安心の家造り。施工現場をリポートします。│日高市A様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇日高市A様邸◇

ウッドデッキ

2月25日E

ウッドデッキの完成です。
思わず裸足で外に出たくなりますね。

2月25日D

お天気がいいので気持ちがいいですね。バルコニーには窓壁用ホスクリーンが取り付けられました。

窓壁用ホスクリーン
トイレ

2月25日C

基本ではなく1000クラスと言われる壁紙です。面積の少ない場所ならば差額も高くならずに
アクセントとして使用できるのでおすすめです。

2月25日B

ロフトにもクロスがはられました。貼る前とくらべると雰囲気が違いますよね。

ロフト
LDK

2月25日A

こちらはキッチンです。リビングと同じものを貼っています。

2月25日@

LDKです。シーリングファンも取り付けられました。素敵ですね。

LDk
ガラスブロック

2月13日F

ガラスブロック廻りの仕上がりはこんな風になりました♪

2月13日E

タタミコーナーでは京壁風を選択。

タタミコーナー
クロス施工

2月13日D

内部では壁紙が貼られています。
木目が素敵ですね。

2月13日C

水平垂直を確認中。

外観
石膏ボード

2月13日B

木枠をつくり束石の固定をしています。

2月13日A

奥では三浦大工と小山大工がウッドデッキを
施工中です。

サッシ
シャッター

2月13日@

外構工事が始まりました。

2月11日I

白い外観が素敵なA様邸です。

外観
ウリン

2月11日H

外にはウッドデッキ用のウリンが用意されています。

2月11日G

床用のオリフィスです。空気を循環させるためにつけますよ。

オリフィス
玄関ドア

2月11日F

ガラスブロックが並んでいます。
壁紙はどんなデザインでしょうか楽しみですね。

2月11日E

ロフトの内側など隅々まできっちり作業します。

ロフト

2月11日D

塗り終えたら乾燥させます。

2月11日C

パテは職人さんが手際よく塗っていきます。

クロス職人さん
下地処理

2月11日B

クロスを貼る場所全てに下地処理をしていきます。

2月11日A

石膏ボードの継ぎ目や釘など凹凸をなくす為にパテを塗っていきます。

下地
接着剤

2月11日@

クロス工事が始まります。
クロス用ののりが届いています。シックハウス対応品であるF★★★★がついています。

1月27日C

壁、天井ができてきて収納の枠がとりつけられました。
だんだんお部屋らしくなって着ましたね。

石膏ボード
収納棚

1月27日B

収納の中には打合せで決めた枕棚や中段、パイプなどが取り付けられるのですが、これはその建材セットです。

1月27日A

ロフトの腰壁に石膏ボードがはられ出来上がりました。

ロフト
ロフト

1月27日@

足場が外れて外観が見えるようになりました。

1月25日G

キッチンから階段がみえています。
これから壁が出来てきます。

階段
建具

1月25日F

LDKに建具が取り付けられました。
ホワイト色いいですね♪

1月25日E

壁の石膏ボードを加工中です。
天井の形に合わせて大工さんがボードをカットしていきます。

石膏ボード
ロフト

1月25日D

同じくロフトの腰壁施工中です。

1月25日C

洋室の各部屋にはロフトがつきます。
今は腰壁の施工中ですよ。

ロフト
バルコニー

1月25日B

バルコニーにはこれからアルミの笠木が取り付けられます。

1月25日A

内部では天井に石膏ボードがはられています。

石膏ボード
外観

1月25日@

軒天の塗装や雨樋の設置などが完了し、今日は足場の解体です。

1月11日C

各部屋にルフロのダクトが施工されました。

内観
外観

1月11日B

筋交いが入り、天井下地が出来ました。

1月11日A

バルコニーの外壁施工中です。

バルコニー
外観

1月11日@

外壁施工が進みました。外壁施工が終わっても雨樋設置や防水シール施工や塗装など足場が外れるまでは工程があります。

1月9日B

鏡などがお施主様支給品の場合予め設置場所や商品の大きさなどを打合せで確認した上下地をいれていきます。

下地
ドームパッキン

1月9日A

黒い箱はスイッチボックスです。コンセントやスイッチなどを設置するための箱です。

2014年1月9日@

外壁施工中です。1階部分がはられています。

外観
内観

12月22日A

灰色の線は電気配線です。

12月22日@

階段の施工の続きです。
施工時の細かな微調整は大工さんが行います。

階段施工
内観

12月17日A

張りおえた床材は傷がつかないように養生しておきます。

12月17日@

ロフトの床施工が進みました。

内観
タイガーグラスロック

12月16日A

計算上必要な場所にボードを施工します。

12月16日@

構造壁「タイガーグラスロック」です。優れた耐震性能が認められている材料なんですよ。

屋根施工
内部

12月13日B

階段施工の真っ最中です。

12月13日A

間柱がたち壁ができはじめました。

屋根施工
屋根施工

12月13日@

カーテンレールやフックなど取り付けるものが決まっているものの場所には下地補強をしておきます。

12月12日A

天井が組まれていますね。

屋根施工
フェノバボード

12月12日@

外壁面にはフェノバボードを施工し、気密テープでふさぎます。

12月10日D

棟には地鎮祭でお祈りしたお札を納めました。

お札
サッシ

12月10日C

片上げ下げ窓は可愛い格子付です。

12月10日B

基礎が見えている部分はユニットバスが
設置されます。

ユニットバス
外観

12月10日A

バルコニーに排水溝とオーバーフロー管が
ついています。

12月10日@

透湿防水シートの施工がすすみました。
玄関ドアやサッシの取付けも完了です。

外観
気密パッキン

12月6日F

エアコンや24時間換気のスリーブの周りにあるのは、ドームパッキンです。
廻りを気密テープでふさぎます。

12月6日E

二倍筋交い金物リベロUです。
筋交いと柱を強固に繋ぐ金物です。

上棟
電気配管

12月6日D

テレビ線やCD管の配線が始まりました。

12月6日C

サッシの取付けが完了し、キッチンの給排気用のスリーブが取り付けられました。

サッシ
中間検査

12月6日B

今日は金物の検査日です。
専門の外部検査員さんが立ち会って検査します。

12月6日A

軒天の施工中です。
ケイカル板をはる前に下地をします。

軒施工
外観

12月6日@

気持ちのいいくらいの青空ですね。
A様邸外観です。
白いシートは透湿防水シートです。
このシートは水は通さないが、湿気(水蒸気)は通す性質を持っています。

11月27日F

バルコニーの床と腰壁の柱を施工中です。

上棟
上棟

11月27日E

野地板をはって完了です。

11月27日D

下屋の施工中です。

上棟
土台敷き

11月27日C

屋根断熱の施工は完了です。

11月27日B

最後に垂木をはり、さらに野地板をはっていきます。

土台敷き

11月27日A

棟の断熱材の間には発砲ウレタンを充填していきます。

11月27日@

屋根施工続きです。

外観
断熱材

11月26日G

横からみるとちゃんと二重になっているのが、
見えますね。

11月26日F

断熱材がのっているのが見えますね。

外観
屋根断熱

11月26日E

TKの屋根断熱は断熱材フェノバボードを
二重に施工します。

11月26日D

野地板の上に垂木をさらにのせ、断熱材フェノバボードをはっていきます。

屋根断熱
屋根断熱

11月26日C

緑色のシートは気密シートです。厚みがあり手ではもちろん切れませんし、ひっかけたくらいでは裂けたりしません。

11月26日B

屋内から屋根を見上げてみました。
横に渡っている木は建物が歪んでしまわない様に入れておくものです。筋交いなどがきちんと入ってくると外されていきます。

屋根施工
外観

11月26日A

今日は屋根施工です。
垂木の上に野地板がはられています。

11月26日@

熱海邸2階部分にもTKパネルが入りました。

外観
上棟 11月25日J

開口部にはサッシが取り付けられます。TKパネルはお家ごとに工場作成されて現場へやってくるオーダーメイド品ですよ。

11月25日I

1階のTKパネル設置完了です。真っ白でキレイですね!
間には建物が歪んでしまわない様に仮筋交いを入れておきます。

上棟
上棟 11月25日H

クレーンでどんどん上げられていきます。

11月25日G

TKパネルが搬入されました。

上棟
上棟 11月25日F

お昼休憩、お施主様よりごあいさつです。
お弁当の差し入れもしていただきました、
ありがとうございます♪

11月25日E

上棟ではたくさんの金物が使用されます。

上棟
上棟 11月25日D

土台と柱が接合金具でしっかりと固定されて
いますね。アルファベットのA(エース)の形を
している平らな構造用金物です。

11月25日C

2階の柱も上がってきましたね。

上棟
上棟 11月25日B

大きな声で確認しながらの作業です。

11月25日A

大工さん達の連携で次々と柱が
上がっていきます。

上棟
上棟 11月25日@

日高市A様邸本日上棟です。
お天気が心配ですが雨降らないで欲しいです。

11月23日G

これで土台敷きが完了です。
いよいよ次は上棟です。

土台敷き完了
土台敷き 11月23日F

最後に床養生をします。

11月23日E

つづいて1階床の構造用合板はっていきます。

土台敷き
土台敷き 11月23日D

土台の下に隠れてしまうところもしっかり
施工しておきます。

11月23日C

隙間は発砲ウレタンを充填します。

土台敷き
土台敷き 11月23日B

立上り部分にみえるブルーの建材は、
基礎断熱材「スタイロエースU」です。

11月23日A

鋼製床束【YTB束】見た目は華奢ですが、
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)の優れものです。

土台敷き
土台敷き 11月23日@

本日土台敷き2日目です。

11月22日B

使用する場所に予め建材を置いておき、
作業に入ります。土台と基礎を繋ぐ穴の
微調整は大工さんが作業します。

土台敷き
土台敷き 11月22日A

土台に使用する全ての建材には場所が
決まっていて刻印もしてあるので、ひとつも
間違えられません。

11月22日@

建材が用意されています。
お天気も晴れが続くようですしよかったです。

土台敷き
先行設備配管 11月20日C

スリーブを入れた所に先行配管がしっかり出来上がっていますね。
ピンクは湯水・青は給水用です。

11月20日B

外水栓がたちました。

外水栓
先行設備配管 11月20日A

水色の配管がいっぱいつながっているのは、
給水を各場所に振り分ける【ヘッダー】です。

11月20日@

上棟へ向けて足場が組まれました。

足場
基礎工事 11月12日C

内側の高さを確認します。

11月12日B

天端の幅も決まっているので、スケールを
あてて確認します。

基礎工事
基礎工事

11月12日A

大事な基礎工事、やり直しが簡単にできるものではないため設計図どおりの寸法に出来上がっているか確認します。

11月12日@

日高市A様邸基礎全景です。

基礎全景
基礎工事

11月8日B

基礎工事は完了です。
次は上棟へ向けて土台敷きですね。

11月8日A

キレイに出来上がりましたね!

基礎工事続き
基礎工事つづき

11月8日@

コンクリートがしっかり固まったら型枠をはずしていきます。

10月30日C

これで立上り部分の型枠組は完了です。
ミキサー車で届いたコンクリートを流し入れていきます。

基礎工事
基礎工事

10月30日B

流し入れたコンクリートの圧力で型枠が広がらないように、上下とめ金具でしっかり固定します。コンクリートがきちんと固まったらこの金具は取り除かれます。

10月30日A

基礎に出ているボルトは【アンカーボルト】です。
建物の柱や壁などには、地震や台風の際に水平や垂直方向に強い力が働きます。
その結果、基礎と土台をつなぐアンカーボルトが大事な役割を持ちます。

配筋
基礎工事

10月30日@

先に平場のコンクリート打設を行い、固まったら立上り部分の打設を行います。

10月22日C

写真はスリーブという配管を通す穴が潰されてしまうのを防ぐ為に入れておきます。

基礎工事
基礎工事

10月22日B

配筋検査が無事に終わるとコンクリート打設が始まります。

10月22日A

図面どおりに鉄筋が組まれているか?
外部の検査員さんが検査していきます。

基礎工事
基礎工事

10月22日@

今日は配筋検査です。

10月21日F

こちらでは内部の高さを確認しています。

基礎工事つづき
基礎工事

10月21日E

外周部の立上り部分です。

10月21日D

続いて【重ね継手-かさねつぎて-】鉄筋と
鉄筋を繋ぎ合わせている部分です。

基礎工事
基礎工事

10月21日C

スケールをあててきっちり組まれているか
計測します。

10月21日B

地鎮祭でお祈りしてもらった鎮物もしっかり
納められていますよ。

鎮物
基礎工事

10月21日A

写真はキソ止水プレートです。
基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を
防ぐ目的で入れます。

10月21日@

外周部に鋼製外枠が組まれており、
内部は鉄筋組み完了です。

配筋完了
基礎工事

10月12日C

次は型枠と配筋組みですね。

10月12日B

配筋で使用する鉄筋も搬入されました。

基礎工事
基礎工事

10月12日A

建物の直角を出す為に縦横どこか1本ずつ基準
となる水糸を張ります。

10月12日@

基礎工事の続きです。
土からの湿気を防ぐ防湿シートを
敷いていきます。

基礎工事
基礎工事

10月4日D

スケールをあてて地面からの高さ
設計GL600がきちんと守れているか
確認します。

10月4日C

着工って??
“丁張り”または“遣り方”という方法で建物の
位置を確実に出すために実際に建物が立つ
周りに板や糸で印をするものです。

基礎工事
基礎工事

10月4日B

今回ベンチマークは道路の境界線天端を使用します。設計の基本になる場所のことをBMと記します。

10月4日A

とてもきれいに整地されていますね。

地盤改良
地盤改良

10月4日@

無事地盤改良工事が終わったので、
本日着工です。

10月1日D

攪拌が完了したら、重機で満遍なく転圧をした後整地して作業完了です。
次はいよいよ着工です。

表層改良
表層改良

10月1日C

現場の土と固化材とを攪拌します。

10月1日B

袋の数は土地の広さや地盤調査結果に基づいて決められます。

表層改良
表層改良

10月1日A

設計レベルまで掘削した後にセメント系固化材を散布します。

10月1日@

地盤調査の結果「地盤改良の必要有」とのことでした。本日は改良工事です。
『表層改良』という改良方法を施工します。

表層改良
地鎮祭

8月11日J

最後にもう一度お祈りをして、鎮物とお札をいただきます。
これで無事地鎮祭は終了です。

8月11日I

最後に施工店代表として社長が納めます。

地番調査
地鎮祭

8月11日H

お施主様のご両親にも納めていただきました。

8月11日G

続いて奥様が【玉串】を納めます。
工事が無事に終わりますように・・

地鎮祭
地鎮祭

8月11日F

つづいてお施主様から【玉串奉奠】です。
玉串に自分の心をのせ、神にささげるという
意味がこめられています。

8月11日E

施工店を代表して社長が行います。

解体作業
地鎮祭

8月11日D

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、大きな声で『ええ〜い!!』言ってくださいね。

8月11日C

【四方払い】土地の四隅にお酒、塩、
お米をまいて清めます。

地鎮祭
地鎮祭

8月11日B

神主さんがお祈りを始めました。

8月11日A

お施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈り、土地の神様にお願いをします。

地鎮祭
地鎮祭

8月11日@

真夏の太陽が厳しいですが、本日はA様邸地鎮祭です。
祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物をならべます。

5月30日E

結果は後日会社へ送られてきます。

地盤調査
地盤調査

5月30日D

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくそうです。回転数が少ないのはやわらかい地盤、
逆に固い地盤ほど回転数が多くなるそうです。

5月30日C

先端がドリルのようになっている棒に、おもりを載せた状態で地面にさして一定の深さまで入るのに費やした回転数を記録していきます。

地盤調査
地盤調査

5月30日B

A・B・C・・・と敷地内の決められた場所の深さを調査していきます。

5月30日A

“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

地盤調査
地盤調査

2013年5月30日@

日高市A様邸リポート開始です。
今日は地盤調査です。

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30