社長ブログ | TKプランニング

こんな風にやってます

お約束通り、

今日は、太陽光発電工事の

様子をご紹介します。

 

DSCF1741.jpg

ウチの標準仕様の屋根は

『Y-15』というものです。

特徴は、

軽量である、

それと、耐久性が高い。

一般的なスレート屋根ですと、

新築から10年がメンテナンスですが、

Y-15は、その2倍の20年まで安心。

 

DSCF1744.jpg

Y-15を取り外して、

パネルを固定するためのボルトを留めます。

これは、

Y-15と下地との間に、

通気層を設けているため。

スレートのように密着させないのは、

下地の耐久性を考えてのことなんです。

 

DSCF1751.jpg

ボルトの取り付けが終わったら、

Y-15を元通りに戻します。

 

DSCF1750.jpg

次に、架台の取り付けです。

この上にパネルが取り付けられます。

 

DSCF1760.jpg

パネル設置の完了です。

233wのパネルが20枚載りました。

 

ちなみに、

ウチの屋根構造は

2重防水になってるんです。

だから100%安心!

 

ウチだけみたいですよ。

そんな、手のこんだこと

やってるのって。

コメントする