社長ブログ | TKプランニング

『サイディング』のメンテナンス

新築後、10年目はメンテナンスの時期。

外回りの「屋根」 「外壁」 「防水」

 

メンテナンスって聞くと、

「えっ、もうダメなの?」と

思われるかもしれませんが、

 

決して、そういうわけじゃなく

大事な家を長持ちさせるための

アフターケアです。

 

「外壁」

この20年、モルタルに代わって

サイディングが主流になりました。

サイディングって、いろんな柄、

パターンがあります。

 

単色もあれば、2色、3色の色使いを

したデザインなど、数多くの種類が。

 

「サイディングのメンテナンスって?」

どんな風にやるのかというと、

 

1)サッシの廻りやサイディングの継手の

  シーリングを打ち替えます。

  既存のシーリングを撤去して、

  新しいシーリングを充填します。

 

2)既存のサイディングの上に塗装します。

  ここがポイント

  新築から何年経過したかによって、

  塗装材の種類が変わります。

  

新築時、頭を悩ませ、一生懸命

考えて決めたデザイン。

できれば、ズーッと残したいもの。

全く違う色で塗装しちゃったら

違う家に見えてしまうしガッカリでしょ。

 

新築時のデザインを残したまま

サイディングを保護するお薦めの

材料があるんです。

 

劣化の原因の1つに「紫外線」が

あげられます。

紫外線って、外壁の塗膜組織を

破壊する太陽光線の一種でして、

その紫外線を吸収し、サイディング

の劣化を抑えてくれます。

 

もう1つ、

「雨」 「風」

湿気があるところには、

カビや藻が発生します。

サイディングの表面に

湿気を防ぐ膜があれば、

その心配もありません。

 

超親水性塗膜がカビ菌の

侵入を防ぎ、外壁に付いた

汚れも雨で流し落とすことが

できます。

 

クリヤー塗装なので、

新築時のデザインは

そのまま。

いや、そのまま以上、

新築の時のツヤが戻ります。

 

超親水性の

セラミック系樹脂。

お薦めしてます。

 

ただ、

『旬』の時期がありまして、

 

新築から10年目。

ここが1番の使い時。

劣化が大きいと効果が

期待できないんです。

 

10年以上経過してた場合、

事前に「テーピング試験」を

行います。

試験では、サイディングの

保護層の劣化具合を確認し、

この『プロテクトクリヤー』が

使えるかどうか判断させて

いただきます。

 

早めのメンテナンスが

長持ちの秘訣です。

コメントする