社長ブログ | TKプランニング

大事なのは期間じゃなく中身

SE様邸の配筋検査。

 

DSCF6375.JPG

鉄筋組み立てが完了すると

第三者機関の検査が入ります。

瑕疵保証の関係で、検査が義務

付けられているんです。

 

『瑕疵保証』

引渡し後の保証です。

構造や防水に関しては10年間。

 

「10年保証」って聞いたことありますよね。

それです。

 

住宅で保証が10年。

長いと思うか、短いと思うか?

この法律前は、1年だったんです。

たった1年。

これは、誰が見ても短いでしょ。

住宅が家電と一緒なんてね。

 

じゃ、

「10年間になって安心」なんでしょうか。

何か不具合が起きても、10年目までは無償。

11年目からは、「費用を負担してください」って。

 

うーん・・・・

保証って、何なんでしょうね。

ズーッと前から疑問に思ってます。

「10年保証」って、実はお客様の

ためじゃなく、造り手である請負側の

ためのものじゃないかって。

 

「TKさんの保証は何年ですか?」

たまーに聞かれることがあります。

 

「何年保証してほしいんですか」

適正なサイクルで、アフターメンテナンスを

行ってくれれば、何年だって保証できます。

 

大事なのは、期間じゃなく中身なんですよ。

「保証」の中身。

何かあったらスグに来てくれるのが

1番の保証じゃないですか。

 

どんな立派な「保証書」っていう紙が

あったって、来てくれなきゃタダの紙切れ。

 

 

契約前は、

何でも言うこと聞いて、

スグに飛んできてくれるけど、

引渡したら、

「あれ〜?」

大きいところほど、

こういうことが多いらしいです。

そういうところに限って、

立派な「保証書」があったりして。

 

保証について質問するときは、

「何かあったらスグに来てくれますか?」

って聞くのがいいのかな、と思いますよ。