社長ブログ | TKプランニング

床のリフォームで大事な・・・

10年以上前に建てられた

住宅の基礎は『布基礎』が

ほとんど。

 

ですから、床下が土のまま

という家が多いんです。

 

土のままですと、

床下の湿気が高くなり、

土台や大引、根太といった

床を支える木材を腐らせる

原因になるんですね。

 

シロアリ被害の原因にも

なります。

 

床鳴りがする。

床がきしむ。

床が下がる。

 

ひどくなると、

床の張替えが必要になりますが、

ただ、新しい床に張替えただけじゃ

また同じことになりかねません。

 

そこで、

床下の湿気対策が必要になります。

いくつかの方法がありますが、

ここでは、「お手頃・簡単」な

方法を紹介します。

 

『炭シート』

ご存知のように、

炭には、調湿・消臭効果があります。

その特性を床下に利用するんです。

幅1mのロール状になってまして、

床下を平らに均したら、その上に

炭シートを敷き込むだけ。

DSCF5827.JPG

 

 

DSCF5828.JPG

作業も簡単で、6〜8帖の広さなら

数時間で完了します。

 

床のリフォームで大事なポイントは、

床下の湿気対策ですよ。