社長ブログ | TKプランニング

雪でしたね、すいません・・・

早とちりしちゃいました。

すいません・・・・

 

大雪になっちゃいましたね。

朝は雨だったので、

てっきり今日は「雨」って

決めつけてしまいまして。

 

おかげさまで、

昨日の発表会の来場者は、

2組。

 

少し早めにCLOSEさせて

もらいました。

 

雪が降った後が大変なんですね。

道路がガチガチに凍ってます。

通勤時には、十分足元に気を

つけてください。

東京の人は、スグ転んで怪我して

ニュースになりますから。

 

3日間の発表会を振り返って、

今年は、『家造り』に動き出す

方が多いのかなと感じました。

やっぱり、消費税の関係も

あるんでしょうか。

たくさんの方と、お話をさせて

もらいましたが、具体的に動き

出そうとしてる方が多く、こちらの

話を真剣に聞いてくださる方ばかり。

 

欧米の家は、40年以上も建ってるのに、

日本の家は、20年程度で建替えられる。

それは何故?

 

今回は、そのへんの話を中心に

説明させていただきました。

日本って、

地震に対しては、ものすごく敏感に、

そして、厳しい基準を出してきましたが、

「断熱」とか「寿命」については、

大げさに言えば、ほったらかし状態でした。

 

「断熱・気密」を正しく施工しないと

家の寿命って短命になってしまうんです。

欧米並みに長持ちさせる家を造るには、

施工方法を見直す必要があります。

 

日本は地震国ですから、

「耐震」は、もちろん重要ですが、

それと同等に「断熱・気密」も

大事なことなんです。

 

35年という長い期間、住宅ローンを

組むわけですから、最低でも35年は

しっかりした家であってほしいもの。

それが20年程度でガタがくるようじゃ

どうしようもないでしょ。

 

TKの家は、

今年も更なるパワーアップを目指してます。

30年、40年と安心して住める家造り。

お客様も安心、

造り手の私たちも安心できる家。

 

2月も開催します。

今度は、青梅市で予定してます。

『丈夫で長持ちする家』

1人でも多くの方に伝えたいので。

コメントする