社長ブログ | TKプランニング

2月は28日まで

2月が今日で終わります。

 

2月って、

個人的にいい思いがないので

好きじゃない月です。

1番短い月でよかった。

28日ですからね。

 

今年も今イチ、ってとこかな。

体調面でね。

 

そう、体調面でツキがない月なんです。

他の11ヶ月は元気バリバリなんですが、

2月だけは、何故か・・・・・

今までの47年の人生で1番、

悲惨な目にも遭ってますし。

 

今日が終われば、

月も変わり、3月。

3月はいいね〜

卒業と新しい旅立ちの月。

 

ウチの娘2人もそう。

長女は大学卒業。

次女は高校卒業。

 

私が上京したのも3月。

寝台列車から降りた上野駅。

今でも鮮明に記憶してます。

あれから29年。

 

早いものですが、

お陰様で楽しくやってます。

段々と暖かくなるとともに、

現場の方も賑やかになりそうです。

 

『春』っていいですね〜

当初の目的は達成しましたが・・・

都立高校の入試も終わり、

ウチも、都立高校の工事が

もう少しで終わります。

 

昨年の夏頃から始まった

2つの公共工事が終了。

消防庁と教育庁の発注工事。

 

木造住宅とは違う工種、工法、

色々と勉強になりました。

建築工事全般を見ると、

ホント、幅が広いなと感じます。

 

公共工事を経験して、

木造住宅の現場に生かせる

モノを発見することもあり、

大変な面は多々ありますが、

やって良かったなと思います。

 

もう10年チョッとになりますかね、

東京都の指名参加資格を取ったのは。

年に1件か、2件受注してきました。

始めたきっかけは、

当時、悪評高かった『談合打破』です。

指名された業者がみんなで相談して

受注業者を決める、『談合』が平然と

行われてたんです。

 

もちろん、ウチにも談合の誘いは

ありましたが、断固拒否。

毎回、ガチンコ勝負でやってきました。

色々ありましたよ。

嫌がらせとか、不当な要求など。

全て、断固拒否!

 

今は、談合自体が存在してません。

やりたくてもできないシステムに

入札が変わりましたので。

 

今の入札って、ほとんどがインターネット。

パソコンから「札入れ」するんです。

ですから、業者同士の接触もなければ、

発注側との接触もナシ。

やりたくてもできません。

 

ということで、

私の目的は達成されたわけでして、

公共工事への参加は終わりかなと。

 

でも、

それとは別に、

勉強になることも確かです。

勉強のためには今後も、

指名参加資格は持ち続ける

つもりです。

どっちなのか聞いてきます

風邪なのか、花粉症なのか?

 

昨日の午後から、

声が出なくなりました。

おかしいよな〜

変な声。

相撲取りの高見山関みたいな声。

 

社員からは、

「社長、それ花粉症じゃないですよ」

 

うん、うん、

確かに。

花粉症で声が出なくなった、って

聞いたことないしな。

 

カミさんからの電話に出たら、

「えっ、誰?

社長?

声が違うー

どうしたの、その声」

 

声が出ないのと、

鼻水以外は特になんとも・・・

 

今日は、医者に行ってきます。

はたして結果は?

風邪なのか、花粉症なのか

「今年の花粉は去年の5倍」

らしいんです。

 

花粉症なんて贅沢病だ!

なんて言ってた私ですが、

数日前から、

「風邪かな?」

喉が痛く、鼻水が出て、

頭がボーっとしまして、

風邪薬を飲んで、酒も抜き

早めに寝ました。

 

熱は無いようなんです。

無いよう?

そう、計ってないんです。

熱、計るのが嫌でしてね。

熱に弱いんです。

スゴク弱いんです。

 

「37.5度!」

あー、もうオレはダメだ〜

気力も何もなくなって、

全くのダメ男状態。

 

 

そんな状態が、

今日で4日目。

パッとしないんですね。

これが、『花粉症』って

ヤツなんでしょうか。

ホント、イヤな症状ですね。

 

上京して29年。

やっと、東京人に

なった、ってことかな。

えっ、乾杯ですか!

昨日は、カミさんと新宿のホテルへ。

結婚披露パーティに出席してきました。

 

ウチのOBさんの結婚式です。

もう10年チョッとのお付き合いに

なります。

最初のきっかけは、『自宅のリフォーム』

その後、

仕事以外でも色々とお世話になり、

仕事以外の方が多いですかね。

 

そんなわけで、

ご招待いただきまして、

夫婦で図々しく行ってきました。

 

披露宴が始まって、

まずは『乾杯』ですよね。

 

ここで、サプライズ!

 

乾杯発声のご指名が、

なんと私に!!!

 

えっ、ウソ、

何か前振りが欲しかったな〜

ですが、

おめでたい席での乾杯発声。

大勢の方、諸先輩の中からの

ご指名です。

 

大変、名誉なこと。

ここは、私も有難くお受けして

「僭越ではございますが・・・・・」

 

楽しい3時間を過ごしてきました。

新郎の初々しさ、

男って、いくつになっても

子供みたいなところ、

持ってるもんなんですね〜

 

Fさん、

これからもヨロシクです!

おめでとうございました。

1番最後の工事は何だ?

立川市のY様邸、

木工事が完了。

 

木工事、大工さんの工事です。

木造住宅の主役は大工。

やることがたくさんあります。

 

DSCF8155.JPG

最後の仕事は、

システムキッチンの取り付け。

キッチンとお揃いのカップボードも。

DSCF8156.JPG

この後、

仕上げ工事に入ります。

 

まずは、

天井と壁のクロス工事。

クロスが終わったら、

電気屋さんと水道屋さんが

器具付けに入ります。

照明器具やインターホン、

便器に水栓金具、などなど。

 

1番最後の工事って

何だと思いますか?

 

「クリーニング」

おしいね〜

クリーニングの後に

あるんですよ。

 

答えは、

「網戸の取り付け」

網戸が1番最後の工事なんです。

小さな「こだわり」が大事

昨日はN様邸の配筋検査。

 

DSCF9022.JPG

検査官は、ここんとこ毎度

担当されてるOさん。

なかなか細かい方で、

有難いことです。

 

鉄筋工事にも色々な規定が

ありますが、その中でも

「必ずやるべきこと」と

「やった方が望ましい」

ことがあります。

 

検査官Oさんは、

この「やった方が望ましい」を

アドバイスしてくれます。

 

逆に、

他ではやってないことを

ウチがやってることもありまして。

DSCF9026.JPG

 

チョッとした、小さな「こだわり」が

現場には大切なんですよ。

今じゃ、「うん、わかった、わかった」

まだまだ続くようです。

この寒さ。

 

「今年は寒いね〜」って

声をよく聞きますが、

 

私、個人的には『?』

今年に入ってから、

あまり、寒いと感じません。

 

正月、帰省したせいかな。

田舎の冬は厳しいから、

寒さが「痛い」っていう風に

身体に突き刺さるというか、

そんな寒さなんです。

 

それに比べたら、

今年の冬でも、

「まあ、普通の寒さかな」と。

 

今年に入ってから、

朝晩の通勤、歩いてるんですが、

「寒いな!」って感じた朝は、

2、3日くらいでしょうか。

 

『ウォーキング』

チョッとですが、成果が出てます。

腹回りから下半身が絞れてきて、

まだまだですけど、嬉しいモンです。

 

オカンに、

「おい、腹引っこんできたぞー」って。

言いたくなるんですよ。

オカンも最初のうちは、

「頑張ってるね〜、スゴイ!」

 

私が何度も言うモンですから、

今じゃ、

「うん、わかった、わかった」

 

こんなことじゃ、

めげません。

目標まで、

あと、6kg減ですから。

 

道のりは、遠そうですが、

やるっきゃない!

中国から、

PM2.5

 

例年、中国から飛来する

黄砂の時期が近づいてます。

 

その黄砂に『PM2.5』が付着して

運ばれてくる恐れがあるとか。

 

困ったものですね〜

 

スゴク小さな粒子なんですって、

PM2.5って。

直径が、2.5マイクロメートル以下?

わからないけど、とにかく小さいらしい。

マスクで大丈夫なんでしょうか?

 

 

今まで聞いたことがない

新しい名前が毎年登場

しますが、こういう嬉しくない

ものは永遠に隠れていて

ほしいもの。

 

国は、

「注意して!」

「警戒して!」

って宣言するだけ?

 

・・・・・・・・・・・・

 

何か打つ手は

ないんでしょうかね。

空間を有効活用

立川市の2世帯住宅、

Y様邸の木工事が、

あと少しで完了です。

 

DSCF8126.JPG

階段も設置され、

この後は、『タタミコーナー』

 

DSCF8133.JPG

リビングの床より1段高く仕上げて、

その下を収納にして、有効活用。

 

家の中の空間、

できる限り活用したいものです。

パッと思い浮かぶのは、「階段の下」

どんな使われ方が多いかと言うと、

1.トイレ

2.収納

 

この2つが圧倒的に多いでしょうね。

お客様の要望で1番多いのは、

「収納をたくさん欲しい」ですから、

余った空間を収納に有効活用します。

 

ウチの家の場合、

断熱性能に優れていますので、

お薦めの場所は、『小屋裏スペース』

2階の天井裏と、屋根との間の空間。

ここって、意外と広いんです。

 

2階の床面積の1/2以下でしたら、

3階ではなく、「小屋裏収納」として

建築確認の許可が取れます。

 

思うように収納スペースが

取れなかった場合は「小屋裏」を

有効活用してみましょう。

上がり降りには、

「ハシゴ」じゃなく、「階段」がお薦め。

Happyな週末でした

週末は、とても賑やかで

Happyに過ごせました。

 

TKファミリーに新規入会員が3組。

ということで、

建物の契約が2件。

土地の契約が1件。

ありがとうございます。

 

『契約』

家造りにおいては、

マラソンのスタートラインに立った、

そんな感じでしょうか。

そう、スタートなんです。

これから始まるわけ。

 

打合せ期間も含めると、

6ヶ月、7ヶ月という長い道のり。

少しずつ形にして行くんです。

『夢』を理想の形に造りあげて行く。

 

真剣勝負の始まり、始まり〜

 

お客様の勇気と覚悟を、

正面からしっかり受け止めて、

一緒に力を合せて造る。

これが、「TKの家造り」ですね。

 

 

先日のブログでも書きましたが、

契約という、スタート地点では、

まだ『期待』の段階です。

 

その『期待』を、

『喜び』に成長させるのが

第一の使命ですから、

まずは、そこに全力投球。

 

いや〜、

楽しい、

家造りって。

もう20年近くになりますが、

ホント、奥が深くて深くて、

面白い!

 

気合入ります。

頑張らせていただきます!

 

親父として、

新しい一歩を踏み出す時は、

期待と不安が入り混じり、

胸が高まるというか、興奮

するような気持ちになるもの。

 

29年前の今頃はそんな自分でした。

青森の田舎から、日本一の大都会、

東京に出る時の自分の心境です。

 

その時の親父って、

どんな思いだったんでしょうか。

 

今、

自分が、その親父の立場に

なってるわけで、複雑な思いです。

子供が新しい世界へチャレンジする

ことに、嬉しさと寂しさ、それと心配

な気持ちが交錯してます。

 

子供って、親が思ってる以上に

着実に成長してるんですね。

いつまでも子供だと思ってたのに、

ちゃんと大人への階段を上り出してる。

 

そうなると、

親にできるのは、

手を差し延べることじゃなく、

見守って応援することだけ。

 

 

今日は、

そんな親父の独り言です。

横田基地でボウリング

昨日は、横田基地へ。

FamilyでIn The Base

 

まずは、

RestaurantでDinner です。

私は、Sirloin Steak を注文。

もちろん、Beer もね。

 

腹ごしらえをして、

Bowling alleyへ。

久しぶりでしたね。

実は、去年の夏、

右手の親指を骨折してまして、

今も少々痛みが残ってて、

というわけで、スコアはボロボロ・・・・

 

American Beer を飲みすぎたせいかも、

狙い通りに球が行かずに、

目標は、160Point だったんですが、

酒気帯び状態、

いや、完璧な飲酒投球でして、

散々なスコア。

 

 

クリスとブライアンに

今回は、完敗。

Next Time Revenge だな。

コーキングの打ち替え

多摩川沿いを昭島から

福生の南公園まで歩き、

「いや〜、気持ちいいね」

このまま青梅まで歩こうかな、

って思うくらい爽快な気分。

 

何やってるの?

ですよね。

 

今、昭島のOBさん宅で

外装の塗り替えリフォーム中

なんです。

チョッと歩こうかな、ってことで。

もちろん、メインは仕事。

 

DSCF8927.JPG

現状はこんな感じ。

タテの目地は、コーキングです。

 

 

DSCF8928.JPG

既存のコーキングを撤去します。

 

 

DSCF8947.JPG

新しいコーキングの前に

まずは養生から。

 

 

DSCF8996.JPG

そして、

新しいコーキングが充填されました。

 

コーキングの色、

間違ったわけじゃありませんよ。

この上から全面塗装して仕上げます。

 

外装の塗り替え工事は、

コーキングの打ち替えが先なんです。

 

コーキングの寿命も10年が目安ですよ。

早めのメンテナンスがお薦め。

「期待」から「喜び」に、そして「感動」へ

バレンタインDAY、

ですよね、今日は。

 

最近、おとなしくなってませんか、

2月14日が。

私には、どうでもいい日ですが。

小学生の頃がピークでしたね。

『モテ期』のピーク。

 

それよりも、

ウチは、明日からおめでたいことが

続きそうなので、そっちでワクワク。

 

と同時に、気を引き締めて、

ウチに期待してくださる方の

声に応えなくちゃいけませんから。

 

期待してもらえる、って

幸せなことでしょ。

その分、努力しないとダメ。

必死で頑張らなくちゃね。

 

「期待」を「喜び」に、

そして「感動」に変えて

いくことが我々の使命ですから。

それくらいプレッシャーを

かけないと、いいモノなんて

できっこない。

気合入りますね〜

 

その前に、

今日から着工する現場、

国立市のN様邸。

いよいよ、家造りがスタートします。

土地探しで苦労した分、

理想の土地が手に入りました。

 

そんな最高の土地に負けない、

『感動の家』を造ってやるぞー!

池袋で勉強して来よーっと

今日は定休日、

を利用して、都内まで。

 

池袋で講習会があるんです。

『低炭素住宅』について。

 

これからの住宅は、

こういう風に変わります。

ってことを聞きに行ってきます。

 

簡単に言うと、

地球温暖化防止、

CO2削減、

というのと、結び付いてること、

なんでしょうね。

 

 

ゼロ・エネルギー・ハウス

 

低炭素住宅

 

これから家を購入しようと

考えてる方は、この2つを

勉強しましょうね。

後で痛い目に合わないために。

 

これからの、

標準的な新築住宅とは?

断熱基準がグーンとUP

するのは、間違いないこと。

 

みなさんに

わかりやすく説明できるように

勉強してきます!!!!!

これが、「地元」っていう安心感!

発表会を終えて、

驚きました!

 

カインズホームの集客力に。

スゴイ数の人が来られるんですね。

次から次へと、途切れることなく

車が出入りしてました。

 

いや〜、

スゴイ人気なんですね、

カインズホームさん。

 

 

でも、

ウチも負けてはいませんよ。

3日間とも、

たくさんの方に、お越しいただき、

総数は、・・・・・・

多すぎてわかりません。

ホームページで発表されると

思います。

 

先月のあきる野市での開催も

大盛況でしたが、

やっぱり青梅市での開催は、

何と言ったらいいんでしょうか。

安心感みたいなものがありまして。

これが『地元』っていう感覚

なんでしょうか。

自然体でいられる、みたいな。

 

初めての方、

再来の方、

OBさんたち、

寒い中、

足を運んでいただいた皆様、

本当にありがとうございました。

また、今日から

張り切って頑張らせてもらえます。

『モノづくり』の原点でしょ

発表会を2日間終えて、

本当にありがとうございます。

 

たくさんの方にご参加いただき、

TKの家、

TKのスタッフを、

みなさん、真剣に見学してくださり、

こっちも「もっともっと頑張らなきゃ!」と

元気と勇気をもらいました。

 

ウチの『家造り発表会』

ご覧いただきたいのは、

家だけじゃないんです。

家と同じくらい、会社の姿勢も

厳しい目で見てほしい。

 

「いい家」を造るのは、

家造りのプロとして当たり前のこと。

出会いから、着工、完成、

そして引渡しまで、一生懸命

頑張るのは、当たり前。

誰でもできること。

 

肝心なのは、その先。

引き渡してから先のこと。

 

「それまでと同じようにできるか?」

そこが大事なことだと思ってます。

住んでもらってからが、

ホントの家造りなんですね。

 

 

すいません・・・・

2日間、真剣に「いい家が欲しい」と

考えてる人たちに出会ったせいで、

少々、熱くなってますので、ご勘弁。

 

ウチの発表会に

いらした方に、お伝えしたのは、

「ホントの家造り」なもので。

 

「いつも木村さんって、

あんなこと言ってるよね」

そう思われても仕方ありません。

1人でも多くの人に伝えたいこと

ですので。

しつこいと思われても、

繰り返し、繰り返し、

言い続けるでしょう。

 

『モノづくり』に携わる者の責任は、

造ったモノを使い続けてもらう限り

続くものだと思うんです。

「いいモノ」を完成させて終わり、

じゃないです。

 

「家」も、そんなモノづくりと

同じではないでしょうか。

 

「モノづくり」の原点を思い出させて

もらった2日間に感謝です。

 

みなさーん、

今日もやってます。

TKの家とスタッフを

見に来てください!

ドンドン声を上げてください!

「冬は寒いからリビング階段は・・・」

マイホームを購入した友人から

そんなアドバイスを受ける方が。

 

なるほどね〜

リビング階段は寒いか。

暖めた空気が上へ逃げて、

上から冷たい空気が降りてくる、

ってことなんですかね。

 

これが、日本の家のスタンダード

だと思うと寂しい限りです。

でもね、

昨年辺りから、チョッと変わって

きたように思えます。

 

「冬だから寒いのは仕方ない」

ではなく、

「冬でも暖かい家が欲しい」

そんな思いで、断熱に対して

勉強してる方が増えてます。

 

いい傾向じゃないですか。

日本の家造りを変えられるのは、

実は『住み手側』なんですね。

住まわれる人が、声を上げることが

1番効果的なこと。

 

今までの「仕方ない・・・・」っていう

潔さ(?)はやめて、造り手側に

「寒くない家を造れ!」っていう

シンプルな要望をドンドン出すこと。

 

それが、日本の家造りを変える

動きにつながりますから。

TKは、そんな方々を応援します。

 

 

もう1つ、

『10年保証』

これも、実はおかしな制度でして。

あれって、

一見、お客様の為と思われるでしょうけど、

私の考えは「NO」

 

法律で定めること自体、

馬鹿げてると思います。

法律で縛らなくちゃ保証しない、

ってことなんでしょうか?

この住宅業界の人たちは。

 

ということは、逆の見方をすると、

10年までは保証するけど、

10年を超えたら保証しません。

ってこと?

おかしいでしょ。

 

そんな制度があるから、

10年でガタツク家が未だに

堂々と建てられてるんじゃ

ないでしょうか。

 

『10年保証』って制度は、

造り手側の為のモンなんです。

 

「TKさんんは、何年保証ですか?」

こんな質問を受けることが度々あります。

いい質問だと思いますよ。

保証について確認するのは

大事なことですから。

 

私はこう答えてます。

「生涯保証、

住み続ける限りズーッとですよ」

 

これが、

TKの家造りですから。

今日から3日間やってます!

さあ、

今日から青梅市新町で、

『家造り発表会』の構造編を

開催します。

 

青梅IC近くの、

カインズホームを目標に、

お越しください。

 

DSCF8946.JPG

この現場です。

 

少しだけ、オプション費用を追加して

いただければ、最高ランクの耐震性、

断熱性の家が建てられます。

 

なんていうセコイことは言いません。

追加費用ナシの標準仕様が、

最高ランクの耐震・断熱住宅です。

これが、『TKの家造り』

 

今回は、構造編ですので、

そこんところの仕様が、よーく

わかるようになってます。

 

 

 

「青梅のTKプランニングって会社ですが、

耐震と断熱に自信があるって言ってますけど

どんな会社ですか?」

 

この前、

インターネットで、こんな書き込みを

見つけました。

質問してくれた方、

ありがとうございます。

ウチのこと、気にしてくれてるんですね。

 

是非、是非、

会場まで、お越しください。

答えが見つかりますから。

 

「どんな家が、本当にいい家なの?」

 

「お金が無いから注文住宅は無理でしょ?」

 

「土地もないのに、家のことはまだ先?」

 

こんなこと、思ってる人も大歓迎です。

まずは、

自分の目で見て、

自分の耳で聞くことから。

 

今日から3日間やってます。

ぶら〜っと、

立ち寄ってみてください。

防火用の『窓』が変わります

住宅の窓が変わります。

防火用の窓が。

 

2年ほど前でしょうか。

住宅用サッシの防火試験がありまして、

残念ながら、というか、

まさかの『不合格』だったんです。

 

細かな試験方法まではわかりませんが、

ここ数年、何でもそうなんです。

『厳格化』されてるみたい。

 

じゃ、

「今までの試験は何だったの?」

ですよね。

 

これまでは、

簡単に言うと、

ガラスを厚くして、ガラスの中に網を

入れたものならOKだったんです。

『網入りガラス6.8ミリ』ってもので。

 

それで、全てOK、

いわゆる『通則認定』

どの窓でも、認めましょう、ってこと。

 

その『通則認定』から

『個別認定』に変わるんですって。

1つ1つ、試験を行って、合格した

窓に、それぞれの防火認定番号を

与えるように変わるそうです。

 

まあ、

この流れは、2年前から続いてたんですが、

正直、ハッキリとした答えが出てなかったんです。

そうそう簡単に出来ることじゃないですからね、

防火認定を取り直すことって。

「今年の何月までは、このままでも・・・」とか、

「来年の3月末までに登録をすれば・・・」など。

 

『個別認定』に変わるということは、

わかりやすくなる、という意味では

いいことだと思いますよ。

 

先行して、動き出したのは、

LIXIL(リクシル)というメーカーさん。

従来の窓は、「防火指定なし」の

場所でしたら、今まで通り使用できます。

「防火地域」または「準防火地域」の

エリアですと、従来の窓が使えませんので、

新しく発売された

『防火戸FG(ファイヤーガード)』

を使用しなくてはなりません。

 

YKKapの方は、

まだ、何の知らせも来てません。

近いうちに、説明があると思います。

 

窓は、断熱性も大事ですが、

防火性能も重要なポイントですからね。

 

また、

新しい動きがありましたら

お知らせします。

ウォーキング、気持ちいいね〜

昨日の定休日は、

社内にこもり、1日中

見積書や書類の作成。

 

チョッと苦手でして、

1日中、同じことやるってのが・・・

現場へ行ったり、

お客様のところへ行ったり、

土地探しに行ったり、って、

いろんなことやってる方が

私には向いてるな。

 

 

今日は、いろいろやります。

現場へも行きますし、

昨日、できなかったウォーキングも、

それは仕事じゃないですけどね。

 

『ウォーキング』

正月から歩いてます。

晴れてる日なんて、

最高に気持ちいいですね。

 

体にもいいし、

老化防止(まだ、そんな年じゃないけどね)

 

OBさんたちからも

「社長、体には気をつけて!」って、

申し訳ありません・・・・

なんか、心配させちゃってるようで。

 

本人は、いたって元気なんですが、

まあ、50も近くなったわけだし、

日頃の運動不足を解消して、

いつまでも若々しくいられるよう、

OBさんたちに安心してもらわないとね。

 

『ウォーキング』

もう1つの狙いは、

いや、1番の目的は、

 

実は、

 

 

大きい声では言いたくないんですが、

ダイエット・・・・・・・・・・・なんです。

今週末は、カインズホームの近くで・・・

いよいよ、今週末は第2弾。

青梅市で『家造り発表会』です。

 

場所は、

カインズホームを目標に、

カインズのスグ近くですから。

わかりやすいと思いますよ。

駐車場も用意しております。

隣の方に、ご協力いただきまして、

ありがとうございます。

 

住宅業界、

2020年に向けて、大きく動いてます。

消費税増税と比較にならないほど、

大きく変わります。

これから家を持とうという人は、

先を見据えた賢い家造りをしましょう。

 

今の時代、

知ってる人だけ得する、

知らなきゃ損。

「へー、そんなことあるんだ!」

まずは、知ってもらいましょ。

この先、

国が進める住宅業界は、

どう変化するのか。

 

2月9日から11日の3日間、

準備万端で、

お待ちしております!

明日の天気には、ご注意!

明日は「雪」の予報ですが、

今、ネットの天気予報を見たら

「みぞれ」になってました。

ただ、最高気温は3度。

 

雪は勘弁してほしいですね。

後始末がやっかいですから。

現場の方は、外仕事はできないと

考えた方がいいね、

それで、できたらラッキーということで。

 

 

今年に入り、

リフォームのお問い合わせが増えてます。

屋根や外壁の塗り替え、

1部屋増やしたい、という増築、

和室から洋室への模様替え、

キッチンや浴室、トイレの取替え、

などなど。

 

ウチの特徴は、

大工さんが自前の正社員、ということ。

ですから、

小さな工事でも、スグ対応できるのが強み。

「新築」と「リフォーム」

工事の件数でいえば、

同じくらい手掛けてます。

いや、

リフォームの方が多いかも。

 

新築とは違う面白さもあり、

ビフォー・アフターの

アフターでは、感激することも。

新築のように、キレイに蘇るから。

 

でも、大事なところは新築と同じ。

構造には十分な検討を重ねること。

『安心・安全な住まい』は

新築もリフォームも共通ですから。

新ショールームを初見学

去年の6月ですかね、

パナソニックの立川ショールームが

移転したのは。

 

昨日、新しいショールームに

初めて行って来ました。

 

率直な感想。

うーん。。。。。。

前の方が良かったな〜

 

良く言えば、

キレイにコンパクトに

まとめられていますが。

 

何故か落ち着かない感じで、

ゆっくり見ようかな、って

思えない雰囲気でしたね。

 

前のショールームの方が、

面積は広かったらしいんです。

そうですね、

ゆったり感はありましたね。

テーブルに座って、お茶を

飲みながら、話をしましょうか、

ってのが楽にできてましたね。

 

機能的でコンパクト、

っていうのもいいんでしょうけど、

一見、無駄に見えるようなスペース

って、リラックスできたりして。

 

家の間取りにも同じようなことが

言えるかもしれません。

もったいないな〜

無駄じゃないかな〜

そういう場所がある家って、

落ち着くし、長居したくなる。

 

そうね〜

いい勉強になりました。

 

新ショールーム、

見やすくは

なってましたよ。

シーリング工事

外壁のサイディング工事完了。

 

DSCF8907.JPG

この次は、防水工事。

シーリング打ちです。

サイディングの継ぎ手、

サッシとの取り合い部分に

シーリングを充填します。

 

DSCF8909.JPG

まずは、

周りにはみ出ないように

テープで養生から。

サイディングのサイズは、

タテ455ミリ

長さ2,730ミリ。

横の継ぎ手は、8ミリ程度の

隙間を空けて、そこにシーリングを

打ち込みます。

 

DSCF8897.JPG

パイプ等の貫通部分も。

 

地味に見えますが、

シーリングは家の防水上、

とても重要な工事なんです。

松代と真田家

昨日は、無断欠勤してしまいました。

どうもすいません。

 

31日から長野市へ出張になりまして、

ブログ、休ませてもらいました。

ある勉強会に出席してきました。

直接、仕事に関係するものじゃ

ないんですが、

でも、全く関係ないわけでもなく、

勉強です、勉強。

 

そんで、

チョッとばかり時間が空きましたんで、

私の好きな『歴史探索』してきました。

 

長野市といえば、

善光寺、が有名ですが、

そっちではなく、

『松代城址』へ行ってみました。

 

時は戦国時代。

武田信玄によって築城され、

上杉謙信との「川中島の合戦」の

舞台になった城です。

 

その後、

1622年に真田信之が移って来て、

以降、廃藩置県までの約250年間

真田家が10代にわたって松代を

治め、城下町として発展させました。

 

真田家ゆかりの地、なんですね。

松代は。

 

真田家について。

有名な話は、関ヶ原の戦いでのこと。

信之の父、昌幸と、

弟の幸村は、西軍の豊臣方につき、

信之は、東軍の徳川方に。

親子・兄弟が別れて戦うことに。

 

結果は、ご存知の通り、

徳川の天下となりましたので、

信之は、上田領を与えられ、

そこから松代の藩主として

移ってきたわけです。

 

真田家の中で人気があるのは、

『幸村』でしょう。

大阪冬の陣での活躍は有名です。

徳川家康をあと一歩まで

追い詰めたのが、真田幸村。

 

あれれれ、

すっかり、歴史の話になっちゃって。

勉強会より、歴史探索に没頭した

みたいになってますが、

勉強の方もしっかりやってきました。

 

最後に、

松代城址のお薦め場所は、

1.真田邸

2.真田宝物館

3.文武学校

この3つですね。

¥500で、3つ見れますよ。