安心の家造り。施工現場をリポートします。│三沢市T様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇三沢市T様邸◇

2016.11.7更新
サイディング 11月7日【17】

建具はウッドワン ソフトアートを使用しています。

11月7日【16】

壁紙の仕上げも終わりました。

サイディング
水切り 11月7日【15】

外壁は青森県なので寒冷地仕様です。KMEW:セラディール・親水14  プチキューブ 色はMWハイドホワイトです。

11月7日【14】

浴室はLIXIL製アライズです。アクセントパネルはホワイトストーンを使用し清潔感のある空間になっています。

ユニットバス
外観 11月7日【13】

小上がりになっているタタミコーナー。DAIKEN:ZIPANGここち和座 敷き込みタイプを使用しています。

11月7日【12】

約18畳のLDK。広く壁も多いので使いかた色々ですね。

釘
サッシ 11月7日【11】

家電収納付カップボードです。オプション品のため組み合わせは自由です。お好みの仕様にできますよ。

11月7日【10】

キッチンの取付設置が終わりました。
LIXIL製エーエス 扉カラーはムーンホワイトです。

玄関
スリーブ 11月7日【9】

隙間なくきっちり入っているのがわかりますね。

11月7日【8】

小屋裏の断熱材施工の様子です。

金物
上棟 11月7日【7】

上吊りの片引き戸です。レールが見えますね。 ソフトクローズ機構が標準でついています。

11月7日【6】

天井裏には24時間換気ルフロのダクトがまわっています。扉の枠もつきました。

上棟
屋根材 11月7日【5】

壁には電気配線とスイッチボックスが取り付けられています。

11月7日【4】

天井に石膏ボードをはりはじめました。下地の木の位置に合わせてビスを打って止めていきます。

リベロU
内部 11月7日【3】

天井・壁に断熱材が入りました。電気配線が見えています。

11月7日【2】

ここにも使用されていますね。ホールダウン金物と言われているものも使われています。

筋交い
バルコニー 11月7日【1】

柱と筋交いに金物を取り付けます。名前は筋交い金物リベロUといいます。

6月10日【17】

サッシはYKK高性能断熱樹脂窓APWを使用しています。

内部工事
断熱材 6月10日【16】

中では断熱材高性能グラスウール100oの充填をしています。

6月10日【15】

会社のロゴが入った透湿防水シートを貼り始めました。

屋根工事
屋根工事 6月10日【14】

外回りの下地を大工が進めます。

6月10日【13】

その上に今回は長尺横葺きAT式という鋼板で仕上げます。

屋根工事
屋根工事 6月10日【12】

破風は屋根屋さんが板金施工します。

6月10日【11】

その上に屋根材をはっていきます。

屋根工事
屋根断熱 6月10日【10】

緑色のシートは『アスファルトルーフィング』です。屋根の防水の為のシートです。

6月10日【9】

ブルーシートでキレイにくるまれています。

屋根工事
屋根断熱 6月10日【8】

梁同士を繋ぐ金物やボルトなど一棟で使用する金物の数は数百になるときもありますね。

6月10日【7】

まだ建物内に壁がないのでブルシートで囲ってあります。大きく開いている部分にはサッシが入ります。

上棟
上棟 6月10日【6】

火打ち梁が見えています。

6月10日【5】

広さは約6帖広いですね。

上棟
上棟 6月10日【4】

平屋ですが小屋裏収納はあります。

6月10日【3】

筋交い金物とホールダウン金物です。柱と土台、柱と筋交いを強固に固定する為に取り付けます。

上棟
上棟 6月10日【2】

平屋建てです。順調に作業はすすんでいます。

6月10日【1】

T様邸上棟です。お天気で何よりですね。

上棟
2016.5.27更新
土台 5月27日【6】

基礎の外周部に断熱材「スタイロエースU」を敷き詰めていくのですが、通常の厚さは50o T様邸は倍の厚さの100oです!!

5月27日【5】

土台を支えているのは鋼製床束です。見た目は華奢ですが、最大圧縮荷重28.99KNの優れものです。

土台
土台 5月27日【4】

外周部には断熱材が施工されています。

5月27日【3】

土台の長さや配置は決められていて工場で加工、刻印がされたものが現場に納品されます。

土台
土台 5月27日【2】

基礎と土台の木材の間を固定していきます。

5月27日【1】

基礎が出来上がると土台敷きに入ります。

土台
2016.5.20更新
基礎工事 5月20日【12】

しっかり固まったら型枠を外していきますよ。

5月20日【11】

コンクリートがしっかり固まるまで同じように養生期間をおきます。

基礎工事
基礎工事 5月20日【10】

土間コンといい基礎とは別にコンクリートを打設します。

5月20日【9】

こちらは犬走りですね。

基礎工事
基礎工事 5月20日【8】

エコキュート用の配筋、型枠です。

5月20日【7】

玄関部分の配筋です。

基礎工事
基礎工事 5月20日【6】

平場には防湿シートをはります。

5月20日【5】

内部の立上り部分や人通口なども確認します。

基礎工事
基礎工事 5月20日【4】

コンクリートが固まったことを確認したら、型枠をはずします。高さや天端の幅などスケールをあてて確認します。

5月20日【3】

このまま数日間固まるまで養生期間をおきます。

基礎工事
基礎工事 5月20日【2】

基礎と土台、柱を繋ぐアンカーボルトです。図面の指定した場所に設置をしてコンクリートを流していきます。

5月20日【1】

立上り部分に型枠を組んでいきます。

基礎工事
2016.5.7更新
基礎工事 5月7日【11】

コンクリートの打設が始まりました。バイブレーターで空気を抜きながら流し入れていきます。

5月7日【10】

専門の検査員による『配筋検査』という検査があるのですが、それに合格しないとコンクリートが打設できません。もちろん結果は合格。生コン車がやってきました。

基礎工事
基礎工事 5月7日【9】

段々出来上がってきましたね。
所々取り付けてある筒は配管などを通すためのスリーブ穴がつぶれてしまわないようにつけるものです。

5月7日【8】

ここでも図面通りにできているかスケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事 5月7日【7】

続いて真ん中の立上り部分の配筋を組んでいきます。

5月7日【6】

全景です。広いですね。

基礎工事
基礎工事 5月7日【5】

継手といい鉄筋同士を重ねて繋ぐ部分を確認します。

5月7日【4】

外周部に型枠を組んでさらに鉄筋を入れていきます。

基礎工事
基礎工事 5月7日【3】

再度図面どおりにできているかスケールをあてて確認します。

5月7日【2】

砕石をした後 写真の重機を使って、より強固な地盤にする為にランマ転圧をかけます。

基礎工事
基礎工事 5月7日【1】

今日から着工です。『根切り』。重機を使って掘削していきます。図面どおりにできているかスケールをあてて確認します。

2016.4.8更新
4月8日【7】

次はいよいよ基礎工事です。

地盤改良
地盤改良 4月8日【6】

全てのくい打ちが完了しました。高さは図面にあわせて調整します。

4月8日【5】

これが杭打機です。

地盤改良
地盤改良 4月8日【4】

杭の本数や長さ、位置などは調査結果をもとに決められます。

4月8日【3】

専用機械の油圧でくいを圧入しながら行います。

地盤改良
地盤改良 4月8日【2】

改良方法はH型PCパイル圧入式です。
長い杭が運ばれてきました。

4月8日【1】

地盤調査の結果は改良の必要有との判定となりました。本日は改良工事をおこないます。

地盤改良
2016.3.26更新
着工 3月26日【3】

このまま根切り・・・と進みたいところですが、地盤調査に結果『改良の必要有』との判定が出てしまった為改良工事を先に行います。

3月26日【2】

着工とは『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていくことです。『遣り方』という人もいますね。

着工
着工 3月26日【1】

T様邸今日から着工です。

2016.3.14更新
3月14日【5】

続いてご家族と続き、地鎮祭は滞りなく完了です。

地鎮祭
地鎮祭 3月14日【4】

『玉串奉奠』工事の無事安全を祈り玉串を納めます。まずはお施主様から

3月14日【3】

『四方払い』神主さんが東西南北にお祓いをし清めます。

地鎮祭
地鎮祭 3月14日【2】

準備が整い、お祈りが始まりました。

3月14日【1】

青森県T様邸施工レポート開始です。
今日は地鎮祭です。祭壇の準備をしています。

地鎮祭

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30