社長ブログ | TKプランニング

残念ですが、本日終了〜

【フラット35】Sエコの申込みが

本日31日で終了します。

 

Sエコは、

金利引下げ幅、引下げ期間が、

当初5年は、▲0.7%

6年目以降20年目まで▲0.3%

さらに、

融資上限枠が100%と全額融資。

という、お得な商品でして、

今日で終わってしまうのは、

ホント残念なこと。

 

明日からは、

【フラット35】Sに変わります。

2つのプランがありまして、

Aプランは、当初10年間、▲0.3%

Bプランは、当初5年間、▲0.3%

となります。

もう1つ、

融資の上限枠ですが、

100% → 90%に下がります。

10%は自己資金が必要になる、

ってことです。

ミックスローンや、パッケージローンを

併用すれば、100%融資も可能ですが。

 

近いうちに、申込みをしようかなと

思ってた方は、急いでください。

今日中に、申込みの受付さえ

できれば、Sエコを利用できます。

 

審査の承認が条件じゃないですよ。

「受付」が済めばOKですから。

1番の「こだわり」は、

ここ何日かは

ウチの「こだわり」部分を

書かせていただいてます。

 

OBさんにすれば

つまらない話かも・・・ですね。

「オレん家のことでしょ」だから。

 

でも、

これから『マイホーム』って人には、

絶対、耳に入れといてほしい情報

なんです。

 

「木造だから仕方ない」って、

アパートと変わらない家には

住んでほしくないですから。

大きなお世話かもしれませんが。

 

夏は暑い2階、

冬は床から冷える、

そんで、今から結露。

 

最悪でしょ!

35年ローンの家が、これじゃ。

これこそ『欠陥住宅』

 

「オレだけじゃない、仕方ない」って、

思ってる人どれだけ多いんでしょう。

 

確かに、多くの方は欠陥だらけの

家を買ってると思うんです。

「自分だけじゃない」って安心感(?)で。

 

ダメですよ。

そんなんだったら、

そのまま賃貸住宅に

住んでる方がいいです。

 

見た目なんかより、

住み心地がいい家。

 

ウチの1番のこだわりは

『住み心地』です。

この部分は、どこにも

負けたくないんです。

天井裏は外?

昨日の続きになりますが、

ウチのお客様は、

ロフトや小屋裏収納を希望する

方が多いんです。

 

「ロフト、小屋裏って、

夏は暑くて使えない」

そんなイメージを持たれる方、

多いんではないでしょうか。

 

木造住宅って、

必ず天井裏の空間ができます。

ロフト、小屋裏が暑い理由は、

天井裏と「外の空間」と考えて

施工しているからなんです。

 

天井裏は外だから、

断熱するのは、天井裏。

いわゆる『天井断熱』です。

そこから上が、

暑いのは仕方ないこと。

 

この考え方が、

日本の木造住宅の一般的なもの。

90%以上は、そうでしょ。

間違いではないでしょうけど・・・

 

「オレのとは、チョッと違うな〜」

仕方ないから、我慢してよ。

これって、造り手側のエゴ。

 

本来は、

施主側の方から、

「暑くならないロフトにして!」

って、頼んでもいいことだと

思うんです。

「我慢するのはイヤ!」ってね。

 

こんな話を聞いた事があります。

小屋裏収納を希望したら、

「暑いですよ、それでもいいんですか」

って、返されたと。

 

大バカ者ですね、その人。

開き直ってんじゃないよ!、でしょ。

でも、これが住宅業界の常識。

困ったモンです。

 

小屋裏空間を「外」って捉えるの、

もったいない話でしょ。

部屋と同じく「中の空間」として

造った方がいいと思うんです。

 

そのために、

ウチは、

『屋根断熱』を標準としてます。

手間ひま掛けてるんですよ

上棟後に進める工事の1つに、

これは、ウチだけでしょうね。

『断熱工事』ってのが、あります。

 

家の骨組みが建ち上がったら

まずは『屋根工事』

これ、普通。

一般的な施工方法。

 

DSCF6509.JPG

下地のアスファルトルーフィングから。

この上に、屋根材を葺きます。

そんで、屋根工事は完成。

簡単でしょ。

 

でも、ウチの場合はチョッと違いまして、

このルーフィングの下に

『断熱工事』が施工されてるんです。

 

DSCF6332.JPG

まずは、1層目の屋根の下地板。

 

DSCF6329.JPG

こんな風に、

屋根の勾配の部分に断熱します。

 

DSCF6344.JPG

その上に、

もう1回、タルキを打ちます。

 

この工事によって、

木造なのに、

夏でも暑くならない

2階ができるんです。

 

屋根の下地工事に、

これだけ手間ひま掛けてるの

ウチだけじゃないでしょうか。

 

屋根材が仕上がれば、

隠れてしまうところですから

苦労して、こんなことまでする

ところは珍しいんでしょうね。

 

でもね、

何で、ここまでやるかというと

「住み心地」に、ものスゴーク

効果バツグンだからなんです。

 

一般的な、屋根下地工事に比べて

手間は、3倍以上、

コストは、6倍以上かかりますが、

ウチは、全棟このやり方です。

 

だって、

これが、ウチの標準施工ですから。

基礎工事の写真

「今時の若いモンは・・・・」

 

こんなこと言っちゃう歳に

なっちゃったみたいです。

イヤですね、オジサンって。

 

 

話題を変えて、

久しぶりに『現場リポート』しましょうか。

Web担当の竹内が、ここんとこ

少々、別の仕事に引っ張られてまして、

施工中現場の更新が遅れてまして

申し訳ありません。

 

私の大好きな基礎工事が進行中の

立川市・Y様邸から、どうぞ。

鉄筋工事が終わり、

写真を撮ってきました。

DSCF7787.JPG

耐圧盤、ベースの配筋です。

太さ13ミリの鉄筋を20センチ間隔で

組んであります。

 

DSCF7789.JPG

これ、

何を写してるかわかりますか?

鉄筋の継ぎ手長さを撮ってるんです。

2段に重なってる部分、わかりますよね。

 

「重ね継ぎ手」っていいます。

この長さ、決められているんですよ。

鉄筋の直径の40倍以上の長さで

重ねなくてはいけません。

 

直径13ミリの鉄筋ですから、

40倍ですと、520ミリですね。

写真を見ると、70センチの長さで

重なっているの、わかりますよね。

 

それと、

この「重ね継ぎ手」の位置、

1本おきに位置をずらさなくては

いけないんです。

隣同士の鉄筋が同じ位置の継ぎ手位置、

ってのはダメなんです。

 

DSCF7791.JPG

これは、立ち上がりの鉄筋です。

「青」が13ミリの鉄筋、

「赤」は10ミリの鉄筋です。

「青」は主筋と呼ばれる鉄筋。

上と下には、主筋が組まれます。

 

DSCF7797.JPG

これは、「全景写真」

 

 

こんな風に、

工事写真を記録してます。

もちろん、全部の現場です。

家の大事な「基礎」ですから、

しっかり撮って、引渡し時に

お客様へお渡ししてます。

 

現場監督として、

最低限の仕事ですから。

チケット買いますよー

明日から日本シリーズ。

 

ウチの娘たち、

チケット獲得のため、

電話掛け捲ってたみたいで。

 

千鶴が、初戦のチケットを、

琴音は、第2戦のチケットを。

 

全然繋がらなかったらしく、

でも、

琴音が運よく第2戦をゲット。

よく取れたな〜

 

「おーい、

お父さんの分、第7戦も頼むよ」

 

残念ながら、

既に、『完売』だそうです。

 

チケット持ってるけど、見に行けない。

そんな方、いましたら私が譲り受けます。

札幌の試合はムリですが、

東京ドームの試合だったら

喜んでいただきまーす!

『顔』に行っちゃうんです・・・

「写真のピントが今イチでして・・・」

 

先日、上棟した羽村市のK様より。

DSCF6292.JPG

秋晴れの下、工事は順調に進んだんですが、

K様が撮影した写真が上手に撮れなかったとか。

何故?

どうして?

 

 

DSCF6293.JPG

どうも原因は、

『私の顔』らしい・・・・・

カメラのピントが、『顔』に行っちゃうらしく、

私の顔はキレイに撮れてるそうで。

顔の後ろの建物に照準を合わせたいのに、

どうしても『顔』へ。

 

ありがとうございます!

 

K様の上棟写真にバッチリ、

ドカーンと入らせていただきました。

もう1年経ったの?早いね

『1年点検』

引渡し後、1年目で家の点検を行ってます。

毎回、思うのは、

「もう1年? 早いな〜」

点検に伺うと、いろいろ思い出します。

工事の時のこと。

苦労したところなんか、特にね。

 

春夏秋冬、

1年を生活されて、住み心地はどうだったか。

気になりますので、聞いてます。

みなさん、嬉しくなる答えを返してくれます。

「良かった〜」

やっぱり持ち家なんですから、

快適に気持ちよく住んでもらいたい。

外の暑さ、寒さに関係なく、

1年中、気持ちよくね。

 

そういう住まい方ができるように

考えた「家造り」をしてますから、

当たり前といえば、当たり前なんですが、

直接、言葉でもらえると嬉しいね。

 

点検の方は、

屋根から外壁、床下まで、

ひと通りチェックします。

問題がなければ、

お客様は勿論、こっちも安心です。

ですから、

点検って、両者にとって必要なことなんですね。

 

今週も、2軒

1年点検を行います。

やっぱり思うのは、

「もう1年ね〜、早いわ」

大逆転劇!

CS突破!

 

東京ドームは最高の盛り上がりでした。

実は、

昨日、ドームにいたんです。

OBさんからチケットをいただきまして。

 

第6戦のチケットでしたから、

それまでの試合結果によっては

幻のチケット、払い戻しの可能性も

あったわけでして。

 

最初の3連敗で、

「もう、ダメかな・・・」

正直、そう思ってました。

 

それが、

3連敗の後、

土曜日に勝ち、

日曜日も勝ちで、

最高の演出でしたね〜

3連敗して、3連勝なんて。

 

ホント、

ウチのOBさんたちには感謝です。

先日、トマトジュースのこと

書いた後も、

「社長、トマトジュースどうぞ!」って。

TKファミリーって、スゴイっしょ。

 

『家造り発表会』にも、

OBさんからの紹介の方が

3組、お見えになりまして。

スゴク応援もしてもらってて、

ありがとうございます。

アパートと同じなら買わない方がいい

「えっ、もうですか!」

 

『家造り発表会』に来られた方の

言葉に驚きました。

 

「結露」です。

もう、結露が始まってるんですって。

これから何ヶ月も結露でイヤな思い、

しなくちゃいけないんですね。

 

でも、

賃貸のアパート、マンションなら

「しょうがないよな」で済むでしょう。

これが「持ち家」だったら?

ショックですよね。

「買わなきゃよかった〜」ってことに。

 

ですから、

断熱・気密が大事なんです。

 

結露するアパートと同じ家だったら

買わない方がいいと思います。

結露は、家に寿命も短くします。

構造体の劣化が早く進むんです。

目に見えるところに出てる結露は

拭くことができますが、

壁の中など、目に見えないところでも

結露って起きてるんです。

実は、こっちの方が怖いこと。

 

ローコストや、見た目だけじゃなく

家の中身も大事なポイントですよ。

住宅会社がやってる見学会だけ

じゃなく、家を新築した友人の家を

見るのも参考になると思います。

実際に住んでいる人の声を聞くって

何より確かなことですから。

 

いいこと、悪いこと、

全てが本音トークのはずですから。

「いい家が欲しい」って方、

さあ、友人のお宅へ行ってみましょ!

サプライズ!

やっぱり面白い。

在来工法の上棟って。

DSCF6257.JPG

柱が建ち、梁が組まれていく。

これぞ、『日本の建築』って

感じがして、いいもんですね〜

 

DSCF6261.JPG

マス目に組まれた梁、

キレイじゃないですか。

予定通りに進んだ、K様邸の上棟。

よかった、よかった。

 

 

昨日、

感動の出来事が。

サプライズの手紙です。

感動をくれるのは、

TKファミリーの人たち。

いつも、「元気」と「勇気」

そして、「感動」を与えてくれるんです。

 

ホント、

最高の仲間たちですよ!

 

オレが目指してる家造り。

人と人とのつながりを大切に。

チョッとずつではありますが

確実に成長してます。

成長させてもらってます。

TKファミリーのみなさんのおかげで。

 

今日は、

いつも以上に、元気100倍!

『家造り発表会』2日目、

思い切り、頑張らせていただきます!

 

おーっと、

気合は入れ過ぎずに、

気合が顔に出ちゃいますから、

にこやかに、行きましょ!

残り1区画でーす!

以前、何度かお知らせしてた

社有物件の『羽村市緑ヶ丘』

40坪の2区画分譲してましたが、

その内の1区画が、本日上棟です。

 

分譲地=建売 ってのが普通ですが、

ウチの場合は、もちろん注文住宅仕様。

『TKパネル』と『屋根断熱』で建てます。

1年中、住み心地最高の家ですよ。

 

上棟するのは、

ズーッと羽村市内で土地を探してたK様邸。

 

 

スグ近くに、33坪の建売完成物件が

売り出されてますが、33坪ですと、

キチキチですね。カースペースも軽が

やっと停められるくらいしか空いてないし。

庭先もなく、目の前は隣の家。

 

40坪あると、ゆったりしてます。

普通自動車が並列で2台停められますし。

庭先も3m以上とれてますから

開放感も十分。

 

残り1区画。

建物は、K様の家を参考にしてください。

DSCF6237.JPG

羽村駅から徒歩8分の好立地に

TKの注文住宅仕様の家が建てられます。

山一ホームさんの折込チラシに載ってます。

羽村市内にこだわりの方、

まずは、お問い合わせください!

 

あと、

『家造り発表会』の方もヨロシク!

比較できるってラッキーですよ

朝刊の折込広告見ましたか?

 

ウチのチラシ、入ってたでしょ。

そう、

明日とあさっての2日間、

やりますからね。

今年10回目の『家造り発表会』

 

他に2社、

住宅会社のチラシも入ってました。

ドンピシャの2日間。

この2日間はラッキーだと思いますよ。

ウチを含めて3社が、完成現場を

公開するんですから。

 

何がラッキーかって、

比較できることです。

比べてみるのが1番、

理解への早道です。

 

「自分たちが望む家、

望む生活を実現してくれる会社はどこか」

どんな家を得意としてるのか、

家だけじゃなく、

社長の考え、

スタッフの人柄、

会場の雰囲気、

比べてみればいいんです。

「自分に合う会社は?」って。

 

家造りに対する考え方、

こだわり、

信念、

会社によって全く違いますから。

 

私が、

これから家を建てる、っていう

立場だったら、この2日間は

最高ですね。

 

今回は、

天気もいいようですし、

お出掛け日和。

是非、是非、

足を運んでみてください。

 

お待ちしてます!

 

懐かしいトマトジュース

トマトジュースが売れてます。

 

東日本大震災前の2倍の売上ですって。

昔はよく飲みましたね〜

ホントよく飲んでた。

カゴメのトマトジュース。

最近、というかオジさんに

なってからは、飲んでませんが。

 

売上増に貢献してるのは、

私と同年代のオジさんたちの

おかげだそうです。

 

「トマトには、中性脂肪を減らす

働きがある成分がある」ってのが

オジさんたちのハートを掴んだようで。

 

「中性脂肪」とか

「コレステロール」って

言葉には敏感ですから。

「これを飲んだら健康になる」

なんて聞いたら、

思わず飛びつく、みたいな。

 

私も、この夏で一回り大きく

なってしまいました。

もちろん、私の意に反してです。

毎年、そうなんです。

夏にデカクなってしまう・・・・

 

トマトジュース、

また飲み始めようかな。

 

太陽光発電「今がお買い得?」

太陽光発電システム

今が「お買い得」ってTVで

やってました。

 

一般家庭の「余剰電力買取制度」

によって、設備投資費の元が取れる、

との試算が。

 

4kwのパネルを設置した場合。

工事費は、200万円ですが、

補助金を利用すれば、個人負担は

約144万円。

 

買取価格は、42円/kw

1年間の売電価格は、132,500円

10年間は電力会社が買い取って

くれるので、トータル1,325,000円

ほぼ、元が取れるという計算です。

 

ただ、42円/kwという単価は

来年以降、安くなるのでは、

ということで、

「今がお買い得」らしいです。

TVによる効果は大きいですから、

設置を検討する人、増えるでしょうね。

 

そこで、

注意していただきたいのは、

『訪問販売』です。

ウチのOBさんからも、よく聞きます。

すごいこと言うらしいんです。

「今なら、ここまで値引きします」

「タダで設置できます」

 

「今なら」

「値引き」

「タダで」

いや〜

どれも魅力的な言葉。

くすぐられますよね。

グラッときますよね。

 

だから、ご注意ください。

 

太陽光パネルって、

屋根に穴を開けて固定しますが、

それによる雨漏り等の事故が

増えてるそうなんです。

建築工事のことがわかってる

業者じゃないと、そういう事故に

なる確率が高くなります。

 

瑕疵保証の検査でも

「太陽光パネルを設置しますか?」

の質問があるんです。

何で、そんなこと聞くのかな?と

聞いたことがありますが、

「事故が増えてるんです」とのことでした。

 

太陽光発電の工事は、

ウチも含めて、町の工務店でも

施工ができます。

検討される方は、

家を建ててもらった住宅会社に

まずは相談してみてください。

家のこと、1番わかってるところが

1番安心ですから。

 

「象の檻」が解体

「八戸へ行ってきました!

お土産です」

 

昨日、OBのK様夫婦が

会社にみえまして。

 

娘さんの吹奏楽の大会が

八戸市で行われたそうで、

車で往復1400キロの距離。

ご苦労様でした。

 

「ホント、のどかな場所ですね〜」

 

「八戸自動車道に入ったら

1台も車が走ってなかった!」

 

K様談。

 

 

それでも、八戸といったら、

青森県じゃ2番目の都会(?)

なんですよ。

まあ、確かに「のどかな」ことは

間違いないですが。

 

ウチの田舎、三沢は

八戸から20キロ程北へ。

八戸より遥かに

『ド田舎』なんです。

 

この前、

ニュースで見ましたが

三沢には『象の檻』ってのが

あったらしく、

「何?象の檻って」

日本に、唯一最後に残ってた

ものらしく、今年解体されることに

なったそうなんです。

 

三沢って「基地の町」です。

「東西冷戦」今じゃ懐かしい言葉。

三沢は、アメリカ軍の極東前線基地

だったんですね。

 

その中で重要な役割を果たしてたのが

『象の檻』

巨大なアンテナで、ソ連や中国の

無線を傍受してたものなんですって。

何だか恐ろしい話でしょ。

映画の世界のような。

 

今は、

六ヶ所村に日本中の核廃棄物が。

青森県って、・・・・・

週の頭から・・・・すいません

10月も半分終わりですか〜

こんなに早く感じるのは、

毎日が充実しているからなのか、

それとも、単にドタバタしてるだけか。

 

うーん・・・

どっちもだな。

 

と言うわけで、

今週も色々とあるんですが。

 

昨日の日曜日、

久しぶりに会社に居られましたんで

じっくりと今日からの段取りができました。

大きな声では言えませんが、

たまってた事務処理も完了。

ホント、久しぶりに社内に居ましたね。

 

今週のイベント、

個人的には、『CS』ですね。

いや、いや、

何言ってんだか!

 

訂正します。

会社的にも、個人的にも

週末の『家造り発表会』でしょ!

土曜日の『K様邸上棟』も、

しっかりやらせてもらいます。

 

『家造り発表会』

青梅市で開催するのは、

今年最後となります。

地元ホームで最後の開催です。

たくさん来てください。

OBさんたちも、ヨロシクですよ。

 

 

ホーム、

ホーム、

ホームラン、

1勝1敗かあ〜

どっちが来るかな。

 

海の向こうじゃ、

イチローが頑張ってるね。

 

週の頭から

支離滅裂で

すいません。

『ハロウィン』・・・へえ〜

昨日は、いとこのクリス、ミク親子とディナー。

クリス、日本の居酒屋メニューがお気に入り。

ということで、福生の「和民」へ。

 

10月31日、

何の日か知ってますか?

『ハロウィン』なんですって。

アメリカ人には楽しみな日らしく、

仮装して近所を廻り、お菓子をもらう。

って、100%日本人の私には・・・・

 

31日、

クリスからの招待で、

横田ベースへ行って

『ハロウィン』とやらを

楽しんできます。

 

でも、

「仮装・・・何の?」

ミクと琴音は決まったらしい。

カミさんは?  まだ・・・

 

千鶴は?

千鶴は昨日はいなかったんです。

親戚のブライアンと遊んでたそうで。

 

今年の木村家、

国際交流が盛んです。

 

ホッとする瞬間なんです

来週末の『家造り発表会』の

チラシ作成が完了・・・目前。

 

最後に残った枠の「言葉」が

出てこない。

なので、

社内で緊急討論会。

「何かいい言葉、ないかな?」

 

「・・・・・・・」

 

「・・・・・・・」

 

「・・・・・・・」

 

出ない。

 

出ない。

 

難しいんですよね。

私も含め、みんな

言葉の引き出しが少ない。

 

みんなで悩みながらも、

結果、何とか決まりました。

13時50分

無事、チラシ完成。

ホッとするんです。

この瞬間が。

 

16日には、

ホームページにUPします。

朝刊チラシは、

19日に入ります。

 

いつものように、

書きたいことがあり過ぎまして、

びっしり書きすぎちゃいましたが、

是非、是非、お読みいただきたい。

 

来週末の

20日と21日です。

ヘビ年の私、

しつこく告知させていただきます。

ご了承ください。

やっとタマゴがついた〜

メダカを飼い始めて2年、3年?

60センチの水槽に30匹くらい

泳いでます。

 

1日2回の餌やりと、2週間に1回の

フィルター交換。

 

何をやっても長続きしない私が

唯一、続いてるのがこれ。

 

先日、ホテイ草に白い粒々が。

「おっ、やったな!」

そう、タマゴです。

 

やっと、

やっと、

タマゴがついたー

 

なかなかできなかったんです。

あっ、1匹死んでる・・・・

次の日、

また1匹死んでる・・・・

しばらく、そんな時期が続きまして。

 

もう飼うのはやめようかな、

と思ったこともあったんですが、

今は、みんな元気に泳いでます。

 

癒されますね〜

酒を飲みながら、メダカ鑑賞。

なかなかいいですよ。

何がいいか、って?

いいんだね、これが。

見てて飽きないとこ。

 

娘たちからは、

「お母さん、

お父さん、まだ見てるよ」

「お父さん、楽しい?」

って、半ば呆れ顔。

 

オカンからは、

「もっとキレイな魚を飼えば?」

って言われ、

 

”お前はメダカの良さがわかってない!”

ってことで、その意見は却下。

 

メダカってバカにできないよ。

モノによっては、1匹数千円も

するんですから。

立派な高級魚(?)でしょ。

 

今は、

生まれてくるのが楽しみと心配。

当たり前が大事

先日、あるセミナーに参加してきました。

セミナーって、講師の話し方一つで

面白かったり、つまらなかったり

いろいろです。

 

行く前は、

「面白くなかったら、途中で帰って

こようかな、現場も忙しいし・・・」

なんて思いながら会場へ向かいました。

 

結果、

なかなか面白い話でした。

あっという間の2時間。

『話し方』って大事なんだなと。

口下手な私としては、

人を引きつける話し方には

ただ、ただ感心。

 

2時間の話の中で、

「よーし、これだ!」って

思えたのは、ほんの数分。

でも、この「数分」が得られるか

どうかが肝心なんです。

2時間聞いてて、2時間全部が

いい話なんてあり得ないこと。

「数分」で十分。

いい刺激をもらって来ました。

 

話の要点は、いたって簡単。

『頑張る』でした。

何それ?って感じでしょ。

当たり前のことじゃん、でしょ。

 

そう、

そんなもんなんですね。

当たり前のことを、当たり前に

できてるかどうか。

続けられてるかどうか。

 

時々、

こんな風に、頭に刺激を与えること

大事なんだな〜と実感しました。

チョッと早いですが、

おー、

これが『ツーバイフォー』かあ〜

昨日、土台敷きを行いました。

 

やっぱり違う。

在来工法とは全く違う。

「い・ろ・は・に・ほ・・・・

1・2・3・4・5・・・ の番付がない」

 

日本の建築じゃない。

土台と大引に何の加工もない。

 

は、はあ〜

ある意味、勉強になります。

 

が、

やっぱり、日本の建築は

『在来工法』ですね。

何より美しい。

私、個人的にそう思いました。

 

一般的に、

ツーバイフォーの方が、

在来工法より地震に強いと

言われてますが、それは

残念ながら一理あり。

 

でも、

在来工法でも工夫すれば

地震に強い建物が造れます。

ウチは、その工夫をしてますので、

ツーバイフォーより全然強い家を

造ってるんです。

 

そのことを一人でも多くの方に

知ってもらいたくて、毎月やってるのが、

『家造り発表会』

もちろん今月もやります。

 

今月は、

20日(土)と21日(日)の2日間。

10:00 〜 17:00

来週の週末です。

チョッと早いですが、

私からもお知らせしときます。

家族サービスご苦労様

3連休とったお父様方、

お疲れ様でした。

 

たま〜の、家族サービスって

仕事頑張ってるお父さんほど、

大変、って話を聞きますので。

「仕事してる方が楽だよー!」ってね。

 

さあ、

連休明けの机の上、

チョッと恐怖じゃありませんか。

FAXやら書類が机の上全面に、

1つずつ処理するんですが、

あれれれ、こんなに時間が経っちゃった。

もうスグ、約束の時間が・・・・

 

えーい、

帰ってきてからやるか。

ってことで、外回りへ。

 

そんな朝を送ってるビジネスマン、

結構多いんじゃないですか。

 

ウチ?

ウチは、連休関係なしの通常業務。

ですから、

今朝も余裕を持って、現場へ出られます。

今日は、『土台敷き』の現場へ。

先週、墨出しを終わらせたんで、

スグ作業にかかれます。

 

この「墨出し」をやってあるか

ないかで、その日の作業効率が

大きく変わるんです。

朝の2時間、

これ、貴重な時間なんです。

 

それでは、

お父様方、

今日から1週間、

頑張りましょう!

友人が薦めてくれた会社

世の中、今日まで3連休なんですね。

全く頭にありませんでした。

 

昨日は、青梅市のI様と契約。

HPでお問い合わせをいただいた方。

実は、スゴク嬉しい話がありまして。

 

I様、

いろんな会社の中からウチを

選んでくれたんですが、

打合せ途中で、

最近家を建てた友人から、

「ウチを建ててくれた会社を紹介するね」

って言われたらしく、

 

正直、

「どーしよう。

もうTKさんに決めようと思ってるのに・・・」

 

そんなやりとりがあり、

その友人宅に呼ばれて

紹介された会社が、

ナント!

『TKプランニング!』だったそうなんです。

 

何それー!

I様の言ってた友人って、

ウチのOBさんだったんだ!

ビックリです。

嬉しい話です。

 

I様も「ホッとした〜」そうで、

自分たちが選んだ会社と

友人が薦めてくれた会社が同じ。

 

私も「ホッとした〜」

さすが、TKファミリー。

ウチのOBさんたち、最高でしょ!

応援してもらってるんだ、

っていうのが、ビンビン伝わります。

「よっしゃ、頑張るぞ!」って元気を

いつももらってます。

ありがとうございます。

 

I様邸家造り、

11月着工します。

孫の運動会

昨日は、あちこちの保育園、幼稚園で運動会。

絶好の運動会日和でした。

親としても、このくらいの時が

1番いい時期じゃないでしょうか。

1番可愛いときでしょ。

 

あれから十数年。

今じゃ、口も利かない、

目も合せない、って年頃が

やってくるんですから、

今のうちに、『父親』を

楽しんでください。

 

おーっと、

ウチは違いますよ。

娘2人、素直に成長して

くれまして。

上は22歳、下は18歳、

今まで反抗期もなく、

小さい頃と変わらず、

『父親』楽しんでます。

 

ただ、

恥ずかしながら

運動会とか、子供の行事

行ったことがありませんでした。

全部、カミさん任せ。

町内では、

「木村さん家は、母子家庭」って

言われてたほど、父親の影なし。

 

何してたか、って。

そりゃ、もちろん仕事ですよ。

根っからの仕事人間でして、

今は流行りませんけど、

昔ありましたよね、CMで。

「24時間働けますか」みたいな。

 

まあ、まあ、

そんな私ですが、

孫ができたら行っちゃうかもね。

運動会の陣地取り。

じじバカしちゃうかも。

 

ツーバイフォーに挑戦

今、『初めて物語』やってます。

2×4(ツーバイフォー)の家造りです。

 

ウチは、在来工法専門というか、

ツーバイフォーって日本の家じゃないと

思ってて興味がありませんでした。

から、建てるのは全て在来工法の家。

 

今回は、たまたま。

お役所仕事でして。

設計が、ツーバイフォーなんです。

 

カナダから来た家ですよね、

ツーバイフォーって工法は。

知れば知るほど、

「日本の大工が建てる家じゃないな」

って思います。

 

ハッキリ言って、

大工の技術はいらないですね〜

全て、釘と金物での納め方。

パワーがある人には最適な感じ。

太くて長い釘をバンバン打ち込み

「これでもか、これでもか!」って。

 

使用する木材は、『SPF』と言って、

「S」は、スプルース

「P」は、パイン

「F」は、ファー

という樹種を混ぜ合わせて

使うんです。

 

ホームセンターでも売ってるでしょ。

「SPF」って木材。

比較的、安いですよね。

在来では使いません。

強度の問題もありますが、

反りや狂いも大きいので、

在来工法には向かないんです。

 

来週、

土台敷きから建て方を予定してます。

また、報告します。

『屋根材』も色々です

「TKさんの屋根は何が標準ですか?」

屋根材にも色々あります。

 

軽量スレート

陶器瓦

ガルバリウム鋼板

 

それぞれ一長一短です。

 

ウチが考える理想の屋根は、

1.軽い

2.メンテナンスのスパンが長い

3.意匠性

といったところ。

 

まず「軽い」にこだわる理由は、

ズバリ『耐震性の向上』です。

屋根材は、家の1番高い所に

載る材料です。

頭が重いと、家の重心は高くなり、

横揺れに対して、揺れ幅が大きく

なります。

逆に、頭が軽いと、家の重心は

低くなり、・・・・・

そうです。

揺れ幅を小さく抑えられるんです。

だから、

屋根材は「軽く」してます。

 

次に、

メンテナンスですが、

屋根は、家で1番厳しい環境に

さらされています。

雨風、日射、紫外線。

そういったことに丈夫であってほしい。

少しでも長く耐えられるものであって

ほしい。

ので、表面の塗装が重要です。

 

それと、

下地を保護する役目も大事なこと。

屋根材の下地には、木材が使われます。

屋根材だけが丈夫でも、下地の木材が

腐食するようでは困ります。

もし、

密着する施工を取らざるを得ない場合は、

下地の木材を無垢材にする方がいいでしょう。

 

 

という理由で、

ウチが標準仕様に使ってる屋根材は、

DSCF8741.JPG

これです。

 

DSCF8743.JPG

1番高いところには「棟換気」が設置されます。

 

この屋根材、

今までに、名前が3回変わりました。

最初は、

『K-15』

その後、

『ナノルーフ』に変わり、

現在は、

『Y-15』

 

別に、ふざけてるわけじゃなく、

メーカー、企業のご都合で

改名されてるんです。

ウチは、

初代『K-15』からの付き合いです。

見た目も、重厚さがあっていいですよ。

4日間で完成です

キッチンからユーティリティへ。

流し台が置いてあった場所を

洗面化粧台と洗濯機置き場に

リフォーム中です。

 

DSCF6125.JPG

既存の流し台です。

まずは、撤去工事から。

 

DSCF6130.JPG

次に、

床と壁を解体してから

給排水の配管工事を

やり直します。

 

DSCF7515.JPG

左が洗面化粧台で

右が洗濯機の配管です。

 

この後は、

フローリングと壁紙の仕上げ工事。

完成までの工期は4日間。

 

家に関することなら、

どんな工事でもお任せください。

特別な日

10月3日は私にとって特別な日。

 

木村智行の『原点』

とでも言うんですかね。

毎年、この日に思うんです。

 

「まだまだ頑張り続けろ!」って。

 

怖いもの知らずで吠えまくってた20代。

今になって思うと、実は怖くて怖くて

だから、尖がって吠えまくってたのかな。

 

今年、47歳になり『世間』っていうのが

少しはわかってきた年になったんですが、

20代の頃の吠えてる自分というのが

まだしっかりと残ってるのがわかるし、

残しといてもいいのかなと思います。

 

格好悪い自分、

臆病な自分をさらけ出して、

だからこそ、「何クソ!」って

頑張れる。

へこたれない。

それでいいんじゃないかな、

全然恥ずかしいことじゃない、って

思えるようになったね。

 

団塊世代

バブル世代

団塊ジュニア世代

ゆとり世代

色々ありますが、

若いうちから格好つけること

考えてちゃダメだと思います。

格好悪いことや、みっともないこと、

さらけ出して、笑われて、

「何クソ!」って立ち向かえよ!

 

 

今日は、

何を言ってるのか意味不明な

受け取られ方をされるでしょうけど、

特別な日なんで、こんなこと

書かせてもらいました。

 

まだまだ頑張らせてもらいます。

チョッとずつ

格好良くもなりたいしね。

今月で終了しますよ

10月に入り、我が社は締めの月。

そして、今年も残り3ヶ月となりました。

 

今月で終わるのが、

『フラット35Sエコ』の住宅ローン。

10月31日が終了予定日ですので、

申込みの方はお早めに手続きを。

 

フラット35Sエコは、

申込みの受付が受理されれば、

融資を受けられます。

建築予定が先でもOKです。

今月中に受付を済ませて、

着工は11月でも、12月でも

いいんですよ。

 

当初5年間、0.7%

6年目から20年目まで0.3%

の金利優遇は大きなメリットです。

 

ちなみに、

10月の金利は、1.9%前後ですから、

そこから0.7%金利が下がれば、1.2%

しかも固定金利。

 

3,000万円借りた場合、

借入期間35年で計算すると

1.9%では、¥97,847

1.2%になると、¥87,511

毎月の返済額で1万円も

差が出るんです。

これって、大きいでしょ。

当然、返済総額では

何百万円もの差になります。

 

11月以降に、どんな商品が

発表されるかは、わかりませんが

現時点では、『フラット35Sエコ』

ウチでは、お薦めしてます。