社長ブログ | TKプランニング

耐力壁とホールダウンの関係

基礎直結のアンカーボルトです。

 

DSCF0836.JPG

地震力による柱の引き抜きに

対して抵抗する構造金物を

固定するためのボルトです。

 

「柱の引き抜き?」

地震の力って、建物の横から

かかってきます。

横から大きな力がかかると

建物は変形します。

その力が建物の強度より

大きいと、建物は倒壊することも。

 

土台から柱が抜けて、壁が崩れる。

これが、「柱の引き抜き」です。

そんなイメージです。

 

柱が土台から引き抜かれないように

強固に緊結する金物のことを

『ホールダウン金物』と呼びます。

 

ホールダウン金物にも、

いろんな種類がありまして、

ウチが採用してるのは、

『Pロック』という呼び名です。

 

柱への引き抜きが大きくかかる

場所は、強い壁のところなんです。

地震に抵抗する壁を『耐力壁』といい、

その耐力壁には、強さを表す『壁倍率』

という数値が定められています。

 

壁倍率が高い数値の壁は、

地震に強い壁ということ。

耐力壁は、地震力を受けた時、

変形しないように抵抗します。

壁倍率が高いほど、その抵抗力も

高くなるんです。

 

そうなると、柱と土台の接合部にも

引き抜こうとする、大きな負荷が

加わるんですね。

ですから、接合部の構造も強くする

必要が出てきます。

 

まとめますと、

地震に強い壁には、

ホールダウン金物が必要なんですね。

 

ホールダウン金物がたくさん付いてる

建物は、地震に強い耐力壁になってる、

と、ご理解ください。