社長ブログ | TKプランニング

床下に廃材放置!?

青梅市内の、ある都住宅供給公社の

建物の床下に廃材やおがくずが

放置されていたそうです。

 

1971年建築の建物だそうで、

当時は当たり前だったんですかね。

今じゃ考えられないこと。

それも公共の建物がこれじゃ。

 

実は、民間の建物も同じでして、

ウチは、リフォーム工事もやって

ますが、1階の床を撤去すると

同じように廃材やゴミが捨てられた

ままの家が多いですね。

ハッキリ言って「汚い!」

 

今は、そんなことないと思いますが。

床板を張る前に、床下を清掃するのは

当たり前にできてると信じたいですね。

 

ただ、

建築中の現場も色々でして、

建物の周りにゴミが散乱してる現場もあれば、

スゴク綺麗に整理整頓されてる現場もあります。

それを見比べると、勝手に想像しちゃいます。

「あー、この家の床下は・・・・・」

 

『家造り』って、

見た目にいい家を造ることじゃなく、

見えないところの気配り・気遣いが

出来てなきゃダメなんだよね。

 

チラシやカタログ、営業トークで

いくらいいこと言ったって、ホントの

答えは現場にあるわけです。

 

ウチですか?

もちろん、床下だって自信があります。