社長ブログ | TKプランニング

『新耐震基準』とは?

東日本大震災以降、

家造りに1番関心を持たれているのが、

『耐震性』

 

そこで、今日は、

建築基準法が定めている耐震基準について。

耐震基準とは、

一定の強さの地震が起きても損傷、

倒壊しない建物が建設されるよう

定めている基準のことです。

 

1978年の宮城県沖地震を踏まえ、

1981年に改正されたのが、

「新耐震基準」

 

新耐震基準では、

震度5程度の地震では、被害が

軽くて済むように求められています。

発生確率が低い阪神大震災クラスの

震度6強〜7程度では、倒壊・崩壊せず、

中や周辺の人に被害が出ないような

設計とすることを基準としています。

 

ウチの『TKパネル』は、

阪神大震災の震度7で振動実験を行い、

耐震強度を証明しました。

横揺れは、わずか数ミリほど。

その結果、

国土交通大臣から

『壁倍率4.1』の認定を受けてます。

 

DSCF8655.JPG

ここに来て採用したわけじゃないですよ。

ウチは、10年以上前から耐震性能には、

こだわって積極的に取り組んできました。

ですから『TKパネル』は、

ウチのベテラン選手なんです。

 

青梅市内で、

『TKパネル』を見学できる

建築中の建物がありますので、

興味のある方は、お問い合わせください。

いろんな耐震工法がありますが、

TKパネルは、強度と精度はバツグンですよ!