社長ブログ | TKプランニング

10年後には、いやもっと早く・・・

土台と基礎との間に入れてます。

DSCF5279.JPG

気密パッキンです。

これで、床下の隙間をシャットアウト。

 

夏の湿った空気と、

冬の冷たい風を入れません。

この工法は少ないようです。

 

最も多いのは、

『床下換気』です。

ウチも、数年前まではそうでした。

土台と基礎との間に空間を空けて、

そこから外気を取り込む工法です。

 

床下の大敵は「湿気」

だから、換気が必要なんだよ!

ということで、換気工法が普通に

1番多く採用されています。

 

確かに間違いありません。

換気をすることは大事なこと。

ただ、

換気の元、と言いますか、

本当に床下で大事なことは

「一定の湿度」なんです。

私は、そう考えました。

 

1年間、湿度が一定であれば、

換気工法よりも、さらに床下の

木材にとっては、条件がいい

のではないか。

 

それと、

家の気密化を高めるためには、

床下の気密処理が欠かせないこと。

 

おーっと、

誤解しないでもらいたのは、

『床下換気』が悪い、と言ってる

のではありませんよ。

床下に風邪を取り入れて換気する

ことは間違ってません。

 

要は、

家の中なのか、外なのか?

という考え方の違いです。

 

床下換気は、

床下を家の外と考えた工法。

 

私は、逆に家の中と考えてる、

その違いが、工法の違いに

なってるわけです。

 

2階の天井裏も同じこと。

天井裏で断熱するということは、

天井裏を、家の外と見てること。

 

天井裏で断熱しないで、

屋根面で断熱する、いわゆる

『屋根断熱』というのは、天井裏を

家の中と見てるわけです。

 

私の考えは、

『屋根断熱』ですから、

天井裏は、家の中です。

 

1階の床下も、2階の天井裏も

全部、家の中なんですね。

TKの家は。

 

『基礎断熱』と『屋根断熱』

どちらも、残念ながらマイナー。

でも、

断熱性・気密性・

そして、耐久性を考えれば

この工法に辿り着くはず。

 

今は、珍しいけど

この先、10年後には

間違いなく増えてくると思います。

いや、もっと早いかも。

コメントする