社長ブログ | TKプランニング

私の『こだわり』

誠に勝手ながら、

明日30日とあさっての10月1日は

臨時休業とさせていただきます。

 

ということで、

私のブログも明日から2日間はお休み。

10月2日から再開しますので、ヨロシク。

 

この9月、

今年1番早い月でしたね。

と言いますのも、

ウチで1番大きなイベントがありましたので。

『OB様感謝祭』です。

ウチで家を建てていただいた方と

年に1回の大宴会をやりました。

 

OBさんのこと、

私は、『TKファミリー』って呼んでます。

おかしいですか?

そう呼べる関係ってのが、

ウチの家造り。

長〜いお付き合いができる関係。

施主と住宅会社、だけじゃない

だから、ファミリー。

 

家が完成するまで、ニコニコして

引き渡したら、サヨナラー!

これ、普通の家造り、らしい。

 

バカみたい。

そんな家造りなら、辞めちまえ!

なんです、私の考えは。

 

だから、

毎年9月は、ファミリーとの集会、

やめられません。

今年もたくさん来てもらいましたし、

「来年も楽しみ!」

「ズーッと続けてよ!」って声、

たくさんいただきました。

 

スゴイHappyな気持ちです。

家造りは完成してからが、ホントの始まり。

ズーッと続いてるんです、家造りって。

「こだわり」って言うんですかね。

自慢じゃなく、独り言

夏を涼しく過ごすには。

 

もう夏が終わってしまったけど、

来年のために。

 

人が、暑い寒いを感じるのは

「体感温度」

 

その「体感温度」は

(空気温度 + 表面温度) ÷ 2

 

例えば、

室温が25℃

表面温度が35℃ですと、

体感温度は、30℃

 

体感温度を27℃程度に抑えるには、

表面温度をそのままとし、室温を

19℃まで下げる必要があります。

 

ということは、

表面温度を下げることが、

暑い夏を涼しく過ごすために

必要なことなんです。

 

そのためには、

日射エネルギーを室内に入れないこと。

『高断熱・高気密の家』

で建てなきゃダメ、ってことでしょ。

壁・屋根・窓ガラスから熱は出入りします。

 

 

TKパネルの家

 

に、住んでみませんか。

あら、宣伝しちゃったみたい。

 

自信があるからです。

暑い夏、寒い冬でも

快適に住んでもらえる自信が。

・・・・・・独り言でした

コンクリート試験

コンクリートの試験について。

基礎工事に使われるコンクリートは

家を支える大事なものですから、

しっかりとした強度が求められます。

 

JIS認証取得工場へ、

コンクリートの配合計画を指示し、

その計画書通りのコンクリートを

現場へ運搬し、施工されます。

 

そして、現場へ運び込まれた

コンクリートを採取し、試験用の

供試体(テストピース)を抜き取ります。

DSCF7110.JPG

丸い筒の中のコンクリートが

テストピースと呼ばれるもの。

左側は、「スランプ」といって、

コンクリートの固さを確認してます。

 

コンクリートの強度は、打ち込み後

28日目で強度の確認をします。

ですから、

この状態で28日間養生しておくんです。

 

養生後、

公的建材センターで、圧縮試験を行います。

「設計基準強度」が出れば合格。

 

公共のお役所工事では必ず行います。

が、民間の木造2階建てでは、そこまで

やってるところは少ないでしょうね。

木造3階建てや鉄筋コンクリートの建物は

テストピースを取って圧縮試験を行うことは

あります。

 

今のコンクリート、

ほぼ間違いなく「設計基準強度」は出ます。

ただ、中にはこんな業者もいるようで、

現場打ち込み前に、コンクリートに水を足して

流しやすくしてから打設する、とか。

コンクリートを軟らかくすれば、施工は楽ですが

当然、強度は落ちますから。

 

コンクリート施工の基本。

必ず「配合計画書」を作成すること。

現場でコンクリートをアレンジしないこと。

実際の強度の確認には「テストピース」採取。

ってとこです。

プールの値段

突然ですが、

学校のプールって、いくらか知ってます?

都立校にある25mプールです。

 

30坪くらいの家が、

2軒は建てられるくらいの

価格なんですよ。

 

高いでしょ!

私の想像を、はるかに超えてました。

 

アメリカ人の家には

普通にプールがあるって

聞きますが。

土地が広いからなんだろうと

思ってましたけど、プール自体

日本では高価な物なんです。

 

いや、

実は、プールの見積をする機会が

ありまして、知ったわけです。

高いんだ、ってこと。

 

学校だけで使うの、もったいないですね。

一般開放して、もっと有効利用すれば

いいのに、と思います。

私たちの税金で作るわけですから。

 

今年の夏休みは、

娘とプールで遊んでた私でした。

エアコンの場所、決めてますか?

木造住宅のエアコン取り付けって

今でも、そうなんでしょうか?

 

業者さんがやってきて、

ドリルで「ガ・ガ・ガ・ガー」って

壁に穴を開けて配管を通す。

 

それって、

見えない壁の中はどうなるんでしょうか?

断熱材が充填してある場合、

その断熱材がグチャグチャに

ならないんでしょうか?

 

見えないところだからOK?

そんなわけないですよね。

 

できれば、

新築工事の段階で、エアコン用の

スリーブ穴を開けることをお薦めします。

今すぐエアコンを付けるかどうかは

別として、打ち合わせの時に、エアコン

設置の予定場所を決めておいた方が、

後から壁を傷めることもありません。

 

ウチは、

こんなやり方をしてます。

DSCF6047.JPG

塩ビ管を取り付けて、

その廻りに「ドームパッキン」という

ものを使い、隙間の処理をしてます。

いろんなサイズのパイプに対応できる

ようになってますので便利です。

 

エアコンの設置場所、

前もって、決めときましょう!

ありがとう、感謝します!

昨日の冷たい雨、

肌寒い1日でしたけど、

今日は、30℃の暑さに

戻るようですから、

体調管理に気をつけてください。

 

昨日も、悪天候の中、

7組の方が、来てくださいました。

2日間で、15組のご参加、

本当に、ありがとうございました。

感謝します。

 

来月は、青梅市で完成編を予定してます。

構造編をご覧になられた方、

次は、完成編でお待ちしてます。

 

 

今週の現場も、

『基礎工事』が中心となりそうです。

コンクリートの打ち込み前は、

いい緊張感があります。

 

間違いないか。

忘れてることはないか。

段取りはOKか。

 

コンクリート工事って、

やり直しができませんから。

1番面白い工事でもあるんですが。

 

つい、この前。

ウチの現場の近くの工事現場から、

「ダ・ダ・ダ・ダー」って大きな音が。

覗いてみたら、

 

えー!

基礎コンクリートを壊してるんです!

おい、おい、おい。

恐ろしいことしてるんですよ。

建売の現場で、

まだ買い手が付いてないようなんですが、

建売だからって、いいことじゃありません。

 

「基礎」ですからね。

壊すような工事、しちゃダメですよ。

そういうの目にすると、

また、気が引き締まるんです。

「絶対に、あっちゃいけないこと」

 

今週も、気を引き締めて頑張ります!

 

 

いやー、どうも、どうも、ありがとう

涼しかった〜

ようやく秋が来たみたいで。

そんな発表会の初日でした。

 

来場されたお客様の数、

 

80組!!!

 

ダメですね、

こんなことでウソ言うのは。

数の勝負じゃないんだから。

実際、ウソ書いてる会社も

いるんですって。

あー、恥ずかしいことだ。

 

久しぶりの「あきる野市」でしたが、

昨日は、8組の方にお越しいただきました。

どうもありがとうございました。

 

それと、

たくさんの方から、

「社長、優勝おめでとうございます」って。

いや、いや、

みなさんの応援のおかげです。

どうもありがとうございました。

 

今日は雨みたいですね。

のんびりやらせてもらいます。

国語世論調査

国語世論調査の記事を見ました。

 

その中で、

本来の意味が捉えられていない言葉、

っていうのがありまして。

 

【にやける】

1.薄笑いを浮かべている

2.なよなよとしている

 

【失笑する】

1.笑いも出ないくらいあきれる

2.こらえ切れずふき出して笑う

 

【うがった見方をする】

1.疑ってかかるような見方をする

2.物事の本質を捉えた見方をする

 

どっちが正解かわかりますか?

 

 

本来の言い方をされていない慣用句

 

【本心でない上辺だけの巧みな言葉】

1.口先三寸

2.舌先三寸

 

【快く承諾すること】

1.一つ返事

2.二つ返事

 

正解は、

自分で調べてみてください。

私、全問不正解でした。

難しいですね、日本語って。

今回は家だけじゃなく、

もう金曜日。

今週もあっという間でして、

明日からイベントです。

 

あきる野市で

今年9回目の『家造り発表会』です。

こだわり満載の家を見ていただきたい

のは勿論のことですが、

家以上に見ていただきたいのは、

『施主様の声』ですね。

 

社内みんな、大工さんも含めて

みんなで読みまして、感動!!!

と同時にプロとしてのプレッシャー。

そして、

頑張るぞ!という気合を入れて

もらえた手紙だったんです。

 

家を建てるって、ホント責任を

持って真剣に取り組まないと

できないことなんですね。

そういう意味では、スゴク重い仕事。

その分、やりがいもあるってことですが。

 

とにかく、

家も人も見ていただきたいですね。

これぞ、『THE注文住宅』

いろんな思いが、たくさん詰まった家です。

 

お待ちしてます! 

ついに王手!

M1

3年ぶりのVに王手!

 

巨人ファンのみなさん、

今年は、ご機嫌だったんじゃ

ないですか。

強すぎましたね。

2位の中日だって立派な成績。

優勝しててもおかしくない数字

ですが、それ以上に強かった。

 

明日、決まりでしょ。

おめでとうございます。

サイコーだね。

 

 

さあ、

仕事、仕事。

今日は、コンクリート打ち込み。

DSCF6937.JPG

お役所の現場です。

まずは、耐圧盤から。

チョッと思うことが、

お役所って、考えが古いというか、

民間の方がよっぽど進んでますね。

えー、未だにそんなやり方するの?

結構あるんです。

前例から変える、ってことに

抵抗があるんでしょうか。

 

ある意味、

勉強になってます。

えー、初めて!

「おーい、一緒にやってみるか!」

DSCF6911.JPG

基礎工事に使ってる『止水プレート』

そのメーカーの担当者と現場で取付。

 

最初の説明では、

「ホント、簡単に取り付けられます」

なーんて感じで、いい調子だったので、

よーし、それならお手並み拝見するかと。

 

「鉄筋が組み終えた段階で

現場に来たのは初めてです」

 

えー!

マジかよ。

 

鉄筋の上をフラフラしながら

歩いてる姿は「酔っ払い」

はっきり言って・・・・

彼の行動は、ご想像にお任せ。

 

鉄筋にクリップを付けて、

それにプレートを固定します。

確かに、取り付けは簡単。

 

そうですね〜

時間にして30分程度。

 

最後に、メーカーさん

「いい勉強になりました!」

売る側が1番わかってないとね。

ウチの田舎、異常です。

9月なのに、最高気温が30℃以上。

異常事態です。

ありえへんこと!

私の田舎のことですが、

今年は暑いんですって。

お盆過ぎてからの方が暑いとか。

 

昨日、会ったお客様からも、

「北海道へ旅行に行ってきたんですが、

北海道らしくない暑さでした!」

東京と変わらないみたいで。

 

ウチのオヤジもバテてるだろうな〜

9月って言えば、

ストーブ着けてましたからね。

朝晩は、

寒いんですから。

地球の温暖化は確かに進んでるのか。

まあ、そんな暑かった夏も

お彼岸が来る日まで、でしょ。

 

どーでしたか、

今年の夏は、

いい思い出はつくれましたか?

 

私は、

色々ありましたね。

年を取ると色々あるもんでね。

 

お彼岸、

お墓参りしましょうね。

今週末は、あきる野市で

『OB様感謝祭』から1週間。

3回目の今年も無事、終えることができ

よかった、よかった。

と同じく、

たくさんの方に参加していただき

ホントよかった〜です。

年々、参加者の数が増えてますし、

こりゃ、来年も楽しみです。

 

さて、

もう次のイベントが今週末に。

22日と23日の2日間。

今年、9回目になりますかね。

『家造り発表会』を開催します!

 

今回の会場は、

久しぶりですね〜

何年振りでしょうか。

あきる野市でーす。

仕事では、毎日のように

行ってるあきる野市ですし、

ウチのOBさんの数も

青梅市の次に多いのが、

この、あきる野市なんです。

 

DSCF6888.JPG

今、現場はこんな感じです。

外壁工事は、ほぼ終わってますが、

中は、骨組みやパネル、断熱材が

見えるようになってます。

 

今回は、『構造編』

あきる野市のみなさーん、

お待ちしてます!

まだ日差し、強いね〜

昨日の日差し、

まだヒリヒリ肌にきます。

日差しの強さ、まだ夏です。

 

N様邸の上棟。

大工さんたち、頑張ってくれました。

例年なら、ちょうどいい陽気なんでしょうけど、

まだ夏の暑さでしたから、お疲れ様です。

DSCF6861.JPG

 

私も、今週は現場に詰めっ放しでした。

基礎工事に関しては、100%担当でして、

今週は、2現場が進行してましたので、

大忙しでした。

DSCF6885.JPG

 

まあ、よく出るもんだ。

こんなにも「汗」ってモンは。

おかげで、帰ってからのビールが美味い!

風呂に入って、メシ食って

バタンQ〜・・・・・Good Night

 

我が家で1番早く寝ます。

(これ、ズーッと前からですが)

 

そんで、

我が家で1番早く起きます。

(これも、ズーッと前から)

 

今日は、現場は休み。

涼しい社内で仕事です。

今週末は、現地売り出しです

不動産物件の土地が動き出したようです。

新しい物件情報が入ってきました。

この「新しい」ってのが、実は微妙でして、

まだ教えられない新しさ、ってのもあって。

いろんな事情が絡んだりするんですね。

 

田舎の方じゃ、

土地を売るってことは、あまり良くないこと。

「何かあったの?」

「借金でも・・・?」みたいな。

 

だから、難しいし神経使います。

不動産業界のルールの1つに。

『現地売り出し』ってのがありまして、

私、ウッカリしちゃいました。

 

物件を広告に載せることと、

現地で売り出しをすることは、

「同じことじゃん」って思ってて、

仲介業者さんにご迷惑かけて

しまいました。

すいません。

 

言われてみれば、

現地に2つの会社の旗が立ってたら、

買う方は困りますよね。

どっちの会社から買おうかな。

どっちから買っても、モメルそうです。

 

まあ、

ウチの土地なんで、

どんな風になっても私が解決しますけど。

『羽村市緑ヶ丘』の売地です。

 

ということで、

今日と明日、あさっての3日間は、

山一ホームさんが現地売り出しを

やってくれます。

 

スグ横で、

コスモホームさんも現地売り出しを

やるみたいです。

 

羽村で土地をお探しの人、

今週末は、緑ヶ丘1丁目に集まれー!

この暑さ、お彼岸まで

プロスポーツ選手の引退。

自分より若い人の引退には、

「年を取ったな〜」と実感です。

 

瞬発力というか、1回きりの力は

若い時とそんなに変わってないかな

と思うんですが、持久力がなくなったねー

 

続かない、

続けるとキツイ。

ムリすると後がコワい。

中年オヤジだね〜

 

今週は、

役所の現場に詰めっ放し。

いわゆる「常駐状態」

今週も暑かった!

お彼岸まで暑そうだね。

 

現場に出っ放し。

そんなんで、

事務処理が・・・・・

あー・・・・・

あれも、・・・・・・

えっ、それも、・・・・・・

たまってます。

 

日曜日、集中して、

あっ、午後はお客様と約束が。

午前中だな、勝負は。

空いてる場所、使っていいよ

今週末、上棟するのが

あきる野市のN様邸。

DSCF6761.JPG

土地を購入しての家造り。

その売主さんが、いい人でして。

「空いてる場所、駐車場に使って」

広い敷地の一部を販売したわけで、

売主さんの家も同じ場所に建ってます。

 

工事中、1番困るのが駐車スペース。

工事車両を停める場所があるのは

ホント有難いことです。

 

上棟の時は、

プレカット材や、パネル、断熱材など

大量の資材が運び込まれますし、

建て方のためのレッカーも来ます。

助かります。

いい人で良かった〜

いい土地でしょ

『鎮物(しずめもの)』

地鎮祭の時、いただいたお守りです。

DSCF6751.JPG

家の中心に入れときました。

緑ヶ丘のK様邸です。

 

隣の区画、

草が凄かったんで、草刈り。

DSCF5890.JPG

重機で引っこ抜いてダンプへ積み込み。

 

DSCF5889.JPG

この土地、2,920万円です。

40坪の広さだから、

坪単価は、73万円かあ〜

羽村駅まで、徒歩8分。

相場よりは安いよね。

車2台、並列で駐車できる?

いいじゃない!

そんで、庭先も3m以上とれるの!

いいね、いいね〜

キレイに、そして安全に

キレイになって、

更に安全に。

 

DSCF6187.JPG

昔の家って、和室の床が

1段高くなってることが多い。

3〜4センチ程度、

ちょうど敷居の分高いんです。

 

昔は『バリアフリー』なんて

言葉もありませんでしたから、

これが普通の納め方でした。

家の中は、段差だらけ。

 

でも、

今は、段差なしの『バリアフリー』が常識。

 

このお宅では、

床の張替えと合せて、床の段差解消も

リフォームで行いました。

 

使用する床材は、

桧の無地、無垢材です。

「無地」ってのは、節のない材料のこと。

DSCF6716.JPG

キレイでしょ。

 

DSCF6711.JPG

段差もこの通り解消です。

3ミリですから、ほぼ平ら。

これなら、高齢者の方でも安全。

 

 

若くて元気な時なら、気にならない段差も

年を取ると危ない段差に変わります。

たかが3センチ、じゃないんですよ。

 

こうした工事、

難易度は高い方です。

もちろん、新築より難しい工事。

新築よりリフォームの方が、

高い技術力と豊富な経験が必要です。

ハウスメーカーとか建売の新築を

やってる大工さんじゃムリでしょうね。

 

ウチの棟梁たちは、

リフォーム何でもOKです。

今回の担当は、

小林棟梁でした。

 

ホッとしました・・・

ホッとした。

というのが正直な感想。

 

昨日の『OB様感謝祭』

無事、トラブルもなく予定通り

行われたことに。

 

無意識に、頭も身体も

気が張ってたせいか、

家に帰ったら「バタンキュー」

 

今年もたくさんのOBさんに

参加していただけて、それが

何よりHappyなことで。

本当に、どうもありがとうございました。

 

みなさんから

「来年も!」

「ずーっと続けて!」

の有難い言葉をいただき、

感謝・感謝です。

 

開催すること、

続けること、

私一人だけの力じゃムリ。

ウチのスタッフはもちろん、

協力業者の方々を含め、

みんなが同じ方向を向いて

取り組んでくれてるからこそ

できることなんです。

 

みんな頑張ってくれました。

OBのみなさん、

みんな楽しんでもらえたと思います。

よく頑張った!

 

というわけで、

9月30日と10月1日は

すいませんが、

臨時休業とさせていただきます。

また、来年も頑張ってもらいますので、

ご勘弁くださいね。

今日だよ! 11時だよ!

さあ、やってきました。

 

二転三転してた天気も

今日はバッチリ良さそうです。

これが1番気掛かりだったりして。

 

昨日、セッティングも無事完了し、

今日は、OBのみなさんを迎えるだけ。

期待してますよ、ヨロシク!

 

昨年の大震災以来、

『絆』という言葉が飛び交ってますが、

本当は、それじゃいけないんですよ。

一人じゃ生きていけないのは当たり前のこと。

そんな当たり前のことが大々的に叫ばれる

こと自体がおかしなことだと思うんです。

 

親兄弟、友人、知人、

何かの縁で知り合えた人、

みんな『絆』ってもんが

あるわけでしょ。

 

私の仕事は「家造り」

ご縁があって、家造りに

携われたわけです。

 

「どこまで保証してくれますか?」

「何年間、保証してくれますか?」

私にすれば、くだらない質問。

「保証書」って紙切れでつながりを

求められるのは悲しいことです。

 

「任せてください。

あなたが住んでる限り、

ずーっと責任持ちますから」

 

「家」って、それだけ大きなもの。

一生に1番高価な買い物、

とも言うでしょ。

 

今日はね、

そんな仲間たちとの集まりなんです。

1年に1回だけですが、

だからこそ、

この日を大事に、

そして改めて感謝の気持ちを

持ち続けたいと思うんです。

 

完成したらサヨナラの家造り、

そんな家造りなら、「やめます」

つまらないし、お互いに不幸なだけ。

 

さあ、

今日は、自分が1番楽しんじゃおうかな。

 

明日は11時集合でーす!

「最後のお願いに上がりました!」

なーんて、選挙じゃないんだから、

おかしいですね。

 

明日のことです。

『OB様感謝祭』

毎年、そうですが、

「どれくらいの方が来てくれるのか?」

期待と不安が入り混じった感じで。

 

来てくれたOBさんの数が、

ウチに対する「通信簿の評価」ですから。

ワクワク、ドキドキ

 

思いっきり楽しんでもらい、

私も一緒に楽しみたいと

思ってます。

 

今日は、みんなで前日準備。

バッチリ決めて、

明日のご来場、お待ちしてます!

 

11時スタートですよ。

床下の湿気対策にはコレ

リフォームの床下湿気対策にお薦め。

 

昔の家って、床下が土のままです。

今は、「ベタ基礎」といって、床下は

全面コンクリートですから、床下の

湿気はさほど心配ありませんが、

「布基礎」の家は、どうしても湿気で

土台や床が傷んでしまいます。

 

20年位経った家ですと、床がフカフカ

沈んだりして、普段の生活が危険なことも。

「床が傷んだから張り替えたい」

そこで、ご注意。

張り替えるだけじゃダメ。

湿気対策をとらなくちゃ、また同じことに。

 

じゃ、

どんな方法があるの?

ですが。

いくつか方法はあります。

床下にコンクリートを流し込む。

ベタ基礎と同じようにすれば

湿気は防げます。

が、コストが高い。

ここがネック。

 

コストを安く、で考えると。

土の上に、防湿フィルムを敷いて

その上に砂をまく。

これは安く済みます。

フィルムで土からの湿気を止めて

さらに砂で抑える。

ただ、施工精度に少々、難点が。

 

もっと安くていい方法は?

ウチが使ってるのは「炭」です。

炭には調湿効果があります。

吸ったり吐いたりしますので、

床下の湿気対策には有効です。

 

DSCF5775.JPG

その長所を生かした商品がコレ。

「炭シート」です。

8帖の広さで2〜3万円程度。

施工時間も1〜2時間です。

 

リフォームは生活しながらの工事。

工程を短くするのも大事なこと。

施工性・コスト面、

どちらもお薦めですよ。

羽村市緑ヶ丘スタートです

「今日から始まるんだね」

 

「ホントいい人で良かった」

 

「売れたんですって、良かったね」

 

昨日、着工した羽村市緑ヶ丘の

現場で、両隣の方、

そして、偶然通りかかったOB様

から、掛けられた言葉。

 

OBさんからは、

「9日、行きますからね。

楽しみにしてます!」

との、嬉しい言葉も。

 

なんか、

「地元」って感じで嬉しいです。

やっぱり、家造りは地元の会社が

建てるのが1番でしょ!

昔は、みんなそうだったんですから。

 

途中、施主のK様から「差し入れ」

一緒にいた職人さんが、

「TKさんのお客さん、

みんな感じがいい人ばかりですね」

 

そりゃ、そうよ!

みんな、ファミリーであり、応援団ですから。

そんな力強い仲間と週末は『大集会』です。

 

OBさーん、

9日の日曜日、

11時集合ですよー!

民業圧迫?

日本郵政のゆうちょ銀行が

来年4月から住宅ローンの

業務をスタートさせるそうです。

 

今は、スルガ銀行の住宅ローンを

仲介しているだけです。

ゆうちょ銀行が国をバックに、

金利攻勢をかけて、住宅ローンを

取り扱ったら、業務を圧迫される、と

民間金融機関は戦々恐々。

 

ゆうちょ銀行いわく、

今まで、あまり積極的じゃなった

個人事業主、

高齢者、

女性たちに力を入れて

業務に当たりたい、との話。

 

確かに、

こういった方々には、

銀行は厳しいですからね。

はっきり言って

「貸したくない」

そんな対応ですから。

 

 

旧住宅金融公庫

今は、住宅金融支援機構ですが、

「フラット35」は大人気ですね。

ウチなんか、7、8割はフラット35です。

私自身もお薦めしてますから、

利用する方がホント多いです。

 

そのフラット35の『Sエコ』ですが、

10月末までの予定。

当初5年間、0.7%金利引下げ

6〜20年目、0.3%金利引下げ

『Sエコ』をご希望の方は、お早めに。

前倒しで終了することもありますので。

 

ゆうちょ銀行が、どんな住宅ローン商品を

打ち出してくるのか、こっちは楽しみです。

 

公務員、

サラリーマン、

個人事業主、

女性、

誰でも差がなく、公平に審査が

受けられればいいと思いますよ。

高気密・高断熱の住まい方とは?

24時間換気設備のメーカーさんと

『快適な住まい方』について、話す

機会がありました。

 

「高気密・高断熱の家なのに・・・・」

寒い、暑い、という感想を持たれてる

方が意外と多いとの事なんです。

 

さて、

どういうことかと、聞いてみたら。

冬は一切、暖房を使わずに、

夏もエアコンは、極力使わない。

 

「高気密・高断熱の家って冷暖房

しなくても夏は涼しく、冬は暖かい」

もしかして、

そんなイメージを持たれてるんじゃ

ないかな?

申し訳ありませんが、

その考えは間違いです。

 

高気密・高断熱の家でも

空調は必要です。

必要なんですが、

普通の家よりも、冷暖房の

効率がいいのが高気密・高断熱の家。

 

高気密・高断熱の家で、空調せずに

閉め切った状態にしておくと、熱が

こもってしまいます。

24時間換気システムで、家の中の

空気を動かしても、熱だまりは起こります。

空気の移動と熱の移動は比例しませんので。

 

エアコンって、

「電気代が高い!」

そんな固定観念があります。

だから、なるべく使わないようにする。

我慢できなくなるまでスイッチを入れない。

それが「省エネ」

 

でも、

実は、こういう使い方の方が

消費電力は大きくなるそうなんです。

32℃まで上昇した空気を28℃まで下げる。

エアコン全開、全力疾走。

この繰り返しの方が無駄使いらしい。

 

せっかく「いい家」に住んでるのに、

間違った住まい方で、不快な思いを

してる方がいるのであれば、黙って

放っておくことはできません。

 

『快適な住まい方』のアドバイスとか

お手伝いをしなくちゃいけないなと、

そんな話になりました。

メーカーさんと一緒に、役に立つ

ツールを作ってみようと思います。

気持ちよく住んでいただきたいので。

アルコールOKの会議です

土曜日、仕事が終わってから

大工の親方、若い衆の7人で

会議。

場所は、小作駅前の居酒屋。

会議?

飲み会?

アルコールOKのミーティングです。

年に数回やってます。

 

職人って、基本的に無口。

でも、酒が入ると冗舌になるもので、

若いモンにいろんな話が出てました。

話してる内容は、「親心」なんですね。

厳しい言葉がドンドン出ましたが、

その言葉の奥には、優しさが見てとれる。

 

当の本人たちは、どう受け止めたのか。

そこんとこは、中年オヤジの私には

わかりかねるところですが・・・・

頑張ってほしいですね。

仕事って何でもそうですが、

特に職人の世界ってのは、

厳しいし、忍耐が必要なもの。

その中でも『大工』は1番厳しい

んじゃないかな。

 

怒られてるうちが華(はな)

怒ってくれる人がいるって

幸せなことですからね。

 

若いモンから見れば

「雲の上の人」でしょうけど、

ウチの親方たちの優しさ、

その下で働ける若い衆たち

幸せだと思いましたよ。

 

ウチの大工さんたちとの

アルコール付きミーティング

年内に、もう1回やろうと思いました。

9月に入ったら・・・

昨日は全体会議。

議題は、

『OB様感謝祭』について。

ちょうど1週間後に行います。

 

前日準備から、個々の役割分担、

昨年からの反省点、注意点。

失礼のないよう、確認ですね。

 

初めての企画もありますし、

失敗しないように、確認。

 

あとは、

当日の朝、みんなに気合注入。

バッチリです。

 

ただ、

個人的には心配事が・・・

9月に入った途端、この雨。

うーん・・・・・・・・・・・・・・・

 

これ以上は言いません。

9月ですね、今月の予定は・・・

今日から9月です。

 

来週の日曜日、9日は

『OB様感謝祭』

お祭りです。

ウチにとって、

1年で最高のイベントなんです。

OBさんあってのTK。

ヨイショし過ぎかな?

でもね、

パワーをもらってるのは事実。

 

それと、

毎月恒例の

『家造り発表会』を

22日と23日の2日間

開催します。

今月は、久しぶりの「あきる野市」

 

月末には、

これまた毎年恒例の

TK会『親睦旅行』があります。

今年は、伊豆長岡とか言ってたな。

近くて良かった〜

 

イベントだけじゃなく、

現場の方も。

こっちが本業、大事ですからね。

 

着工に上棟、

そして引渡しと

フルコースで予定してます。

新築だけじゃなくリフォームも。

 

9月も

あっという間の1ヶ月になりそうです。