社長ブログ | TKプランニング

ゲリラ豪雨対策

ココ最近、

『集中豪雨』

多発してますね。

それも一点集中みたいな、

狭い範囲での豪雨。

 

公共のインフラ整備は、

1時間に50ミリまでの雨量は

対応できるが、それ以上の

量が降ると許容量オーバー

のようです。

 

今の雨って、

50ミリどころじゃないですね。

「100ミリ」ってことも。

 

そうなると、

家造りでも、「ゲリラ豪雨対策」を

何か考えなくては。

今の基礎って、「ベタ基礎」が主流。

ベタ基礎には、コンクリートの打ち継ぎ

部分ができます。

その打ち継ぎから雨水が浸入することを

防がなくてはなりません。

打ち継ぎの位置は、

基礎の天端から下へ35cmのライン。

雨水が、35cmより下であれば

何の心配もありませんが、

もし、30cmとか、25cmまで雨水が

上がってきたら要注意です。

 

ウチでは、

打ち継ぎのラインに、

『止水プレート』という防水板を

入れてますので、ゲリラ豪雨などで

家の周りに雨水が流れ込んでも

まず、心配はありません。

 

ベタ基礎では、

打ち継ぎ部分の防水処理を

お薦めします。

コメントする