社長ブログ | TKプランニング

民業圧迫?

日本郵政のゆうちょ銀行が

来年4月から住宅ローンの

業務をスタートさせるそうです。

 

今は、スルガ銀行の住宅ローンを

仲介しているだけです。

ゆうちょ銀行が国をバックに、

金利攻勢をかけて、住宅ローンを

取り扱ったら、業務を圧迫される、と

民間金融機関は戦々恐々。

 

ゆうちょ銀行いわく、

今まで、あまり積極的じゃなった

個人事業主、

高齢者、

女性たちに力を入れて

業務に当たりたい、との話。

 

確かに、

こういった方々には、

銀行は厳しいですからね。

はっきり言って

「貸したくない」

そんな対応ですから。

 

 

旧住宅金融公庫

今は、住宅金融支援機構ですが、

「フラット35」は大人気ですね。

ウチなんか、7、8割はフラット35です。

私自身もお薦めしてますから、

利用する方がホント多いです。

 

そのフラット35の『Sエコ』ですが、

10月末までの予定。

当初5年間、0.7%金利引下げ

6〜20年目、0.3%金利引下げ

『Sエコ』をご希望の方は、お早めに。

前倒しで終了することもありますので。

 

ゆうちょ銀行が、どんな住宅ローン商品を

打ち出してくるのか、こっちは楽しみです。

 

公務員、

サラリーマン、

個人事業主、

女性、

誰でも差がなく、公平に審査が

受けられればいいと思いますよ。