社長ブログ | TKプランニング

HIVPって?

現在、水道管に使われている材料は、

『VP管』という、硬質塩化ビニル管が

一般的です。

 

DSCF6314.JPG

これは、チョッと違うもので、

『HIVP管』といいます。

同じ塩ビ管ですが、

正式には、

耐衝撃性硬質塩化ビニル管

と言います。

 

普通のVP管と何が違うかというと、

その名の通り、

衝撃に強く、弾力性があり、機械的強度にも

優れている点がHIVP管の特徴です。

簡単に言うと、VP管より丈夫なんです。

 

石や砂利の多い敷地では、

HIVP管を使ってます。

建物の外部配管ではね。

 

建物の中は、違う材料です。

床下の配管には、

『架橋ポリエチレン管』という

ものを使います。

耐食性・耐塩素水性・耐寒性・耐熱性が

あるので、水もお湯にも使用できるんです。

 

家を建てるには、多くの部材の選定やら

細かいことがたくさんあるんです。

面白いでしょ。

コメントする