社長ブログ | TKプランニング

月曜日は、朝7時スタートです
月曜日、

朝7時から工程会議。

その名の通り、
現場の工程確認、
大工さんたちの予定、
お客様との約束等の報告。

全員で確認しあってます。

『家造り』の役割を分けると、

営業

設計

積算

工事(現場)

ウチにも、それぞれの
担当者がいます。

その中でも、
現場って1番重要だと
思ってるんです、私は。

ですから、
週1回の工程会議は
全員でやった方がいいかなと、

「月曜日は、全員7時出社!」

ってことにしてます。


女性陣は大変かと思いますが、、、

男には必要のない準備時間が
掛かるとのとこですので。

でも、大工さんたちから、
「素材がいいから簡単だろ!」って

ハハハ、、、
おっと、笑うとこじゃない。

おっしゃる通り。
素材Goodです。

さあ、
今週の予定は、
どうなってますかね。

司会は、
現場監督の松本です。
「TKプランニング」って名前が
家を雨風から守るのは?

「屋根」
1番先に思い浮かびます。

「外壁」
これも屋根と同じく大事なところ。


その「外壁」について。

今、主流となっている材料は、
『サイディング』ですね。

でも、サイディングだけじゃ
防水の機能は不十分です。

サイディングとの組み合わせ、
と言いますか、サイディングの
施工に絶対必要なものがあります。

1つは、『シーリング』といって
サイディングの継手やサッシとの
取り合いなどの隙間を埋める
防水材のこと。
触ると柔らかいゴムのようなもの。

もう1つは、『透湿防水シート』です。
これは、サイディングを張る前に、
サイディングの裏側に張るものです。

DSCF1212.JPG

「TKプランニング」って書かれている
白い紙が、透湿防水シートです。

すいません、「紙」じゃありません。
立派な防水シートです。

もし、
サイディングの裏に雨が入っても
この「透湿防水シート」が2層目の
防水の役割を果たしてるれるんです。

壁の中に雨水が侵入しないように
がっちりとガードしてくれます。

ですから、
現場もここまで進めば、外壁の
1層目の防水が出来上がったと
いうことで、雨が降っても安心です。

ここまでの工事をどれだけ効率よく
早く進めるかに神経使ってるんです。

ウチの場合、
『TKパネル』のおかげで、
普通の木造在来工法より
10日程早く進めることが
できるんですよ。
昨日のスケジュールは、
まずは、地盤調査の立ち会いから。

DSCF1177.JPG

12月に着工するK様邸です。

建物の4隅と中央の5ポイントで
地盤の固さを調査します。

地盤の強度って、
見た目じゃわかりませんから。



次に、
基礎工事が完了したA様邸。

DSCF1189.JPG

コンクリートが設計図通りの
寸法で仕上がっているかを
確認します。

DSCF1196.JPG

完了後の全景写真も撮ります。
綺麗に仕上がってました。


続いて、
基礎工事、施工中のY様邸へ。

DSCF1200.JPG

型枠工事とアンカーボルトの検査です。

DSCF1201.JPG

型枠の取り付けが設計図通りに
出来てるか?

アンカーボルトの位置と本数に
間違いがないか?


コンクリートの工事って
そう簡単にやり直しが
できないので、ココが重要。

『現場は信用するな!』
これ、鉄則ですから。
自分の目で確かめろ、
っていうことです。

もちろん、各職方さんたち
のことは信頼はしてますよ。

自分の目で確認することが
自分に対して責任を負うこと
につながるんです。
『信用するな!』というのは
そういうこと。


若い頃、
先輩から教えられました。

今の人たちには、、、、、
どうなんでしょう?

「関わらない方がいい」
「余計なことに首を突っ込むな」

そんなことありませんよね。


昨日の私の1日でした。
俺、大工じゃないんだよ・・・・実は、
進み具合の確認、
職人さんとの打ち合わせ、
掃除、片付け、
などなど、

現場ではいろんなことを
やることになります。

忙しい時には、
自ら作業もやりますし、
誰がどこから見ても、
とても「社長」には、
見えないでしょうね。

そこを楽しんだりもして。


初めての職人さんなんか、
私に向かって、
「大工さん、このベニヤ
借りてもいいですか?」

「おっ、いいよー」
なんて答えたりしてます。

心の中では、
「俺は、大工じゃないよ・・・・」


作業服着て、
丸ノコをガンガン使ってたら、、、

そんな社長っていませんよね。


まあ、
それくらい現場って面白いんです。

1つずつ、工程が進んでいくのを
直接見ることができる、
直接携われるなんて、
最高じゃないですか。


「いい家」が欲しい、
と、真剣に思ってる人は
絶対に現場を見るべきです。

工事途中の現場を。
そこに、建ててる会社の
『本当の顔』が見えるから。

パッと見た、第一印象で
いいんです。

必ず、何かを感じるはずですから。

ウチは、
飛び込み歓迎!
いつでもどうそ、
ご案内しますよ。
検査の前に、やることは
奥様の父は、大工さん。

もう現役引退してますが、
元宮大工。

建築場所は、その父の家の隣。

これは、プレッシャーですぞ。
顔と言葉は穏やかな、お父さんですが
現場を見る目は、厳しく鋭いこと
間違いなし。

DSCF1109.JPG

先月末に、基礎工事が着工した
Y様邸です。


鉄筋工事が終わり、
今日、配筋検査です。

その前に、
自主検査、
スリーブの取り付け、
止水プレートの取り付け、
そして清掃。

これが、私のお役目。

毎回、同じことをやってます。
その、同じことを当たり前にできるか。
そこがポイントなんです。
同じことの繰り返し、繰り返し。
こんなに変身するんです!
全く違う部屋にリニューアル。

DSCF0849.JPG



改装前はこんな感じ。
DSCF1151.JPG


DSCF1147.JPG

これがリフォームの面白さ。

綺麗になるだけじゃなく、
使い勝手も機能的に、
そこだけ、別空間のよう。

特に、水廻りは
毎日使う場所ですから
リフォームの要望が多いところ。

壊してみないとわからない
ところがあるドキドキ感も
リフォームならではのこと。
それも1つの楽しみ??


新築もいいけど、
リフォームも、
お任せあれ!
我慢したくない人、教えますよ!
足元から冷える。
これ、こたえますね〜
これから訪れる冬、
我慢の季節がやってきます。


木造住宅の場合、
床の表面温度は、
1階と2階では大きく
差があります。

1階の方が温度は低い、
というのはおわかりでしょう。

1階の床下は、外気が入り
換気を行う造りになってるので
床が冷えるのは仕方ない。

いやいや、
そうならない造り方をすれば
1階でも、2階と変わらない温度に
なるはずですよね。

そう、
そういう造り方、あるんです。
ですから、ウチは
1階でも冷たくならない床を
造ってます。

基本的な考え方は、
1階の床下は、「家の外」なのか
「家の中」なのか?
そこなんです。

2階の床下は「家の外」ですか、
「家の中」ですか?

2階の床下は、1階の天井裏です。
ということは、「家の中」ですね。
だから、床が冷えることはない。

だったら、
1階の床下も「家の中」にすれば
いいんじゃないでしょうか。

今のスタンダードは、
1階の床下は外気を取り入れる
「換気工法」が主流となってます。
「キソパッキン」を基礎と土台の
間に入れて、その隙間から外気を
入れてます。

冬の冷たい空気が床下を通るわけ
ですから、床が冷たくなるのは当然。

それなのに、換気をする理由は、
床下の湿気を抑えること、です。
土台や大引、柱が湿気で劣化
しないように換気をするのです。

「湿気を抑える」
うーん、
冬の乾燥している時期でしたら
わかりますが、梅雨時期、夏場の
ジメジメした湿度の高い時は、
どうなんでしょう?

湿気を抑えるとは、逆に、
「湿気を呼び込んでいるのでは?」
でも、1年12ヶ月のうち、
たったの3ヶ月程度のこと。
問題ないでしょ。

うーん、
なかなか難しいところ。
「換気工法」
決して間違った方法では
ありませんから、
冬の寒い時期は、1階の床が
冷たくなるのは我慢しましょうか。

「我慢せずに、冬でも快適に過ごしたい」
私自身、ずーっとそう思ってました。

ので、
考えました。
調べました。
聞きました。
確かめました。


なんとか、ようやく
たどり着きました。
6年前に。

冬でも冷えない1階の床。
1年中、湿度が一定の床下。
いいと思いませんか?
これが、
ウチのスタンダードです。
どんな造り方をしてるのか、
知りたい方は、連絡ください。
同業者の方もOKですよ。

我慢せず、気持ちよく1年中
暮らしたいからね。
煙が噴き出す「木」とは?
『ULIN』

「ウリン」と読みます。

インドネシア、マレーシア原産の
常緑広葉樹です。
1996年までは輸入禁止でしたので、
まだまだ馴染みは薄いかと思います。

耐久性と強度が抜群で、
別名「アイアンウッド(鉄の木)」
とも呼ばれてます。

水中でも50年以上の耐久力。
水に沈む木なんです。


実際に手にするとわかりますが、
とにかく重くて硬い。

率直な感想は、
「これは木じゃない!」ですね。

そんな「ウリン」
どこに使うのに適してるのか?

お薦めは、
ウッドデッキです。

水の中でも腐らない木ですから、
屋外に使うのに最適です。
もちろん、塗装などのメンテナンス不要。
ほったらかしでOKです。

ただ、
難点は、、、、「施工性」
ホント硬いんです。
普通のビスではムリ。
硬すぎて入っていきません。
ムリするとビスが折れる始末。
施工の手間は、他の木材の
2倍以上かかりますね。

先に錐で穴をあけてから、
そうしないとビスが入りません。

その穴あけの時、
ウリンから煙が噴き出すんです。
穴あけしてて、木から煙が出る
なんて、ウリン以外にはないでしょう。

切るのも大変。
ビス止めも切るのも手ではムリ。
電動工具が必需品です。

正に、「鉄」ですね。


あと1つ、
問題は、コストでしょう。
正直、安くはありません、

が、
使い続ける期間のメンテナンスを
含めて考えれば、逆にローコスト
なのかなと思います。


ウチのお客様、
ほとんどの方が
「ウリンのウッドデッキ」ですよ。


コンクリート打設 準備OK!
只今、基礎工事中。

日高市のA様邸は、
鉄筋の組立完了です。

DSCF1057.JPG

今日、第三者機関の
検査を行います。

検査項目は、
鉄筋の太さ、間隔、継手、など。
まあ、簡単な検査です。

ウチの場合、
自主検査の方が何倍も厳しい、
って変な話ですが。

ですから、
いつも、検査は問題なし。



DSCF1062.JPG
鎮物も入れたし、

DSCF1067.JPG
止水プレートも取付完了。
これ、検査対象外ですが、
ベタ基礎の場合、絶対やっとくべき!


コンクリート打設OKです!
ウチの大工たち。。。。その2
昨日の続き、行きましょう。

羽村市のK様邸を
担当してるのは、『三浦大工』

IMGP6198.JPG

こちらのお宅は、
とにかく、こだわり満載。

泉谷しげる似の三浦大工も
悪戦苦闘の毎日のようです。

でも、お任せください。
ウチで1番の古株、
TKの家造りはバッチリ
体と頭に染み込んでますから。

そして、
『小林大工』
青梅市の3階建て、
Y様邸を担当してます。

IMGP6289.JPG

小林の特技は「独り言」

いつも何かつぶやいてます。
ずーーーーーーーーーっと

あと、
「こだわり」が人一倍強いですね。
自分が納得するまで、
やらないと気が済まないタイプ。


まあ、
4人それぞれに、
個性派揃いです。


以上
「ウチの大工たち」でした。
ウチの大工たち。。。。その1
たまには、
社員大工に登場してもらいましょうか。

まずは、
『藤野大工』から

IMGP6370.JPG

青梅市のT様邸を担当してます。

壁の石膏ボードを施工中のようです。
クロスの下地ですが、きっちり隙間なく
丁寧に張ってますよ、いつも。


1階では、
『森本大工』がフローリングを張ってます。
無垢材ですから、手間はいつもの3倍以上。
なかなか難しいんですよ。

IMGP6376.JPG

森本は、
福生市のM様邸を担当してますが、
今だけ、藤野大工の応援に来てます。

まだ26歳の若さ。
藤野の下で、3年間みっちりを
教え込まれ、一人前になりました。

よく頑張った!

「やる気」と「観察力」
それに、「素直」
これらが、優れてます。



つい先日、
施工中の、ある建売現場を覗いてきました。

「いや〜、ひどい!
下手くそ!」

大工さんの仕事です。
クロスを張る前の状態でしたから、
大工の仕事ぶりがよ〜く見えました。

噂には聞いてたけど、
あれほど下手でひどいとは、、、
想像以上でした。

あれじゃ、
クロス屋さん、泣きますよー
下地の良し悪しで決まりますから。
クロスの仕上がりなんて。


ウチの大工さんたち、
どう間違えても、あんな仕事
絶対にありえません。

仕上げだけじゃなく、
下地だって、きっちり
納めてますから。
今年は、810万円まで
前にも書きましたが、
『贈与税』について。

贈与税の税率って高いんですよ。

最高税率は、現行で50%
半分が税金となります。

非課税額は、年間110万円まで。
それ以上ですと、
10%から税金がかかってきます。

ただし、
住宅取得資金に使う場合は、
特例措置があります。

20歳以上の人で、親・祖父母から
新築またはリフォーム資金の贈与を
受けた場合、非課税額が拡大されます。

今年は、
700万円 プラス 基礎控除の110万円
合計 810万円までは、非課税です。
ちなみに、来年は610万円に下がるみたい。
対象住宅の要件はありますが。


贈与って、親子間だけじゃなく
夫婦の間でも適用されますので
ご注意ください。
増税前、それとも増税後?
3連休の最終日。

昨日も混んでましたね、高速は。

八王子のお客様のところへ
行ってきましたが、中央道は、
上野原まで渋滞20kmの表示。

外装のリフォーム工事の商談です。

リフォームをお考えの方、
「増税前に、」

そうですね、
少しでも安い方が嬉しいですから。

でも、
あまり気にしなくても、
と思うんです。

って、
私がこんなこと言ったら
おかしいですか?

100万円の工事代金で、
消費税が5%ですと、5万円
8%になると、8万円

その差、
3万円でしょ。

「その差額、
何とかしましょ!」
って、応援できなくもない、
かなと思うんです。

新築のように、
工事金額が大きくなると
難しい話かもしれませんが。

増税前の駆け込みと、
増税後の反動。
このギャップがどれくらいなのか。
そこんとこが、チョッと心配です。


ということで、
リフォーム工事については、
あまり、消費税の事、気にせず
慌てず、じっくりと考えるのが1番。

飛び込み営業に
飛びつかないよう
ご注意を。
初めて使う断熱材
初めての経験。

たくさん出てますね、
断熱材の種類、工法が。

昨日、
『アイシネン』という断熱、
初めて施工しました。
DSCF1021.JPG


DSCF1023.JPG

工法は、吹付けタイプ。
驚くくらい、膨らむんです。
サーッと吹いたら、
見る見るうちに、柱の外まで
膨れ上がってきて、思わず、
「おー!」

この『アイシネン』
固まらないらしい。
ずーっとフワフワしたまま、
なんだそうです。

ですから、
施工後は、絶対に手を触れたり
物を押し付けたりしちゃいけない
との、注意事項がありまして。


現場の大工と、

「早く壁を張るべ!」

「んだ、んだ。スグ張るべ」


壁を張る前に、
チョッと触ってみようかな・・・
『見習い大工』 募集中です!
大工の仕事。

本当にたくさんあります。
家を完成させるまでに
やらなくちゃいけない仕事、
山ほどあります。

業種の数は20以上もありますが、
その中心にいるのが、「大工」です。

基礎屋さん
ヤネ屋さん
防水屋さん
サッシ屋さん
タイル屋さん
左官屋さん
塗装屋さん
電気屋さん
水道屋さん

みんなに共通してるの
何かわかりますか?

みんな、
「屋」がつくんです。

「屋」がつかないのは、
大工だけ。

大工屋さん、なんて呼ばないでしょ。

「屋」が付く業種は、
全て、大工の後についてくる人。

大工が、屋根の野地板を張って、
はじめて仕事になるのが「ヤネ屋さん」

大工が、バルコニーの下地を造って、
はじめて仕事になるのが「防水屋さん」

だから、主役なんです。
中心に位置してるんです、大工は。

見習いから始めて、一人前になるまで
1番時間がかかるのは「大工」です。
大変なことだと思いますが、
それだけ、「やりがい」があるものです。
家を完成させるなんてスゴイことです。
それも、自分の腕一本で。
格好いいじゃないですか!

その「大工」の仕事も昔に比べたら
随分、簡単になったと思いますよ。

構造材は、工場で機械加工する「プレカット」
内装材は、メーカーの既製品が主流。
現場で、ノミやカンナを使って加工することは
ほとんど、いや全くといっていいくらいです。

親方の元で、素直に一生懸命、
勉強すれば、2年か3年で大方
覚えることができるでしょう。

今、
大工の高齢化と不足が叫ばれてます。
この先、10年
このままだと、どうなってしまうでしょう。
若い人の成り手が少ないんです。

日本伝統の「在来工法」は、
やっぱり日本の棟梁に建ててもらいたい。
私は、そう思ってます。

10代、20代の若者よ、
どうですか、
「木造在来工法の大工」を
目指しませんか。

TKプランニングは、
『見習い大工』を募集してます!
確率は、20%くらいでしょうか
週末は、あいにくの天気でしたが、
そんな中、『家造り発表会』にお越し
いただいた方々には、お礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

来月も開催を予定してますので、
どうぞ、よろしくお願いします。



またまた、新規着工です。
場所は、
埼玉県日高市。
A様邸です。

DSCF0945.JPG

『表層改良工事』をやりました。
地盤調査結果が、あまり
よろしくなかったもので。

地盤面から深さ1.5mまで、
固い地盤に改良しました。

この上に、
いつも通りの鉄筋を配置して、
コンクリートを流し込みます。

できれば、
こういった工事は無いに
こしたことはありませんが・・・

でも、
これで安心して住んでもらえます。
建物の荷重にしっかり耐える
強固な地盤ができましたから。


お客様からよく聞かれます。

「補強工事が必要と判定されるのは
どれくらいの確率なんですか?」

難しい質問ですが、
ウチに限っての場合、
そうですね〜

20%

これくらいですかね。
10件中 2件、、、くらいかな。
コレ、何でしょうか?
福生市で建替え建築中のM様邸。

給排水の配管工事が完了です。

そこで発見。

おやおや、見慣れないモノが。
DSCF0974.JPG

何だかわかりますか?

塩ビ管の上に付いてる白い物。

これ、
『通気弁』といいます。

その役割は?
排水管の中が真空状態に
ならないように空気を出し入れ
するんです。

真空になると水の流れが
止まってしまいますから。

2階の排水管には必ず
取り付けるようにしてます。


もう1つ、
こちらは何でしょう?
DSCF0969.JPG

おわかりですよね。
これは、以前このブログで
説明してますからね。

そうです。
『ヘッダー』です。

キッチンや浴室などへ
給水管を分岐するモノ。

下から1本入ってきて、
右へ1本、
左へ4本出てるの
わかりますか。

ブルー色は「水」
オレンジ色は「お湯」

M様邸は、2世帯住宅なので
給排水の配管も多くなってます。


この配管工事が終われば、
天井の下地組に入ります。

こうして、
1つ1つ進んでいくのを
見るのも楽しみの1つ。
「注文住宅」ならでは!
制震テープ
初めて採用しました。

『制震テープ』

建物の外周部、
土台・柱・梁に
貼るテープです。

その上に、
耐力壁を張り付けて
地震に対する抵抗を
発揮させるんです。

耐力壁とての壁倍率が
UPするわけじゃないんですが、
実際に地震が起きた後の
耐力低下を抑える効果が
あるそうなんです。

いわゆる、
「耐震」と「制震」をミックス
させた耐力壁、ってことです。


いろんなモノが出てるんですね。
この『制震テープ』は、お客様
からの要望がありまして、今回
使うことになりました。

一見、
普通の両面テープみたいなもの。
でも、様々な実験により、その
効果は実証されているとのこと。

しっかり働いてくれるでしょう。
家造り、第1幕から第2幕へ
日の出町で新築してたK様邸。

昨日、お客様の立ち会い検査
を行いました。

地鎮祭の日のことを
思い出しました。

ものすごく楽しみに、
ものすごく期待をされて。

石岡、清水と
「頑張ろうな!」って
話したものです。

その家が完成しての
「立ち会い検査」

ご本人とお母様が
現場に来られて、
1つ1つ、じっくりと確認。
我々も一緒に回って確認。


すごい重い話みたいでしょ。
いや〜
実に楽しい「立ち会い検査」でしたよ。

家造りの、第1幕。
楽しく笑顔で終わることが
できました。

さあ、
入居されてからの、第2幕。
始まるんですね。
終わりのない第2幕。
これからも続く家造り。
ワクワクです。

「快適な住み心地」
「アフターフォロー」
絶対の自信があります。

ウッドデッキは、この木がお薦め

ウチで作るウッドデッキといえば、

「ウリン」

インドネシアの木です。

 

この木にこだわる理由は、

何といっても、耐久性が

バツグンなところです。

 

ほったらかしでも、

50年は、もつそうなんです。

塗装しなくても、ですよ。

 

楽でしょ!

1年に1回の塗装も

実は、なかなかできないもの。

「ほったらかし」が1番。

 

ただ、

大変なことが。

それは、施工性です。

とにかく固くて重い。

切ったり穴を開けたりが

普通の木の何倍もかかって。

 

ウチの大工さんたち、

ウリンのこと、

「鉄」って呼んでます。

「ありゃ、木じゃねーよ!」

 

とは言っても、

そこは、棟梁の匠の腕と技で

見事に料理しちゃうんです。

 

毎日、

雨風にさらされるウッドデッキ。

丈夫が1番です。

 

 

PS

申し訳ありませんが、

明日、24日から27日まで

ブログは休ませていただきます。

ゴメン!

10年目は「外廻りのメンテナンス」時期です

家のメンテナンス。

大切なマイホームを

長持ちさせるためには

欠かせないのが『メンテナンス』

 

新築から10年目にお薦めしてるのが、

外装のメンテナンスです。

 

屋根

外壁

シーリング

バルコニーの防水

 

外回りですから、

生活してる中では

あまり必要性を感じないかも

しれませんが、是非、是非、

やっておきたいメンテナンスです。

 

というのも、

雨風から家を守る防水性能は

残念ながら経年劣化を起こします。

年々、防水性は低下します。

 

家の中に症状が現れてからでは、

修復工事も大掛かりになります。

ですから、

そうなる前のメンテナンスが大事。

 

10年目

これが1つの目安。

メンテナンスを行えば、新築当時の

防水性能と美観が戻ります。

 

大切な家に長く元気に

頑張ってもらうためにも

外廻りのメンテナンス、

お薦めします。

耐力壁とホールダウンの関係

基礎直結のアンカーボルトです。

 

DSCF0836.JPG

地震力による柱の引き抜きに

対して抵抗する構造金物を

固定するためのボルトです。

 

「柱の引き抜き?」

地震の力って、建物の横から

かかってきます。

横から大きな力がかかると

建物は変形します。

その力が建物の強度より

大きいと、建物は倒壊することも。

 

土台から柱が抜けて、壁が崩れる。

これが、「柱の引き抜き」です。

そんなイメージです。

 

柱が土台から引き抜かれないように

強固に緊結する金物のことを

『ホールダウン金物』と呼びます。

 

ホールダウン金物にも、

いろんな種類がありまして、

ウチが採用してるのは、

『Pロック』という呼び名です。

 

柱への引き抜きが大きくかかる

場所は、強い壁のところなんです。

地震に抵抗する壁を『耐力壁』といい、

その耐力壁には、強さを表す『壁倍率』

という数値が定められています。

 

壁倍率が高い数値の壁は、

地震に強い壁ということ。

耐力壁は、地震力を受けた時、

変形しないように抵抗します。

壁倍率が高いほど、その抵抗力も

高くなるんです。

 

そうなると、柱と土台の接合部にも

引き抜こうとする、大きな負荷が

加わるんですね。

ですから、接合部の構造も強くする

必要が出てきます。

 

まとめますと、

地震に強い壁には、

ホールダウン金物が必要なんですね。

 

ホールダウン金物がたくさん付いてる

建物は、地震に強い耐力壁になってる、

と、ご理解ください。

続きがあります。

いよいよ引渡し間近のO様邸。

 

先日、O様の立会い検査を

行いましたが、いつも「この日」

は、切ない思いになるんです。

 

「終わっちゃうんだ〜」みたいな。

 

でも、

『家造り』の第1ラウンドが終わるだけで、

次の、第2ラウンドの始まりなんですね。

続くんですよ。

 

完成した家に住んでいただいてから、

次の『家造り』がスタートする。

 

そんな風に考えてます。

この、第2ラウンドは長いんです。

住み続けてもらってる限り、続きます。

 

そんな『家造り』の1つかもしれません。

昨夜は、

OBのIさん、Kさんと3人で居酒屋へ。

偶然にも、ご近所さんになった3人。

集まって、食事+酒

 

クレームとか、家の話じゃないんです。

お客様と住宅屋じゃないんです。

いわゆる世間話、ってところ。

『家造り』が、きっかけで知り合った

「ファミリー」とでも言いましょうか。

 

嬉しいことです。

幸せだなあと思います。

 

こんな、第2ラウンドもいいかな、と。

リフォームの値段

こんな広告を見ました。

 

リフォームの値段には、

3パターンある。

 

A 自らが職人の個人経営

 

B 社員が職人の工務店

 

C 営業マンだけの会社

 

例えば、

工賃が、¥18,000-

材料費が、¥10,000-

経費が、¥2,000-

工事費の合計が、¥30,000-

だとします。

 

Aに依頼すれば、

そのままの金額で、¥30,000-

 

Bの場合、

会社ですから、利益を15%計上

しますので、工事費は、¥35,000-

 

Cですと、

工事は外注へ丸投げしますので、

Bの工事費¥35,000-に営業利益

を30〜40%上乗せしますので、

合計金額は、¥50,000〜¥58,000-

 

なるほど、

わかりやすい例えですね。

 

これって、

新築工事にも

当てはまるんじゃないでしょうか。

 

本人が大工さんの個人経営。

大工さんを社員で抱えている工務店。

営業マンだけで工事は丸投げのハウスメーカー

 

そんな感じでしょうか。

実際、

大手ハウスメーカーの見積金額って

工務店と比較すると、3〜4割高いと

聞きますから。

 

 

ただし、

工事費だけで依頼先を決めるのは

やめましょう。

金額だけじゃなく、

工事の品質、

誠実で確かな対応、

アフターメンテナンス、

などなど。

 

依頼先を決めるって

難しい、、、、ですかね。

お隣との境界のブロック

昨日、

工事中のお客様から、

境界のブロックの施工について

質問がありましたので、そのことに

ついて書かせてもらいます。

 

敷地の境界をブロックやフェンスで

仕切ることが一般的ですが。

 

では、では、

そのブロックを積む位置はどこ?

正しい位置は、どこなのか

おわかりになりますか。

 

仕切りに使うブロックの厚みは、

よく使われるのは、10センチ幅のもの。

 

自分の敷地内に積むのか、

 

それとも、相手側の敷地か、

 

またまた、お互いの敷地の

境界に半分ずつ積むのか?

 

どれが正しいと思いますか。

 

答えは、

どれでもOK、なんですよ。

 

ただ、

いずれにしても、

お隣の方と話し合い、

相談することが必要です。

 

よく見られるのは、

境界の中心に積むパターンです。

10センチのブロックが、

お互いの土地に5センチずつ

入ってる積み方が多いです。

 

その1番の理由は、

『工事費用』でしょうね。

 

中心に積む場合は、

工事費も折半、半分ずつ

負担し合うことになりますので、

経済面で助かります。

 

ただ、

問題が無い訳でもなく、

そこが難しいところなんです。

 

もし、

ブロックやフェンスを傷つけた場合です。

傷つけた側が、すんなり直してくれれば

何の問題もありませんが、

直してくれなかった場合、

「直すつもりは無い」って

言われてしまった場合。

 

壊してない自分が費用を

負担して直すのも納得いかず・・・

 

ということも有り得ます。

ので、

後々、いざこざが起きないためには、

どちらかの敷地内に施工するのが

いいかもしれませんね。

 

3件続きました

この夏は、浴室のリフォーム工事が

続きました、3件連続で。

ウチにしては珍しいこと。

 

毎週のように、土間のコンクリートを

やってましたね。

暑さがこたえた〜

 

3件とも共通してたのは、

土台が腐食してたこと。

タイル張りの浴室って、

タイル目地から湿気が

出てるんですね。

木材が湿気を含んだ状態で

長くいると腐食が進みます。

 

タイルの浴室からユニットバスへ。

みなさん、喜んでもらえました。

 

工程はこんな感じです。

1日目・・・既存の撤去工事

2日目・・・給排水の配管工事

3日目・・・床の土間コンクリート

4日目・・・養生で1日おきます

5日目・・・ユニットバスの組立

6日目・・・電気・給排水の接続

 

6日目の夜から、

新しい風呂に入れます。

 

ご存知でしたか?

ユニットバスって、部材が

バラバラに納入されて、

現場で1つ1つ組み立てるんですよ。

 

コンクリートの出来形

木造住宅の基礎工事で大事なのは、

設計図通りの仕上がり寸法が確保

されているかどうかです。

 

高さ、幅、などを記録しておきます。

「コンクリート出来形」

 

DSCF0663.JPG

耐圧盤からの高さ

 

DSCF0666.JPG

立上りの幅

 

DSCF0669.JPG

設計地盤面からの高さ

 

全ての現場で記録します。

 

もちろん、これだけでなく、

コンクリートの中に隠れてる

鉄筋も大事なところです。

 

基礎工事って、

写真で記録するところが

たくさんあるんですよ。

「時間」じゃないんだね〜

昨日は、土地の契約。

8月の『家造り発表会』に来て

いただいた方です。

 

「スピード決定」でしたが、

土地って、本当にタイミングと

「縁」なんだなーと、改めて

思いました。

 

高い買い物ですから、

「じっくり時間をかけて、」の

思いもわかりますが、土地って

じっくり時間をかければ、いい

巡り会いができるわけでもないんですね。

 

「じっくり、」というのは、

気持ちの部分でして、

その方が間違いがないだろう、

って安心できるような気がする。

そこんとこなんでしょうね。

 

知り合いの不動産屋さんから

聞いた話ですが、建売住宅を

購入する人って、以外と早く

決めるケースが多いそうなんです。

2000万円、3000万円する買い物を

1週間とか2週間で決断するんですって。

 

ということは、

単純に時間の問題だけじゃなく、

「気になる」

「迷ってしまう」

そんな、いい物件に出会えたから。

そういう面もあるんじゃないでしょうか。

 

私は、

土地を紹介する時、

それまで、数多くたくさんの物件を

探ります。

探しまくります。

20件、30件見ても、

「これだ!」ってモノがなければ

絶対に紹介しません。

できないんですね。

 

だって、

私は『住宅屋』です。

不動産屋さんじゃないので、

買ってもらったら終わり、

じゃないんですね。

 

その土地に、家を建てるのが本業。

それも、最高に気に入ってもらえる

最高の家を建てる使命があります。

 

そうなると、

なかなか「これだ!」ってモノは

見つからないのが正直なところ。

 

時間じゃないんですね。

「これだ!」を見つけるのに。

10年以上やってきた経験からの

率直な気持ちです。

 

『土地探し』

お任せください!

夏の工期は、余裕を持って

1年の中で、

天気によって、工事の

遅れが1番出るのは、

いつでしょうか?

 

そりゃ、梅雨の時でしょ!

 

って思うでしょ。

うーん、

それも間違いではありませんが、

実は、梅雨が明けた後、8月も

以外と影響が大きいんですよ。

 

突然の雨、

それも、どしゃ降りを通り越した

豪雨。

 

梅雨明けから、9月までは

こういう日が度々です。

ですから、

この時期の工事は、

工程より遅れることが多く

なりますので、工程には

余裕を持っておきたいですね。

 

もし、

予報が外れて、雨が降らなくても

それはそれで良しとして。

一か八かの掛けは、

できませんからね〜

 

DSCF0568.JPG

福生市のM様邸、

今日は、大丈夫です、、、、かね。

「返済比率」の計算方法

家を建てる方の多くが利用する

住宅ローン。

 

借りる金額が大きいから、

チョッとの金利の差でも

返済金額の違いも大きい。

 

今年に入って、

住宅ローンの商品、

頑張ってるね〜、って

感じるのが、「農協」

農協???って

 

青梅ですと、

「JA西東京」です。

 

金利が低いのは、

もちろんですが、

もっと有難いのは、

返済比率の計算方法。

 

「返済比率」というのは、

年収に対する年間返済額の

上限のこと。

一般的には、

年収が、400万円未満の場合

返済負担比率は、30%以内。

400万円以上ですと、

35%もしくは40%まで、

借りられます。

 

この返済金額の計算方法が

金融機関によって違うんです。

都市銀行は、

実際に借りる金利ではなく、

もっと高い金利で計算します。

4%前後で計算するところが

多いですね。

 

例えば、

3,000万円を35年間で借りる場合、

金利が1%ですと、年間返済額は、

約100万円になります。

これが、4%で計算すると、

約160万円、その差は60万円。

 

年収が390万円ですと、

1%計算なら、返済比率は25.6%

ですから、OK (30%以内)

なんですが、

4%計算だと、41.0%まで

上がるので、NG

となります。

 

JA西東京は、

返済比率の計算金利を

実際に借りる金利で計算

します。

都市銀行では、

返済比率がオーバーした人でも

JAでしたら、OKになる可能性も

あるんですね。

 

住宅ローンって

いろんなところで扱ってますので、

色々と調べて比較することが大事

ですね。

 

リフォームか、建替えか?

お盆、真っ最中

お陰様で、仕事

させてもらってます。

 

ウチは、毎年そうです。

夏休みは、交代制でして

会社は通常通りの営業。

 

現場の方も、

週明け早々、月曜日に

上棟を控えてまして、

その準備、段取りに。

 

その前に、

完成したM様邸の立会検査。

1月仕事始めの日に

相談に来られた方です。

 

最初は、『リフォーム』だったんです。

が、

希望を叶えるには、

大掛かりなリフォーム工事に

なりそう、ということで、

それなら、いっそのこと『建替え』

となったわけです。

 

『リフォーム』か『建替え』

築年数や工事の内容に

よっては、難しい選択です。

 

築年数による、1つの目安は、

新築した年が、

昭和56年より前か、後か?

この年に、建築基準法の

耐震基準が変わりましたので、

新耐震基準に適合してるかどうか?

 

56年以前の建物でしたら、

建替えがお薦めでしょうかね。

基礎のコンクリートに鉄筋が

入っていなくてもOKの時代。

 

無筋の基礎ですと、

いくら壁や柱を補強しても

耐震性の向上は得られません。

 

基礎から補強し直すとなると、

金額的にも、新築と変わらない

ことになりかねませんので、

それでしたら、

今の基準に適合した構造で

『建替え』がいいと思います。

 

リフォームで、行えるのは

あくまでも「補強」です。

100%を望むことは、チョッと・・・

 

リフォームか、建替えか?

お悩みの方には、

1つ、参考にしていただければ。

増税後の軽減措置は?

9月末までに契約すれば、

消費税は5%でOKですよ。

 

これは、

みなさん、ご存知かと思います。

 

では、

消費税増税後の軽減措置は?

2つあります。

1つは、

住宅ローン減税の最大控除額引き上げ。

200万円引き上げます。

が、

年収によっては、恩恵は『小』

例えば、

2,500万円を2%の金利で借りた場合、

年収400万円ですと、

合計控除額は、134万4000円

600万円の年収なら、

220万8100円控除されますので、

その差は、

約85万円

 

こうした不公平感をなくすために、

もう1つの軽減措置として、

設けられたのが、「すまい給付金」です。

 

前述の例でいうと、

年収600万円の人は受けられませんが、

400万円の人なら、30万円の給付金が

受けられます。

 

まだ、差は残りますが、

不公平感を小さくしましょう、

というのが、国が考えた政策。

 

2,500万円の3%は、

75万円

これが増税分、

大きいですね。

 

好評につき、またやります!

この2日間、

暑い中、

ご参加いただいた皆様

どうもありがとうございました。

 

OBさんたちも、

いつも励ましていただき、

本当にありがとうございます。

 

「いい家が欲しい」

そう真剣に考えている人との会話、

最高に嬉しいですね。

自然とトークもヒートアップ状態。

 

今回は、

『完成編』と『構造編』の

同時開催でしたが、

これって、イケルかなと

思いました。

 

両方を見学してくれた方が、

たくさんいらっしゃいまして、

今後の家造りの参考に

なりましたでしょうか?

 

夏の暑い時、

時期も良かったかなと。

完成現場で、

高気密・高断熱の快適さを

体感していただきまして、

構造現場で、

快適さの秘密を見てもらう。

 

「なるほど〜〜〜」

って、少しでも感じてもらえたら

嬉しいですね。

 

完成と構造の同時開催、

また、やりますよー!

「キソパッキン」でなければ、何?

久しぶりだな〜

「キソパッキン」を使った土台敷き。

 

DSCF9807.JPG

基礎コンクリートと土台の間に

パッキン材を挟んで、その隙間から

床下の換気・通気をとる工法です。

 

DSCF9826.JPG

床下で1番注意しなければならないのが

「湿気」です。

古い家ですと、基礎に四角い開口が

開いてますよね。

あそこから、床下の換気を行ってるんです。

 

ただ、あの工法ですと、

どうしても換気不足になってしまいます。

空気の出入りの量が足りません。

 

そこで、

換気不足を解消した工法が、

この『キソパッキング工法』なんです。

これでしたら、建物の全周、

どこからでも換気ができます。

隙間の高さは、2センチ。

 

今では、

この工法が1番多く採用されてます。

価格もお手頃だし、

工事も簡単ですから。

 

ただし、

ウチは違うんです。

今回は、

たまたま、お客様のご希望で

キソパッキンを使ってますが、

基本仕様は、違う工法を採用してます。

 

えっ、えっ、

「どんな工法か?」って。

明日、見に来てください。

 

青梅市今寺のT様邸まで。

構造の「家造り発表会」

やってますから。

床下、ご覧いただけますよ。

浴室リフォームの前に、

住宅のリフォームで多いのが、

「浴室の改修工事」です。

 

タイル張りの在来浴室から

ユニットバスへのリフォーム。

ユニットバスに変えた場合の

利点は、

1.湿気が漏れないこと

2.冬の寒さが和らぐこと

3.掃除が楽になること

ですかね。

 

タイル張りの場合、

常に水分や湿気が

床下や壁の中に漏れてます。

これって、

住んでる人にはわからないんです。

でも、

20年以上も経過するとこう。

DSCF9795.JPG

土台と柱の根元が腐食してます。

 

DSCF9797.JPG

ボロボロで、もう「木」じゃありません。

 

これって、

特別ひどい訳じゃなく、

大抵の家は、こんな状態に

なってます。

 

DSCF9798.JPG

このまま、リフォームを進めるのは

耐震上、とても危険ですから、

土台と、柱の根元を撤去して、

新しい材料と入れ替えます。

 

DSCF9806.JPG

新しい土台

柱の根元は「根継ぎ」

その柱の横に、添え柱。

 

新築から20年以上経過して

浴室リフォームを行う場合、

土台や柱の入れ替え費用も

予算に組み込んでおいた方が

よろしいですよ。

木造でも3階建てになると、

住宅を新築する時は、

「確認申請」という手続きを

行わなければなりません。

今は、役所だけでなく民間でも

申請手続きをやってます。

 

木造2階建ての住宅の場合は、

「構造計算」は不要。

何年か前にありましたよね。

「耐震偽装」の事件が。

あれ、ウソの構造計算書を作って、

騙してたという、あきれた話なんです。

 

木造でも、

3階建てになると構造計算の提出が

必要となります。

 

只今、

木造3階建ての住宅を建築中です。

3階建てになると、基礎の仕様も

変わるんです。

構造計算によって、

鉄筋の太さや、間隔などが。

 

DSCF0464.JPG

 

DSCF0443.JPG

青梅市のY様邸、

8月に入ったら、上棟の予定です。

こんな風にやってます

お約束通り、

今日は、太陽光発電工事の

様子をご紹介します。

 

DSCF1741.jpg

ウチの標準仕様の屋根は

『Y-15』というものです。

特徴は、

軽量である、

それと、耐久性が高い。

一般的なスレート屋根ですと、

新築から10年がメンテナンスですが、

Y-15は、その2倍の20年まで安心。

 

DSCF1744.jpg

Y-15を取り外して、

パネルを固定するためのボルトを留めます。

これは、

Y-15と下地との間に、

通気層を設けているため。

スレートのように密着させないのは、

下地の耐久性を考えてのことなんです。

 

DSCF1751.jpg

ボルトの取り付けが終わったら、

Y-15を元通りに戻します。

 

DSCF1750.jpg

次に、架台の取り付けです。

この上にパネルが取り付けられます。

 

DSCF1760.jpg

パネル設置の完了です。

233wのパネルが20枚載りました。

 

ちなみに、

ウチの屋根構造は

2重防水になってるんです。

だから100%安心!

 

ウチだけみたいですよ。

そんな、手のこんだこと

やってるのって。

載ってる屋根、増えましたね〜

太陽光発電を載せてる屋根、

随分増えましたね〜

 

魅力といえば、

自家発電はもちろんですが、

余剰電力(余った電気)を売れる、

っていうのも魅力です。

 

1枚当たりの発電量も大幅UP

しましたね。

我が家が太陽光発電を設置したのは

6年前のこと。

当時の発電量は、150w程度だったんです。

それが、今では230w以上!!!

ですから、

屋根面がそれほど大きくない家でも

十分な発電量を設置することが

できるようになりました。

 

ただ、

ご注意いただきたいのが、

工事による雨漏りのトラブル。

多いそうです。

雨風から家を守る大事な屋根に

穴を開けるわけですから、設置時の

防水処理が重要になります。

 

飛び込み訪問営業で見えた業者に

依頼する時は、その辺の保証内容、

それと、建築した住宅会社の保証

内容に変更が生じないかを確認

されることをお薦めします。

 

家の構造によっては、パネル設置に

特殊な工法が必要になることもあります。

工事のやり方なんて、

正直、一般の方々にはわからないもの。

信頼してお任せすることしかできません。

 

ちなみに、

ウチの屋根構造もすごーく特殊なんです。

パネル設置の難易度、高いですね。

ですから、

OBさんの太陽光発電工事は

ウチでやらせてもらってます。

「太陽光発電」も家造りの1つ。

 

明日、

工事の写真をご紹介します。

セットで考えることが大事

リフォーム工事

新築には無い面白さがあります。

古い木材を撤去して、

新しいキレイな木材に変身。

造ってるコチラもワクワクします。

DSCF0419.JPG

 

DSCF0437.JPG

昭和の時代に使われてた材料は、

正直言って、『?』

今は使えないでしょ、

こういう材料は。

ってモノが多いです。

 

この20年で進化したんですね。

耐震

断熱

阪神淡路大震災 以降、

劇的に変わりました。

 

ただ、

未だに、耐震と断熱を別々に

考えてる工法が主流なのは

残念なこと。

造り上げる目的の違いによって

起こることだと思うんです。

 

国が示した基準をクリアすることを

目的とした造り方。

もう1つは、

住む人の安全・快適性を求めた造り方。

 

圧倒的に多いのは、前者の考え。

ここも、

耐震・断熱をセットで考えるのと同じく、

国の基準と住む人の安全・快適性を

セットで考えて造らなければダメでしょう。

 

国の基準で馬鹿げてるな〜と

思ったのは、『トレードオフ制度』

今は、もうないんでしょうかね。

興味がないんでよくわかりませんが。

 

『トレードオフ』なんて、

全くナンセンスな制度。

机上の空論でしょ。

 

ある部位の断熱性能を基準以上に

すれば、他の部位の断熱性能は

レベルを落としてもOKですよ、

ってバカな話なんです。

 

家の断熱性能って、

1番弱い所で決まるもの。

トレードなんで、現実問題

有り得ないことです。

 

すいません、

止まらなくなりそうなので、

この辺でやめときます。

 

耐震と断熱をセットにした家造り。

スタンダードになるには、

まだまだ時間が掛かりそうです。

 

いいね〜 商売繁盛!

先日、ショールームが大盛況

という話をしましたが、どうやら

ショールームだけじゃないようです。

 

ウチの協力会社さんたちも

大忙しのようです。

会社によっては、

「忙しすぎて、仕事断ってます」

ってところも。

何とも羨ましい話。

 

ウチは、

新築工事はいつものペース。

今年は、リフォームの件数が

増えてますかね。

新築から10年目の外装メンテナンス、

太陽光発電の設置、

浴室・トイレなどの水廻り工事、

などなど。

 

OBさんからの依頼。

これは、何より嬉しいこと。

『家造り発表会』でも、

毎回、大勢のOBさんたちが

遊びに来てくれます。

これも、何より嬉しいこと。

 

前回の発表会なんて、

いきなり来た猛暑の2日間でしたが、

OBさんたちが来てくれました。

暑い中、

歩いて40分以上、

自転車で20分、

本当に有難うございました。

 

そういった声援が、

パワーの源になってます。

応援してくれる人がいるって

本当に幸せなことなんだと

思います。

 

だから、

頑張れるし、楽しめる。

今年もやるんです。

OBさんとのイベント。

 

9月8日

1年で、最高のテンションになる日。

今年も最高の思い出ができるでしょう。

 

ウチの家造り、って

こんな感じなんです。

必ず予約してから

週末のショールームは賑やかですね。

昨日、水廻りのリフォームを計画中の

お客様をショールームにご案内。

 

まずは、

パナソニックから。

システムバスと洗面化粧台、

それと、トイレカウンター。

6月の来場者数は、過去最高を

記録したそうです。

消費税増税前の駆け込み?

 

昨日も、大勢の方が来てました。

水廻りの商品って、実際に見て

触ってもらわないと恐いですね。

カタログだけで決めるのは危険。

 

「えー、イメージと違ってた」

ってことが起こりますから。

 

ですから、

ウチでは、必ずショールームへ

ご案内してます。

 

約2時間、

じっくりと見てもらい、

スタッフの丁寧な説明を受けて

無事、仕様が決まりました。

 

続いて、

トイレの確認ということで、

TOTOのショールームへ。

 

立川のモノレール通り、

いろんなメーカーのショールームが

立ち並んでますので、ハシゴするのに

とても便利です。

 

TOTOもパナソニック同様、

たくさんのお客様が見えてて

賑やかでした。

 

そうそう、

ショールーム見学の注意点を。

必ず、事前予約を入れましょう。

そうじゃないと、スタッフがついて

くれません。

ただ、見て周っても

実は、よくわからないものです。

商品の説明を受けながら見ないと

ホントのところ、よくわからないもの。

 

予約すれば、必ずスタッフがついて

くれて説明してくれますし、質問にも

答えてもらえます。

 

予約ナシの人には、

「声を掛けないで」オーラを発して

近寄りがたい雰囲気バリバリで

いますので、ご注意を。

地盤調査の結果によっては、

今は、着工前の地盤調査が

義務付けられています。

 

建物の重みに耐えられる

地盤かどうかを調べて、

その土地に適した基礎を

判定するのが、地盤調査。

 

問題ない固い地盤でしたら

布基礎やベタ基礎でOK、

なんですが、

地耐力が不足してた場合、

地盤の改良、または杭工事

となることもあります。

 

改良や杭打ちとなると

余計な出費になりますので、

できることなら避けたいところ。

 

DSCF0181.JPG

その場合の工事費の目安ですが、

40万円〜80万円くらいですかね。

建物の大きさによって変わりますので、

大きい家でしたら、100万円超も。

 

じゃ、

改良や杭打ちになる確率は?

確率って言い方はおかしいかも

しれませんが、ウチでの今までの

実績から言うと、そうですね〜

10〜20%くらいです。

10件中、1〜2件ってとこ。

 

家を建てられる方は、

地盤調査の結果による

費用も頭に入れておいた

方がよろしいと思います。

現金給付が決まりました!

住宅購入者への

現金給付が決まりました。

 

来年4月の消費税増税に伴う

住宅購入者の落ち込み対策

として、現金の給付が行われます。

 

まずは、

住宅ローン減税から。

2013年末で期限が切れる減税を

4年間延長して、2017年まで。

ローン残高の1%を10年間、所得税・

住民税から差し引く「税額控除」

減税額は、現行の年20万円から

年40万円に引き上げます。

 

ただ、

収入が低く所得税などの納付額が

少ない人は、この恩恵を受けられないので、

その差額分の一部を現金で穴埋めしようと

するのが『現金給付』なんです。

 

年収510万円以下の人に、

10万〜30万円の範囲で給付されます。

 

消費税8%の時

年収が、

425万円以下・・・・・・30万円

475万円以下・・・・・・20万円

510万円以下・・・・・・10万円

 

消費税10%の時

年収が、

450万円以下・・・・・・・50万円

525万円以下・・・・・・・40万円

600万円以下・・・・・・・30万円

675万円以下・・・・・・・20万円

775万円以下・・・・・・・10万円

 

住宅ローンを利用せず、現金で

買う方にも給付されます。

対象は、

50歳以上で、年収650万円以下の方。

 

 

ここに来て、

住宅購入の駆け込み需要が増えてます。

消費税増税だけにとらわれず、

じっくり慎重に行動されることを

お薦めします。

見事なまでの『欠陥住宅』

夕べ、テレビのニュースで

『欠陥住宅トラブル』をやってました。

 

見事なまでにヒドイ工事でした。

やらせじゃないの?

と思えるほど見事な欠陥工事。

工事もそうだし、

お客様とのやりとりも。

会話が録音されてまして、

業者、仕舞いには、

「じゃ、やめればいいじゃん!」

まるで、逆ギレ。

 

どうして、そんな会社に頼んじゃったの?

そう思ってしまうんですが、

難しいですよね。

「信頼できる依頼先を見つける」って。

 

大手のフランチャイズに加盟してたから。

見積金額が1番安かったから。

有名人を使ったコマーシャルをやってたから。

 

確かに、「不安要素」では、なさそうなこと。

「安心」できそうな感じ。

ですが、

実は、こんなことじゃ

何の「安心」には結びつかない、ってこと。

 

イメージや印象、って大事なことですが、

それだけじゃ本当に信頼できるかどうか

わからないんですよ。

 

今の時代、

悪質な訪問販売してるところほど、

営業マンのイメージや印象はスゴク

いいわけです。

「あー、清潔感があって誠実そう」

そういう人が訪問してます。

 

じゃ、

どうやって見分ければいいの?

 

信頼できる依頼先を見つけるのに、

『果報は寝て待て』

これは絶対にありえません。

 

偶然、向こうからいい話がやってくる。

なんてことは絶対に無い!

断言します。

 

大変なことかもしれませんが、

やはり大事なのは、

「汗をかくこと」

「足を使うこと」

それと

「たくさん話を聞くこと、

   聞いてもらうこと」

 

詳しく話すと、えらい長い話に

なっちゃいますので、

すいません。

ここではお伝えできません。

 

ただ、

1つだけ頭に入れといてください。

『家造り』って契約がゴールじゃないんです。

完成がゴールじゃないんです。

ゴールって見えない先にあるんです。

 

契約まで、完成までじゃなく、

住み始めてから、何年、何十年先を

イメージしてみてください。

そこに、

頼もうとしている相手が見えてますか?

本当に大事なのは、

住み始めてからなんです。

『遣り方』って? 『丁張り』って?

建築用語の勉強しましょうか。

 

『遣り方(やりかた)』

同じ意味で、

『丁張り(ちょうはり)』

とも言います。

何のことかわからないでしょ。

 

これ、

ある意味、

1番大事な作業かもしれません。

家造りの中で、最初にやる工事です。

建物の位置、高さ、水平、直角を出します。

 

DSCF0005.JPG

この遣り方に基づいて、

職人さんが作業を進めていくんです。

現場の設計図みたいなものです。

ですから、

逆に恐い面も・・・・・

 

そうなんです。

もし、遣り方が間違ってたら?

間違ったまま施工される可能性も

ありえるわけです。

 

責任重大でしょ。

だから元請けの現場責任者が行うべき。

必ず確認しなくてはいけませんよね。

 

『遣り方』

大事だってことは、

ご理解いただけましたか。

すいません、自慢話になっちゃって、

久しぶりに、

自慢の『TKパネル』を紹介します。

 

「もう何度も見たよ」などと

おっしゃらずに、また見てください。

 

日の出町のK様邸へ

スリーブの墨出しに行ったときの写真です。

せっかくなんで、撮ってきました。

 

DSCF9993.JPG

これは、外から見た写真です。

1階のパネルですね。

 

DSCF9994.JPG

見えますか?

『防腐・防蟻』の文字が。

パネルの耐久性を考えれば

当たり前のことですよね。

 

DSCF9997.JPG

釘の間隔を撮りました。

「CN50」という指定の釘を

10センチ以内に打ち込みます。

 

これで、

『壁倍率4.1』が完成です。

 

4.1倍ですよ!

普通の構造用合板ですと、

2.5倍か、3.0倍まで、ってとこ。

 

耐震性は、バツグンなんです。

震度7の振動実験で、実証済み。

だから、

安心して、お引渡しができます。

 

DSCF9990.JPG

これは、

中から撮った写真です。

 

美しいじゃないですか!

「白」が上品さを醸し出してるし。

 

何年付き合っても、

コイツには、惚れ惚れします。

あっという間の半年でした

国立市のN様邸が完成間近です。

 

DSCF9192.JPG

 

DSCF9169.JPG

 

こうしてエンディングを迎えると

色々と思い出すんですね。

懐かしく・・・・・

 

土地探しから始まった家造り。

その「土地探し」

苦労しましたね。

 

なかなか希望に見合った土地が

見つからなくて。

国立市内を希望してたN様に

「福生市にいい土地がありますけど」

なんて、的外れな話をしたことも

ありました。

 

そんなこんなでしたが、

しつこい性格のヘビ年生まれの私は、

あきらめずに探し続けた結果、こんな

Goodな土地に巡り会えたのは幸運な

ことでして。

それ以上に、決断なさったN様の覚悟。

 

土地って、大きな買い物でしょ。

どんなにいい土地でも、なかなか決断

できないものなんです。

多くの方は、

「数日、検討します」ってパターン。

『覚悟』が決まらないものなんです。

 

それも、案内した当日、

その日に「契約」ってことになったんです。

昨年の11月25日。

私にとっても忘れられない

思い出の日となりました。

 

あれから、約半年。

あっという間なんですね。

こうして完成を向かえる日まで。

 

New Family誕生です。

お客様の生の声、

雲一つない快晴の下、

K様邸の上棟が終わりました。

 

DSCF9805.JPG

 

K様から、現場のみんなに

ご挨拶があり、期待の大きさを

みんな、しっかりと受け止め

作業を行いました。

 

お客様の言葉って、

重いし大事なんですね。

私と違って、現場の職人は

お客様の『生の声』を聞く機会が

少ないですから、こうして言葉を

聞けると言うのはスゴクいいこと。

 

担当大工の三浦からは、

「120%の力を出し切って頑張ります!」

の言葉が出てました。

 

いい意味で期待を裏切り、

想像以上のモノをお渡しする、

ことができたら最高ですね。

 

 

今週は、

あきる野市のO様邸が上棟です。

この写真、何かが足りないんです

この写真、

どこか、おかしいところ

ありませんか?

 

DSCF9738.JPG

『窓』ですね。

よく見る『引き違い窓』、ですね。

でも、何かが足りない、

と思いませんか?

 

わかりましたか、

そうです。

クレセント(鍵)がありません。

障子の召し合わせのところに

普通は付いてるでしょ、鍵が。

 

この窓は、

デザイン重視でクレセントを

なくした窓なんです。

だから、戸締りはできませーん!

無用心な窓です!

 

なんてことじゃ困ります。

実は、

取手のところに細工がしてありまして、

窓を閉めると自動的にロックされるんです。

クレセントをなくしてスッキリしたデザインに

なってます。

 

デザインだけでなく、性能もスゴクいい。

室内側は『樹脂製』となっていて

断熱性に優れてるんです。

ですから、結露も起きにくい窓。

 

ただ1つ、

残念なのは、

「準防火地域」で使えないこと。

防火戸の認定がとれてないんです。

「準防火地域」にお住まいの方は

残念ですが、採用できません。

 

あれれ、

また、サッシの防火認定の話・・・・

やめときましょ。

 

住宅の「窓」

もう樹脂製をスタンダードで考えましょ!

アルミサッシは時代遅れ、ですよ。

住宅ローン減税はどうなる?

平成25年度の税制改正について

 

やっぱり気になるのは、

『住宅ローン減税』です。

平成26年1月〜3月は、

一般住宅で、最大控除額200万円

長期優良住宅または認定低炭素住宅で、

最大控除額300万円となります。

 

消費税が5%から8%にUPする

平成26年4月以降は、

一般住宅で、400万円

長期優良住宅、認定低炭素住宅で、

500万円となり、それぞれ200万円UPです。

 

また、

所得税額から控除しきれなかった額を

住民税から控除できる額がありまして、

平成26年1月〜3月で、9.75万円

平成26年4月以降ですと、13.65万円

 

1つ、ご注意を。

今年の9月末までに契約した場合、

引渡しが来年4月以降でも消費税は

5%でOK、ですよね。

 

その場合、最大控除額は、

平成26年1月〜3月のものが

適用となりますので。

 

 

こうして見ると、

住宅ローンの借入金額によりますが、

消費税増税分は、ローン減税額が

増えた分でトントン、もしくは「お得」

なのかも知れませんね。