社長ブログ | TKプランニング

床下の湿気対策にはコレ

リフォームの床下湿気対策にお薦め。

 

昔の家って、床下が土のままです。

今は、「ベタ基礎」といって、床下は

全面コンクリートですから、床下の

湿気はさほど心配ありませんが、

「布基礎」の家は、どうしても湿気で

土台や床が傷んでしまいます。

 

20年位経った家ですと、床がフカフカ

沈んだりして、普段の生活が危険なことも。

「床が傷んだから張り替えたい」

そこで、ご注意。

張り替えるだけじゃダメ。

湿気対策をとらなくちゃ、また同じことに。

 

じゃ、

どんな方法があるの?

ですが。

いくつか方法はあります。

床下にコンクリートを流し込む。

ベタ基礎と同じようにすれば

湿気は防げます。

が、コストが高い。

ここがネック。

 

コストを安く、で考えると。

土の上に、防湿フィルムを敷いて

その上に砂をまく。

これは安く済みます。

フィルムで土からの湿気を止めて

さらに砂で抑える。

ただ、施工精度に少々、難点が。

 

もっと安くていい方法は?

ウチが使ってるのは「炭」です。

炭には調湿効果があります。

吸ったり吐いたりしますので、

床下の湿気対策には有効です。

 

DSCF5775.JPG

その長所を生かした商品がコレ。

「炭シート」です。

8帖の広さで2〜3万円程度。

施工時間も1〜2時間です。

 

リフォームは生活しながらの工事。

工程を短くするのも大事なこと。

施工性・コスト面、

どちらもお薦めですよ。