社長ブログ | TKプランニング

固定か変動か

住宅ローンの豆知識。

 

大きく分けて2つあります。

金利が固定タイプと変動タイプ。

 

固定ってのは、一定期間金利が

変わらないこと。

 

変動は、年に2回金利の見直しを

して金利が変われば、返済金額も

増えたり減ったりするもの。

 

さあ、

あなたなら、どっちを選びますか?

 

難しい選択ですよね。

今の時代は低金利。

変動も固定も金利は低いです。

1%台、1%を切ってるものも。

 

バブルの頃は凄かったんです。

6%

今じゃ考えられない金利でしょ。

それでも安かったんですよ。

8%台が普通、みたいな。

 

ですから、

借りたお金の倍返す、

ってのが常識でした。

今、思うと恐ろしいこと・・・

 

話を戻して、

「固定」か「変動」か?

 

不動産屋さんは、

変動金利をお薦めするみたい。

2.475%・・・・これが変動金利。

ここから、「金利優遇」ってのが

ありまして。

どこの銀行でもやってますね。

店頭金利から、

マイナス1%

マイナス1.5%というのも。

 

そうすると、

実際に借りる金利は、

『0.975%』

お得でしょ。

 

例えば、2,000万円借りた場合。

35年返済のボーナス払いなしで、

 

金利が、2.475%ですと、月々¥71,232

返済総額は、¥29,917,440-

 

0.975%になると、¥56,225

返済総額は、¥23,614,500-

 

月々の差額は、¥15,007-

年間、¥180,084-にもなります。

総額では、630万円もお得。

 

借りる金額が大きいから、

金利が少し変わるだけで

こんなに差が出るんです。

 

それなら、

迷うことなく『変動』ですか?

 

いや、いや、

チョッと待って。

変動金利って、年2回の

見直しがあるって言いましたよね。

 

ですから、

上の計算は、正しくありません。

将来、金利が変わるのは間違いないこと。

今は低金利なんですから、上昇することを

予測しといた方が安全です。

変動金利には、リスクがあるんです。

 

今の低金利で、ギリギリの資金計画は

危険すぎます。

お金持ちで、資金に余裕のある方は

変動金利でいいと思いますが、

そうじゃない方は、

「固定金利」をお薦めします。

これ、あくまで私の考えですが。

 

固定金利だったら、

土地・家を購入する時の

資金計画で計算された

返済金額は変わらないでしょ。

これって、安心じゃありません?

 

 

とりあえず、目先の安さを選ぶか、

今は、少々高くても安心を選ぶか。

 

うーん・・・・

どうして不動産屋さんは

変動を薦めるんですかね〜