社長ブログ | TKプランニング

また、淡路島で!

昨日、淡路島で起きた地震。

ニュースを見て、思わず

「えっ、また!」

 

やはり、

1995年を思い出します。

今回は、震度6弱ということで

大した被害がなくてよかったですが、

まだ余震が心配ですね。

 

阪神・淡路大震災とは違うタイプの

地震のようですが、地震予測って

もう少し何とかならないものなのか。

 

難しいでしょうから、

『備え』が重要なんでしょうね。

「もし、身の回りで起きたら?」

他人事じゃないという意識が大事。

 

 

ウチの建物は、

震度7の振動実験を行って、

耐震強度を確認したものですから

ある意味、安心して提供してますが

それに甘んじることなく、更なる

耐震性の向上を検討しなくては

ならないと考えてます。

 

地震って1回だけじゃないんです。

大きな地震の後、しばらく余震が

続くわけですから、建物が何度も

何度も揺らされます。

その対策として有効なのは、

『耐震』と『制震』の組み合せ

じゃないかと思うんです。

 

現行の

『TKパネル』は、実験の結果、

震度7でも、わずかな揺れしか

起きませんでした。

かなり頑丈で強固なモノなのは

確かですが、「もっと強く」を研究

して、商品化する予定です。

 

これも

『備え』の1つですから。