社長ブログ | TKプランニング

新築で1,000万円台!?

デフレ不況が続いてますが、

建売住宅の価格もメチャクチャ

状態ですね、

特に今年になってから。

 

新築住宅が1,880万円!

土地代と建物代の両方で

この価格ですよ。

 

いや〜

一体どうなってるのか。

噂では、

建物代は、500万円とか600万円、

なんて話を聞きます。

28坪の家を500万円で建てる?

 

うーん・・・・・・・

いくら、建売と言えど、

そこまで、やっちゃって

いいものなのか。

 

小作駅、河辺駅から徒歩圏で、

2,480万円の新築住宅。

土地代だけじゃなく、建物も付いて

この価格。

 

不動産屋さんから聞いた話ですが、

今年は、3,000万円以上の物件が

なかなか売れなかったみたいです。

2,000万円台が圧倒的に多く、

購入者層は、20代から30代前半。

 

なるほどね〜

言われてみれば、

ウチの会社のお客様も、今までより

若い方が増えてきてますね。

 

若い人たちへ、

今の建売価格は普通じゃないですから。

建物を500万、600万円で建てるから

成り立ってる価格なんです。

 

究極に、安さだけを追求して建てれば

建てられないことはありませんが、

『家』って、そういう物じゃないと思います。

35年もの長いローンで買うわけですから、

少なくとも、35年間はしっかりしてる家を

建てた方がいいと思いますよ。

 

値崩れさせて叩き売りしてるのは

ごくごく一部の会社だけですけどね。

コメントする