社長ブログ | TKプランニング

リフォームか、建替えか?

お盆、真っ最中

お陰様で、仕事

させてもらってます。

 

ウチは、毎年そうです。

夏休みは、交代制でして

会社は通常通りの営業。

 

現場の方も、

週明け早々、月曜日に

上棟を控えてまして、

その準備、段取りに。

 

その前に、

完成したM様邸の立会検査。

1月仕事始めの日に

相談に来られた方です。

 

最初は、『リフォーム』だったんです。

が、

希望を叶えるには、

大掛かりなリフォーム工事に

なりそう、ということで、

それなら、いっそのこと『建替え』

となったわけです。

 

『リフォーム』か『建替え』

築年数や工事の内容に

よっては、難しい選択です。

 

築年数による、1つの目安は、

新築した年が、

昭和56年より前か、後か?

この年に、建築基準法の

耐震基準が変わりましたので、

新耐震基準に適合してるかどうか?

 

56年以前の建物でしたら、

建替えがお薦めでしょうかね。

基礎のコンクリートに鉄筋が

入っていなくてもOKの時代。

 

無筋の基礎ですと、

いくら壁や柱を補強しても

耐震性の向上は得られません。

 

基礎から補強し直すとなると、

金額的にも、新築と変わらない

ことになりかねませんので、

それでしたら、

今の基準に適合した構造で

『建替え』がいいと思います。

 

リフォームで、行えるのは

あくまでも「補強」です。

100%を望むことは、チョッと・・・

 

リフォームか、建替えか?

お悩みの方には、

1つ、参考にしていただければ。