安心の家造り。施工現場をリポートします。│東久留米市N様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇東久留米市N様邸◇

2017.6.5更新
竣工

6月5日【15】

点検口から下をのぞくと床下除湿器が設置されているのが見えます。湿度センサー付で床下の湿度を管理しています。60%以上になると自動で動き、60%以下で止まります。こちらも基本仕様です。

6月5日【14】

床下収納庫をどけると中へ入れるようになっています。床下の点検はここから行います。外部からの隙間はないので中はきれいですよ。

竣工
竣工

6月5日【13】

実はこの機械はOFFダイヤルがありません、レベル1〜9まで。通常は3〜4の間でセットしたままにしておきます。

6月5日【12】

24時間換気『ルフロ』の本体です。天井点検口より確認できます。各フロアへダクトが繋がっており、機械の力で汚れた空気を吸い上げここでまとめて外へ排出します。

竣工
竣工

6月5日【11】

1000クラスの壁紙をアクセントとして使用しました。

6月5日【10】

カーテンレールは基本仕様となっておりますが、カーテン生地はOPですが、各種メーカーからお選びいただけます。

竣工
竣工

6月5日【9】

上部にはダウン機能付アッパーキャビネット(OP)を取付けました。

6月5日【8】

洗面脱衣室です。『LIXIL MV』洗面化粧台です。

竣工
竣工

6月5日【7】

TVCMを見たことありますか? 汚物や水アカの付着を防止し、水の力でキレイが100年つづく『アクアセラミック』仕様です。

6月5日【6】

『LIXIL ベ-シア』 カラーは1階、2階で変えています。

竣工
竣工

6月5日【5】

システムキッチン『LIXIL アレスタ』です。

扉カラー:ペールブルー カップボードも同色で統一しています。中央にはハンディボックス(OP)がありキッチンペーパーなどをすっきり収納できます。

6月5日【4】

キッチンは人気の対面型です。

竣工
竣工

6月5日【3】

LDK 床カラー:ライトクリア 建具カラー:ライトクリア ナチュラルな明るさがいいですね。

6月5日【2】

建具は全てう『ウッドワン ソフトアート』を使用しいています。ガラススリットデザイン XGです。

竣工
竣工

6月5日【1】

N様邸完成です。

外壁はケイミュー 『スクラッチクロス QFソプラ アクア ブラック 』と『ナチュラルレンガ ハイドアクアホワイト』の組み合わせで貼り分けています。

4月20日【3】

電気屋さんの用意したインターホン用配管を埋めていきます。

外構工事
外構工事

4月20日【2】

駐車場を施工中です。掘削をして高さを揃えて、下地になる砕石をします。

4月20日【1】

道路側へブロックを積みます。フェンスも取付けますが、キズをつけたりしないために一番最後に施工します。

外構工事
エアコン

4月9日【2】

やはり引っ越す前についていると安心ですよね。カーテン生地もこのあと取付けに入ります。

4月9日【1】

エアコンの取付、室外機の設置が終わりました。

エアコン
トイレ

4月4日【7】

トイレや洗面などの
設備器具は取付が終わりました。

4月4日【6】

収納にも扉がつきました。

収納
階段

4月4日【5】

階段では手摺りがつきましたね。

4月4日【4】

レンジフードもとりついて換気扇が回るか確認します。

フード
内観

4月4日【3】

各部屋の扉の取付も終わりました。スイッチやコンセント、照明などの取り付けが進んでいます。

4月4日【2】

内部ではクロス工事が完了しました。

内観
外観

4月4日【1】

足場が解体され外観がみえるようになりました。

3月31日【6】

洋室の入り口です。枠と扉を取付ける前です。

内観
内観

3月31日【5】

収納内部の壁は化粧ボードが貼られています。

3月31日【4】

片引き戸の枠と上吊り用のレールがとりつけらレ手います。

内観
内観

3月31日【3】

キッチンや洗面化粧台などの水回りには防水の石膏ボードを貼っておきます。色が通常使用しているのと違うのでわかりやすいですね。

3月31日【2】

キッチンの腰壁を施工中です。

内観
建具

3月31日【1】

内装用の扉や枠などが搬入されました。

3月30日【3】

この間には発泡ウレタンと呼ばれる断熱材を

隙間なく充填します。

サッシ
サッシ

3月30日【2】

パネルとサッシの間隙間ありますね。

3月30日【1】

サッシの周りに窓枠を取付けます。

断熱処理
外壁

3月25日【5】

外壁全て貼り終えると次は目地にシール材を充填していきます。

3月25日【4】

外壁の下はしっかり防水テープでふさがれています。

外観
外観

3月25日【3】

換気用のスリーブの廻りは外壁をくりぬきます。

3月25日【2】

土台の水切り金具の上にスタート金具が取付けられています。家の壁と外壁都には15mmの空気層がもうけられているのがわかりますね。

外壁
外観

3月25日【1】

透湿シートの施工が終わると、外壁の施工が始まります。

3月19日【5】

このようにダクトスペースや天井裏を通って各部屋までつなげていきます。

換気システム
換気システム 3月19日【4】

中では下地を組んだ後24時間換気の本体とダクトの取付が進んでいます。

3月19日【3】

バルコニーの腰壁にももちろん施工します。

外工事
透湿シート 3月19日【2】

水を通さない⇒外壁仕上げの中まで侵入してしまった雨水をブロックし、柱などの木材が腐るのを防ぐ為で 湿気は通す⇒室内で発生した湿気が外へ逃げられるようにし内部結露が起こるのを防ぐ為です。写真はスリーブ用の穴です。

3月19日【1】

外回り工事の続きです。透湿シートを貼っていきます。このシートは、水は通さず湿気を透します。外壁仕上げの下に貼ります。

透湿シート
屋根下地 3月17日【4】

バルコニーではFRP防水の工事が完了しました。ガラス繊維を敷いた上に何層にも溶剤を塗布して固めます。

3月17日【3】

天井を固定するための野縁を組んでいるところです。このときに照明器具用の下地も入れておきます。

屋根施工
発砲ウレタン 3月17日【2】

母屋下がりの部分です。火打ち梁が見えています。

3月17日【1】

小屋裏からみるときれいですよね。

屋根断熱
屋根断熱 3月16日【5】

検査前に金物の付け忘れなどがないかチェックします。

3月16日【4】

サッシの取付もはじまりました。

上棟
上棟 3月16日【3】

壁には換気用のスリーブが取り付けられました。断熱材を傷つけないようくりぬいた後はドームパッキンと気密テープで廻りをふさぎます。

3月16日【2】

外壁面から石膏ボードを貼っていきます。

上棟 3月16日【1】

足場に社長の顔シートがかかっています。

3月6日【7】

床と柱、柱と筋交いをさらに強く繋ぐ筋交い金物も取り付けられました。

大工工事
大工工事 3月6日【6】

コーナーに取り付ける金物です。

3月6日【5】

内側にも構造用合板をはる場所もあります。

大工工事
大工工事 3月6日【4】

スケールをあてて釘ピッチを確認します。

3月6日【3】

そのほかにも決められた場所へ金物を入れていきます。写真はホールダウン金物です。

大工工事
大工工事 3月6日【2】

内側は決められた間隔・場所へ釘を打っていきます。

3月6日【1】

外壁側のパネル外周部には気密テープをはっていきます。

大工工事
上棟 3月3日【8】

棟の部分の隙間には発布ウレタンを充填します。

3月3日【7】

指定の場所へ設置したら長いビスで固定します。

階段
スイッチBOX 3月3日【6】

吊上げられたパネルを大工さん達が受け取っています。

3月3日【5】

この部分にパネルが設置されます。

バルコニー
屋根断熱 3月3日【4】

パネルの設置場所は全て決められています。

3月3日【3】

パネルには吊上げるための専用金具がついています。

屋根断熱
屋根断熱

3月3日【2】

クレーンでパネルを吊上げていきます。

3月3日【1】

屋根パネルです。断熱材の厚さは63oと40oを重ねて103oになっています。黒く縁取られているのは気密テープです。

屋根断熱
屋根断熱

2月27日【12】

部屋側からみたパネルです。 ピッチり入っているのがわかりますね。これを他の壁全て入れ終えたら今日の作業は完了です。

2月27日【11】

南側のパネルは施工し終えたようですね。

屋根断熱
屋根断熱

2月27日【10】

残るは壁パネルのみ大工さん頑張って。

2月27日【9】

棟ができあがりつつあります。

屋根断熱
屋根断熱

2月27日【8】

大工さん達が図面を確認しながら段取りをしていますね。

2月27日【7】

1階の壁パネル全て施工されました。新しいパネルきれいですね!!

上棟
上棟

2月27日【6】

クレーンで2階へ材料が持ち上げられていきます。

2月27日【5】

他にも2階の床材や梁、柱、パネルなど次々にやってきました。

上棟
上棟

2月27日【4】

TKパネルが入りました。一軒一軒間取りに合わせ工場でオーダーメイド生産されてやってきます。

2月27日【3】

決められた場所を確認し、慎重に入れていきます。

上棟
上棟

2月27日【2】

まず1階の柱を建てていきます。柱の間にはTKパネルが入れられるんです。

2月27日【1】

1月13日上棟です。新しいTKパネルがやってきました。

上棟
上棟

2月17日【4】

1階の床(構造用合板)が敷き終わりました0あいている部分にはお風呂が設置されます。

2月17日【3】

少しでも隙間があれば発泡ウレタンを吹いて埋めます。

上棟
土台

2月17日【2】

設備用の配管用に切り込みがされていますね。

2月17日【1】

基礎の外周部に断熱材を貼ることで床下も温かいままです。

土台
土台

2月16日【7】

そして外周部の壁には断熱材を貼っていきます。

2月16日【6】

締め終わった金物がこちら。

基礎配管
基礎配管

2月16日【5】

専用の機械で閉めていきます。

2月16日【4】

その上に土台の材木を乗せて・・・

基礎配管
基礎工事

2月16日【3】

アンカーへ台座を取付ていきます。

2月16日【2】

大引きと呼ばれる木材を図面上指定してある位置へ配置していきます。

土台敷き
土台敷き

2月16日【1】

基礎ができあがり次は土台敷きです。基礎の上に【天端リスト】というパッキンを固定していきます。

2月6日【4】

準備が整ったら打設開始です。空気を抜きながら流し入れていきます。

配筋検査
配筋検査

2月6日【3】

型枠どうしを止めている金具は上下止め金具といいます。コンクリートの圧力で型枠が広がるのを防ぎます。

2月6日【2】

基礎と土台を繋ぐアンカーがセットされました。プレカット屋さんから届けられる金物です。

基礎工事
基礎工事

2月6日【1】

耐圧と呼ばれる平たい部分が固まったので、次は立ち上がりの型枠を組んでいきます。

1月29日【6】

最後に表面をきれいに仕上げて固まるまで数日間の養生期間をおきます。

基礎工事
基礎工事

1月29日【5】

コンクリートを流し入れながらバイブレーターで空気を抜いていきます。空気が入ると強度が落ちてしまうため必要な手順です。

1月29日【4】

配筋検査は無事に合格。生コン車とポンプ車がやってきました。

基礎工事
基礎工事

1月29日【3】

設備関係の配管などを通すためのスリーブです。コンクリートの圧力でつぶれてしまわないように管をしれておきます。

1月29日【2】

基礎のつなぎ目から水やシロアリなどの侵入を防ぐためにつかうものです。「キソ止水プレート」といいます。。

基礎工事
基礎工事 1月29日【1】

内部の立ち上がりと言われる部分です。

1月20日【4】

外周部の立ち上がり部分です。

基礎工事
基礎工事 1月20日【3】

写真は継ぎ手といい、鉄筋と鉄筋をつないだ部分の確認です。

1月20日【2】

配筋検査といい外部の専門機関の検査員さんが、正しく鉄筋が施工されているか確認しに来ます。

基礎工事
基礎工事 1月20日【1】

重機で掘削をした後、砕石、転圧の順で作業は進みます。その後外周部に型枠を組んで、中に鉄筋を入れてゆきます。中央には地鎮祭でお祈りをした鎮め物を納めます。

1月12日【2】

『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をします。

基礎工事
基礎工事 1月12日【1】

無事地鎮祭が終わり、いよいよ着工です。

1月5日【12】

みんなの玉串が納められました。無事地鎮祭も終了です。

基礎工事
地鎮祭 1月5日【11】

ちょっと緊張しますが、神主さんが横でサポートしてくれます。

1月5日【10】

続いてご家族も。

地鎮祭
地鎮祭 1月5日【9】

工事の無事を祈り玉串を納めます。まずはお施主様から。

1月5日【8】

続いてTK社長が鍬を使って初めて土をならず「土均(つちならし)」を行います。えい!えい!えい!。

地鎮祭
地鎮祭 1月5日【7】

神社で用意して下さった「鋤」、「鍬」をつかいます。  お施主様が鋤を使って 初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)を行いました。大きな声でえい、えい、えい!。

1月5日【6】

最後に建物の中央に当たるところにもお米、お塩などをまきます。

地鎮祭
地鎮祭 1月5日【5】

「四方払い」建物の周り四方にお米・お塩などをまきお祓いをします。

1月5日【4】

工事をする土地および参列者の身を浄めるためのお祓いをします。

地鎮祭
地鎮祭 1月5日【3】

神主さんのお祈りが始まりました。

1月5日【2】

はじめに神主さんが儀式の流れの説明をしてくれます。

地鎮祭
地鎮祭 1月5日【1】

地盤調査の結果は改良の必要なし!よかったですね。 さて今日は地鎮祭です。祭壇には神様へお供えする米、塩、山の幸・海の幸・畑の幸と神酒が飾ってあります。

12月22日【5】

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので
回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が多くなるそうです。調査結果は後日詳細と一緒に送られてきます。

地盤調査
地盤調査 12月22日【4】

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。調査会社が図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

12月22日【3】

建物を建てても大丈夫な力を地面が持っているかを確認します。最初に重りを乗せない状態でロッドと呼ばれる棒が入っていくかどうかを確認します。

地盤調査
地盤調査 12月22日【2】

試験方法は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。資料などに『SS試験』と書いてあったりします。

12月22日【1】

東久留米市N様邸施工レポート始まりです。
今日は地盤調査を行います。

地盤調査

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30