安心の家造り。施工現場をリポートします。│日の出町H様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇日の出町H様邸◇

8月31日M

中段、枕棚付の収納と枕棚パイプ付の収納を造りました。
これだけあればお布団がしっかりしまえますね。

収納
和室 8月31日L

引き戸を開けると5.3帖の和室があります。

8月31日K

こちらも基本仕様TOTO製のウォシュレット一体型ZJです。

基本トイレ
キッチン 8月31日J

パナソニック製システムキッチン リビングステーション New S-クラスです。カラーはビューティホワイト。明るく感じますね。

8月31日I

5.5帖の小屋裏はTKの屋根断熱施工がしっかりとされているので、暑くならないです。

小屋裏収納
階段 8月31日H

収納型階段を上がるとそこには小屋裏があります。

8月31日G

LDKの広さは10帖。
キッチンスペースもゆったりしているので狭く感じません。

LDK
ユニットバス 8月31日F

ユニットバスもパナソニック製ココチーノNewS-クラスです。
壁パネルを中心にベージュカラーで落ち着いた感じになっています。

8月31日E

扉を開けると中は小物などを収納できます。

洗面化粧台
洗面化粧台 8月31日D

パナソニック製New Clineシリーズです。

8月31日C

24時間換気ルフロ400の本体です。室内の空気を吸い上げて外へ排出します。

ルフロ
竣工 8月31日B

玄関を開けるとニッチが見えます。アーチ型が優しいですね。玄関のクロスは1000クラスを使用しました。 レンガ調でかわいく仕上がっています。

8月31日A

シャッターサッシです。LIXIL製シンフォニーマイルド 色はシャイングレーです。

外観
外観 8月31日@

平屋のお宅が完成しました。
外観は旭トステム外装【モダンウッドSX】、色は【ウッディカーキ2MX】です。玄関ドアの【リーフグリーン】色がアクセントになっています。

7月25日B

天井下地を組んだ後は石膏ボードをはって天井を作っていきます。

施行中
発砲ウレタン

7月25日A

サッシの廻りには発砲ウレタンを充填します。

7月25日@

洗面化粧台や洗濯機を配置する為の下地をいれました。

施行中
保温浴槽

7月24日B

浴槽の外側です。
白い発泡スチロールのようなものがTKの基本仕様保温浴槽です。

7月24日A

これはコンセントやスイッチ用のBOXです。
電気配線が通っています。

スイッチBOX
施行中

7月24日@

正面に見えるのはユニットバスの入口です。
設置がおわり中が見えるようになりました。

7月22日B

続いて床張りをしていきます。

施行中
施工中

7月22日A

微調整をしながらきっちり納めていきますよ。

7月22日@

棟梁が玄関框の施工をしています。

施工中
スリーブ

7月8日C

断熱材を痛めないようにTKでは穴を開ける部分にはスリーブを入れておきます。周りはきっちとドームパッキン・気密テープでふさぎます。外はもちろん防水テープが巻いてありますよ。

7月8日B

火打ち梁にも大きなボルトが入っていますね。
外壁面には石膏ボードがはられ始めました。

ひうちばり
構造用金物

7月8日A

こちらも構造用金物床の構造用合板と柱を繋ぎます。

7月8日@

写真は筋交い用金物です。筋交いをより強固に固定する金物ですよ。

構造用金物
内部

7月2日B

大きな開口部にはサッシが入ります。TKパネルは全てオーダーメードで工場で生産されます。開口部も計算された場所にぴったり作られています。

7月2日B

屋根野上では防水シートアスファルトルーフィングがはられています。名前はカッパヾ(´∀`*)ノそのままです、現場でも「カッパもって来ました」なんて会話が(笑)

屋根施工
TKパネル

7月2日A

内部ではTKパネルが全て固定されました。
白い部分が高性能グラスウールです。高気密・高断熱構造のポイントの一つですよ。

7月2日@

その上に野地板をはったら完成です。
次は屋根瓦ですね。

屋根施工
基礎工事

7月1日C

断熱材の上に垂木を設置します。

7月1日B

緑色のシートは気密シートです。その上に断熱材フェノバボードが二重に施工されているのがわかりますね。

屋根施工
屋根工事

7月1日A

棟の隙間には発砲ウレタンを充填します。

7月1日@

今日から屋根断熱施工です。野地板の上に厚さの違うフェノバボードをのせていきます。

屋根断熱
上棟

6月30日E

しっかりした柱と梁で支えているのがわかりますね。

6月30日D

梁と横架材を繋いでいるのは構造金物です。
設計で計算された場所に取り付けます。

上棟
上棟

6月30日C

筋交いや金物が全て施工し終えるまで建物が歪まないように仮筋交いを入れておきます。

6月30日B

建材が届きました。(・∀・)♪+.゚

上棟
上棟

6月30日A

棟梁三浦大工が状況判断しつつ支持を出していますよ。

6月30日@

H様邸上棟です。今回は平屋のお家なのでクレーンは使用せず大工さんが柱をあげていきます。

上棟
基礎断熱材

6月27日G

基礎外周部には断熱材【スタイロエースU】が施工されています。

6月27日F

土台敷き完了です。雨が降って木材が濡れないように上にはブルーシートの屋根を作ってあります。

基礎工事
土台敷き

6月27日E

大引を支えているのは鋼製床束【YTB束】です。
最大圧縮荷重28.99KNの優れものです。

6月27日D

土台が次々と設置されていきます。
建材は工場でプレカットされてやってきますが、細かな微調整などはやはり大工さんの手によっておこなわれます。

土台敷き
気密パッキン

6月27日C

基礎土台用気密パッキンです。基礎土台の間に挟みこみ隙間を無くします。

6月27日B

写真の金物は耐震性能に関わる大事な金物なんです。『Pロック』といいます。地震による横揺れは柱に対して、 引き抜き力が掛かります。
その力に反発する金物です。柱と土台をしっかりと固定して、大きな地震にも負けないんです。

Pロック
土台敷き

6月27日A

土台を置く位置に棟梁三浦大工が隅出しをしていますね。

6月27日@

基礎が出来上がりました。
上棟へ向けで土台敷きを行っていきます。

土台敷き
基礎工事

6月10日A

真ん中に鉄筋を挟むように型枠を組みます。黄色い丸は基礎と土台を繋ぐアンカーです。
水色の丸はコンクリートの圧力で型枠が外れてしまわないように留める金具です。最後型枠をはずす時に一緒に外します。

6月10日@

平場のコンクリートが固まったら、立上り部分の型枠を組んでいきます。

基礎工事
キソ止水プレート

6月5日G

キソ止水プレートは、基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で施工します。

6月5日F

キソ止水プレートです。
固定は専用のクリップでします。

キソ止水プレート
配筋検査

6月5日E

基礎のコーナー部分では立上り部分の主筋と重なる部分の長さが十分であるかを確認します。

6月5日D

配筋の形状、鉄筋の径、配筋のレベル、配筋のピッチなどスケールをあてて正しくできているか確認します。

配筋検査
配筋検査

6月5日C

重ね継手と呼ばれる部分です。鉄筋の長さが足りない場合つないでいくのですが、場所によって重ねる長さなどが決まっています。

6月5日B

配筋検査の基本は設計図書と一致しているかどうかの確認です。
外部から検査員さんがやってきて、現地で設計図と1つずつ照合していきます。

配筋検査
スリーブ

6月5日A

コンクリートを打設する前の鉄筋にスリーブと呼ばれる筒を入れておきます。配線、配管用の穴を確保する為です。

6月5日@

今日は配筋検査です。

配筋検査
着工

5月27日B

『丁張り』という方法で建物の位置を確実に
出すため実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていきます。

5月27日A

BMは施工時の基準レベルになるので、工事中でも撤去しないで動かないものを用います。
H様邸のBMは【トレンチの天端】ですね。

着工
着工

5月27日@

敷地内でBM(ベンチマーク)を決定します。

5月12日G

最後に道具を使って埋め込んだ棒を抜いて完了です。

地盤調査
地盤調査

5月12日F

調査結果は後日会社へ送られてきます。
H様邸は問題無しです。

5月12日E

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が
多くなるそうです。

地盤調査
地盤調査

5月12日D

A・B・C・・・と敷地内の決められた場所の深さを調査していきます。また調査ポイントは敷地や
建物の大きさによって増えたり減ったりします。

5月12日C

先端がドリルのようになっている棒に、おもりをのせた状態で地面にさして一定の深さまで
入るのに費やした回転数を記録していきます。

地盤調査
地盤調査

5月12日B

試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

5月12日A

敷地内の5ヶ所を順番に地盤の調査を
していきます。

地盤調査
地盤調査

2014年5月12日@

日の出町H様邸リポート開始です。
今日は着工前の地盤調査です。

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30