社長ブログ | TKプランニング

青森も暑いらしいよ

昨日、久しぶりに田舎のオヤジに

電話したら、

「暑い!

お盆過ぎてから暑い!」

とのこと。

 

青森でも例外なく暑い残暑が

続いてるようです。

例年なら、

お盆過ぎると、涼しくなり、

朝晩は寒いくらい、だったんです。

エアコンを付けてる家も

少なかったんですが、

ここ数年は増えたみたい。

 

この暑さ、

もう1週間くらい続きそうですね。

頑張りましょ!

 

 

今日も、チョッとしたところ

行ってみましょうか。

DSCF5666.JPG

2階の排水管です。

排水管の工事で注意したいのは、

『音』ですね。

そこで、

DSCF5668.JPG

こんな工夫をしてます。

管の周りを被覆してます。

音が漏れないようにです。

 

別の考え方もあります。

2階の排水管は外に出す。

これも1つの考え。

意匠的な見た目は別として、

メンテナンスを考えれば、

これもOKじゃないかな。

外に出せば、音の問題は

全く関係ありませんし。

 

ただ、見た目ですよね。

外にトイレの排水管が露出。

あまり、いいもんじゃないですし。

 

配管の基本はシンプルさ。

できるだけストレートで短く

単純な方がいいわけです。

 

あとは『音』の問題。

 

2階に浴室や洗面、洗濯機を

プランする場合、配置には

注意しましょう。

残り1区画、いかがですか

8月、

雨が降らない月でしたね。

今年は平年の15%しか降ってないとか。

 

水、大丈夫なんでしょうか。

私、毎日2Lの水を飲んでますんで、

水が命(大袈裟ですね)

 

雨が降らない8月が明日で終わり、

9月から、またまた新しい現場が

スタートします。

 

このブログでも何度か紹介してた

羽村市緑ヶ丘の社有物件。

2区画の1つが売れまして、

9月5日から着工します。

 

DSCF6617.JPG

昨日、地盤調査を行いまして、

地盤はOK、問題なし。

 

羽村駅まで徒歩8分。

広さは40坪の整形地。

羽村で徒歩圏は希少価値ですぞ!

 

あと1区画。

ご興味のある方は、

お問い合わせください。

基礎でも、チョッとしたことやってます

チョッとしたところ、

基礎でもご紹介。

 

DSCF6578.JPG

見えますか?

鉄筋に付いてる銀色の板。

『キソ止水テープ』といいます。

基礎のコンクリートは2回に分けて

打ち込みます。

その打ち継ぎ部分に、止水テープを

ぐるっと一周、取り付けるんです。

 

理由は?

外からの雨水等の浸入を防ぐ為。

絶対、必要なものかと言われれば、

決してそうではなく、やらなくても

いいもの。

実際にやってる現場は少ない、

いや、ほとんどやってない。

 

万が一の為、

万全を尽くす、ってモノ。

 

コストは?

取り付け手間を含めて数万円。

何十年も住むこと考えれば

全然安いでしょ!

 

やらないよりは、

やった方がいい。

チョッとしたことでした。

隙間の断熱が重要です

チョッとした隙間の処置によって

家の断熱性能に大きく差が出ます。

 

こんな場所がそうです。

DSCF5587.JPG

縦に3本みえてるのが、

屋根を支える「タルキ」といって、

455ミリ間隔で入っている木材。

このタルキと桁(シールが貼ってある木材)の

隙間を断熱処理するか、しないかで

大きく差が出るんです。

 

構造の現場見学会に行った時は、

ここんとこ、要チェックですよ。

 

いくら壁に優れた断熱材を使用しても

こうした隙間の処理がきちんとされて

いないと、その家の断熱性能って、

大したことなくなるものなんです。

 

基礎、又は床から壁、そして天井又は屋根まで

断熱ラインが途切れることなく施工されることが

大事なことです。

どこから見ても、断熱材で包まれてる

状態が断熱性能を高める最低条件。

暑い時はエアコンつけましょ!

うーん・・・・

チョッと誤解を招いてるかな。

そう思うことが、

 

「2階が暑いんです」

 

夏場の2階が暑いとのこと。

ウチの建物は、高気密・高断熱。

壁はもちろん、

屋根も、窓も、

チョッとした隙間も、

全て最高ランクの断熱なんですが。

 

どうして?

その方は、

夫婦2人で生活。

2人とも働いている共稼ぎ。

昼間、閉め切った家に戻ると暑い。

 

なるほど。

すいませんでした。

私の説明不足でした。

どれだけ高断熱の家でも、

空調を使わない閉め切った

状態では暑くなります。

 

高気密・高断熱の家では

エアコンをつけたままに

していただくのが理想。

室温は28℃で。

 

「エアコンつけたままは

電気代がもったいない」

と思われるかもしれませんが、

今のエアコンって、ホント

省エネになってまして、

電気代は意外と安いんです。

廊下やトイレの照明を消し忘れた

方が、実はもったいないこと。

 

しかも、室温28℃ですと、

運転し続けることはなく

待機状態の時間もあるし、

できれば、そうしていただきたい。

 

1年365日のうち、

暑くてたまらない日って

何日ありますか。

そう考えれば、他で

いくらでも節電する

チャンスもあるでしょ。

 

先週、

外気温と我が家の室温の変化

について、1週間分のデータをとりました。

外に1台。

家の中に7台。

外の日の当たらない場所に

置いておいたセンサーですが、

最高気温が40℃になってました。

 

天気予報で発表する最高気温より

実際に気温って高いんだなという

ことが発見できました。

プラス3〜4℃は高いんじゃないですか。

昨日の補足です

昨日の火災保険・地震保険

についての補足です。

 

『火災保険』って、

火災だけじゃなく、他のリスクも

補償できるようになってます。

 

雹(ひょう)

台風

 

日常的なものでは、

車の衝突

盗難

破損・汚損

水漏れ

 

こういうリスクにも保険金が

支払われるんです。

火災に遭う確率なんて、

かなり低いと思いますが、

天災や日常での被害は

意外と多いもの。

 

ウチのお客様でも、

火災に遭った人は

いませんが、雷や

台風の被害を受けた

人はいましたから。

 

 

地震保険ですが、

こちらは、

払い込んだ保険料が

所得から控除されます。

 

また、

既に火災保険に加入済みでも

途中から地震保険を契約する

ことも可能です。

地震保険の対象には、

建物の他に、「家財」も

含まれます。

 

1)地震により、火災が発生し、家が焼失した。

2)地震により、家が倒壊した。

3)津波により、家が流された。

これらが、

地震保険ですよ。

加入率が50%を超えました

家を新築すると『火災保険』に

入る方が多い、というか

入ることをお薦めします。

 

火災保険って義務化じゃないんで、

入る入らないは自由なんですが、

「保険」ですから、万が一の為。

 

その火災保険とは別に、

『地震保険』って、ご存知ですか?

昨年の大地震以来、

宮城や福島では、地震保険への

加入率がグーンとUPしたそうです。

全国平均でも、50%を超えました。

 

地震保険に加入するには、

火災保険に入ってることが

条件になります。

 

火災保険は、期間が1年から20年、

30年と長期に加入することも可能

ですが、

地震保険は、最長5年間。

保険金額も火災保険の1/2まで。

 

日本は地震国ですから、

地震保険への加入、

できればしておいた方が

いいと思います。

 

例えば、

地震が原因による火災。

これ、火災保険が使えますか?

答えは、「NO」

地震保険に入っていればOKなんです。

 

保険も家造りの中の1つ。

ウチも保険代理店ですので、

火災保険、地震保険を取り扱ってます。

 

「保険料」

家造りの諸費用に最初の資金計画から

入れておいた方がいいですよ。

後から捻出するのって大変ですから。

 

よう頑張った!

あー、3度目もダメか・・・

 

しゃーない、

あれだけのピッチングをされたら

高校生じゃ打てないわ・・・

 

でも、3季連続の準Vは見事!

よく頑張った。

胸張って帰って来い。

「夢」はこの次に、だな。

 

オリンピックが終わり、

甲子園が終わり、

夏が終わってくー

そんな感じですが、

まだまだ暑い!

 

きついね〜、残暑。

現場の人たち、

ホントご苦労様です。

 

今、福生市で解体中の現場。

DSCF6561.JPG

建替えの現場です。

今、会社の目の前でも解体中。

同じ解体でも、

壊し方って色々あるんですね。

 

ウチの現場は、

まずは、足場を組んで、

養生の防音シートを張り、

それから、壊していくんですが、

屋根瓦、内装の壁、ボード、

木材、って順番に種別毎に。

 

目の前の現場は、

いきなり機械で壊し始め、

グシャ、ってまとめて壊し、

後から足場を組みだして、

 

うーん、

ダメでしょ、

その順序じゃ。

 

他所は他所。

ウチの現場、

しっかり、やっとこ。

じゃ、現場へ。

今日も現場レポートです

さあ、

2回目は、

あきる野市の『SE様邸』です。

 

DSCF6519.JPG

8/17に上棟したばかりです。

建物の形に骨組みが出来たら

屋根の下地造りに入ります。

 

DSCF5483.JPG

屋根の下地板が張られました。

この上に防水のルーフィングが

敷かれて屋根材が乗ります。

普通はね。

 

でも、

普通じゃないTKは、

この上に、断熱材を乗せるんです。

DSCF5495.JPG

これ!

変わったことしてるでしょ。

この上に、もう1回板を張ります。

DSCF5507.JPG

2回、屋根の下地を造りました。

 

DSCF5511.JPG

大工さんたち、

ご苦労様でした。

 

 

最後に、

これも普通じゃないTKならではの

『壁』

DSCF5477.JPG

キレイでしょ!

現場レポート、1回目

夏休みの関係で、

『現場施工レポート』が

少々スローダウンしてますので、

ここで紹介させていただきます。

 

今日は、

福生市のO様邸から。

DSCF6566.JPG

 

DSCF6492.JPG

構造金物が取付けられ、

来週、中間検査に入ります。

 

DSCF6469.JPG

外回りも「透湿防水シート」が

張られましたので、雨が降っても

心配なし。

ココまで来ると、一安心。

 

DSCF6471.JPG

外壁貫通部のパイプ廻りも

ブチルテープでしっかり防水。

 

DSCF6473.JPG

バルコニーの排水口廻りも同じく。

 

構造金物と防水。

どちらも非常に大事な部分。

建物の性能や寿命に直結します。

 

この上に、

外壁材が張られます。

専用の「通気金物」を使って。

透湿防水シートと外壁材の間に

空気層を設けることによって、

防水性と遮熱、耐久性を高めます。

 

以上、

今日は『O様邸』の現場レポートでした。

青森県勢、大活躍!

青森、光星学院BEST4!

去年の夏、今年の春と

決勝まで勝ち上がりながら

連続の準優勝。

DSCF2213.JPG

今回こそは、

念願の東北勢、初優勝です。

オールドファンなら記憶に

残ってるでしょ、

我が故郷、三沢高校の準優勝。

松山商業との決勝戦は延長18回、

0対0の引き分け再試合。

 

ロンドン・オリンピックの

女子レスリングも青森県出身の

選手が金メダルを3つも獲得。

(吉田選手だけは、父親が出身者)

 

もう東京住まいの方が長くなりましたが

何年経っても生まれ育った故郷はいいもの。

やっぱり応援しますね。

『東京 VS 青森』 だったら、

間違いなく青森ですし。

 

でもね、

チョッと残念なことが、

光星学院、地元の応援は

今ひとつ盛り上がらないようで・・・

県外出身者が多いんです。

野球留学ですね。

 

やっぱり1番いいのは、

地元の選手で勝つこと、

ですが、

私、個人的にはOK

 

いいじゃないですか。

「甲子園に行きたい!」

甲子園を真剣に目指してる

高校生が選んだ進路。

野球小僧には、

憧れ、なんですよ。

甲子園って。

 

娘の高校が甲子園に出場

した時、観戦に行きましたが、

いやー、興奮しました!

独特の雰囲気があって、

鳥肌と感激が交互にやってくる、みたいな。

 

決勝まで勝ち上がったら

甲子園へ行っちゃおうかな。

英会話できますか?

クリスにブライアンにマイク、

我が家に、いとこと親戚が

集まってBBQ大会。

 

初めてでした。

いとこ達がこれだけ集まったの。

日本語だけじゃなく、英語が

バンバン飛び交って大騒ぎ。

 

「英語」

これからの人たちは覚えるべきですね。

海外とか外国人ってのが、すごく身近に

なってるじゃないですか。

海外で日本語は役に立ちません。

その国の言葉、もしくは「英語」

英語が話せれば、大抵の国でOKでしょ。

 

言葉が通じない無力感、情けなさったら、

食事のメニューを見ても、チンプンカンプン。

聞きたくても、聞き方がわからない。

話しかけられても意味がわからない。

 

今からでも遅くない。

私、頑張って英語をマスターしたい。

幸い、身近にいい教材がいますんで、

英会話ができるように。

そして、語学留学へ。

 

それじゃ、

Good Bye!

♪知〜らない街を歩いてみ〜たい♪

京王線沿線を調査。

永山〜若葉台〜稲城あたりを。

あの辺って『多摩丘陵』というらしいです。

最近(でもないけど)になって

作られた新しい街の風景です。

昔から人が住んでた場所ではない。

私、そう見ます。

 

若葉台駅周辺なんて、

この先、どこまで変化するのか

見当がつかない感じです。

その準備が少しずつ進んでる、

商業施設やオフィスビルが乱立。

これからの街、なんですかね。

 

 

永山駅の周りも探索してみました。

マンションが多い。

一戸建ては団地形式。

古くからの、というのが見当たらない。

分譲、建売住宅も少ない。

50、60年前って、

どんな風景だったのか

見てみたい気がします。

 

すぐ隣の「多摩ニュータウン」

高齢化と孤独で大変な状況

らしいですね。

あそこも高度成長期に開発された

山なんでしょ。

 

『多摩市』

興味がわいてきました。

”昔”を調べてみようかな。

面白い発見があるかも。

あきる野市で上棟、そして着工

今週は、電話も少なく

静かな1週間でした。

 

夏休みも終わり、来週から

いつもの賑やかさが戻るんでしょ。

でも、ウチはチョッと早くから始動。

昨日は、予定通りに上棟などなど。

 

DSCF5448.JPG

 

DSCF5457.JPG

 

DSCF5467.JPG

 

DSCF6519.JPG

 

来月、構造の『家造り発表会』を行います。

場所は、あきる野市。

 

あきる野市での開催、

久しぶりです。

何年ぶり?

 

「あきる野市」って、

ウチ、青梅市に次いで、

施工棟数が多い場所なんです。

でも、発表会はやってないなあ、

多分・・・

 

無事、

上棟も終わり、

来週からは、

おーっと、

あきる野市で、新しく着工です。

『あきる野市』続きだ。

おめでたい日です!

今日は、大安吉日。

いいことがたくさん、

あると嬉しいですね。

 

お祝い事。

色々ありますが、

住宅業界では、

『地鎮祭』

『上棟』

『完成・引渡し』

『契約』

 

実は、

今日と明日で、

全部やっちゃいます。

 

すいません、

何か自慢話になってますか?

そんなつもりじゃないんですが、

嬉しいことは、人に話したくなるもの。

ですよね。

 

上の4つの中で、1つだけ

他とは違う気持ちになるものがあって、

『完成・引渡し』です。

終わっちゃうんですから、

何となく寂しい、というか。

少なくとも

「やったー!」じゃないな。

 

でもね、

ウチの家造りは、

ここからが新たなスタートなんです。

「10年保証」だなんて、ケチでセコイこと

やってません。

 

『住んでる限り、ズーッと保証』

なんですから。

いつでも、お互いに会いに行ける

お付き合いを続けてる、ってことが

前提ではありますが。

 

そんで、

TKで1番の、

大・大・大イベントにも参加資格ありでして、

来月、そのイベントを開催します。

ホントの遊び。

遊びです。

 

TKスタッフとゆかいな仲間、

そして、TKファミリーみんなと

集会でーす!

 

今年で3回目。

この日を迎えると、

「1年間、頑張れたんだな」

っていう嬉しい思いと、感謝の

気持ちにさせてくれる最高の日。

 

さあ、

今日も暑いけど、頑張りましょう!

現場が再開しました

昨日から現場が再開。

大工さんたちの夏休みが終わり、

いつもの朝を迎えました。

 

夏休み、

三浦大工は、久しぶりに故郷の

函館に帰ってたそうで、

夏の北海道、いいでしょうね。

 

小林大工は、

娘さんに3人目の子供が誕生し、

賑やかな毎日を過ごしてたそうで、

「仕事より疲れたよ〜」とのこと。

 

みんな、

それぞれにリフレッシュできたようで、

正月まで頑張ってもらいましょ!

 

 

現場の方は、

今週は、SE様邸の上棟。

夏の上棟といえば、

こたえるんですよね。

その分、記憶に残るもので。

 

DSCF5419.JPG

土台は完了し、

今日は、1階の床張り。

910ミリ間隔に土台と大引が

組まれてます。

この上に、24ミリの床板を

張って、上棟前の工事は完了。

 

この工法、

根太を使わない『根太レス工法』といって、

剛床(ごうしょう)になるんです。

 

『剛床』ってのは、強度のある床のこと。

床にもあるんですね、強度って。

 

2012年問題

2012年問題

 

団塊の世代が65歳を迎え、

中小企業の後継ぎ問題が

深刻化してる、とのこと。

 

うーん、

私の周りを見ても、

確かに世代交代が

あちこちで行われています。

 

いわゆる『ジュニア』が後継ぎ。

自分の子供が後を継いでくれる

ところには関係ない話かもですが、

 

いや、いや、

実のところ、そうでもないかも。

 

『ジュニア』がトップに立ってから

社内が「ガタガタ」になった、って

ところの話も入ってきてます。

 

団塊ジュニアといえば、

まだ30代でしょ。

オヤジと同じことしたら

そりゃ、社内から反発

でるでしょ。

でも、若いがゆえに

『勘違い』しちゃうんですよね。

 

私は、2代目じゃありませんが、

30代の頃は『勘違い』してましたね。

世の中、何にも怖いものなし!

「オレの言う通りにしてろ!」みたいな。

 

今、振り返ると

「面倒くさいガキ」でしたね。

トップに立って、初めて見えてくるもの。

少しずつですが、世の中の厳しさとか

人の温かさ、とか理解できてくるんです。

そんで、

少しずつですが、周りから認められる。

 

どんな偉い立場にいたって

周りから認められなくちゃ

「裸の王様」でしょ。

 

 

2012年問題

後継ぎの問題って、

ホント難しいと思います。

毎日泳いでました

さあ、

今日からスタートです。

夏休み明け、

「よーし!」と気合入れたら

 

雨・雨・雨

 

うん、うん、

オイラらしいな。

 

でも、

予報じゃ、朝のうちだけ

らしいので、午後から現場へ。

 

17日に上棟するSE様邸の

土台墨出しに行ってきます。

 

 

夏休み中のお土産話?

特にありませんね。

すいません・・・・

 

毎日、プールで泳いでました。

何てったって、体が資本ですから。

体力つくりですね。

チョッと早い夏休み

チョッと早いかもしれませんが、

明日から「夏休み」をとらせて

いただきます。

 

というわけで、

このブログも明日から、お休み。

再開は、

14日の予定です。

 

周りを聞くと、

今年は、11日から休みの

ところが多いようです。

 

 

子供が小さいうちは、

子供のために休みを

とってたような気がします。

 

「どこか連れてってやんなくちゃ」

みたいな。

若い頃は、休みなく働いてましたから、

夏休みくらいは、ってことで。

『家族サービス』って言うんですか。

でも、自分が1番楽しんでたみたい。

 

娘も大きくなって、

21歳と18歳。

もう親となんか出掛けたりしません。

 

えっ!

 

出掛ける?

 

一緒に?

 

どこか連れてけ?

 

うちの子、おかしいのかな。

まあ、

そんなわけで、

今年もみんなで

どっか行って来ます。

 

では、

14日から

また、ヨロシクお願いします!

いい絵でしょ!

先週、上棟したO様邸。

 

DSCF6385.JPG

快晴!

文句なしの日本晴れ。

珍しく・・・・・

 

そんで、

雲1つない青空をバックにした

柱と梁。

絵になるでしょ。

好きですね〜

この色合いが最高!

 

DSCF5344.JPG

この絵もいいね〜

これは、屋根ですよ。

 

こんな工事してるとこ

今は少ないけど、

5年後には、「普通」に

どこでもやり出すんじゃ

ないでしょうか。

 

10数年前の家の下って、

「土のまま」が普通だったんですが、

今じゃ、「コンクリート」が普通です。

 

昔じゃ考えられなかったんですかね。

「土のまま」じゃ、絶対に湿気で腐る

ことくらい、わかってたと思うんですが。

 

今でも、いくつかあるんです。

「それはマズイでしょ」ってことでも

普通になってるやり方が。

まあ、違反してる訳じゃないから

やっちゃダメ、ってことじゃないけど。

 

そこんとこが、

造り手側の『モラル』による、

ってのは、いかがなものかな。

残念なことですが・・・・

「花火」と「そうめん」と暑気払い

昨日は、2年ぶりの花火大会。

 

それに合わせて、会社では

みんなで暑気払いをやりました。

会社の駐車場で。

 

前日に「竹」を取ってきて、

『流しそうめん』の予行練習も。

9月のOB様感謝祭でやるので、

当日、ぬかりのないための試しです。

 

竹の長さ、勾配、水の量、

バッチリわかりました。

 

そうめんの流れる速さが肝心。

早過ぎても、遅過ぎてもダメ。

丁度いい速さが、

「これだ!」

ベリーGood!

完璧!

 

花火の音を聞きながら、

女性陣は見てましたけど、

男性陣は酔っ払って音だけ。

 

さあ、

今日、2日目も頑張ってきます。

建替え or リフォーム

「思い切って、建替えて良かったわ!」

 

昨日、1年点検にお邪魔したOB様の言葉です。

子供も独立して、夫婦2人での生活。

年齢的なこともあって、リフォームで

いいかな、が最初の気持ち。

 

築30年以上経ってて、あちこちの

傷みも激しく、リフォームもかなり

大掛かりになりそうで、

 

「もし、建替えたらいくら?」

 

そこから、『建替え or リフォーム』

ご主人は、リフォーム派。

奥様は、建替え派。

 

結局、最後は奥様に軍配。

 

いつも感じることですが、

この時期でも、家の中には

「モワ〜」っと感がないんです。

 

気持ちいい空気!

 

正直、リフォームですと

ここまでは難しいでしょ。

仕上げは、新築同様に

キレイにできますが、

耐震や断熱については

ムリかな・・・

 

一般に建てられてる程度の

新築並ならできますが、

ウチの『TKパネル仕様』と

同じに、ってのはね。

 

点検の方は、

いつも通りで、何も異常なし。

床下もバッチリOK。

 

喜んでもらえてたのが

何より嬉しいことです。

 

 

さあ、

今日は、

真夏の『TKパネルの家』

体感しちゃいましょーよ。

お待ちしてます!

明日は、

さあ、明日からですよ!

 

何がって、

『家造り発表会』でーす!

青梅市河辺町6丁目で

10時からスタートです。

 

暑いけど、やります。

「3階建て・ビルトインガレージのある家」

 

構造編では、

壁倍率7倍の耐力壁も

お披露目しましたよね。

 

3階ですから、いつもの2階建てとは

違うところが随所に見られます。

また、

IG様のこだわり・わがままも

たくさん形にしましたので、

見どころも満載です。

 

詳しいことはココでは言いません。

是非、現地までお越しください。

 

真夏の暑い時だからこそ、

TKの『高気密・高断熱』を

体感していただきたいな〜

 

「夏涼しくて、冬暖かいんですよ」って

いつも言ってるでしょ、

 

「ホントですか〜

営業トークじゃないんですか?」

って、怪しいなと思ってる人には

絶対に来てほしいですね。

 

涼しい顔で、お待ちしてますから。

ヨロシクです。

うわー、真っ黒!

ウチの大工さんたち、

全員、いい色に焼けてきました。

7月30日の上棟で、『丸焼け』に

なっちゃったようです。

 

大工仕事は、外より中の方が

多いので、外がメインの職人さんと

比べると、全然白く見えてて。

でも、

外で、1日、2日やると

いい色に焼けますね。

 

外の仕事といえば、

屋根の職人さんはキツイね。

この暑い中、屋根の上に1日中

乗ってるわけですから。

屋根の上、

もちろん、どこにも日陰なし。

想像できますか?

屋根の上に1日いるなんて。

大変なことですよ。

仕事じゃなかったら、

「何やってんだ、

死んじまうぞー!」の世界。

 

だから「顔」真っ黒です。

そこまで黒くなるのか!って

くらい、黒くなってます。

「度」を越した黒さです。

 

は〜

大変な仕事だ〜

ホント、ご苦労様です。

 

雨風から家を守ってくれる屋根。

大変な苦労の中、

頑張ってくれてるんです。

感謝しましょう!

これも10年先には・・・

今はマイナーだけど、

この先、絶対にヒットする、

いや、スタンダードになる。

 

それは、

『樹脂の窓』だと思います。

 

窓って「アルミ」が一般的ですし、

1番多く使われてます。

窓、と言えば、

「アルミサッシ」って言うでしょ。

 

価格も手頃だし、

デザインも豊富、

使い勝手はいいですよね。

 

ただ、

温暖化防止や環境問題から

住宅にも一層の『断熱・省エネ』が

求められている昨今、アルミサッシでは

限界があるわけです。

 

家の熱の出入りは『窓』からが

1番多いと言われてます。

60%から70%は、窓から逃げてます。

温かい部屋の空気は外へ、

暑い外の熱気は家の中へ。

 

だから、

『窓』の断熱化が大事なんです。

 

アルミと樹脂、

素材で単純に比較してみると、

「熱伝導率」

これに大きな差があります。

熱の伝わりやすさを示す数値。

 

アルミ VS 樹脂

ですと、

アルミの方が、樹脂よりも

1000倍も熱が伝わりやすいんです。

 

ですから、

アルミサッシは、結露が起こるんです。

アルミが主流の今は、結露があって普通。

でもね、

この先、樹脂サッシがスタンダードになれば、

結露しない家が普通になるんです。

 

家全体の断熱性能が向上し、

光熱費が安くなり、結露もしない。

TKの家がそう。

 

10年先には、

樹脂サッシが当たり前に

なってると思いますよ。

いや、もっと早いかも。