社長ブログ | TKプランニング

住宅ローン減税はどうなる?

平成25年度の税制改正について

 

やっぱり気になるのは、

『住宅ローン減税』です。

平成26年1月〜3月は、

一般住宅で、最大控除額200万円

長期優良住宅または認定低炭素住宅で、

最大控除額300万円となります。

 

消費税が5%から8%にUPする

平成26年4月以降は、

一般住宅で、400万円

長期優良住宅、認定低炭素住宅で、

500万円となり、それぞれ200万円UPです。

 

また、

所得税額から控除しきれなかった額を

住民税から控除できる額がありまして、

平成26年1月〜3月で、9.75万円

平成26年4月以降ですと、13.65万円

 

1つ、ご注意を。

今年の9月末までに契約した場合、

引渡しが来年4月以降でも消費税は

5%でOK、ですよね。

 

その場合、最大控除額は、

平成26年1月〜3月のものが

適用となりますので。

 

 

こうして見ると、

住宅ローンの借入金額によりますが、

消費税増税分は、ローン減税額が

増えた分でトントン、もしくは「お得」

なのかも知れませんね。

 

 

コメントする