社長ブログ | TKプランニング

リフォーム工事のトラブル防止策

リフォーム工事のトラブル増加!

先日の新聞に載ってました。

 

リフォーム工事の需要、

今後、増えると予想されてます。

というわけで、

リフォーム事業に参入する会社も

増えてるんでしょうね。

 

みんながみんな、

良心的ないい会社なら

そういうトラブルは起きるわけ

ないんですが、中には悪質な

業者もいるってこと。

 

依頼する側、

わかりませんよね。

いい会社か、悪い会社か、なんて。

信頼できるかどうか。

難しいですよね、

わかります、その気持ち。

 

では、

どうやって見分ければいいか。

いい方法は?

 

うーん・・・・・・

ごく一部の業者だと思うんです。

トラブルメーカーって。

そう思いたい。

 

そうね〜

まずは、『地元の会社』

ってのは、いいと思いますよ。

それも、出来立てホヤホヤじゃなく

10年以上やってれば、なお安心。

地元密着で長く営業するって

そうそう簡単なことじゃありませんから。

信用、信頼されなくちゃできないこと。

 

会社の規模よりも、

同じ場所で長くやってる方が

いいと思いますよ。

 

次に、

自社で職人を抱えてること。

いわゆる『直接施工』ってやつ。

外注の工事が悪い、ってことでは

ないんですが、依頼先の職人で

直接工事できる方が、いろんな

面でスムーズだし、やっぱり安心。

 

中にはありますから。

営業マンだけの会社。

職人は勿論、現場管理も外注、

全て下請け丸投げ工事のところ。

 

あと、

注意する言葉ですが、

『今月中でしたら特別値引きで・・・・』

『今なら特別キャンペーンで・・・・』

『限定何名様まで・・・・』

おいしいなあ〜、って思う

言葉には、ご注意ですよ。

 

 

基本的なことですが、

見積書、

支払い条件、

工期、

しっかり確認しましょう。

 

「契約金」

できれば、工事が着工するまで

支払わない方がいいと思います。

契約金額、工期にもよりますが、

お金の支払いは、工事完了後で

いいと思いますよ。

 

リフォームでも新築でも、

大事なのは、お互いの信頼関係。

要は、そこなんです。

コメントする