社長ブログ | TKプランニング

「返済比率」の計算方法

家を建てる方の多くが利用する

住宅ローン。

 

借りる金額が大きいから、

チョッとの金利の差でも

返済金額の違いも大きい。

 

今年に入って、

住宅ローンの商品、

頑張ってるね〜、って

感じるのが、「農協」

農協???って

 

青梅ですと、

「JA西東京」です。

 

金利が低いのは、

もちろんですが、

もっと有難いのは、

返済比率の計算方法。

 

「返済比率」というのは、

年収に対する年間返済額の

上限のこと。

一般的には、

年収が、400万円未満の場合

返済負担比率は、30%以内。

400万円以上ですと、

35%もしくは40%まで、

借りられます。

 

この返済金額の計算方法が

金融機関によって違うんです。

都市銀行は、

実際に借りる金利ではなく、

もっと高い金利で計算します。

4%前後で計算するところが

多いですね。

 

例えば、

3,000万円を35年間で借りる場合、

金利が1%ですと、年間返済額は、

約100万円になります。

これが、4%で計算すると、

約160万円、その差は60万円。

 

年収が390万円ですと、

1%計算なら、返済比率は25.6%

ですから、OK (30%以内)

なんですが、

4%計算だと、41.0%まで

上がるので、NG

となります。

 

JA西東京は、

返済比率の計算金利を

実際に借りる金利で計算

します。

都市銀行では、

返済比率がオーバーした人でも

JAでしたら、OKになる可能性も

あるんですね。

 

住宅ローンって

いろんなところで扱ってますので、

色々と調べて比較することが大事

ですね。