社長ブログ | TKプランニング

屋上の防水にお薦めです

最近、流行ってるのが

『屋上庭園』

 

庭園じゃなくても、

屋上を利用する住宅が

増えてるようです。

 

ただ、

木造の場合、注意しなくちゃ

ならないのが防水の工法。

バルコニーでよく使われるのは

『FRP防水』というモノ。

 

バルコニーは、それでOKですが、

屋上の場合、もう一工夫ほしいですね。

理由の1つは、面積が広いこと。

どんな耐震構造でも、地震の時

建物に揺れは起こります。

 

その揺れによって、防水に亀裂等が

起こると、そこから雨漏りする可能性が

ありますので、揺れも考慮した工法を

考えるべきです。

 

防水は、建物を維持管理していく上では

大事なことですから、造り手側の責任は

大きいんです。

住む人が安心して暮らせるのは勿論、

造り手側も安心して見届けられるのが1番。

 

また、

屋上は、屋根ですから、

防火上の不燃構造という制限もあります。

防水性能だけでなく、

防火性能も兼ね備えたモノが

必要ということなんです。

 

ウチでは、

その両面とも、安心して

お使いできる優れものを

ご提案してます。

 

屋上を有効利用したい方には、

絶対お薦めの工法です。

 

ご興味のある方は、

お問い合わせください。