社長ブログ | TKプランニング

高気密・高断熱の住まい方とは?

24時間換気設備のメーカーさんと

『快適な住まい方』について、話す

機会がありました。

 

「高気密・高断熱の家なのに・・・・」

寒い、暑い、という感想を持たれてる

方が意外と多いとの事なんです。

 

さて、

どういうことかと、聞いてみたら。

冬は一切、暖房を使わずに、

夏もエアコンは、極力使わない。

 

「高気密・高断熱の家って冷暖房

しなくても夏は涼しく、冬は暖かい」

もしかして、

そんなイメージを持たれてるんじゃ

ないかな?

申し訳ありませんが、

その考えは間違いです。

 

高気密・高断熱の家でも

空調は必要です。

必要なんですが、

普通の家よりも、冷暖房の

効率がいいのが高気密・高断熱の家。

 

高気密・高断熱の家で、空調せずに

閉め切った状態にしておくと、熱が

こもってしまいます。

24時間換気システムで、家の中の

空気を動かしても、熱だまりは起こります。

空気の移動と熱の移動は比例しませんので。

 

エアコンって、

「電気代が高い!」

そんな固定観念があります。

だから、なるべく使わないようにする。

我慢できなくなるまでスイッチを入れない。

それが「省エネ」

 

でも、

実は、こういう使い方の方が

消費電力は大きくなるそうなんです。

32℃まで上昇した空気を28℃まで下げる。

エアコン全開、全力疾走。

この繰り返しの方が無駄使いらしい。

 

せっかく「いい家」に住んでるのに、

間違った住まい方で、不快な思いを

してる方がいるのであれば、黙って

放っておくことはできません。

 

『快適な住まい方』のアドバイスとか

お手伝いをしなくちゃいけないなと、

そんな話になりました。

メーカーさんと一緒に、役に立つ

ツールを作ってみようと思います。

気持ちよく住んでいただきたいので。

コメントする