社長ブログ | TKプランニング

住宅ローンの諸費用

この2日間、

既に、家を建てて住宅ローンを

組んだ人には、チョッとつまらない

ブログになったかもしれません。

 

けど、

「これから」の方のために、

少々、我慢してください。

 

今日、もう1日だけ住宅ローンの

ことを話させてもらいますので。

 

ということで、

3日連続の最終日。

初日は、「固定と変動」について。

2日目は、「つなぎ融資」について。

今日は、

諸費用について話しましょうか。

 

住宅ローンを組むには、

金融機関との契約が必要です。

契約といえば「印紙」です。

まず、印紙代が2万円。

 

次に「事務手数料」というのが

3万円から数十万円。

「ずいぶん、金額の幅があるな〜」

と思われるでしょ。

実際、そうなんです。

 

銀行の住宅ローンですと、

1万円から5万円ってとこですが、

『フラット35』の場合、

借り入れ金額の「2.1%」で計算します。

借入が2,000万円ですと、42万円です。

ここの差は大きいですね。

 

印紙代に事務手数料。

3つ目は、「保証料」

住宅ローンは、保証人が不要ですが、

保証会社に保証料を支払わなければ

なりません。

でも、実際のところ保証料を払う

ケースは少ないでしょうね。

金利を上乗せして保証料¥0

というところが多いです。

 

あと、「生命保険料」

住宅ローンを組むと、強制的に

生命保険に加入させられます。

「命を懸けて、死んでも返せ」ってこと。

 

その生命保険料ですが、

支払額は¥0です。

保険料は、住宅ローンの金利に

含まれているんです。

 

ただ、『フラット35』の場合は、

保険料は実費がかかります。

毎年、借入残高に応じて保険料を

支払わなければなりません。

2,000万円借入で35年返済の1年目は、

¥71,600保険料が発生します。

うーん

ここの差も大きいかな・・・・

 

昨日、説明した「つなぎ融資」を

受ける方は別に費用がかかります。

 

住宅ローンと同じく、

つなぎ融資も契約事ですので、

「印紙代」

「事務手数料」

「保証料」・・・・不要のケースもあり

「保険料」・・・・不要のケースもあり

「利息」

 

「利息って何?」でしょ。

つなぎ融資は貸し出した日から

住宅ローンが実行される日までの

利息を支払わなければならないんです。

 

1,000万円のつなぎ融資を6ヶ月間借りると、

毎月2万円ほどの利息が発生します。

元金じゃなく利息だけです。

2万円が6ヶ月ですと、12万円。

12万円が諸費用としてかかるんです。

 

ここの利息の計算をお忘れなく。

諸費用に計上しておかないと、

「参った!」ってことになりますから。

 

利息だけ返すのって、

もったいない気もしますが、

相手が金融機関ですから

仕方ありませんね。

 

自己資金+住宅ローンの方、

最初の段階(土地の購入)で

自己資金を使って、住宅ローンの

つなぎ融資額を少なくすることが

諸費用の節約になりますので、

そこんとこ上手に組み立ててください。

 

まだ、

書きたいことがたくさんありますが、

『住宅ローン豆知識』は

このへんでお開きとさせていただきます。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

「つなぎ融資」って何?

昨日の続きです。

 

住宅ローンって、

どの時点で融資を実行

してもらえるのでしょうか?

 

答えは、

建物が完成して登記された時点です。

 

ということは、

疑問がわきませんか?

 

既に土地を持ってて、

家を建てるだけの人や、

建売住宅を購入する人

なら問題ないことですが、

土地を購入して、

その土地に注文住宅を

建てたい人は?

 

土地の購入は、不動産会社から。

建物の新築は、住宅会社。

 

土地を購入するということは、

所有権の移転が必要です。

所有権を移転するには、土地代金を

支払わないとできません。

土地代金を支払うには、

自己資金または住宅ローンから。

 

自己資金なら問題なし。

ですが、

住宅ローンで土地代金を支払う人。

住宅ローンって、

いつ実行されるんでしたっけ?

 

そう、

建物が完成しなきゃダメですよね。

これは参った・・・・

 

土地を持ってない人が注文住宅を

建てるには、土地代金分の自己資金

が必要ってことですか?

 

実際のトコ、

持ってる方、いますかね〜

少ないでしょ。

 

 

あきらめることはありません。

そういう方のために、

『つなぎ融資』っていうのが

あるんです。

 

つなぎ融資、というのは。

具体的な例で、

土地が2,000万円

建物が1,500万円

合計で3,500万円としましょう。

 

自己資金が500万円あります。

ので、残りは

住宅ローンを3,000万円組みます。

 

進め方は、

土地の契約・・・・・手付金が必要

土地の引渡し・・・・土地残金の支払い

建物の契約

建物の引渡し

こんな順番が一般的です。

 

土地の引渡し時に代金を支払って

所有権の移転登記を行うには、

手持ちの500万円だけじゃ足りないので、

3,000万円のローンの内、

1,500万円だけ先に融資してもらいます。

こうして、3,000万円を分割して

融資してもらうのが『つなぎ融資』なんです。

 

手持ち金とつなぎ融資分を合わせれば

土地代金を支払うことができますよね。

 

この『つなぎ融資』を利用すれば、

土地を持ってない方でも、注文住宅を

建てることはできるんです。

 

土地代を現金で持ってる人なんて

そうそういませんからね。

 

『つなぎ融資』

覚えといてください。

固定か変動か

住宅ローンの豆知識。

 

大きく分けて2つあります。

金利が固定タイプと変動タイプ。

 

固定ってのは、一定期間金利が

変わらないこと。

 

変動は、年に2回金利の見直しを

して金利が変われば、返済金額も

増えたり減ったりするもの。

 

さあ、

あなたなら、どっちを選びますか?

 

難しい選択ですよね。

今の時代は低金利。

変動も固定も金利は低いです。

1%台、1%を切ってるものも。

 

バブルの頃は凄かったんです。

6%

今じゃ考えられない金利でしょ。

それでも安かったんですよ。

8%台が普通、みたいな。

 

ですから、

借りたお金の倍返す、

ってのが常識でした。

今、思うと恐ろしいこと・・・

 

話を戻して、

「固定」か「変動」か?

 

不動産屋さんは、

変動金利をお薦めするみたい。

2.475%・・・・これが変動金利。

ここから、「金利優遇」ってのが

ありまして。

どこの銀行でもやってますね。

店頭金利から、

マイナス1%

マイナス1.5%というのも。

 

そうすると、

実際に借りる金利は、

『0.975%』

お得でしょ。

 

例えば、2,000万円借りた場合。

35年返済のボーナス払いなしで、

 

金利が、2.475%ですと、月々¥71,232

返済総額は、¥29,917,440-

 

0.975%になると、¥56,225

返済総額は、¥23,614,500-

 

月々の差額は、¥15,007-

年間、¥180,084-にもなります。

総額では、630万円もお得。

 

借りる金額が大きいから、

金利が少し変わるだけで

こんなに差が出るんです。

 

それなら、

迷うことなく『変動』ですか?

 

いや、いや、

チョッと待って。

変動金利って、年2回の

見直しがあるって言いましたよね。

 

ですから、

上の計算は、正しくありません。

将来、金利が変わるのは間違いないこと。

今は低金利なんですから、上昇することを

予測しといた方が安全です。

変動金利には、リスクがあるんです。

 

今の低金利で、ギリギリの資金計画は

危険すぎます。

お金持ちで、資金に余裕のある方は

変動金利でいいと思いますが、

そうじゃない方は、

「固定金利」をお薦めします。

これ、あくまで私の考えですが。

 

固定金利だったら、

土地・家を購入する時の

資金計画で計算された

返済金額は変わらないでしょ。

これって、安心じゃありません?

 

 

とりあえず、目先の安さを選ぶか、

今は、少々高くても安心を選ぶか。

 

うーん・・・・

どうして不動産屋さんは

変動を薦めるんですかね〜

どこ行こうか〜

スゴク久しぶりの感覚。

DSCF6147.JPG

木材も喜んでるでしょ。

いや〜

いいよ! いいよ!

気持ちいいよ!

 

青空の下で。

DSCF7847.JPG

ホント、久しぶりでしたよ。

最高の天気。

 

自然と気持ちもHappyに

なるものでして。

「夏休み、どうする?」

我が家では、こんな話題に。

 

「海に行きたーい!」

 

「ヨッシャ、海に決定!」

 

「どこの海よ?」

 

梅雨の合間の青空って

こんなに気持ちを明るく

してくれるんですね〜

 

昨日は、巨人が負けたにも

かかわらず、

私と琴音が1番盛り上がって。

 

消費税増税法案が可決した日。

そんなの関係なく、

盛り上がった我が家でした。

今回の目玉は何?

今朝の空はホッとしました。

日曜日までは雨予報だった、この日。

 

いい色になってるじゃないですか!

 

上棟日和

DSCF7759.JPG

 

 

地鎮祭日和

DSCF6069.JPG

 

めでたい日なんです、今日は。

 

早めのお知らせも。

来週末は、『家造り発表会』を開催します!

 

来週って、あちこちでイベントが

かぶってるようですが、

是非、是非、ウチへお越しくださいな。

 

今回の目玉は?

 

オイラの「キャラクター」を発表します!!!

半分終わります、早いね!

6月25日

25日はウチの給料日。

 

月末は、外注費の支払日。

 

1ヶ月が早いんです。

早い、早いって言ってたら

今週で、半年が経過。

半分終わるんですね〜

 

今年のスローガンは、

『最後の最後まで・・・・・』

『頭じゃなく、心で行動する』

 

半年を振り返って、

「実践できたかな?」

できたか、できてないかは

別にして、

いつも頭に意識してたのは確か。

 

昨年の大震災後の騒動など、

見て聞いて、感じてたことが、

「自分さえ・・・」

「自分だけでも・・・」

みたいなところ。

 

あー、

嫌なもの見てしまった!

何でよ?

お前だけ助かってどうするの!

 

「頭」で考えると自分優先。

「心」で考えると自分は後回し。

そうなんですって。

試してみてください。

頭で考えることって自分のことばかり。

心で考えると周りのこと、人のことが

出てきませんか。

 

 

だから、

「心」で考え、

そして、行動する。

後半も続けます。

正社員となりました

今年4月に入社した新人2人が

今月21日から正社員となりましたので

どうぞ、みなさん

よろしくお願いします。

 

19歳の「遠藤」と

25歳の「藤ノ木」

どちらも大工見習い中です。

 

ここ数年、

毎年、雇ってたんですが、

このオヤジに言わせると

「近頃の若いモンは根性がない!」

甘ったれてんだな〜

 

5月のGW明けに決まって

リタイヤ続きだったんです。

一昨年まではね。

 

昨年、入社した森本は

頑張ってます。

もう、かなり上達しましたね。

上棟は欠かせない存在です。

 

森本に続けと、

今年の2人には期待・・・・

 

いや、やめときましょ。

もう少し長い目で。

「近頃の若いモン」ですから。

 

今の時代、

若くして大工の腕を身に付けたら

将来は安泰じゃないでしょうか。

言い過ぎかも知れませんけど、

職人の高齢化と、成り手が減ってますから。

 

でも、建売専門の大工はダメ。

悪いですけど、使えません。

建売大工ってスピードを競ってるだけ。

早く仕上げた人が優秀、みたいな。

会社もそういう人を褒めるそうだし。

 

そんなんじゃ、

注文住宅は建てられません。

間違いなくクレームの元。

 

やっぱり、

住む人の顔が見える家、

そういう建物を建てられる

大工にならなくちゃね。

 

1棟、1棟に

気配りと気遣いを。

堂々と、納得いく仕事を。

 

ウチの若いモンには、

そういった大工に

なって欲しいんです。

ですから、

現場では厳しくやってます。

毎日、何十回と親方から

怒られてると思います。

若い時は、それも仕事。

怒られてナンボですから。

 

昨日の全体会議でも

本人たち

「一生懸命頑張ります!」って

言ってましたので、

よろしくお願いします。

 

近日中にHPに登場させます。

外構も『家造り』の1つ

ふー

 

この前、

自宅の庭の雑草取り。

 

これからの季節、

雑草がたくましく出てきますよね。

 

玉砂利を敷いたところですが、

砂利の下には、「防草シート」を

敷いて、雑草が出てこないように

したんですが、6年経過でニョキニョキ

 

防草の効果が落ちたようで、

シートの張替え時期のようです。

砂利も洗えば、元のキレイな色に

戻るんでしょうけど・・・・

 

わかっているんですが、

自宅のことは、なかなか出来ず、

後回し、後回し状態。

 

収納の棚も、

去年ですかね、

ようやく完成したのは。

 

カミさんに、せっつかれて

可動棚やパイプの取り付け。

完成入居から5年目のこと。

 

これ、

お客様の家だったら、

TK世の中から抹殺でしょうね。

 

 

家造りのワンポイントアドバイス。

『入居前に全て完了させること』

 

当たり前のことですが、

以外と残すことが多いのが

「外構工事」

外構は、終わってなくても

住めるので、ついつい後回し。

 

「引っ越してから、ゆっくり考えるよ」

でもね、

これが出来ないもの。

3ヶ月が過ぎ、

半年が過ぎ、

1年が過ぎ。

 

外回りは、引渡しの時のまま。

あるんです。

 

外構も、家造りの1つ。

外構が出来ると、一層

家が引き立ちます。

入居前に完成させることを

お薦めします。

ホンモノはいいね〜

無垢の床材、

いいですね〜

 

DSCF2275.JPG

種類はいろいろありますが、

無垢、

ホンモノの木。

 

味わいがあります。

暖かさがあります。

1枚1枚の表情が違います。

 

上の写真は、

和室をフローリングの洋室に

リフォームしたものです。

 

う〜ん・・・・

いいね〜

無垢の床って。

来月で終了らしいです

お知らせです。

 

住宅エコポイントが来月終了です。

 

えー!

ウソー!

 

残念ですが、ホントの話。

当初10月末までの期限でしたが、

予算額に達するため3ヶ月前倒し

になるそうです。

 

ただ、被災地からの申請については

予定通り10月まで受け付けます。

 

仕方ありませんね。

被災地の方が優先ですから。

復興支援が目的の1つでしたし。

 

新築で、

15万円分エコポイントを当てにしてた方。

あと1ヶ月ですよ。

完成間に合いますか?

微妙な人は住宅会社に相談してみては?

 

リフォームで、

30万円分エコポイントを当てにしてた方。

リフォームは新築の2倍ですよ。

工事をやろうか、どうしようか?

検討してる方は、急げー!

 

どちらも工事が完了しないと

申請できませんので。

現代のゴールドラッシュ

カナダのアルバータ州というところで

『ゴールドラッシュ』が起こってるらしい。

 

月収400万円

地価高騰

消費税なし

医療費タダ

 

その要因は、

「オイルサンド」

原油に代わる新燃料として、

注目を浴びています。

 

新しい物ではなく、

実は、昔から知られていた物。

でも、生産コストが高く、産廃費用も

多額なため、不採算資源ってことで

放置されてたようなんです。

 

1バレルが100ドルの時代を迎え、

「これなら採算が取れる」ということで、

採掘が始まったんです。

 

人口7000人だった小さな町が、

今では10万人以上の町に。

 

『ゴールドラッシュ』を求めて。

私の好きな、

永ちゃんの歌にもあります。

「ゴールドラッシュ、時代の荒野へー」

 

金脈捜し当てて、一攫千金狙う採掘者。

ゴールドラッシュのパイオニア。

時代は繰り返すんですね。

 

日本は資源のない国ですが、

こんな見方もありでしょ。

ある方の意見、

「節約・節電も立派な資源の1つ」

どうです?

なるほどね、

私は納得、賛成です。

 

ゴールドラッシュの裏側では、

自然破壊が同時進行してるのは

想像できますよね。

私、賛同できません。

えー! ウソみたいなホントの話

来月、着工する福生市のO様邸。

昨日は地盤調査に立会って、

DSCF6055.JPG

地盤は問題ない、とみました。

 

O様邸の隣には、「新築分譲住宅」が

建ってまして、完成済みです。

そこに、知り合いの不動産屋さんが

現れて、内覧に来たとのこと。

 

チョッと中を見させてもらおう、と思い、

一緒に中へ。

 

ホワイトの建具とダーク系の床。

今、人気の色使いですね。

4LDKの間取りで、

1階に、洋室が3室と、

バス、洗面、トイレ。

LDKは2階でした。

 

階段を上がり2階へ。

 

おー、久しぶりの「モワッと感」

1階では感じなかったんですが、

2階は・・・ 正直、暑い。

 

この感じ、久しぶりでしたね。

でも、

これが、今の住宅のスタンダード。

「こういうものなんだ」って。

「これが普通でしょ」みたいな。

 

ウチのとは違うな〜

まあ、違って当然、だよね。

この間違ったスタンダードは

何としてでも変えたいんです。

そのためには、

住む人の『声』が1番。

変えるには、造り手側じゃなく、

住む側の『声』が、大きな力と

なるんです。

「夏でも暑くならない家を造れー」

「もう俺たちは我慢しないぞー」

 

一緒に頑張って、

間違ったスタンダードを変えましょう!

 

 

不動産業界の常識。

1つ、こんな話を聞きました。

 

新築分譲住宅を購入し、

住んでから見つかった家の不具合。

まあ、まあ、あり得ることですね。

当然、修理を依頼しますよね。

 

すると、

予期せぬ答えが、

「他のお宅でもあることですから」

 

あー、ウチだけじゃなくて良かった・・・

じゃ、ないだろ!

直してくれないのかよー!!!

 

これが不動産業界の常識だとか。

下請けで工事したのは、どこかの

工務店なんでしょ。

ハウスメーカーは建売やりませんから。

 

こういうバカのおかげで、

町の工務店はみんなダメ、

って思われちゃうんですから。

 

頼むから『廃業』してくれ!

 

「赤信号みんなで渡れば怖くない」

こんな思考回路の工務店は

世の中のためになりません。

とっとと辞めてくださった方が、

世のため、人のため。

梅雨の晴れ間、ムシムシしますが・・・

雨・・・

 

ムシムシするな〜

 

暑くない?

 

晴れてきたー

 

暑い!!!

 

PM3:00

エアコンのスイッチON

1台だけ。

 

スグに、

ホント、スグに

涼しくなるんです、

ウチの会社。

 

外壁の『TKパネル』のおかげ。

お客様の家と同じパネル工法に

しといて良かった〜

 

 

昨日は、

2組のお客様と

『ZEROエネ住宅』の話。

もちろん、2組とも前向き。

2020年なんて、あっという間

ですからね。

 

TKパネルのOBさんたち!

ご安心ください。

みなさんの家も

『ZEROエネ住宅』の

断熱性能はバッチリですよ。

 

苦節10数年、

断熱・気密にこだわり続けて

きましたから。

それが、やっと報われそうで・・・

 

TKパネルは、

今でもトップレベルの断熱なんです!

これからの暑い夏も問題ないね。

お薦めは、「若いうちに」

和室をフローリングにリフォーム。

リフォームの中でも、要望の多い

工事です。

特にシニア層から。

DSCF5710.JPG

使い勝手がいいんでしょうね。

フローリングは手入れが楽ですし。

これは、無垢のフローリング。

DSCF6012.JPG

天井と壁もホワイト系のカラーで

仕上げると、部屋が明るくなります。

 

先日、

リフォームの依頼があったお宅を訪問。

3人の息子さんは、みな独立して

今は夫婦2人で生活。

家の中を拝見させてもらっていると、

1枚の写真が私の目に。

 

1995年に撮った家族写真です。

 

まだ息子さんも小さく、

ご主人が若い!

17年前ですからね。

 

そんな写真を見ると、

「あー、この家にもたくさんの

思い出が詰まってるんだな〜」

感極まるところがあります。

 

長い年月、この家族を見守ってきた

この家、手をつけるのは・・・・・・

そんな気持ちが湧いちゃうんですよ。

 

こんなこと、思いました。

『家』を建てるなら、

絶対に子供が小さいうちに。

若い時に建てるべき。

 

子供の成長、

家族の記憶、

いろんなもの、

たくさん詰め込んだ方がいい。

 

やっぱり『家』ってスゴイよ。

だからこそ、

真剣に造んなくちゃダメなんだな。

思い出をいっぱい詰め込める

いい家を造らなくちゃいけない。

 

プレッシャーだけど、

それがまた、家造りの面白さ。

HAPPY〜

頑張れます!

ウチの屋根、これが標準です

貴重な晴れ間、

晴れちゃいないけど、

雨が降らない日は最大限

有効に使わないと。

 

DSCF5998.JPG

S様邸は屋根工事が

ほぼ完了、間近。

 

「滝さん、明日から休みだね」

雨予報が出てたんで。

 

「ホントだよ、参っちゃうな〜」

 

外の工事の人は大変です。

この時期は、予定が組めないんでね。

 

写真の屋根材、

何かわかります?

 

1番使われてるのは、

『軽量スレート』

建売・注文いずれでも

多く使われてる屋根材です。

「軽い」 「安い」が人気の理由。

 

地震に強い建物を考えると

軽い屋根は絶対条件です。

 

ウチの屋根材は、

『繊維強化セメント板』でして。

パッと見た目は重そうに見える

かもしれませんが、実は軽いんです。

スレートと変わらないくらいの軽さ。

 

見た目の意匠性もいいでしょ。

耐久性も高いんです。

アクリルシリコンが紫外線から守り、

20年はメンテナンスフリー。

 

価格は、

スレートより高いですが、

20年間のメンテナンス費用を

含めて計算すれば、こっちの

方がお得なんですよ。

 

外壁は、気になる方が多い割りに

屋根は忘れがちになっちゃうみたい。

外壁より、屋根の方が過酷な条件の下

頑張って家を守ってるんです。

 

屋根材の選択も大事な1つです。

インターネットで「入札」

東京都発注の公共工事が

6月に入って続々と案件が

発注され始めました。

 

学校、

駐在所や交番、

消防署関係、などなど。

 

「公共工事」って聞くと、

「談合」という言葉をイメージ

される方、いませんか?

 

そう「談合」なんです。

って言うのは、間違い。

談合って昔の話なんです。

 

今は、入札方法もインターネットの

「電子入札」でして、どこの会社が

指名されてるか、わからないように

なってるんです。

 

だから、

不正のないマジメな入札なんです。

今の時代に公共工事をやってる

会社はマジメな会社ですから、誤解なく。

 

ウチもやってます、公共工事。

誰でもできるわけじゃないんです。

指名参加資格、というのが必要でして。

その資格がないと、入札できないんです。

 

青梅市で、ウチと同じランクの会社は2社。

以外と少ないでしょ。

もちろん、ウチは「建築工事」の資格です。

勉強になりますよ。

現場のことはもちろん、

書類作成や写真撮影など、

役所は、きっちりしてますからね。

 

本業である『家造り』に役立つ

ことがあると思って始めました。

同じ建築ですから、勉強になる

ところがあります。

勉強になったところは、

家造りの現場に生かしてます。

 

今月は、3件の入札を予定してます。

2014年4月から「8%」

消費税が上がるのはいつから?

 

国会では、

与野党、仲良く合意したようです。

その使い道は?

というと、

これについては、仲良く先送り。

 

国会議員の先生方は、さすが。

取るものは、サッサと片付けますね。

 

では、

いつから?

2段階で引き上げるみたいです。

 

まずは、第1弾。

2014年4月から『8%』

その1年半後の、

2015年10月から『10%』

 

今は、

2012年の6月ですから、

再来年ですね。

 

それまでの世の中、

人の行動、経済状況など、

どんな風になるんでしょうか。

 

増税前の「駆け込み需要」

よく言われてますね。

高い物ほど「駆け込み需要」

が大きいとか。

 

ということは、

住宅?

不動産?

(土地は消費税かかりませんよ)

 

これから

ハウスメーカーや住宅会社が

煽ると思いますよ。

「消費税が上がる前に急げー!」って。

煽られますよ〜

 

でも、私はね。

消費税よりも、

2020年の『ZEROエネ住宅』の方に

「関心あり」なんです。

 

駆け込み需要に踊らされて、

ケチな家を買わされる人が

続出したら、そっちの方が悲劇です。

 

自動車だったら、

3年目の車検、5年目の車検で

買い換えることも可能ですが、

「家」は、そうは行きません。

 

20年、30年と住み続けるんですから。

そう考えると、

2020年って、スグ目の前ですよ。

国が定めてる将来の「住宅」に対応

できるような家造りをしなくちゃいけません。

 

つい先日、

「新築で1,880万円、安いから買いました」

こんな会話、聞いてしまったんです。

 

あー、可哀想な人だ・・・・

でも、知らなけりゃ当たり前かもね。

新築で2,000万円以下なら

飛びつきたくもなりますから。

 

大手ハウスメーカーは

昨年からスタートしてます。

『ZEROエネ住宅』を標準化。

 

住宅の国策って、

ある面、大手ハウスメーカー

主導みたいなところもあって、

大手さんは早いです。

国が決めたことを始めるのが。

 

「ゼロエネって何よ?」

これ、中小工務店のホンネです。

 

この意識の差、

スゴク大きな開きがあります。

国やマスコミは、

ゼロエネについては、

消費税のように大きく

取り上げることがなく

アナウンスも控え目。

 

それじゃ、

知ることできませんよね。

「それって、何ですか?」ですよ。

 

関東全域の講習会だって、

埼玉県で1回あったきり。

いつの間にかやってた、みたいな。

 

私はドンドン発信していきます。

1人でも多くの人に伝えられれば。

 

『ZEROエネ住宅』って

最初の第1歩なんです。

まだ、先があるんです。

日本の家造りは大きく変わります。

 

まずは、第1歩から。

1歩ずつ行きましょう。

素直に「頑張れー!」です

海外へ出て行って頑張ってる若者。

 

素晴らしいね!

夢に向かって孤軍奮闘。

これが、また女性なんです。

女性が多い。

強くなりました、女の人。

 

言葉の通じない国での無力感。

私も、チョッとだけですが、

痛感したことがあります。

 

その時の情けないことと言ったら、

何てちっぽけな男なんだと。

でも、それが次へのエネルギーに

なるわけで。

やっぱり、悔しい思いや辛いこと、

どんどん経験しなくちゃね。

もったいない。

 

失敗や挫折、

最高に幸せじゃん!

若者の特権ですから。

 

いや〜

若い女性が単身海外で

夢に向かって頑張ってる

姿を見て涙腺ウルウル

感動した、今日の私でした。

今年の流行は?

パッとしない天気でした。

けど、S様邸の上棟は決行。

 

DSCF5929.JPG

 

ホントは9日の予定だったんですが、

今の時期は仕方ないですね。

 

雨で延期

 

段取りのやり直し

 

雨で延期

 

段取りの・・・

 

こんなのが、

7月後半まで続くんです。

 

 

話は変わりますが、

昨日は『インテリア・トレンド』の勉強。

流行の発信先は?

今年の流行は?

流行の流れは?

 

LIXIL本部で勉強会です。

 

縦軸に、

「スタイリッシュ」

「ナチュラル」

「シック」

 

横軸に、

「和風」

「現代風」

「洋風」

 

忘れる前に、

社員に伝えなきゃ。

気軽に聞いてもらいたいんです

今週、リフォーム工事を予定してる

お客様から電話がありまして。

1階の和室をフローリングの洋室に

リフォームする工事です。

 

うん、どうしたんだろう?

 

折り返し、電話して訪ねてきました。

「いや、実はね、

2階の部屋もリフォームしようかと・・・」

 

いくら掛かるのか全くわからず、

最初から言えなかったそうなんです。

 

工事費の見当がつかない。

当たり前のことだと思います。

でもね、

見積してもらうだけなら、

ドコでも無料でやってると

思うんです。

ウチは、もちろん無料ですよ。

 

契約するまでは、お金は頂きません。

もし、お金が掛かる時は、

必ず前もって確認してます。

 

お客様が、気軽に見積を頼めないなんて、

住宅業界くらいじゃないでしょうか。

アクドイ業者が多い、ってことなのか。

 

リフォーム工事業者、参入のハードルが

低すぎると思います。

建築についての知識と技術力が低い

会社には行わせるべきじゃない。

専任の有資格者が複数名在籍してるとか、

ホンモノの建築屋だけが行うべき。

 

『リフォーム』って言葉が

商業化され過ぎちゃったんでは?

 

清潔そうな愛想のいい営業マン、

「それが契約の決め手になった」

実際に起こってるんです。

 

「事件は全て現場で起こる」

わけですから、営業マンじゃなく

職人と技術者なんですよ。

リフォームだって、新築と同じこと。

 

 

新築工事ができるところが

リフォーム工事をできるわけで、

 

新築工事ができないから

リフォームをやります、ってのは

おかしいこと。

 

昔は、棟梁が全てでした。

だから、現場には

「気配り」と「気遣い」というものが

感じられたんです。

そこに、お客様も安心と満足を

得られたんではないでしょうか。

 

昔の優れてた部分は継承して

お客様に提供し続けなくては

いけないと思います。

 

どんな時代になっても、

変わらないこと、変えちゃ

いけないことって、あっても

いいでしょ。

 

もっと、安心して

いろんなことが相談できる

環境にしなくちゃいけないと、

いつも感じて、目指してます。

2軒同時に、ご覧になれますよ

7月の『家造り発表会』は

2軒、同時開催するみたいですよ。

それも、お隣同士だから、

1回で両方見れるわけ。

これって、いいと思いません?

 

ウチでは、初めての試みですね。

お隣同士って。

 

工事の進捗状況ですが、

2週間くらいのズレがありますから、

その辺の違いを見るのもいかが?

 

1軒は、

上棟から約1ヶ月ほど経過。

もう1軒は、

上棟から10日くらい経過。

 

もちろん、

両方とも『TKパネル』ですよ。

耐震・断熱・気密の性能は

最高レベルで造ってます。

 

詳しいことは、

近日中にホームページで

アップする予定です。

 

お楽しみに。

『魔王』いただきます!

「魔王が手に入りました。

一杯やりましょう!」

 

あるOB様から、嬉しいお誘いが。

もちろん、

図々しく自宅にお邪魔してきました。

 

2012060818420000.jpg

なかなか手に入らない焼酎です。

 

まずは、

ロックで一口。

美味いね〜

 

美味いね〜

 

美味いね〜

 

あっという間に11時。

 

今度は、

我が家へ、ご招待しなくちゃ。

「三浦棟梁」ってこんな男なんです

青梅市のS様邸、

大工さんが登場しました。

棟梁の三浦大工と、

只今、修行中の2人です。

DSCF5919.JPG

 

チョッと大工さんの紹介しましょうか。

三浦大工

北海道函館市出身

風貌は 「泉谷しげる」

結構似てます。

 

中学卒業と同時に大工の見習いに。

今まで、木造大工一筋40数年。

上京したのは、20数年位前ですかね。

 

私が三浦と初めて会ったのは、

そうですね〜

私が独立する前ですから

20年前くらいですかね。

 

北の人間ですから

酒が大好きでして、

当時は、ホント「底なし」でしたね。

ウイスキー 1本、

日本酒 1升は当たり前。

 

飲ませると面白い男でして、

そんなんで、飲まされるんです。

本人も好きなもんですから、

喜んで「グイ、グイ」行っちゃうんですよ。

 

その当時、

ある会社の旅行で一緒に

なったんですが、三浦は

出発から到着まで飲みっ放し。

「化け物」でしたね。

私も、酒は嫌いじゃないんですが、

とても付いていけません。

 

今は、普通になりましたよ。

人並み程度で優等生です。

年もとりましたからね。

 

ウチに入社したのは平成10年。

もう長いですね。

TKの家は、全て把握してます。

安心して現場を任せられます。

 

今日は、

引き続きS様邸で床と断熱工事。

頼むぜー!

1年の半分は使いますよ

3階建てのIG様邸に、

蓄熱式床暖房が施工されました。

DSCF5897.JPG

蓄熱式、っていうのは、

夜11時から朝7時までの

安い電力を利用したもの。

 

DSCF5898.JPG

わかりやすい言うと、

スイッチは入れっ放し状態。

昼間は通電されません。

夜11時になると、電源が入り、

蓄熱材が暖められます。

翌朝の7時に電源OFF

 

ですから、

夜中、部屋が徐々に暖かく

なって、朝7時がピークなわけ。

 

寒い朝、

「幸せ」になります。

 

7時にOFFでしょ。

でも、蓄熱式なので、

暖められた蓄熱材が

夜まで放熱して部屋を

暖め続けるんです。

 

ということは、

そう、

24時間暖房みたいなもの。

1日中暖かい床暖房です。

 

深夜電力を利用するので、

ランニングコストもお得です。

 

1年の半分、

6ヶ月間お世話になるんです。

床暖房って。

みなさん、

何かしら暖房は使ってるでしょ。

床暖房も検討の1つに。

認識と実態のズレ

住宅における消費エネルギーの

「認識と実態」の違いについて。

 

違うもんですよ。

こんな結果が出たそうです。

 

まずは、「認識」から。

1位は、暖房費で40%

2位が、冷房費の30%

冷暖房費で消費エネルギー

全体の70%を占めてる、

というのが一般的な認識。

 

なるほど、

何となくそう感じてますよね。

「エアコンは電気代が高い」

みたいな。

だから、扇風機が売れてるんでしょ。

 

でも、はたして「実態」は?

冷暖房費は、全体の26%なんです。

1/4程度なんですね。

 

意外でしょ。

最も消費エネルギーが大きいと

思われてた冷暖房費が、実は

こんな程度だったとは。

 

じゃ、

何が1番大きいのか?

答えは、

『照明と家電』なんです。

36%を占めてます。

1/3以上は、照明と家電。

 

認識は、

たったの14%ですって。

 

 

過去30年を見ますと、消費電力が

大きく増えてきたのが、照明と家電。

冷暖房費や給湯費は、ほぼ横ばい。

 

認識と実態が、かけ離れていること

結構ありますよね。

住宅の消費エネルギーも、その1つ。

 

3.11の震災から、

電力供給の不足ということが現実に

起こり、、一人ひとりの節電に向けた

取り組みが必要不可欠となってきた

ということ。

 

『ZEROエネ住宅』について、

ここ数日、書き始めたわけですが、

造る側と、住む側が

両方、一緒になって

取り組んでいかなければ

できないことだと思うんです。

 

沖縄が梅雨入り、台風?

沖縄が梅雨入りして、

南の方に台風のマークが、

 

ん?

ん?

台風の進路は?

 

早く通り過ぎてくれよ!

頼むぜえー

 

DSCF5872.JPG

9日が上棟なんだから。

基礎も、墨出しも終わり、

7日から土台の工事。

 

青梅市のS様邸です。

 

土台の据え付けと同時に

基礎断熱工事、

床下の気密工事を

施工するんです。

 

そう、

最初から始まるんですよ。

断熱と気密工事が。

「気密」ってのは、

隙間を作らないこと。

土台と基礎コンクリートを

完全に密着させるわけ。

 

そうすることによって、

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここから先、

喋り出すと、スゴク長く

なりますので、やめときます。

 

心配なのは、台風だけ。

勉強、勉強、勉強の連続です

今週は、

『ZEROエネ住宅』の勉強会。

 

お国が示した「これからの住宅」に

何とか付いていかねば!

 

「付いて来れない工務店さんは

廃業なさってくださいー」って

言ってるようなものですから。

 

大手ハウスメーカーは、昨年から

本格的に始動しちゃってますから、

さすがですよ。

もうZEROエネ住宅がスタンダード

になってました。

 

ZEROエネの基準である、

次世代省エネクラスの断熱性能を

もつ住宅は、全体の50〜60%です。

半分近くの住宅は、断熱性能が

不足してるってこと。

 

これから家を持とうと、お考えの方。

『次世代省エネ基準』は最低限の

断熱性能とお考えください。

それ以下は、

近い将来、論外ということになるんです。

地震国、日本では『耐震性』も大事な

要素ですが、それと同等に『断熱性』も

重要なんですよ。

 

私が10数年前から取り組んできた

「耐震」

「断熱」

「気密」

 

これが大事なんだよ!

大事なんだよ!

って言い続けてきました。

 

長い時間がかかりましたが、

やっとスタンダードになりそうです。

あら、実物の方がいいじゃない

発表会1日目、

午前中は、少し寂しい会場でしたが、

午後からは、大勢の方にご参加して

いただきまして、ありがとうございました。

 

DSCF5751.JPG

2人連れで通られたオバ様からは

「このシートの顔、あなた?」

 

そうなんです、すいません。

 

「いや〜、実物の方がいいわよ」

なんて、お世辞をいただいたり。

 

近所のオジ様からは、

「毎朝、通勤で顔を見てるよ」

 

いや、いや、恐縮です・・・

 

「本物の方がいい男じゃない」

これまた、お世辞のお言葉。

 

工事中は、

騒音や工事車両の出入りなどで

ご迷惑をお掛けしてると思うんですが、

廻りの方々、ホントいい人ばかりで。

 

これも、N様の人柄なんでしょうね。

よく言われるも、悪く言われるも、

周りから見た「評価」みたいなもの。

そんで、

いい噂は、なかなか広がらないけど、

悪い噂は、早いでしょ。

あっという間に知れ渡るんです。

 

『家造り』も同じ。

信念を持って、地道にコツコツ

やることが大事なことだと思ってます。

住む人に喜んでもらえる家造り。

当たり前のことですけど、それを

続けることが簡単じゃないんですね。

 

『家造り発表会』

今年で13年目になります。

これは、続けてきてます。

住む人への情報発信として、

家のこと、

会社のこと、

私のこと、

社員のこと。

住む人が、「知りたいな〜」って

思うこと、何でも発信しようと

いうのが、ウチの見学会。

いや、発表会なんです。

だから、

「現場見学会」とは言わないんです。

『家造り発表会』なんですね。

 

全部、お見せします。

自慢できることも、

恥ずかしいことも、

成功したことも、

失敗したことも、

これからの家造りのお役に立てること、

何でもお話してます。

そこが、よそ様とは違うところかな。

 

さあ、

今日もやってますから。

是非、是非、

そんなウチの発表会に

遊びにいらしてください。

地震、あったの?

昨日のPM5時過ぎ、

「グラグラ・・・」

地震あったでしょ。

気が付きました?

 

私、

会社で、メーカー、販売店と

打ち合わせ中でした。

「お、地震だ」

結構、大きかったと思うんです。

 

が、

同じく社内にいた、カミさんと竹内、

全く気が付いてないんです。

地震があったこと。

 

私と、カミさんたち、

同じ1階に居たんですが、

パーテーションで仕切られてて

お互いの姿は見えない状況。

 

2階から降りてきた石岡に、

カミさんたち、

「えー、どうしたの?」

 

「地震?

いつ?

わからなかったー」

 

打ち合わせ中の私たち3人は、

顔を見合わせて

「えー! えー! えー!」

 

何してたんだろ?

どんな格好してたの?

椅子に座ってたらわかったはず・・・

 

カミさん、喋り過ぎの傾向あり

竹内、天然、時々「ヒュン」発する

 

うん、

あの地震に気付かない、

ありえることだな。

納得。

ZEROエネ住宅への第一歩

巨人の杉内投手、

あわや完全試合!

 

あと1人というところで、

ファーボール。

残念でしたが、

それでも「ノーヒット・ノーラン」

打たれたヒットが『0』

ZERO(ゼロ)

 

ZEROときたからには、

昨日の続きでしょ。

 

ZEROエネ住宅とは?

『次世代省エネ基準以上の断熱性能』

『高効率な住宅設備』

『創エネ設備』

簡単に言うと、

これらを組み合わせた住宅のこと。

 

OB様から、こんな言葉をいただきます。

「前に住んでたアパートより

光熱費が安くなりました。

家が広くなったのにね」

 

2DKで15坪の広さから、

3LDKで30坪になっても

光熱費が安くなる。

何故?

 

住む人がケチになったから?

いや、いや

家の断熱・気密性能が

大きく違うからなんです。

 

断熱・気密性能が高いと、

省エネ以外にもメリットが

ありまして、

それは、「家の寿命」です。

長持ちする家になります。

 

今、建てられている多くの家は

30年から35年でガタガタになります。

20年以内には、リフォームしないと

普通に住めない家がほとんどじゃ

ないでしょうか。

 

最低でも、

住宅ローンが残っている間は

元気であってほしいもの。

若い方だと、35年ローンが

多いでしょう。

最低、35年はリフォームなしで

快適に安心して住める家であって

ほしいと思いませんか。

 

そのためには、

『断熱・気密』の性能が大事なんです。

完成したら、目に見えないところの

工事ですから、なかなか住む人には

理解していただけないことですが、

これからの家造りは、間違いなく変わります。

 

国が動き出しているんです。

ゼロ・エネルギー住宅が造れない

会社は、家造りを辞めてください。

そういう流れに動いてます。

 

住む人の側も、

意識改革が必要です。

「土地と建物、

新築で1,880万円、

安くていいね〜」

こんなこと言ってちゃダメ。

 

「まだ数年先のことでしょ」

そう思われるかもしれませんが、

まずは、

『次世代省エネ基準以上の断熱性能』

これは、今スグでも絶対不可欠なこと。

 

次世代省エネ基準以下の家は、

数年後には家じゃなくなるんです。

売却することもできなくなります。

 

ZEROエネ住宅に向けて、

まずは、建物の性能アップ、

断熱・気密に厳しい目を

身につけてください。

 

そのための、お手伝いとして、

明日、あさっての2日間、

羽村市で『家造り発表会』を

開催します。

建築途中の構造編です。

 

「こうやって造るのが、

次世代省エネ以上の

家なんですね〜」

ってことが、

よーくわかりますよ。