安心の家造り。施工現場をリポートします。│あきる野市K様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇あきる野市K様邸◇

2016.2.22更新

2月22日【18】

ホワイトの床にグリーンのクロスでとっても広く見えますね。はしごをはさんで左右に分かれますが、8帖もあります。

ユニットバス
ユニットバス

2月22日【17】

小屋裏収納をつけました。階段は天井収納タイプです。

2月22日【16】

収納内部基本です。枕棚とパイプの組合せです。

シャッター
トイレ

2月22日【15】

トイレも同じ仕様ですが、落ち着いた感じになりました。

2月22日【14】

2階はガラッと変わって全てディープブラウン色で統一してあります。

洋室
階段

2月22日【13】

2階への階段はウッドワンLV階段です。色はライトブラウン。

2月22日【12】

1階2階とも腰壁にはアイカのタフウォールSを取り付けました。汚れに強く清潔さも長持ちするパネルです。

トイレ
収納

2月22日【11】

幅9尺の収納には3連引き戸をつけました。中はお布団が楽に出し入れできるよう幅を1mにしました。

2月22日【10】

LDKと居室は自由に行き来ができるように3枚扉で仕切るだけにしました。

室内
窓

2月22日【9】

キッチン壁に窓をつかました。明るいキッチンはいいですよね。

2月22日【8】

シンクはステンレス製ではなくスキマレスシンク ムーブラックタイプです。

シンク
キッチン

2月22日【7】

パナソニック製システムキッチンラクシーナです。色はオリーブグリーン。

2月22日【6】

オール電化用の分電盤です。

分電盤
パワコン

2月22日【5】

これは太陽光パネルで作った直流の電気を、家庭で使える交流の電気に変換する機械です。

2月22日【4】

太陽光パネルを設置したオール電化住宅です。

太陽光パネル
太陽光・24時間換気

2月22日【3】

24時間換気ルフロの排気口。横に設置してあるのは太陽光パネルの接続箱です。パネルとパワコンを繋ぐ機械なんです。

2月22日【2】

コロナ製エコキュートです。家族数が多いので460Lタイプを設置しました。

エコキュート
外観

2月22日【1】

あきる野市K様邸完成です。外壁はケイミュー:マレストーン ルッソアクアイエロー テンポアクアブラウンの2色で貼り分けしました。

2016.2.4更新

2月4日【10】

器具付け期間は照明などのほかにコンセントやスイッチも取り付けられます。写真は4口コンセントとTV線・TEL用配管です。

コンセント
断熱材

2月4日【9】

洋室には照明器具もつきました。

2月4日【8】

トイレの設置が終わりました。器具が付くとまた雰囲気が変わりますね。

トイレ
アンテナ工事

2月4日【7】

電気屋さんがアンテナの固定をしつつ電波状況も確認しています。

2月4日【6】

アンテナ工事の様子です。

アンテナ工事
二重断熱

2月4日【5】

天井を見てください。斜めになっている部分が【母屋下がり】です。間取りなどによって変わります。

2月4日【4】

洋室内は全て施工が終わっています。ホールと階段を進めるところですね。

建具
洋室

2月4日【3】

1面だけアクセントクロスが入っています。キャラクターデザインで可愛いです。

2月4日【2】

トイレの内部です。クロス施工が終りこれから器具付けです。

トイレ
クロス下地

2月4日【1】

クロス施工が階段へ進みました。

2016.1.28更新

1月28日【3】

コーナーの出隅やボードの継ぎ目・ビス穴など凹凸がある場所には下地材を取付その上にパテを塗り平にしていきます。

クロス下地
クロス下地

1月28日【2】

クロスを貼る前に下地処理をします。

1月28日【1】

足場が解体されて外観が見えるようになりました。外回りの作業は終わりましたので、内部での仕上げに入ります。

外観
2016.1.23更新
ダクト

1月23日【4】

じゃ〜ん!24時間換気用のダクトです。このように壁の中に納めるのです。図面の中のDS記号の場所がこのようになります。

1月23日【3】

小屋裏用の階段はユニットになっています。細かな調整や設置用の枠などは大工さんが施工します。

小屋裏収納
内部

1月23日【2】

2階のトイレの天井ができました。裏に太陽光用のCD管を通す為に少し空間を造りました。

1月23日【1】

2階への階段施工中です。やっぱり階段ができると違いますね。

階段
2016.1.19更新
洋室

1月19日【9】

母屋下がり部分の石膏ボードを貼り始めました。

1月19日【8】

小屋裏収納への階段が取り付けられました。

階段

1月19日【7】

2階トイレの腰壁を施工中です。

1月19日【6】

これが24時間換気ルフロ本体です。洗面脱衣室の天井に設置します。

ルフロ本体
配管

1月19日【5】

ありとあらゆる配管配線が天井裏と壁にめぐっています。

1月19日【4】

このダクトの数は建物の規模や部屋数などで変わります。

ルフロダクト
ルフロダクト

1月19日【3】

24時間換気用のダクトです。

1月19日【2】

レンジフードがついています。スイッチやコンセント、照明器具用の電気配線がされています。

電気配線
外観

1月19日【1】

軒天の塗装が終わりました。外壁の目地にもシーリング材が充填されています。

2015.12.21更新

12月21日【7】

バルコニーまでサイディング施工がすすみました。このあとも外回りの仕上げが続きます。

スリーブ

12月21日【6】

ここはキッチンが取り付けられる場所です。レンジフード用のスリーブが開けられています。

12月21日【5】

天井組と建具用の下がり壁など下地施工が進んでいます。この後電気屋さんが配線をしていきます。

内部
内部

12月21日【4】

配管用の腰壁が造られている途中です。壁には太陽光のCD管も通っていますね。

12月21日【3】

小屋裏収納の外壁面に断熱材が入れられました。広いですよね。収納力は高いです。

小屋裏収納
外観

12月21日【2】

バルコニー以外はほぼ完了ですね。目地はこのあと防水業者さんがシール材を充填していきます。

12月21日【1】

サイディング施工が進んでいます。

外観
2015.12.7更新
上棟

12月7日【10】

ここは小屋裏収納になる場所です。

12月7日【9】

バルコニーもFRP防水処理がされているのでもう安心です。クリーニングが終わったら最後にトップコートを塗ります。

土台
土台

12月7日【8】

あおり止め金具が見えています。

12月7日【7】

梁にある溝は間柱が入る箇所ですよ。

土台
土台

12月7日【6】

サッシから明るい日差が入ります。仮筋交いが見えていますね。

12月7日【5】

TKパネルに貼ってあるシールは4.1倍の証明です。

土台
土台

12月7日【4】

配管関係が通っていますね。太陽光用や排水管、給水に給湯管など

12月7日【3】

フードやエアコン用のスリーブ廻りもきっちり防水処理をしておきます。

基礎工事
基礎工事

12月7日【2】

透湿防水シートがはられいます。透湿防水シートとは、建物の外周に貼る防水シートの事を言います。 このシートの持つ、「室内に溜まった湿気を外部に排出しつつ、雨水は室内に通さない」という特徴を生かした工法を「外壁通気工法」っていいます。

12月7日【1】

防水工事が始まりました。

外観
2015.11.29更新
金物

11月29日【14】

構造を良く見ると様々な場所で色んな金物が使われているのがわかります。見る機会があればぜひ探してみて下さい。

11月29日【13】

床と柱、柱と筋交いを強固に繋ぐ金物たちです。金物にとめるビスの数まで決まっています。

金物
金物

11月29日【12】

柱とパネルを繋ぐコーナー金物です。外部検査のときに確認されます。

11月29日【11】

基礎が見えていますが、ここにはユニットバス(お風呂)が設置されます。なので配管も見えていますね。ピンクが湯水、青が給水、灰色が排水ですね。

UB
小屋裏

11月29日【10】

小屋裏収納です。天井高さは法律で定められているのでこれより低くなりますが、収納力は高いですよ。

11月29日【9】

縦すべり出し窓の型ガラス網入というサッシです。足場があるので開けませんが(汗)

サッシ
サッシ

11月29日【8】

無事上棟も完了しサッシの搬入、取り付けが進んでいきます。はき出し窓ですね、ガラスは透明。

11月29日【7】

TKパネルを設置しているところです。上から大工さんが下ろし下でもう一人の大工が固定していきます。タイミングと呼吸が大事。

上棟
上棟

11月29日【6】

2階用のパネルや屋根用の断熱材がクレーンで上がっていきます。

11月29日【5】

それと同時に別の大工さんがボルトを固定締めていきます。

上棟
上棟

11月29日【4】

三浦棟梁を筆頭に手際よく作業が進んでいきます。2階の床構造用合板を固定しているところです。

11月29日【3】

2階の柱、梁たち。

上棟
上棟

11月29日【2】

トラックに積んであるのはTKパネルです。全てオーダーで製作されていて工場から運ばれてきます。

11月29日【1】

いよいよ上棟です。とってもいいお天気でよかったです。

上棟
2015.11.17更新
土台敷き

11月17日【10】

全ての土台が固定されました。キレイな升目になっています。

11月17日【9】

鋼製束【YTB束】です。
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)優れものです。設置、微調整をした後コンクリート用ボンドで固定します。

土台敷き
土台敷き

11月17日【8】

床束です。

11月17日【7】

木材の配置は木に刻印がしてあり、決まっています。

土台敷き
土台敷き

11月17日【6】

金物をかぶせ機械で締めていきます。

11月17日【5】

基礎から出ているボルトの上に土台を置いて。

土台敷き
土台敷き

11月17日【4】

土台の木材を固定して四角の中心に見えているのが台座です。

11月17日【3】

基礎の上に気密を保つ天端リストとPロック用台座を取り付けます。。

土台敷き
土台敷き

11月17日【2】

これから土台敷きの作業に入ります。

11月17日【1】

立上り部分も固まり型枠が外されました。

土台敷き
2015.11.7更新
基礎工事

11月7日【17】

どんどん流れ込まれるコンクリートにバイブレーターをあて余分な空気を抜いていきます。

11月7日【16】

準備が完了し、立上り部分の打設をおこないます。

基礎工事
基礎工事

11月7日【15】

基礎と土台を繋ぐ『アンカー』を設置します。アンカーの位置は図面に記載されているんですよ。

11月7日【14】

型枠はコンクリートの圧力で膨れてしまわないよう上下とめ金具を使用します。

基礎工事
基礎工事

11月7日【13】

平場のコンクリートが固まると立ち上がり部分の型枠を組んでいきます。

11月7日【12】

平場のコンクリート打設完了です。

基礎工事
基礎工事

11月7日【11】

待機していたコンクリート圧送車が流し入れてゆきます。

11月7日【10】

検査結果は合格です。

基礎工事
基礎工事

11月7日【9】

写真は『キソ止水プレート』です。専用のクリップで固定されていますね。何の為なのか?外周部に取り付けをして、基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぎます。

11月7日【8】

配筋が図面どおり長さや間隔など正しく施工されているか専門の検査員さんによる検査を受けます。

基礎工事
基礎工事

11月7日【7】

コンクリートを打設する前に設備配管をしておきます。

11月7日【6】

もちろん鎮物もしっかり納めさせていただいています。

基礎工事
基礎工事

11月7日【5】

基礎の配筋施工が終わりました。

11月7日【4】

基礎部分に砕石をし転圧機を使い振動で固めていきます。

基礎工事
基礎工事

11月7日【3】

そして重機を使い図面のレベルまで外周部を掘削していきます。

11月7日【2】

着工とは『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていくことです。『遣り方』という人もいますね。

基礎工事
基礎工事

11月7日【1】

地盤調査の結果は問題無しでした。よかったですね、そしていよいよ着工です。

2015.10.26更新

10月26日【10】

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が
多くなるそうです。気になる結果は後日会社へ速報として送られてきます。

地盤調査
地盤調査

10月26日【9】

調査方法は長い棒が何もしない状態でどれくらい沈んでいくかを確認し、次に重さの違う重りを順番に乗せていきます。写真は最終の重りの様子です。

10月26日【8】

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地盤調査
地盤調査

10月26日【7】

調査会社を行う会社が図面を確認して、調査ポイントにA/B/C・・・と名前をつけていきます。

10月26日【6】

試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。人が2人1組となって行う方法と機械で行う方法があります。今回は機械式です。

地盤調査
地盤調査

10月26日【5】

地盤調査が行われました。

10月26日【4】

もう少しで作業は完了です。

解体工事
解体工事

10月26日【3】

重機をメインにどんどん解体されていきます。

10月26日【2】

足場を組み、周りには防塵・防音シートをはって作業します。

解体工事
解体工事

10月26日【1】

あきる野市K様邸リポート開始です。建替えのお客様で、解体工事から始まります。

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30