社長ブログ | TKプランニング

ウチの屋根、これが標準です

貴重な晴れ間、

晴れちゃいないけど、

雨が降らない日は最大限

有効に使わないと。

 

DSCF5998.JPG

S様邸は屋根工事が

ほぼ完了、間近。

 

「滝さん、明日から休みだね」

雨予報が出てたんで。

 

「ホントだよ、参っちゃうな〜」

 

外の工事の人は大変です。

この時期は、予定が組めないんでね。

 

写真の屋根材、

何かわかります?

 

1番使われてるのは、

『軽量スレート』

建売・注文いずれでも

多く使われてる屋根材です。

「軽い」 「安い」が人気の理由。

 

地震に強い建物を考えると

軽い屋根は絶対条件です。

 

ウチの屋根材は、

『繊維強化セメント板』でして。

パッと見た目は重そうに見える

かもしれませんが、実は軽いんです。

スレートと変わらないくらいの軽さ。

 

見た目の意匠性もいいでしょ。

耐久性も高いんです。

アクリルシリコンが紫外線から守り、

20年はメンテナンスフリー。

 

価格は、

スレートより高いですが、

20年間のメンテナンス費用を

含めて計算すれば、こっちの

方がお得なんですよ。

 

外壁は、気になる方が多い割りに

屋根は忘れがちになっちゃうみたい。

外壁より、屋根の方が過酷な条件の下

頑張って家を守ってるんです。

 

屋根材の選択も大事な1つです。

コメントする