社長ブログ | TKプランニング

相続税対象者が増加します

突然ですが、『相続税』について。

 

今、国会では消費税増税論議が

活発に行われていますが、相続税も

大きく変わるようです。

大増税です。

 

相続税って、みんな納めてると

思ってましたか?

実は、たった数%の人だけなんです。

100人中4人とか、それくらい。

これまで、ほとんどの人には

関係ないことだったんです。

 

相続税には、「非課税枠」というのが

ありまして。

基礎控除額 5,000万円と、

法定相続人 1人あたり1,000万円

 

ですから、

奥さんと子供2人の家庭では、

5,000万円 + 3,000万円

8,000万円までの財産は非課税

だったんです。

不動産・株・有価証券・生命保険

それと現金。

これらを合せて8,000万円以下なら

相続税は納めなくてもいい。

 

それが、

平成23年度税制改正により、

非課税枠が大幅に縮小されました。

基礎控除は、5,000万円から3,000万円に。

法定相続人 1人あたり

1,000万円から600万円に。

 

同じ4人家族でも

非課税枠は4,800万円まで下がるんです。

8,000万円が4,800万円ですよ。

 

今後、

相続税対象者がドーンと

増えるんじゃないでしょうか。

 

節税対策の1つとして、

『住宅取得資金贈与』

お考えになってみては。