなしい柄で上をハッキリした柄にするとキレイに出来ますね。

7月11日B

トイレにニッチを造りました。
1階のトイレと色違いの柄でニッチを中心としたはりわけです。

ニッチ
クロス

7月11日A

窓を中心とした帯状のはりわけです。

7月11日@

黒い洗面脱衣室!お風呂も洗面化粧台も同系色でカッコイイですよ。

洗面脱衣室
クロス工事

7月8日B

クロスを貼る前に下地としてパテを塗ります。

7月8日A

ビス穴や目地をパテで埋めて平らにします。

クロス工事
クロス工事

7月8日@

手前に見える機械はクロスに糊を貼る機械です。

7月4日B

今はほとんど和室もクロスで仕上げることが多いので新鮮ですね。

京壁仕上げ
京壁

7月4日A

仕上がりがたのしみなくらいきれいにできていますよ。

7月4日@

左官工事の続きです。
和室京壁仕上げ塗りが始まりました。

和室
カウンター

6月30日H

一枚板のカウンターです。
これだけで存在感がありますね。

6月30日G

各部屋のイメージごとに建具の色も変えてあります。

子供部屋
羽目板

6月30日F

天井は杉の羽目板です。

6月30日E

高いところに窓がある吹抜けなので明るく開放的です。

吹抜け
断熱材

6月30日D

床柱立派ですね!
右側には押入れでこれから襖が入ります。

6月30日C

和室は京壁仕上げです。
仕上げの前に下地調整をします。

京壁
内装工事

6月30日B

ここからは大工さんではなく職人さんが作業に入ります。

6月30日A

内装工事の材料などが入ってきました。

クロス工事
外観

6月30日@

内装工事に入るM様邸です。

6月23日H

外廻りの工事も完了し、足場が外されました。黒ベースの外観カッコイイですね!

外観
玄関

6月23日G

M様邸の玄関はYKKのNEWれんじゅ。
引き戸タイプです。

6月23日F

建具がつくとお家らしくなりますよね!

ドア
収納

6月23日E

洋室の収納です。扉がついて、枕棚とパイプが取り付けられました。

6月23日D

階段の途中にはニッチが作られました。

ニッチ
階段

6月23日C

階段の施工が終わりましたよ。これから手摺りを取り付ける準備をしています。

6月23日B

和室の天井は杉を使用しています。

和室
床の間

6月23日A

りっぱな床柱がついています。
藤野大工が床の間を施工しています。

6月23日@

キッチンの施工が終り、同時給俳型レンジフードが取り付けられました。

レンジフード
フェノバボード

5月2日H

外壁の施工がすすみ、和風なお家が出来てきました。

5月2日G

下がり壁が施工中です。LDKの天井には石膏ボードがはられています。

内部
内部

5月2日F

TK標準の和室は大壁仕様ですが、M様邸は
真壁仕様となっています。

5月2日E

TKパネルが見えています。これから外壁面に石膏ボードがはられていきます。

TKパネル
屋根下地 5月2日D

24時間換気ルフロのダクトや電気配線、給水管などが通っています。

5月2日C

エアコンや24時間換気用のスリーブです。これからキャップなどが取り付けられます。

スリーブ
上棟 5月2日B

今回床材はお施主様支給品。厚30oの桧材と杉材を使用します。

5月2日A

足場が外される少し前に笠木の施工がされます。

外観
外観 5月2日@

外壁施工がすすんでいます。
写真はバルコニーの内側です。

4月11日E

バルコニーはFRP防水と言われるガラス繊維のシートを敷いてそのうえに溶剤を塗って防水処理をします。
サイドに開けてある穴は下が排水口で上がオーバーフロー管です。

FRP防水
透湿防水シート 4月11日D

続いて防水処理をします。
会社のロゴが入った白いシートを見たことあると思いますが、外壁を張る前には透湿防水シートを巻いていきます。

4月11日C

破風と軒天の下地が組まれています。サッシにはシャッターが取り付けられました。

外観
配管 4月11日B

配管の周りに巻いてあるのは、断熱と吸音の為にロックウールです。

4月11日A

オレンジはお湯、水色は水用の配管です。

配管
石膏ボード 4月11日@

ユニットバスを設置する前に外壁面には、石膏ボードを貼っておきます。

4月8日B

よく見てください。真ん中に鍵がないんですよ!
引手と鍵が一緒になっているんです。

APW
断熱性能 4月8日A

断熱性能が高いサッシなんです。

4月8日@

サッシの取付けが終わりました。
防火指定のない地域なのでサッシはYKKの
APWを採用しています。

サッシ
木工事 4月7日F

こちらも火打ちはりです。短冊金物や構造用金物などでしっかり固定されています。

4月7日E

鳥の足のように支えているのは「ひうちばり」です。
2階の床下の梁や胴差しの隅のところに斜めに入れて、地震等による建物の変形を防ぐ部材です。

木工事
木工事 4月7日D

筋交いや間柱など部屋の壁を作っていきます。

4月7日C

内部では木工事が始まります。

木工事
屋根工事

4月7日B

外では屋根屋さんがY-15を施工しています。
長いはしごのようなものは瓦を屋根まで運ぶ機械です。

4月7日A

洗面化粧台用の配管設備です。後ろの管は2階へとつながっていきます。

配管
配管

4月7日@

2階へ給排水の管が繋がれていきます。
設備屋さんが図面の位置に穴を開けて設置していくんです。

3月27日C

棟の隙間には発砲ウレタンを充填します。

屋根施工
屋根施工

3月27日B

厚さ80oのフェノバボードの上に垂木を施工して、最後に野地板をはります。

3月27日A

ぴっちり断熱材が入っているのをみると気持ちがいいですね。

屋根施工
屋根施工

3月27日@

気密シートの上には、厚さの異なるフェノバボードを二重に施工します。TKの特徴のひとつ屋根断熱施工です。

3月25日I

ここはバルコニーになる部分です。
上棟のときはここまででいったん終了。

上棟
上棟

3月25日H

屋根が出来てきました。
大工さん達はこんな高さでも身軽に作業をしています。

3月25日G

棟を中心に垂木を施工していきます。

上棟
上棟

3月25日F

M様邸の和室は真壁仕様なので、断熱材はあとから充填します。

3月25日E

2階の天井が出来てきて、棟まで作業が到達しました。

上棟
上棟

3月25日D

1階にはTKパネルが入りましたよ!
開口部にはサッシが入ります。
TKパネルは工場で製作されてくるオーダー品です。

3月25日C

1階の柱と梁が全て組みあがると2階の床ができます。

上棟
上棟

3月25日B

1階の柱が全てたちましたね。

3月25日A

午前中には全ての柱がたちますよ。

上棟
上棟

3月25日@

大きな掛け声とともにクレーンの操縦者さんと大工さんとの連係プレーがみられます。

3月24日B

これで土台敷きは完了です。明日の上棟はお天気だと言いですね。

基礎工事つづき
土台敷き

3月24日A

断熱材の上に構造用合板をはっていきます。

3月24日@

床に断熱材を敷いていきます。

土台敷き
土台敷き

3月23日A

鋼製床束【YTB束】です。
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)の優れものなのです。

3月23日@

土台敷きの続きです。
大引をささえているのは・・・

土台敷き
土台敷き

3月22日E

給排水管や断熱材の隙間には発砲ウレタンを充填します。

3月22日D

基礎断熱材【スタイロエースU】が基礎廻りに施工されました。

土台敷き
土台敷き

3月22日C

土台敷きがだいぶ進みました。
中央に見える配管が設備用です。

3月22日B

基礎と土台の間には気密パッキンを入れます。

土台敷き
土台敷き

3月22日A

工場で図面どおりカットされてきた木材がたくさん届きました。

3月22日@

コンクリートが固まったらいよいよ土台敷きです。

土台敷き
基礎工事

3月7日G

基礎止水プレートの取り付けをしました。これは基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で入れます。

3月7日F

これは地鎮祭でお祈りしてもらった鎮物です。

基礎工事
基礎工事

3月7日E

配筋が完了した全景です。

3月7日D

この検査に合格できないとコンクリートの打設に入れません。

基礎工事
基礎工事

3月7日C

もちろん内部の立上りもしっかり確認しますよ。

3月7日B

配筋が図面どおり正しい高さになっているかスケールをあてて確認します。そして外部の検査員さんがやってきてチェックしていきます。

基礎工事
基礎工事

3月7日A

タテヨコの長さはもちろん、継手と呼ばれる鉄筋同士を繋ぐ場所もきちんとチェックしていきます。

3月7日@

続いてコンクリートを流す準備をします。
配筋と呼ばれる鉄の棒を組んでいきます。

基礎工事
基礎工事

3月2日C

白いシートは地面から上がってくる湿気を防ぐ透湿防水しーとです。

3月2日B

キレイに整地されてありますね。

基礎工事
基礎工事

3月2日A

建物の外周部も転圧をしっかりします。

3月2日@

その後重機を使い砕石をしていきます。
最後に転圧をかけていきます。

基礎工事
着工

3月1日A

スケールをあてて高さを確認します。

3月1日@

いよいよ着工です。
建物の基準となるものを決定しその後『丁張り』という方法で建物の位置を確実に
出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていきます。

着工
地鎮祭

2月10日F

この後鍬入れや玉櫛奉奠などを行い、最後にお神酒をみんなでいただき無事地鎮祭が終わりました。

2月10日E

土地の四隅にお酒、塩、お米をまいて
清めます。
これを四方祓い(シホウハライ)といいます。

地鎮祭
地鎮祭

2月10日D

神様へ土地の場所やお施主様のお名前などを伝えるお祈りです。

2月10日C

お清めのお祓いをしてもらいます。

地鎮祭
地鎮祭

2月10日B

神主さんのお祈りが始まりました。

2月10日A

お施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈り、土地の神様にお願いをします。

地鎮祭
地鎮祭

2月10日@

今日は地鎮祭です。祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物がならべてあります。

1月30日E

調査結果は後日会社へ送られてきます。

地盤調査
地盤調査

1月30日D

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が
多くなるそうです。

1月30日C

また調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地盤調査
地盤調査

1月30日B

図面を確認し、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

1月30日A

敷地内の決まったポイントを順番に調査していきます。
試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

地盤調査
地盤調査

2014年1月30日@

瑞穂町M様邸リポート開始です。
今日は地盤調査です。

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30