社長ブログ | TKプランニング

これも10年先には・・・

今はマイナーだけど、

この先、絶対にヒットする、

いや、スタンダードになる。

 

それは、

『樹脂の窓』だと思います。

 

窓って「アルミ」が一般的ですし、

1番多く使われてます。

窓、と言えば、

「アルミサッシ」って言うでしょ。

 

価格も手頃だし、

デザインも豊富、

使い勝手はいいですよね。

 

ただ、

温暖化防止や環境問題から

住宅にも一層の『断熱・省エネ』が

求められている昨今、アルミサッシでは

限界があるわけです。

 

家の熱の出入りは『窓』からが

1番多いと言われてます。

60%から70%は、窓から逃げてます。

温かい部屋の空気は外へ、

暑い外の熱気は家の中へ。

 

だから、

『窓』の断熱化が大事なんです。

 

アルミと樹脂、

素材で単純に比較してみると、

「熱伝導率」

これに大きな差があります。

熱の伝わりやすさを示す数値。

 

アルミ VS 樹脂

ですと、

アルミの方が、樹脂よりも

1000倍も熱が伝わりやすいんです。

 

ですから、

アルミサッシは、結露が起こるんです。

アルミが主流の今は、結露があって普通。

でもね、

この先、樹脂サッシがスタンダードになれば、

結露しない家が普通になるんです。

 

家全体の断熱性能が向上し、

光熱費が安くなり、結露もしない。

TKの家がそう。

 

10年先には、

樹脂サッシが当たり前に

なってると思いますよ。

いや、もっと早いかも。

コメントする