安心の家造り。施工現場をリポートします。│福生市M様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇福生市M様邸◇

2月17日G

扉をつけない収納です。
これも注文住宅ならではですね。

収納
LDK

2月17日F

梁見せのリビングをロフトから撮影しました。
天井が高く感じられ開放感があります。

2月17日E

子供部屋の天井は空になっていて可愛いですよ♪

機械
2階階段

2月17日D

白を貴重とした階段は2階世帯へと続きます。

2月17日C

リビングの横にも収納があります。
棚の数や形は打合せで確認、決定します。

機械
洗面化粧台

2月17日B

M様邸1階の収納です。
枕棚と中段、パイプがついています。

2月17日A

クリーニングも終りもう少しでお引渡しです。

機械
LDK

2月17日@

照明や設備、カーテンレールなどの取付けが終りました。

2月6日D

クロス工事のあとは照明器具や設備機器の設置、網戸の取付けなどをおこなっていきますよ。

子供部屋
子供部屋

2月6日C

こちらは子供部屋です。
アクセントに壁一面柄を変えてあります。

2月6日B

職人さんがLDKのクロスをはっています。
おおきなクロスを一瞬ではっていく手際のよさに驚きです。

クロス工事
トイレ

2月6日A

トイレのクロス工事完了です。
トイレなどの設備はクロス工事完了後に行います。

2月6日@

この機械はクロスに糊付けをする機械です。
横のボタンで長さを入力すると自動で糊付けしてくれます。

糊付け機
階段

1月31日I

階段など高低差がある場所でもハシゴなどを上手につかって手際よく作業をすすめていくんですよ。

1月31日H

梁を見せるリビングです。どんな仕上がりになるか楽しみですね♪

LDK
LDK

1月31日G

こちらは2階のキッチンです。

1月31日F

パテが完全に乾いてからクロス貼り作業を行っていきます。

LDK
和室

1月31日E

下地処理として凹凸面や釘穴などにパテを埋めて平にする作業を行います。

1月31日D

1階のキッチンです。
電気設備工事はこれからです。

1階キッチン
パテ埋め

1月31日C

内部では木工事が完了しクロス施工が始まりました。

1月31日B

外構工事もすすんでいます。
外構屋さんがひとつずつ設置しています。

外構
外観

1月31日A

今日は左官工事が行われました。
住宅の基礎にモルタルを塗って化粧することを「基礎巾木仕上げ」と呼びます。

1月31日@

福生市M様邸です。
外装、内装ともに仕上げに入っていきます。

外観
天井下地

12月5日A

石膏ボードがはられてくると雰囲気がかわってきます。

12月5日@

天井→壁の順に石膏ボードがはられていくのですが、徐々にお部屋らしくなってくるのが楽しいですよ。

天井石膏ボード
天井石膏ボード

12月3日D

木工事の続きです。天井に石膏ボードがはられていきます。

12月3日C

先ほどご説明したダクトはこんな風に天井をまわっていくんですね。

天井配管
お札

12月3日B

地鎮祭でお祈りしてもらったお札を納めます。

12月3日A

ルフロのダクトです。本体から各場所へつながれていきます。

ルフロダクト
ルフロダクト

12月3日@

ルフロ本体が設置されました。

12月2日C

パネルの中に入れてあるのは【下地補強】です。実はこの補強はとても重要なんです。“石膏ボード”の厚さは12.5mmです。・・・が!? 崩れやすい材質なので、クギやネジをさす予定がある箇所にはベニヤをはって補強しておきます。

下地
天井下地

12月2日B

廊下の天井下地が出来てきました。

12月2日A

キャップ取付け前のスリーブです。

スリーブ
物干し

12月2日@

軒天にはホスクリーンが取り付けられました。

11月30日A

こちらはベランダ側です。
ここも色違いで張り分けしてあります。

外観
外観

11月30日@

外壁の施工がすすみ足場が外れるのも
もう少しですね。

11月29日B

中間水切りが取り付けられています。

外壁
外壁

11月29日A

M様邸は張り分けありですね。
サイディング材ははる場所に合わせ現場で
カットします。

11月29日@

壁に直接とりつけるのではなく、通気を取りながら専用の金具で取り付けていきます。

外壁
収納扉

11月25日E

外壁施工の土台水切りが取り付けられました。

11月25日D

外には外壁施工用のサイディング材が
搬入されています。

建具
基本ニッチ

11月25日C

柱沿いにつたっておりてきているのはコンセントやスイッチ用です。

11月25日B

お家の色んなところへ配線がめぐっているのがわかりますね。

クロス巻き込みニッチ
DS

11月25日A

照明器具用の配線などが天井からでています。

11月25日@

電気の配線ケーブルがたくさん用意して
あります。

電気配線
天井組

11月19日B

天井の下地施工完了です。

11月19日A

天井が出来てきたり、下がり壁が出来てきたりするとよりお部屋の大きさや高さなどがわかってきます。

天井組
天井組

11月19日@

照明器具など用に下地が必要な場合はこの時に施工しておきます。

11月18日B

森本大工が配管の確認をしています。

森本大工
社長

11月18日A

天井に石膏ボードをはる前にとても大切な作業です。この上を電気配線が通ります。

11月18日@

天井の下地施工が始まりました。

洋室
トイレ

11月16日B

緑色の配管はガス管です。横には排水管がみえますね。断熱と吸音の為にロックウールを巻いておきます。

11月16日A

下がり壁の間にもCD管が通っていきます。

壁下地
スイッチ

11月16日@

壁面に埋め込んで使用するボックス。
配線と器具の取り出し線との接合をします。

11月11日C

打合せで決めた場所に通しておきます。

TVアンテナ
CD管

11月11日B

配管を通す先の場所を記しておきます。

11月11日A

黒い線はアンテナ線です。

アンテナ線
LAN配線

11月11日@

オレンジ色の配管はLANケーブルが通ります。

11月10日A

軒天ホスクリーンの支柱が取付けられました。

軒天ホスクリーン
軒天換気口

11月10日@

軒天換気口が取付けられました。
取付ける位置は計算されて決まっています。

11月9日B

これを軒天にはっていきます。

軒天
軒天

11月9日A

けい酸カルシウム板です。
防火認定をきちんととっている建材ですよ。

11月9日@

外壁施工の前に軒天の施工をします。

軒天
発表会

11月4日D

これから着工のM様も遊びに来てくださいました♪実際のお家をみて想像をふくらませることはいいことですね。

11月4日C

メンテナンスの仕方やお家の気になるところを相談中。

発表会
発表会

11月4日B

じゃ〜ん!!TK名前入りのケーキです♪
OB様のT様より差し入れです♪

11月4日A

今日もお施主様が遊びに来てくださいました。

発表会
発表会

11月4日@

今日は発表会最終日です。
昨日からの雨が続いていますが、
お客様はどうでしょうか?

11月3日E

こちらでは設計田村が丁寧に構造について
説明させていただいております。

発表会
発表会

11月3日D

激写!!社長の顔シートの横に社長本人が!なかなかのレアショットです。ヽ(´∀`*)ノ

11月3日C

今日はM様やO様など差し入れ盛りだくさんです!お心遣いありがとうございます♪

玄関巾木
発表会

11月3日B

今日はご新規様も再来のお客様もOB様も
みんな遊びにきてくださいました。

11月3日A

去年発表会をやらせていただいたOB様のO様が遊びにきてくださいました♪
Yちゃんに素敵なかばんとおもちゃをみせてもらいましたよ。

発表会
発表会

11月3日@

発表会2日目です。
お天気でよかったですね。

11月2日E

お施主様コメントにも書いてあります【気に入った点が梁を見せた勾配天井のリビング。
一目見てこんな家がいいなぁと・・・。 】
夢が実現しましたね♪

発表会
発表会

11月2日D

構造ってどこ見ていいかわからないわ・・・確かにそうですよね。構造のポイントなどを矢印で
アピール!!細かなお話はスタッフまでお気軽にどうぞ♪

11月2日C

見学後はゆっくりくつろげるようにお席も
ご用意しています。

発表会
発表会

11月2日B

TKの基本仕様などの紹介パネルの展示など
盛りだくさん!

11月2日A

社長のコメントや社員紹介などの展示や

発表会
発表会

11月2日@

福生市M様邸発表会本日1日目です!!

10月25日F

壁に設置されているリモコンは浴室のオートルーバー暖房乾燥機用のです。

ユニットバス
ユニットバス

10月25日E

お風呂の中はこんな様子です。

10月25日D

シャワーヘッドに養生がされていますね。
正面の壁はお好きな柄を選択できます。

ユニットバス
ユニットバス

10月25日C

2階もユニットバスが組みあがりました。
1階と同じく引き戸タイプです。

10月25日B

キッチンの腰壁が見えていますね
ロフトからみえます。

ロフト
ロフト

10月25日A

横を見るとLDKの見せ梁が見えていますね。

10月25日@

こちらでは2階のロフトに上がってみました。

ロフト
ユニットバス

10月22日C

基本仕様がリニューアル!
浴室乾燥機がオートルーバーになりました!

10月22日B

箱の中には組みフタが入っていました。

ユニットバス
ユニットバス

10月22日A

鏡やシャワーヘッドには養生がしてあります。

10月22日@

1階のユニットバスが組みあがりました!
入口は引き戸タイプですね。

ユニットバス
天井下地

10月21日F

そして電気配線が始まる前に天井下地を作っておきます。
開口部は照明器具が取り付けられる場所です。

10月21日E

こちらは2階キッチンの腰壁です。

2階キッチン腰壁
1階キッチン腰壁

10月21日D

木工事ではキッチンの腰壁が出来てきました。

10月21日C

エプロン設置中です。
床と浴槽が組まれたら壁の施工に入ります。

ユニットバス
ユニットバス

10月21日B

浴槽を設置します。浴槽がのるので水平を
きちっと図りながら組み立てていました。

10月21日A

こちらは入口の扉枠が置いてあります。

ユニットバス
ユニットバス

10月21日@

今日はM様邸1階のユニットバス施工です。

10月15日A

サイディングの裏側に水が入ってもこのシートと空気層が防いでくれるので、侵入した水は壁に入ることなく下に流れた後土台水切まで落ちて、外へ排水されていくのでとても大事です。

外観
外観

10月15日@

今日は透湿防水シート施工です。
このシートは水は通さないが、湿気(水蒸気)は通す性質を持っています。

10月14日B

白い四角がドームパッキンです。
廻りを気密テープでふさぎます。

スリーブ
スリーブ

10月14日A

先日墨出ししたところにすりーブが入れられました。

10月14日@

ここはニッチが出来る場所です。
打合せで決めた場所に下地を作っておきます。

ニッチ
発表会2日目

10月8日A

火打ち梁がみえています。構造発表会では
このように普段隠れてしまう場所をじっくり
見ることができるチャンスです。

10月8日@

TKパネルは工場でオーダーメードで
作成していますが、パネルを作成できない
場所にはフェノバボードを加工して施工します。

壁
金物

10月7日E

これは筋交いを柱にしっかり固定する金具
【リベロU】です。

10月7日D

ここでは柱と合板との接合部分が
抜けないように、直角に曲がった
接合金具が使用されていますね。

金物
金物

10月7日C

構造をよ〜く見ると様々な金物が
取り付けられています。

10月7日B

こちらは切り出した後です。
この後ドームパッキンを取付けた管
を入れて気密テープでふさぎます。

金物
墨出し

10月7日A

エアコンや24時間換気のスリーブを
入れる場所に印(墨出し)をします。

10月7日@

排水管に巻いてあるのはベルト状断熱材
吸音材ロックウールです。

配管
サッシ

10月4日E

開口部にサッシがつくとお部屋らしさが
出てきてウキウキしますね♪

10月4日D

こちらは勝手口です。
網戸付なので真ん中をスライドすれば
風が入ります。

外観
発表会

10月4日C

灰色の管は排水管で、
白い部品は通気弁です。排水管の中の空気圧を調節してくれる部品なんですよ。

10月4日B

各部屋へ配管が通っていくのがわかりますね。
オレンジは湯水、水色は給水配管です。

給排水
給水ヘッダー

10月4日A

社長ブロクでも登場しました【給水ヘッダー】
です。お風呂やキッチンなどへ分配していきます。

10月4日@

ユニットバスが入るところに石膏ボードが
貼られました。

こんな隙間にも
あおり止め

9月22日C

Y-15の他にも屋根には様々な物が
取り付けられます。

9月22日B

屋根までどうやって瓦を上げるのかと
思っていたら、小型のジェットコースター
みたいな機械が登場しました。
これで一気に屋根まで運びます。

屋根瓦荷上機
Y-15

9月22日A

屋根材Y-15です。
軽くて丈夫な屋根材です。

9月22日@

福生市M様邸外観です。
屋根に【アスファルトルーフィング】を敷いたあとは屋根瓦を設置していきます。

外観
バルコニー

9月14日D

高気密・高断熱のTKパネルです。
一軒一軒オーダーメイドで作成します。

9月14日C

M様邸は2世帯なので玄関も2つ。
基礎ではわかりづらかったですが、
上棟したらはっきりわかるようになりましたね。

バルコニー
断熱材

9月14日B

基礎が見えていますが、ユニットバスが入る場所です。水色のボードは基礎断熱材です。

9月14日A

森本大工が長い垂木を寸法どおりにカット
しています。

外観
構造用金物

9月14日@

柱と梁が接合金具でしっかりと固定されて
いますね。アルファベットのA(エース)の形を
している平らな構造用金物です。

9月13日E

垂木の上に野地板を固定したら、
二重断熱屋根施工は完了です。

屋根施工
内部

9月13日D

ロフトからは今なら柱や梁が見渡せます。

9月13日C

ここはロフトになる部分です。

内部
二重屋根断熱

9月13日B

キレイな屋根の形になっていますね。

9月13日A

屋根の上での作業は慎重に行います。

屋根施工
屋根施工

9月13日@

垂木を決まった軒の長さにカットしていきます。

9月12日E

棟には発砲ウレタンを充填します。

発砲ウレタン
フェノバボード

9月12日D

この二重屋根断熱が暑くならない秘密です。

9月12日C

フェノバボード二枚重ねて施工していきます。

屋根施工
屋根施工

9月12日B

これからTK自慢の屋根断熱が始まります。
野地板に気密シートをはっていきます。
厚みがあり、丈夫なシートでちょっとのことじゃ破れません。

9月12日A

もう少しで棟まで作業はすすみます。

上棟
フェノバボード

9月12日@

ど〜ん!フェノバノードです。
これを二重に施工していきます。

9月11日G

M様よりお昼に美味しそうなお弁当を頂きました。ありがとうございます♪

上棟
上棟

9月11日F

2階の柱がどんどん建っていきます。
大工さん達身軽に歩いていますが、
この場所は2階の天井です。

9月11日E

高く積まれている建材は『TKパネル』です。

TKパネル
上棟 9月11日D

2階の床がはり終えたようです。
徐々にお天気も回復してきてよかったですね。

9月11日C

これから2階の床はりがはじまります。

上棟
上棟 9月11日B

1階の柱が全て建ちました。

9月11日A

大きな梁や建材はクレーンで上げていきます。
大工さんがクレーン車の運転手さんに指示を
出します。

上棟
上棟 9月11日@

生憎のお天気ですが、M様邸上棟です。

9月10日 C

1階部分の床板を全て張り終えました。
汚してしまわないよう養生をしいたら土台は
完成です。

土台敷き
土台敷き 9月10日B

1階の構造用合板をはっていきます。

9月10日A

鋼製束【YTB束】見た目は華奢ですが、
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)
の優れものです。

床束
基礎断熱 9月10日@

基礎断熱材スタイロエースUです。
基礎もお家の中と考えているTK仕様ですよ。

9月9日C

写真は『Pロック』という柱と土台を強固に
繋げる金物です。

Pロック
気密パッキン 9月9日B

基礎と土台の間に気密パッキンを入れます。

9月9日A

沢山の建材が用意されています。
建材には印が書いてあり、それを目印に
組んでいきます。

土台敷き
土台敷き 9月9日@

今日から上棟に向けて土台敷きです。

8月29日D

外周部も図面どおりの高さに出来ているかきちんと確認します。

基礎工事完了
基礎工事完了 8月29日C

高さや幅など一ヶ所一ヶ所確認します。

8月29日B

設計どおりに基礎が出来上がったかスケールをあてて確認します。

基礎工事完了
基礎工事完了 8月29日A

基礎の立上りから見えている金物はアンカーボルトです。
基礎と土台を結ぶ大事な金物です。

8月29日@

コンクリートが固まり、型枠が外されました。
基礎工事完了です。

基礎工事完了
基礎工事

8月24日B

打設後は季節などによりますが5日間程度かかります。

8月24日A

コンクリートが固まるまで養生をしておきます。

基礎工事
基礎工事

8月24日@

立上りのコンクリート打設が完了しました。

8月23日D

ここは玄関になる部分です。

基礎工事続き
基礎工事つづき

8月23日C

コンクリートの圧力で型枠が広がらないように、
上下止め金具でしっかり固定します。コンクリートがきちんと固まったら金具は取り除かれます。この中にコンクリートを流し入れていきます。

8月23日B

全ての立上り部分の鉄筋に型枠が組まれました。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月23日A

まだ鉄筋が見えている場所が立上り部分です。
配管用のスリーブも見えていますね。

8月23日@

平場部分のコンクリートが固まったので、今日からは立上り部分の型枠を組んでゆきます。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月19日B

キソ止水プレートは鉄筋に通したクリップで固定します。
取り付ける間隔は施工要領で決まっています。

8月19日A

シルバー色の板が止水プレートです。
基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で取り付けます。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月19日@

今日はキソ止水プレートが取り付けられました。

8月13日F

全景です。きれいに出来上がりましたね、配筋検査を終えたら次はコンクリート打設です。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月13日E

地鎮祭でお祈りした鎮物がちゃんと納めてありますね。

8月13日D

写真は【スペーサー】といいます。
組み立てた鉄筋の位置や間隔が狂うと、建物の構造の強度や耐久性に影響を与えてしまう為、この部品を使って正しい位置や間隔を確保しておきます。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月13日C

こちらでは内部の高さを確認しています。

8月13日B

外周部の立上り部分を確認します。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月13日A

基礎で使われる鉄筋はトラックで運ばれてきます。長い場所がある場合、新たに鉄筋を継ぎ足していきこの部分を【重ね継手】と言います。

8月13日@

福生市M様邸の配筋が出来ました。
図面どおり正しく施工できているか、スケールをあてて確認していきます。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月6日C

全面に強いてあるシートは土からの湿気を防ぐ防湿シートです。

8月6日B

きれいに整いましたね。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月6日A

砕石を入れた後はランマーと呼ばれる機械で入念に転圧をします。

8月6日@

根切りといい重機で掘削し、その後砕石をいれ基礎の高さを調整します。

基礎工事つづき
着工

7月30日B

“丁張り”または“遣り方”という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板で印をするものです。そしてスケールをあてて高さを確認します。

7月30日A

地盤調査結果は問題なし!
今日からM様邸着工です。

着工
着工

7月30日@

ホワイトボードに書いてあるBMとは?
ベンチマークの略で、敷地や建物の高さの基準レベル点を指します。 また施工時の基準レベルになるので、工事中でも撤去しないで動かないものを用います。

7月21日K

みんなでお神酒をいただき無事儀式が終わりました。

地鎮祭
地鎮祭

7月21日J

最後に施工店代表社長が納めます。

7月21日I

おばあ様とお子様が納めます。

地鎮祭
地鎮祭

7月21日H

続いておじい様とお子様が納めます。

7月21日G

続いて奥様が【玉串】を納めます。
工事が無事に終わりますように・・

地鎮祭
地鎮祭

7月21日F

お施主様から【玉串奉奠】です。
玉串に自分の心をのせ、神にささげるという
意味がこめられています。

7月21日E

施工店を代表して社長が行います。

地鎮祭
地鎮祭

7月21日D

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、大きな声で『ええ〜い!!』

7月21日C

続いて【四方払い】土地の四隅にお酒、塩、
お米をまいて清めます。

地鎮祭
地鎮祭

7月21日B

まずは以前井戸があった場所にもお祓いをしておきます。
お祓いをきちんとしておくと安心ですものね。

7月21日A

お施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈り、土地の神様に
お願いします。

地鎮祭
地鎮祭

7月21日@

本日は福生市M様邸の地鎮祭です。
祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物がならべてあります。

7月19日B

ブロックが搬入されました。

基礎工事つづき
ブロック

7月19日A

隣地へ基礎工事などででる土が流れ出るのを防ぐ為に先行してブロックを設置します。

7月19日@

今日は基礎工事へ入る前の準備をします。

先行ブロック
地盤調査

7月17日E

結果は後日会社へ送られてきます。

7月17日D

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくそうです。回転数が少ないのはやわらかい地盤、
逆に固い地盤ほど回転数が多くなるそうです。

地盤調査
地盤調査

7月17日C

先端がドリルのようになっている棒に、おもりを載せた状態で地面にさして一定の深さまで入るのに費やした回転数を記録していきます。

7月17日B

A・B・C・・・と敷地内の決められた場所の深さを調査していきます。また調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

基礎工事
基礎工事

7月17日A

試験方法は【SS試験(スウェーデン式サウンディング試験)】です。

7月17日@

無事解体作業も終わったので、本日は地盤調査です。

地盤調査
解体作業

7月15日B

危なくないようにと勝手に侵入しないようにカラーコーンを設置しておきます。

7月15日A

何もなくなるととても広いのがわかりますね。

基礎工事
解体作業

7月15日@

整地作業中ももう少しで完了ですね。

7月11日B

コンクリート廃材はリサイクルできる
ものもあります。

解体作業
解体作業

7月11日A

重機を使い整地作業中です。

7月11日@

廃材は全て片付けられました。

解体作業
地鎮祭

7月9日C

大きなものは重機で、細かなものは手作業で
分別していきます。

7月9日B

建物の形がなくなってきました。

解体作業
解体作業

7月9日A

解体作業もだいぶ進みましたね。

7月9日@

解体された廃材は分別しながらトラックに
のせていきます。

解体作業
解体作業

7月5日C

作業は順調にすすみます。

7月5日B

木材のほかにもしっかりとした骨組みが入っていたんですね。

解体作業
解体作業

7月5日A

大きな鉄骨が出できました。

7月5日@

解体作業中です。
重機で解体していきます。

解体工事
解体作業

6月29日A

防塵・防音の為に設置します。

6月29日@

仮囲いが完了しました。

解体作業
解体作業

6月28日D

奥まで続く広い敷地です。

6月28日C

これから2世帯のお家を建てていきます。

解体作業
解体作業

6月28日B

解体作業の続きです。
お店の看板が撤去されています。

6月28日A

解体工事は寂しくなりますね。
今は仮囲いの骨組を組んでいます。

解体作業
解体作業

2013年6月28日@

福生市M様邸リポート開始です。
解体工事から始まります。
長くお店をやってらっしゃいました。

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30