社長ブログ | TKプランニング

私の役割は、

昨日は、大田区の久が原、

ってところまでドライブしてきました。

片道50km超。

「電車で行けよー」って感じでしょ。

 

私、

ダメなんです、電車が苦手。

混み合ってる電車より、

渋滞する車の方がいい。

田舎モンには、東京の電車、

どうしても馴染めないですね。

 

中央高速、高井戸で降りて、

環八に入り、「用賀」を過ぎて、

「瀬田」を過ぎて、「田園調布」を

通過、その先が「久が原」

時間にして、2時間半ほど。

 

用件はというと、

お客様の土地引渡しに伴う、

銀行での残金決済立会いです。

 

『土地の引渡し』

所有権を移転する手続きと、

土地代金の支払いのこと。

銀行の応接室を借りて、

集合するのは、

「売主」

「買主」

「司法書士」

「仲介業者」

それと、この私。

 

所有権の移転に必要な

書類が揃っているか、

移転することに問題は無いか、

司法書士が確認します。

司法書士のOKが出なければ、

銀行はお金を出してくれません。

 

「お金」といっても、

現金が出てくるわけじゃないんです。

手続きは、振込みなので、

大金は、通帳に記載されるだけ。

数千万円が入金されて、

数千万円が出金される。

通帳を見て、

「うぉー!」

 

なかなか実感がわかない・・・んです。

「今日から俺の土地だー!」っていう。

 

私の役割?

買主さんの隣に座って、

「にらみ」を利かせること。

ボディーガード役、ってとこかな。