社長ブログ | TKプランニング

「つなぎ融資」って何?

昨日の続きです。

 

住宅ローンって、

どの時点で融資を実行

してもらえるのでしょうか?

 

答えは、

建物が完成して登記された時点です。

 

ということは、

疑問がわきませんか?

 

既に土地を持ってて、

家を建てるだけの人や、

建売住宅を購入する人

なら問題ないことですが、

土地を購入して、

その土地に注文住宅を

建てたい人は?

 

土地の購入は、不動産会社から。

建物の新築は、住宅会社。

 

土地を購入するということは、

所有権の移転が必要です。

所有権を移転するには、土地代金を

支払わないとできません。

土地代金を支払うには、

自己資金または住宅ローンから。

 

自己資金なら問題なし。

ですが、

住宅ローンで土地代金を支払う人。

住宅ローンって、

いつ実行されるんでしたっけ?

 

そう、

建物が完成しなきゃダメですよね。

これは参った・・・・

 

土地を持ってない人が注文住宅を

建てるには、土地代金分の自己資金

が必要ってことですか?

 

実際のトコ、

持ってる方、いますかね〜

少ないでしょ。

 

 

あきらめることはありません。

そういう方のために、

『つなぎ融資』っていうのが

あるんです。

 

つなぎ融資、というのは。

具体的な例で、

土地が2,000万円

建物が1,500万円

合計で3,500万円としましょう。

 

自己資金が500万円あります。

ので、残りは

住宅ローンを3,000万円組みます。

 

進め方は、

土地の契約・・・・・手付金が必要

土地の引渡し・・・・土地残金の支払い

建物の契約

建物の引渡し

こんな順番が一般的です。

 

土地の引渡し時に代金を支払って

所有権の移転登記を行うには、

手持ちの500万円だけじゃ足りないので、

3,000万円のローンの内、

1,500万円だけ先に融資してもらいます。

こうして、3,000万円を分割して

融資してもらうのが『つなぎ融資』なんです。

 

手持ち金とつなぎ融資分を合わせれば

土地代金を支払うことができますよね。

 

この『つなぎ融資』を利用すれば、

土地を持ってない方でも、注文住宅を

建てることはできるんです。

 

土地代を現金で持ってる人なんて

そうそういませんからね。

 

『つなぎ融資』

覚えといてください。

コメントする