社長ブログ | TKプランニング

今年の贈与税は?

今日と明日の2日間、

臨時休業とさせていただきます。

 

突然ですいません。

このブログも明日は休みで、

あさってから再開します。

よろしくお願いします。

 

 

今日は、

『贈与税』について。

住宅取得資金に限定されるんですが、

今年の場合、

一般住宅で、700万円。

省エネ等住宅で、1,200万円

までは、非課税となります。

 

では、「省エネ等住宅」とは?

省エネ対策等級4相当、

耐震等級2以上に適合すること。

それを証明するものを申告時に

添付すればOK

 

証明書の種類は、

1)住宅性能証明書

2)建設住宅性能評価書(写)

3)長期優良住宅認定通知書(写)

 

証明書の手続きは、

住宅会社にお願いすれば

いいと思いますよ。

 

今年の12月31日までです。

ちなみに来年は、

一般住宅で、500万円。

省エネ等住宅で、1,000万円。

少し下がるようです。

新築から10年目が理想です

新築後のメンテナンスにも

色々ありますが、築10年を

めどにお薦めしてるのが、

外装の塗り替え工事です。

 

屋根・外壁・軒裏・雨樋、

そしてシーリング。

商品によっては、10年じゃなく、

15年、20年目でもいいモノも

あります。

 

外壁がサイディングの場合、

できれば10年目のメンテナンスを

してほしいですね。

『UVプロテクトクリア』という塗料を

使うんですが、ビックリするくらい

キレイになるんです。

新築の時のツヤが戻ります。

 

DSCF9200.JPG

 

 

DSCF9203.JPG

こちらのお宅もそうです。

写真ですと、分かりづらいですが、

まあ、見事に生まれ変わります。

雨、汚れだけでなく紫外線も

カットするのもいいんですが、

何より、新築時の色・柄を変えずに

メンテナンスできるのがいいと

思いませんか。

 

気に入って選んだ色と柄、

そのまま残せるんですよ。

但し、

使える期間が限定されます。

新築から10年目が理想ですが、

そうですね、12年目まででしたら

大丈夫でしょう。

それ以上、経過した場合は、

現場で試験をやってからの判断。

 

あなたの家は、

新築から何年経ってますか?

見事な桜でした!

昨日、

石神井川の桜を見ました。

場所は、

板橋区の常盤台周辺です。

 

見事なモンでした!

川の両岸に満開の桜が

ズラーっと続いてるんです。

距離にして、2km以上も。

そうそう無いでしょ。

そんな長い距離、桜満開って。

 

何でそんなところに行ったかというと、

OBさんのお宅がスグそばなんです。

お邪魔した帰りに、

「チョッと来て」ってことで

案内されたのが、この桜。

 

ウッカリしました。

写真撮り忘れたんです。

失敗した〜

ココに写真をドカーンと

載せたかったんですが・・・

 

こっちの桜はまだ、

ボチボチですよね。

みなさん、花見の予定は?

 

 

私は花見より、

今日からの開幕が楽しみ。

毎日、一喜一憂させてもらいます。

忘れてた『銀婚式』

結婚して25年目を

『銀婚式』って言うようです。

 

昨日が、

その日でしたが、

すっかり忘れてました。

言い訳じゃないんですが、

今年の我が家は、

年明けから、色々ありまして・・・・・

 

夕方、

カミさんから

「今日、覚えてる?」

って言われて。

何?

全く頭になく・・・・

 

ただ、

昨日は久しぶりに、

仕事以外でカミさんと

1日一緒だったんです。

ホント久しぶりに。

 

それが、たまたま結婚記念日。

忘れてましたが、

2人で1日過ごした記念日。

琴音のおかげでね、

一緒に過ごせたわけです。

 

25年も経つと、子供も大きくなるわけで、

いい意味、振り回されたり、

逆に、子供から教えられたり、

記念日を一緒に過ごさせてもらったり。

 

 

世のお父様たち、

結婚記念日は忘れるなよ。

最低だぞ!

 

お前に言われたくない、

ですよね。

大事なのは、「トライする勇気」

突然ですが、

『夢』って、何歳まで

思い続けられるんでしょうか?

 

10代?

20代?

30を過ぎてもOKですか?

 

私の場合、

15歳の時でしたね。

『夢』というよりは目標かな、

東京に出て、

一級建築士の資格を取って、

会社を興すんだ、っていう。

 

小さいでしょ、

夢って言えるもんじゃないけど、

叶えるために、たくさんの壁を

乗り越えてきました。

 

世間知らずの若い頃は、

恐いもの知らずでイケイケでしたし、

ただ、ただ単純に必死になれました。

 

どんな夢でも、

必ず出てきますね、壁が。

いろんな壁が。

乗り越えられるかどうか、

結果が大事、

じゃないと思ってます。

 

大事なのは、

乗り越えようとする勇気。

トライする勇気です。

勇気ある行動ができるのは

素晴らしいこと。

今時の若者、

何だかんだ言われてますが、

勇気あるヤツ、いるんですね。

精一杯、応援しますよ。

 

 

もうスグ、48歳になる私ですが、

また少しずつ、

『夢』が見えつつあります。

「その年になって、

まだ夢なんて言ってるの」

なんてバカみたいですが・・・

 

勇気ある若者に負けないよう

親父は頑張り続けます!

『ただ、座ってるだけ』で、いいんです

今日は、土地の決済。

来月、着工するO様の

土地の引渡しが行われる手続きです。

 

売主さんから買主さんへ

土地の所有権が移転されます。

住宅ローンを利用する場合は、

その金融機関で行われます。

 

売主、買主の他に、

不動産仲介会社と

司法書士の先生が集合して、

おーっと、

もう1人、

私です。

買主さんの横で同席します。

 

私は、何をするってことは

ないんですが、隣に座ってます。

ズーッと前から、そうすることに

決めてるんです。

 

それと、

土地の『売買契約』の時も

買主さんの隣に座ってます。

 

銀行での『金銭消費貸借契約』

の時も、隣に座ってます。

ただ、座ってるだけ。

何にも言うことなく、だまーって居るだけ。

 

何事もなく、スムーズに進んでる時、

私は静かに黙って座っていればいい。

 

だから、

『ただ、座ってるだけ』

で、いいんです。

 

不動産の取引って、

日常じゃないことだし、

一生に1回のこと。

何にもわからないのが普通。

心配で不安なのが当たり前。

 

私が、

『ただ、座ってるだけ』

チョッとでも安心していただけるなら。

 

では、

行って来ます!

国交省から100万円!?

「今月中に契約すれば

国交省から100万円を

もらえるんでしょ!」

 

つい先日、

そんな話を聞きました。

知りませんでした。

というか、

ホントの話なんでしょうか。

 

話をされた方は、

自宅の建て替えを考えてる方。

ある住宅会社から聞いたそうです。

 

国交省、

ということは、

『低炭素』が絡んでいると

思うんですが、ウチには

そんな情報が入ってきてません。

低炭素住宅、

ゼロ・エネルギーハウス

については、一応それなりに

勉強してるつもりだったんですが、

「今月末までなら100万円」は

見たこと、聞いたことがなく。

 

ウチも、3月にご契約をいただいた

方がおりますので、正確な情報を

掴まなくてはと思ってます。

 

100万円、って大きいですよね。

 

「国から認定された住宅会社と

契約した場合に限るそうです」

というようなことも言ってました。

 

正確な正しい情報をお持ちの方、

申し訳ありませんが、

教えていただけますでしょうか。

こんな打合せもアリなんです。

昨日のお客様との仕様打合せにて。

工事着工前の打合せです。

屋根の色とか、外壁、サッシ、

たくさんあります、決める事が。

 

いつもの打合せ風景は、

お客様と担当営業のやりとり。

 

なんですが、

昨日は、担当の伊藤に、

私が加わり、

石岡が加わり、

清水が加わり、

いつの間にやら、

4人で、お客様との話し合い。

 

圧倒されちゃったか、

O様、床の上に正座状態。

 

決して、攻め立ててた訳じゃなく、

何とか、O様の要望を叶えて

あげようと、知恵を絞ってたら

みんなが集まってきた。

そんな流れでした。

 

「ガスボンベの位置、

どこにしようか?」

4人で

「うーん・・・・・・・・・・」

 

「和室の地窓の大きさは?」

4人で

「うーん・・・・・・・・・・」

 

最後には、

みんなで大喜び。

 

みんなで考えれば、

良い案が出るモンなんです。

1つ1つ難問を解決していき、

また一歩、家造りが進んだかな。

 

より良い案を出すためには、

何でもありが、ウチのスタイル。

決してできないことは無い。

『お客様の満足をとことん追求します!』

今年の『公示地価』は?

2013年の公示地価が公表されました。

土地の価格はどうなったのか?

リーマン以降の下落は今年も

続きましたが、下げ幅が、

2011年の2.0%

2012年の1.3%から

今年は、0.3%に小さくなりました。

 

土地の価格、

下げ止まりか?

価格上昇地点も、

昨年の8ヶ所から、

今年は、84ヶ所に増えてます。

 

株価や円安、春闘なんか

見てますと、今年に入り

何となく明るい兆しが見えて

きたような感じがしてます。

 

これが

『アベノミクス』ってヤツですか?

 

土地を購入して、マイホームを、

お考えの方、

買い時が来たかもしれませんね。

今日からセンバツ、来週はプロ野球

春のセンバツ高校野球、

今日から開幕です。

 

いよいよ春到来ですね。

来週からは、プロ野球も

開幕しますし。

 

センバツで楽しみなのが、

宮城の仙台育英。

前評判高いですね。

ひょっとしたら期待できるかも。

東北初の優勝が。

ウチの田舎の、光星学院、

惜しかったですからね〜

そろそろ優勝しようぜ!

東北勢。

 

そう、スポーツって、

大きな力を持ってます。

応援してる人たちに元気を

与えてくれる凄い力を。

 

私も、

巨人が勝った日と、負けた日の

次の日のテンション、大違いですし。

 

楽しい季節がやってきた。

チョッと早いですが、お知らせです

カインズホームのそばで

建築中のI様邸。

今月末で、木工事完了。

来月の20日と21日にやります。

 

DSCF8367.JPG

『家造り発表会・完成編』

お楽しみに。

私、個人的には「構造編」が

好きですが、華があるのは

「完成編」

4月の20日・21日です。

まだチョッと早いけど、

予定入れといてください。

「TKの発表会」って。

 

今月は、

残念ながら、開催なし。

その分、パワー全開で

楽しんでいただける発表会

にしますので、ヨロシク!

カーナビ探索

カーナビ

もう当たり前ですね、付いてて。

 

私の車にも搭載してますが、

どうも調子が悪くて、

ナビしてくれないんです。

いや〜

参りました。

とうとう地図を買っちゃいました。

道路地図。

 

今どき、

地図ですよ。

お恥ずかしい・・・・

でも、

面白いね、

地図を見るのって。

 

それでも便利なのはカーナビ。

安いカーナビ

探してきます。

残念ですが、またまた減額・・・・

平成25年度の太陽光発電導入

支援補助金の概要が決まりました。

 

今年度(3月末)は、

3.5万円から3万円でしたが、

残念なことに減額です。

 

1kwあたり、

2万円から1.5万円ですって。

セコイよね〜

1kwあたりの設置費用が、

41万円以下で、2万円。

50万円以下で、1.5万円

ということです。

工事費が、50万円超ですと、

補助金は受けられません。

 

補助金申込みは、

4月17日からスタートです。

 

固定買い取り単価の値下げも

発表されたばかりです。

太陽光で元を取る、って

考え方はムリのようですね。

キレイごとじゃないけど、

「環境に貢献する」のような。

 

でもね、

今後の電力の流れを見ると

「自家発電」という武器を持つ

ことは、大きなメリットになる

可能性大ですよ。

電気料金単価が、この先

変わらない、ってことはないし、

値上げされる方向になるんじゃ

ないかと思いますから、

自分の家で作った電気を使い、

余った電気は「蓄電器」へ、

昼間だけじゃなく、夜も使える。

そうなれば、電力会社から買う

電気はスゴク少なくて済むでしょ。

 

昨日までの、

『ゼロ・エネルギーハウス』にも

通じる話です。

 

買い取り単価・補助金は

下がりましたが、

「要検討」ですよ。

2020年へ向けた家造り・・・その3

さあ、3日目となりました今日は、

『スマートハウス』について。

 

耳にしたことありますか?

 

「スマートハウスって何?」

という方が多いかと思います。

住宅のゼロ・エネルギー化へ

向けた家造りの1つです。

 

エネルギーを節約しながらも

快適な生活を実現する住宅のこと。

 

昨日、説明しました

『パッシブ』と『アクティブ』に

もう1つプラスするものがあります。

それは、

消費エネルギーの見える化して

光熱費を上手に管理する技術を

加えるんです。

 

HEMZ(ヘムズ)

ホーム・エネルギー・マネジメント・システム

電気・ガス・水道の消費状況を表示する機器。

住む人が消費量を把握することで、

省エネの意識を高める効果を期待

されてます。

 

太陽光発電システムを搭載している方なら

何となくイメージがわかると思います。

太陽光発電のモニターを見ると

発電量と消費量が一目瞭然ですよね。

数字で、はっきりわかりますから。

省エネ意識、高まりませんか。

 

HEMZも同じような感じです。

スマートハウス、

ゼロ・エネルギーハウスって

造り手だけが頑張るものじゃなく

住まい手側もライフスタイルを

工夫して省エネ化に頑張らなくちゃ

いけないんです。

 

パッシブ・アクティブといった

省エネ性能の向上と、

エネルギー消費量の見える化に

よって、住む人がライフスタイルを

変化させる。

この3つが揃って『スマートハウス』

なんです。

 

今、

大手が建ててるスマートハウスは

残念ながら、『パッシブ』を無視した

家造りなんです。

『アクティブ』ばかりに、お金をかけた

ものですから、個人的には「?」です。

 

今から始めることは、

まずは、『パッシブ』を1番のテーマに

取り組むことではないでしょうか。

家本体の性能を十分に高めてから

設備や機器は設置すればいいんです。

何でもバランスが大切。

 

断熱・気密がそこそこで、

太陽光発電や高効率給湯器、

省エネ家電を設置しても、

それはスマートハウスとは

呼べないのでは。

 

 

いいですか。

設備は、まだ先でいいんです。

今やらなくちゃいけないのは、

断熱・気密性能を高めること。

それが、

2020年へ向けた家造りだと

思いますよ。

 

ブログでは、

なかなか深いところまで

じっくりお伝えすることは

難しいので、

詳しい話が聞きたい方は、

弊社まで、お問い合わせください。

2020年へ向けた家造り・・・その2

来月には決定する『改正省エネ基準』と

もう1つ、昨年12月に決まったものが、

『低炭素建築物認定制度』です。

 

低炭素?

何ですか?

ですよね。

 

簡単に言うと、

二酸化炭素の排出を減らす

工夫をした住宅のことです。

 

家の断熱性・気密性を高めた

「パッシブ技術」と、

太陽光発電や高効率給湯器、

省エネ家電を設置した

「アクティブ技術」

この両面で、省エネ性能に優れた

住宅が『低炭素認定住宅』といいます。

 

昨日、説明した『改正省エネ性能』と

比較すると、『低炭素住宅』の方が

技術的なハードルは高いです。

 

一次エネルギーの消費量が10%以上

削減される必要があります。

もうワンランク上の断熱性能が

求められているんです。

 

低炭素住宅の優遇措置について。

1.住宅ローン減税額の拡大

2.登録免許税の税率引き下げ

3.フラット35Sの金利Aプラン適用

 

光熱費を抑えられて、

夏涼しく、冬暖かく暮らせる家。

そんなイメージしてください。

低炭素住宅って。

 

明日は、

『スマートハウス』について。

 

2020年へ向けた家造り・・・その1

昨日、某メーカーによる

『住宅関連の国策セミナー』

勉強会に参加しました。

その内容をお話します。

 

2020年に向けた

「新築住宅の省エネ基準義務化」です。

 

東日本大震災による電力不足などを

背景に、国の住宅関連施策は省エネは

もとより、ゼロエネルギー・耐震・健康を

基本とした「良質な住宅」を推進し、早い

スピードで進捗してます。

 

まずは、

2020年までに何が、どう変わるのか?

昨年12月4日に、

低炭素住宅の認定基準が決まりました。

合せて、省エネ基準も改正されるはずでしたが、

こちらは、少し先送り。

今年4月に施行予定です。

 

現在の『次世代省エネルギー基準』は

1990年に定められた基準です。

もう、随分経ってますよね。

 

でもね、

この基準を満たした住宅の割合って

30%程度なんです。

我々、造り手側の怠慢さを表してます。

ホント、情けない数字です。

 

この基準を改正し、さらにレベルアップした

省エネ性能の住宅を義務化しようという

年が2020年なんです。

 

7年先のこと、

などと考えず、今から7年先の基準を

達成した住宅を建てた方が賢いですよね。

ウチは、

『次世代省エネ基準』の家を

標準仕様として建ててます。

もう何年も前から。

ですから、2020年の基準をクリア

することは簡単なこと。

 

これから家を建てる方へ。

『改正省エネ基準』が最低限、

クリアしなくちゃダメなんです。

そう、捉えてください。

 

明日も、

この続きをやりますよ。

 

恥ずかしながら、未だに使ってます

ネットの世界には、

ホント、ついて行けません。

スマートホン?

ライン?

フェイスブック?

スマートテレビ?

 

私の携帯電話は、

今も、折りたたみ式。

いわゆる『ガラケー』ってヤツ。

 

当時は、

「薄さ何ミリ」

ってのを競ってたものですが・・・

いつの時代の話だー!

って感じですね。

早いですね、スピードが。

ついて行けてない。

 

「電話」ですから通話できればいい。

「メール」するのは会社とFamilyだけ。

一応、カメラ機能も付いてますが、

画素が小さく、どう撮ってもピンボケ。

 

『家造り』以外は、

全くのダメ親父。

折りたたみ式携帯を使ってる

お父さんたち、

わかるでしょ、

この気持ち。

今の携帯で十分ですよね。

最近の風はスゴイ!

ここんとこ、風がスゴイ。

突風ですね。

こんなんでしたかね、今までも。

 

JR中央線に建設現場の足場が

倒れた事故がありましたが、

『風』は、要注意ですね。

 

 

明日は、

国立市のN様邸が上棟です。

土台の設置と1階の床板敷き。

 

DSCF8268.JPG

昨日から入ってます。

土台、キレイな色してるでしょ。

ウチは、『桧』を使ってます。

いろんな種類がありますが、

木材の中で、最も耐久性・防蟻性が

高いのが桧です。

 

他の樹種は、防腐剤を塗布、注入

しないとダメですが、桧はそのままでOK

ですから、

土台に使用する木材は、

桧がお薦めです。

桧は、香りもいいですしね。

 

DSCF8272.JPG

断熱工事を終えたら、床板張り。

外周のコンクリート部分を、断熱材で覆います。

熱の出入りを防ぐのと、

コンクリートの結露を抑えるため。

 

上棟当日、

気になるのは『風』

穏やかな1日でありますように。

2013年度の『固定買い取り価格』

再生可能エネルギーの

『固定買い取り制度』

2013年度の概要が決まりました。

 

電気料金、

またまた値上げです。

全国平均で120円が上乗せです。

2012年度は、平均87円でしたから

合せて207円、ですか。

 

買い取り価格ですが、

こちらは値下げの見通し。

太陽光の価格は、

1kwあたり38円。

2012年度は、42円でした。

その前は、48円だったんです。

 

太陽光発電の導入が減速か?

あとは、補助金がどうなるか。

補助金の額によっては、

ってところが大きいでしょうね。

 

今のところ、入ってきてる情報

ですと、あまりよろしくない内容

なんです。

もう少し、はっきりしてから

お知らせします。

最低でも『2.2』は必要です

長期優良住宅の断熱基準は

『等級4』

壁の熱抵抗値は2.2です。

 

この数値を上回る断熱性能の

住宅は、高断熱仕様と言えます。

国が定めた基準ですから、

そう言えるんでしょう。

 

ただ、

2020年を見据えた断熱性能を

考えた場合、本当にこの数値で

いいのかは疑問です。

個人的にそう思ってます。

 

もう1つ疑問なことは、

気密性能の基準を国が

取り止めたこと。

いくら断熱の数値を高めても

気密性能が劣っていたら、

その住宅の寿命は延びません。

経年劣化が大きくなるからです。

 

断熱と気密はリンクしてます。

片方が良くて、片方が悪いと

住宅全体の性能も上がりませんし、

住む人に『快適さ』を与えられません。

 

昨日、

ある断熱材メーカーの人と

話をしました。

「中小工務店の人たちの

断熱に関する認識、

2020年への取り組みは

どんな感じなんですか?」

質問してみました。

 

帰ってきた答えは想定内。

1番多いのは、

「2020年?

まだ7年も先のことじゃない」

だそうです。

 

うーん・・・・・・

確かに、その答えも間違いじゃない。

7年先のこと、はその通りですから。

 

でもね、

そこへ合せることはないんじゃないかな。

国の政策として、

住宅の断熱基準を高くすることは、

ほぼ間違いないことでしょう。

 

だったら、

今から、

スグにでも取り組むべきだと思うんです。

7年先に合せて始めるんじゃなく、

今から7年先の『家造り』をスタートさせる。

 

標準仕様では、そこまでやってませんが、

オプションの費用を出してもらえれば、

建てることはできますよ。

じゃ、ダメなんです。

標準仕様で、

熱抵抗値2.2はクリアしとかないと。

最低の数値としてね。

 

ちなみに、

ウチの壁の

熱抵抗値は2.63です。

もう13年も前から。

忘れちゃいけないことです

昨日は「大安吉日」

たくさんの方から

『期待』をいただきました。

 

嬉しいことです。

期待されるってことは。

と同時に、

大きな責任を負ったということ。

 

その期待を『喜び』に変えなきゃ

ならないんです。

気合入ります。

 

 

今日で丸2年です。

忘れちゃいけませんね。

自分に何ができるんだ?

って問われれば、

何もできないかもしれませんが、

忘れないこと。

 

新聞には、

「人類の記憶」として、

誰もが当事者である

自覚を持つことが重要、

と書かれていました。

 

2時46分

黙とう。

レベルの底上げ、ですか?

『地域型住宅ブランド化事業』

何のこと?

 

簡単に言うと、

「長持ちする良い家を建てれば

国が補助金を出しましょう」

っていう制度です。

 

ただ、

1社でやるのは困難でしょうから

グループを作って、みんなで力を

合せて建ててくださいね。

って国は考えてます。

 

ということは、

地元の中小工務店レベルって

相当低く見られてる、ってこと。

 

質の良い住宅を単独の会社で

建てるのは難しいでしょ。

だから、国が補助金を出しましょう。

そして、

みなさんのレベルを上げてください。

 

 

失礼ですが、

私が思うには、

ホント、馬鹿げた制度です。

ニンジンぶら下げて

上手に出来たらご褒美あげるよ、

みたいな。

「馬鹿にするなよ!」

って思いますよ。

そんな制度や補助金がなくたって

耐震・断熱・気密に優れた家は

建てられますから、私は。

 

 

でも、現実として受け止めないと

いけないことなんですね。

 

未だに、

スタンダードな建て方は、

「大工さんが現場で断熱材を

詰め込んでいるやり方」です。

住む側から

「断熱性の高い家がいい」

っていう要望があれば、

追加オプションでやりましょうか。

 

こんなことでいいんでしょうか?

何かしらの援助がなけれな

良い家は建てない。

情けない話です。

けど、

何もやらずに旧態依然のままよりは

「良し」としなくちゃいけないことかも。

 

まずは、第一歩。

『本当に質の良い家』を建てることの

スタートして、多くの中小工務店が

レベルを上げて、大手ハウスメーカーに

対抗できるようになることは必要ですから。

 

大手より、「安くて質の良い家」を

建てられるのは、中小工務店なんです。

肝心要は、『トップのモラル』

「住む人に感動を与えるんだ!」

っていう信念です。

 

『耐震・断熱・気密』の

先頭を走り続けてきた

私も、まだまだ未熟者。

まだまだガンガン

走り続けますよ!

 

「長持ちする良い家を建ててよ!」

住む人の、こういう声が住宅業界を

大きく変える1番のカンフル剤です。

みなさん、

声を出してくださいね。

えっ、もう値上げの話!

アベノミクスに便乗?

 

建設資材のメーカーより

嫌なお知らせが続々と・・・

 

『価格改定のお知らせ』

が届いてます。

4月から値上げ、とのこと。

 

おい、おい、

早過ぎないか!

円安、

アメリカ経済が上昇、

中国、インドへ大量に、

などなど、

それらしい言い訳してますが、

いかがなものでしょうかね?

 

ただ、

我々としては、

悲しいかな、

そう言われれば

従うしかないわけで。

「ダメだー!」

って、大声で叫んでも

どうなるわけじゃなく。

 

来年の消費税UPまでに

マイホームを、って考えてる方、

早めに動かれた方が良さそうですよ。

 

おっと、

誤解のないように。

消費税を気にしてる人だけね、

5%から8%にUPする以上に

大幅な値上げを宣告してる

メーカーもいますので。

(従来価格の180%UPとか!)

 

PLANができて、見積の段階になると、

最後の10万円、20万円の攻防で頭を

悩ませることになりますから。

ホントなんですよ。

最後の最後になると、

そこんとこの見積価格と予算の

兼ね合いが、難しくなりまして。

 

「最後の最後」

ここで苦しまないように

したいものです。

 

 

「消費税なんて気にしてない!」

って方には、小さな小さな話です。

そういう方は、じっくり行きましょう。

 

 

値上げするメーカーさんたち、

いくらなんでも早過ぎでしょ。

もう1回考え直してくれないかな。

 

今月は、・・・・・・残念ですが、

今月の『家造り発表会』は、

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ない!

残念ですが、

今月はナシ!

のようです。

 

1月、2月と大好評だった

勢いで、3月も!って行きたい

ところなんですが。

 

現場の進捗状況との

タイミングもありますし、

期待してくださってる

皆様には、申し訳ありませんが、

4月には開催します。

 

OBさんともお会いできる

楽しみなイベントなんですよ。

4月に、パーッと盛大に

やりましょう!

 

今月は、

現場のバリエーションも色々。

お役所に、

リフォーム、

築10年目のメンテナンス、

建替えのための解体、

もちろん、新築も、

上棟に引渡し。

 

今月は、

そっちの方をしっかりと。

やっぱり、1つの「区切り」

みたいなところありますね。

年度末って。

 

終わり良ければ全て良し。

頑張りましょ!

近所で『露天風呂』いいね〜

河辺駅前の温泉、

「梅の湯」に行ってきました。

初めてです。

 

なかなか、

いい温泉でしたよ。

行ったことのある知り合いの

評判は、概ね『Good』評価

でしたが、私も同感。

 

また来たいな、と思える

温泉でしたね。

欲を言えば、

風呂の内装材に、

もう少し『木』を使って

ほしかったかな、と。

 

家の近所で、

露天風呂に入れるって

チョッと贅沢な感じがして

いいモンです。

 

風呂上りは、

やっぱり、生ビールでしょ。

食事処もありまして、

窓からは、河辺駅を見下ろす

景観が、これまた良い感じ。

 

お薦めスポットです。

ガスもECOになってます

ECO

いろんな給湯システムの

商品についてます。

 

エコキュート

エコジョーズ

エコウィル

エコ・ワン

 

1番上はお馴染みの商品。

オール電化住宅で使われる

給湯器の名前です。

 

他の3つは、ガスタイプのもの。

エコジョーズは、

見た目、従来通りの給湯器と同じ。

高効率になり、ガス使用量が

抑えられるようになりました。

15%くらいは、お得でしょうか。

 

エコウィル、

これもエコジョーズと同じく

高効率なんですが、さらに

お得な機能が付いてまして。

お湯を作ると同時に電気を作る。

自家発電ですね。

電力会社から購入する電気を

抑えられるものです。

ガスと電気の両方を節約。

 

最後の、エコ・ワン

『ハイブリッド給湯・暖房システム』

とも言います。

これは、

簡単に言うと、

「エコキュート」と「エコジョーズ」が

合体されたもの。

そんな給湯システムです。

 

給湯だけじゃなく、

床暖房もお考えの方にはお薦め。

最近、発売された商品です。

 

恥ずかしながら、

私も昨日、知ったばかり。

もう少し勉強してからお伝えします。

 

電気だけじゃなく、

ガスもECOが進んでるんですね。

格好いいじゃない!

立川市で建築中の2世帯住宅、

Y様邸が格好良く仕上がって

きました。

 

DSCF9087.JPG

クロス工事がほぼ完了。

部屋の雰囲気が現れてきて

いい感じですよ。

 

DSCF9096.JPG

壁一面だけ、

もしくは部分的に色の違う

クロスを貼るとグッと雰囲気が

出るんですね。

 

DSCF9098.JPG

Y様、

ギリギリまで悩んでた分、

しっかりと「こだわり」が見えて

なかなかの仕上がりになってます。

 

クロスの色、柄、貼り方で

全く違った部屋になります。

 

みなさん、悩むんですね。

なんせ種類が多いので。

悩んで、悩んで、悩んで、

これも『家造りの醍醐味』でしょ。

 

しぶといヤツでね〜

今週中頃から春の気配が。

最高気温が20度の予報です。

 

ウォーキングするにも

気持ちのいい季節が到来。

3ヶ月目に入ってます。

ウォーキング。

 

目的は、

運動不足解消とダイエット。

体重の方は順調にダウン

してるんですが・・・・・

 

腹回りがね〜

なかなか落ちないものですね。

長年蓄積された贅肉ってヤツは。

実にしぶとい!

 

まあ、

気長にやってこうと思ってます。

チョッとづつではありますが、

効果は出てるわけですから、

頑張りすぎてやめることなく、

大事なのは『継続』でしょ。

 

1年で10kg、

いや、欲張りすぎだな。

いやいや、キリがいいから

10kg減量目指します。

電車でバッタリ、「こんにちは」

昨日、東京まで向かう電車で

近所の不動産屋の社長さんと

バッタリ出会いまして。

道中、話をさせてもらいました。

 

その会社、

地元で古くから創業してまして、

今の社長は2代目。

 

年は私より10くらい若いんですかね。

よく言われるでしょ。

「2代目社長は・・・・・」ってね。

 

でもね、

その社長、なかなかですよ。

見習うところがありまして。

何か?って言うと、

 

『本業以外のこと』

ですね。

 

不動産屋ですと、普通は、

「土地」

「建物」

って宣伝してますよね。

 

そうじゃないんです。

いろんな催しを開いて

地元の人とのコミュニティーを

やってるんです。

 

いわゆる、

地元還元、みたいな。

地元で商売させてもらってる

恩返しみたいなものでしょうか。

 

先代社長から

「お前、本業じゃないこと

何そんなに頑張ってるんだよ!」

って、お叱りを受けるそうですが。

 

いやいや、

立派なことだと思います。

なかなかできることじゃない。

 

自称、

『家造りバカ一代』の私も、

まだ短いですが、19年

この青梅で商売をやらせて

もらってます。

 

身近にいいお手本がありますので

オイラも負けずに頑張らないと。

そんな有意義な時間でした。

3連覇、大丈夫かな?

WBCが今日から始まりますが、

キューバ、強そうですね。

6日でしたか、対戦するのは。

メジャー組がいない今年の

日本は、なんとなく元気なく

見えるんです。

 

WBCが終われば、

日本のプロ野球も開幕。

今年も東京ドーム行きますよ!

 

去年は、まずまずの成績。

応援に行った試合の結果は

勝ち越してたはず。

その前までは、ボロボロでした。

ほぼ全敗。

 

3月、

1回行ってくるか!

 

まずは、

生ビールから。

そんで、ハイボール。

ハイボールを何杯か。

5回頃から気分良くなってきて、

勝ってるか負けてるかによって、

いい酒か、悪い酒に・・・・・・

 

一緒に行ってる琴音からは

度々『教育的指導』が。

 

でも、

これが親父の野球観戦の基本でしょ。

 

 

 

「タイルの壁」懐かしいね〜

キッチンのリフォーム。

13年前に新築したOBさん宅です。

 

DSCF8962.JPG

当時は、

システムキッチンじゃなく、

流し台とガス台の置き方。

扉は開きタイプです。

今は、引き出し式に変わり、

奥の物が取り出しやすく

なってます。

正面の壁もタイル張り、

だったんですね、あの頃って。

懐かしいなあ〜

 

 

新しく設置されるのは、

『システムキッチン』

今日、現場に搬入され、

即、取り付けます。

 

水周りの商品、

キッチンやユニットバスは

リニューアルが早い。

毎年、いや半年毎に

変わってるような気がします。

 

今回も、

このタイミングでリニューアル。

食器洗い乾燥機が新しくなりました。

従来より、きめ細かい洗いができて、

節水・節電にもなってます。

 

手元灯にも、

『LED照明』がラインナップ。

これも採用。

 

使い勝手と収納量、

13年前とは、

比べ物になりませんね。