社長ブログ | TKプランニング

奥が深いよ、家造りって

キレイになりました。

DSCF0398.JPG

 

数十年、商売をやられていた

店を閉めて、2世帯住宅へ建替え。

 

DSCF0217.JPG

解体工事の初日、

ご主人が現場へ見えてまして、

「寂しくなりますから、

あまりご覧にならない方が・・・」

たくさんの思い出が詰まってますから、

見てて、あまりいいモノでは

ないかな〜と思うんです。

 

ただ、

新しく生まれ変わった家が、

また、新しい思い出、歴史を

作り出していくわけですから、

『家造り』って、ホント責任重大な

仕事なんだと、気を引き締めて、

いつも、そう考えてます。

 

もう1件、

昨日から着工したリフォームのお宅も、

やはり30年以上、商売してた家。

店を閉めて、住居にリフォームです。

厨房機器が搬出され、

カウンターが撤去され、

壁、天井も次々と解体。

 

歴史というか、

時間を想像させられます。

いろんなね。

私の実家も、商売をしてた家で、

12年位前ですかね。

建替えたんです。

親父、寂しかったろうな。

 

今でも、

前の家は、頭の中にキッチリと

記憶されてます。

ガキの頃の思い出、

親父に怒られたこと、

オカンに褒められたこと、

楽しかったこと、

寂しかったこと、

ホント、よーく憶えてるんです。

 

『家造り』

奥が深いですね。

コメントする